DSC_0430

実家に帰っていたりしたためブログの
更新が開いてしまいました。

母の長寿のお祝いのため、母、弟夫婦
ハイチュウ家と5人で熊本の黒川温泉
母の体力を考慮してレンタカーを借りて
弟が運転、特に観光もすることなく
ただただ温泉でまったりとしてきました。

黒川温泉郷は熊本県阿蘇のさらに奥
大分県との県境、九州の北部中央エリア
に位置し、2000年までは地元新聞が発行
する「熊本県万能地図」に、黒川温泉の
名称がなかったほどの秘境温泉だった
そうですが、現在は九州の温泉でも1、2を
誇る人気、全国的にもよく知られ外国の
方々も大勢訪れる名湯です。

2016年の熊本地震では一部を除き旅館の
被害はほとんどなかったそうですが、一部
アクセスが滞ったことや風評被害などで
大きな痛手を受けたものの、復興支援など
温かい支援もあり現在はほぼ地震前の
水準まで宿泊客数も回復したそうです。

今回滞在したのは『湯峡の響き 優彩』

DSC_0429

DSC_0424

お部屋の様子や窓からの眺めをさらっと
和室と洋室のある広いお部屋でした。

DSC_0414

DSC_0411

DSC_0409

DSC_0410

DSC_0426

DSC_0425

弟夫婦と母&ハイチュウ家とお部屋は
二部屋だったため、お食事は専用の
お部屋に集合して

DSC_0422

まずは夕食
熊本の名物「馬刺し」、赤牛のステーキが
柔らかくて美味しくて、お刺身も美味しい

DSC_0417

DSC_0419

そして朝食
ご飯がほとんど食べられないほどの
おかずのバリエーションと量、美味しい

DSC_0421

いずれも最初に写真を撮ったのですが
この後もどんどんと運ばれてお腹一杯に

さらに母のお祝いと言うことでフルーツや
(母はお腹一杯で私たちで食べました
写真撮影などサービスが色々と

DSC_0420

何より、自称温泉には煩いと言う弟が
選んだ宿だったので、館内だけでも
これだけの種類の温泉があって

DSC_0428

さらに貸切温泉は特に予約は必要なく
空いてさえいれば誰でも利用が可能
到着後すぐに利用出来ました。

実は黒川温泉は露天風呂巡りが出来る
「入湯手形」があるのですが、館内の
温泉を制覇出来ないぐらいですから
手形は使わず館内の温泉を3ヶ所
美肌効果の高いお湯でほっこりしました。

加えてこちらのお宿は屋上に天体望遠鏡
が設置されていて、この日はあまり条件が
よくないとのお話でしたがそれでも美しい
星空と望遠鏡越しの昴の観察など大興奮

DSC_0431

フロント前の広々とした空間

DSC_0433

お隣のショップでは「くまもん」グッズが

DSC_0434

お部屋に置かれていたお菓子がとても
美味しくてそれをお土産に購入

さらに帰路立ち寄った道の駅で

DSC_0437

カフェラテと梅酒、などなど

DSC_0439

DSC_0442

このカフェラテがまずは牛乳が濃厚で
美味しくて加えて甘味控えめでコーヒーも
とてもまともな美味しいもので、感激の
美味しさでした。

DSC_0440

最後に駅弁を

DSC_0441

明石名物「ひっぱりだこ飯」のご当地版
本家と同じところで作っているのですが
九州版は辛子明太子入りです。

ど~んと上に辛子明太子が乗っているので
ご飯と一緒に食べ辛いのが少々難ですが
タコが柔らかくて美味しかったです。