P1310735

『Kalalau Trail」』(こちら)から戻って来ました。

ただし膝の方はかなり痛みが、上りよりも下りの方が
膝に負担が大きくて、これはまずいかも・・・と思いながらも何とか
まあ自業自得ですから同情の余地はないですね
そんなことを思いながらも、まだまだウロウロしているのですから
次いでやって来たのはもちろん『Kee Beachです。

P1310731
シャワーやおトイレはもちろん

P1310679

ライフガードの方も数人が常駐する、整ったビーチ

P1310730

この日は少し曇っていた上既に夕方が近い時間ですが、まだまだ大勢の方々の姿が

P1310732

それでも東の方向、奥の方へ行くに連れて静かになっていきます。

P1310736

岩礁に囲まれた穏やかなビーチはシュノーケリング・ポイントとしても人気があるものの
波の高くなる冬場は岩礁を越えて波が押し寄せますから、十分にお気をつけ下さい。
さらに岩礁(リーフ)を守るために、その上に足を着くことは禁止されていますからご注意下さい。
以前tonoが分かっていたにも関わらず思わず一瞬足を着いてしまい、怒られてしまいました。

P1310728

さらにこのビーチの周辺では数年前からボランティアの方々によって
貴重なハワイ固有種の植物が植えられ、大切に育てられています。

P1310729

P1310739

P1310737

ただ『Kee Beachはとにかくニワトリが多いです。
もしかして、カウアイ島のビーチでは一番多いかも・・・と思うほど
こちらのビーチでランチなどされると、これでもかと寄って来て大変です。

さて、その人気のビーチ横の駐車場はいつも大混雑
朝早くでなければ、よほど運が良くなければ停めることは困難で
この時も停められずに戻って行く車が何台も連なっていました。

P1310727

ところでカウアイ島ではこれまでマングースの姿を見ることがなかったのですが
残念ながら最近どうもその侵入が確認され問題となっています。

P1310738

カウアイ島には固有種を始めとする貴重な動植物が多く生息、繁殖
特に貴重な野鳥が多く確認されているため、大きな脅威となっています。




ハワイ・ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ