P1290399

今回のボルケーノ滞在で大きな目的だった『Kipuka Puaulu Trail』
ここだと信じ込んで向かい、歩いた場所が実は全く違う場所だと気づき(こちら)
さらに実際はここだと気づいた時点では既に時間切れの状態に(こちら)
次回またヒロに滞在したときにリベンジしようとtonoと話していたのですが
結局次回まで待ちきれずに2日後まい戻って来てしまいました。

青空の下、念願が叶うと言うことでテンションが上ります。

このトレイルは貴重な植物の保護が行なわれているエリアで

P1290405

入口付近にはその活動助成のための、ドネイションを入れる箱が設置されていました。

P1290400

いざ、念願のトレイル歩きに出発です。

P1290401
こちらのトレイルはループになっていて、一周1時間弱

ASN3J0538

道はとても歩きやすく、高低差もほとんどなくとても楽です。

P1290406

森林浴にピッタリと紹介されていたまさにその通りの森の中を歩きます。

P1290455

木が覆いかぶさるような場所もありますが、下草は刈られ
ボランティアの方々の手できちんと管理されているようで、安心して歩くことが出来ます。

P1290408

P1290414

P1290421

順路はもちろん、貴重な植物の説明がされていたり

P1290413

P1290423

途中ベンチも設置され、至れり尽くせりの感が

P1290437

木の祠をのぞいたり

P1290443

こちらは元々は2本の木が生長して接近して根元で融合

P1290457

心からリベンジしてよかったと出口へ近づいた頃、この鳥に遭遇

P1290468

キジの仲間、「Kalij Pheasant(ミヤマハッカン)」と呼ばれるこの鳥は
元々ヒマラヤやなどに生息しているのですが1962年に
狩の獲物としてハワイ島に持ち込まれ野生化したそうです。
綺麗な鳥なのですが、現在は貴重な固有種の植物の芽や種を食べてしまうなど
問題が多くなってしまっているようです。

こちらのお2人はハイチュウ家の前を歩いていらした方々
ミヤマハッカンがいるのを教えて下さいました。

P1290470

さらにこの鳥にも再び遭遇

P1290486

この他にもこのトレイルには植物以外にもミツスイなどの貴重な鳥もいるようですが
残念ながらこの時は出会いがなく、でも色々な点でとても魅力的なトレイルでした。

一周ゆっくりと歩いても45分程、歩き慣れない方にも非常に楽でありながら
貴重な植物や鳥に出会えたり、マイナスイオンをたっぷり浴びてとてもお勧めのトレイルです。

P1290490

あ~~~リベンジ出来て本当によかった満足、満足、大満足




ハワイ・ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ