P1420560

お天気に不安を感じながらとりあえずはランチを取るために
『Kokee Lodge』までやって来たものの、土砂降りになり
これはもう諦めて戻ろう思い始めたころ、天気が急変して
雲の間に青空が垣間見える、そんなお天気に(こちら)

ならば行ってみようと、再度急変しないことを願いつつ
最も上にある展望台『Puu O Kila Lookout』へやって来ました。

が多いものの幸いにも雨は降っておらず、さて眺めは
駐車場をぐるっと取り囲むようにオヒア・レフアの大木が林立
初夏ならこれでもかと咲く真っ赤な花が咲き誇るのですが
10月末には残念ながら・・・そんなことを思いながら
一応と駐車場の写真を撮っていたところ

P1420562

先に展望台へ到着していたtonoが「早く来い」と手招きを

えっ何々

きゃ~~~~~
思ってもみなかった光景が突然目の前に

P1420563

お分かりになりますか

P1420565

ズームして

P1420566

P1420567

ずっと夢見ていた、でも現実には絶対に無理と諦めていた
『Kalalau Valley』に掛かるレインボーです。

これまで写真では見たことがありましたが
そんな幸運が自分たちに巡ってくるとは想像だに
カウアイ島に通い続けてよかった、諦めずに登ってよかった。

でもそんな幸運は5分も続かず、瞬く間に霧で覆われ

P1420568

P1420571

P1420570

さらに雨まで、しかもかなり強く

P1420573

車に向かって走るtono、2人とも濡れました。

P1420574

車に滑り込みホッ一息、でも濡れたので寒い
と言う訳で、暖房を入れました。

P1420575

前回は残念ながら霧に包まれ何も見えずガッカリ(こちら)
麓のお天気からは今回の方が諦めモードでしたが
一瞬の幸運に恵まれ、山のお天気は登ってみなくては
さらに刻々と変わるので、正直運次第の出たこと勝負の感です。

ちなみに前々回はお天気に恵まれこの絶景でした。(こちら)

虹との遭遇を期待されるなら午後の訪問を
季節によりますが午後2時から4時ぐらいの間だベストでしょうか
午前中は太陽の位置から出会うことは叶いません。

加えて、本当に山のお天気の変化は時として危険を呼びます。
一度などはお天気が急変して土砂降りの雨と霧で
全く視界が利かなくなり対向車も見えず怖い思いをしました。
絶対に無理はなさいませんよう、くれぐれもお気をつけ下さい。

さて、この記事のタイトルで「①ということは・・・」と思われた方も
はい奇跡は続き、さらに大きな幸運が待っていました。




ハワイ・ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ