P1320647

2015年ポイプ滞在最初の朝、一人ホロホロとお散歩中
早朝人の少ないPoipu Beachで沖の方の島のようになった場所にいる時
何やら手前の広いビーチの方にいらした数人の方がザワザワと騒がしく
んんん、これはもしかして何かがと急いでそちらの方へ向かうと
キャーーーヤッタ~~~

P1320657

今年もハワイアン・モンクシールと出会うことが出来ました。

P1320660

可愛い、でもこの子すごく変な子だったのです。
大きさからするとまだ子供のようですが
何が楽しいのか何が気になるのか
砂浜に何度も頭を突っ込んで挙句は掘り進み、砂まみれになっていました。

P1320663

P1320664

P1320667

かなり長い間眺めていたのですが、ボランティアさんがいらっしゃる気配が全くなく

P1320672

カウアイ島では大小実に色々なビーチで出会うチャンスがあるのですが
こんな場所にまでと驚くような、さらに必要があると思われるような
辺境の人のいないビーチにまでボランティアさんが速攻訪れロープが張られるのですが
この日はどなたも連絡する方がいなかったのか、とは言ってももちろん地元の方なのですが

この時ビーチのテーブルにはローカルらしき方々が数人いらっしゃいましたが

P1320681

どなたも連絡する気配がなく、なぜかしら・・・う~ん

ただボードに書かれていた発見時の連絡先の電話番号で消されていて

P1320679

この辺りを担当されているボランティアさんが現在はいらっしゃらないのか
何だかの理由でボランティアさんが現れなかったようです。

早朝のPoipu Beachは静かですが、昼間はこの賑わい(こちら)
設備が整い、ライフガードが常駐、カウアイ島屈指の人気のビーチです。

P1320676

P1320677

ハワイアン・モンクシールやホヌとの出会い、シュノーケリング・スポットなど

P1320678

P1320682

多くの魅力に溢れていますが、岩礁の外側は波が高く引きも強く
特に夏のシーズンには十分に注意が必要です。

P1320683

そんなPoipu Beachを後にしてルートを変えてお部屋へ戻ります。

P1320686

P1320690

『Marriott's Waiohai Beach Club』ではヨガ教室が始まっていました。

P1320685

各々のアコモの裏側、各アコモ車寄せやフロントなどはこの裏側にあります。
まずは『Marriott's Waiohai Beach Club』

P1320688

そして『Koa Kea Hotel』

P1320689

ここからがだだっ広い『Kiahuna Plantation』の敷地

P1320687

が昇って、ハイビスカスも開花を始めました。

P1320694

P1320695



ガイドブックなどではハワイアン・モンクシールに出会えるビーチとして
ポイプ・ビーチがよく紹介されていますが、特にポイプ・ビーチがと言うより
カウアイ島のどのビーチでもチャンスはあると言っても過言ではありません。

個人的には島の南側の色々なビーチで出会うことが多いのですが
ノースのトンネル・ビーチで2年連続と言うお話を伺ったりと
つまりは島内どこのビーチでもチャンスはあって、運次第でしょうか
ビーチにやって来る時間帯も朝だったり、お昼だったり、夕方だったりと様々です。

3年連続して出会えたと言うことは、保護活動が実って数が増えているのかも
そんな淡い期待を抱いたりもしますが、反面ビーチにいる間に
人間による撲殺が連続して起きたり、異常気象の影響で多くの赤ちゃんが
亡くなってしまったと言う情報もあったりと、決して楽観は出来ません。

この先のハワイアン・モンクシールの未来が明るいことを願うばかりです。




ハワイ・ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ