P1310802

膝に水が溜まり、腫れと痛みを抱えた状態でのカウアイ島滞在
お医者さまに「絶対に無理は禁物」と言われたにも関わらず
欲に負けて『カララウ・トレイル』を歩くと言う無謀なことをやり(こちら)
結果、当然のごとく状況は悪化、自業自得で同情の余地もないのですが

そんな状態の中、ハナレイの町を抜けて一路プリンスヴィルに戻る途中
どうしても、どうしても、その様子を確認したい場所があり立ち寄ることに
ハナレイ川を渡るあの『One Lane Bridge』(こちら)のハナレイ側の袂に
ハナレイ川に沿って『Hanalei National Wildlife Refuge』として環境が保護され
多くの貴重な野鳥が生息するタロイモ畑の間を山側へと向かう道があります。

この道の先にここ数年チャレンジしたいと思い続けているトレイルの入口があるのですが
中々ハードなトレイルとの情報を得ている中、昨年は体調不良、今年は膝の痛みと
チャレンジできる状態とは程遠く、加齢と体力の衰えが身にしみるこの頃です。
でもやはり夢は捨てられない、歳を重ね条件は厳しくなるばかりですがいつの日か
と言う訳で、どうしても入口の確認だけしたくなってしまったのです。

タロイモ畑の間を進み
やがて小さな住宅街が現れ

P1310795

さらに進むと右手の小さな川に橋がかかり『Okolehao Trail』の表示が

P1310799

傍らにはちゃんとした駐車場もあり、かなりの数の車の姿も

P1310798

と言うことは、これだけの方がこの時点でまだトレイルを歩いていると言うことですね

いつの日か絶対にチャレンジしたい、そんな思いを強くしていると
ちょうど車から降りてトレイルへ向かわれようとする女性がお2人

P1310797

すると私に向かって「このトレイルを歩いたことはありますか」とお尋ねに
「いいえ」と返すと、「そうですか」と残念とも不安とも取れる表情を

私も正直、中々ハードと聞いているトレイルをこの時間から(既に夕方4時頃だったかと)
しかもそれなりの年齢の女性お2人、大丈夫なのかと思ったのですが
お1人は明らかに慣れないご様子でしたが、お1人はこのトレイルは初めてとしても
その物腰や装備から、歩きなれているご様子だったので
きっと無理はなさらずに、的確な判断をされるのでは・・・
そんな風に私が思う中、トレイルへと入られて行かれました。

無理をなさらず無事に戻られたならよいのですが




ハワイ・ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ