P1490029

入っていきなりのベッドに一瞬ビックリした
お部屋(こちら)の紹介の続きです。

ベッドとリビングがある最初のお部屋の
真中辺りにあった空間の先にはキッチンと
ダイニングルームがありました。

入って左手にキッチンが

P1490048

P1490033

P1490031

P1490032

P1490055

右手にダイニング用のテーブルが

P1490034

そのテーブルの上にはウェルカム用の
品々が置かれていたのですが

まずはエコバッグ

P1490082

そしてお水

P1490083

さらにクッキー
(右下のカウアイ・クッキーがそれです)

P1490081

前回に比べかなりコンパクトながらも居心地の
良いお部屋だったのですが、少し難点が

それは建物の外側、玄関に向かうには
スロープが付いていて心配りがあったものの

P1490060

室内にいくつかの段差があったのです。

ベッドとリビングからバスルームやキッチンへ
向う際には数段の階段が、さらにクローゼットの
足元にも数センチの段差がありました。

P1490096

P1490097

P1490095

これが昼間、そこに段差があると意識が
ある時には特に問題ではなかったのですが
それでも何も考えずにクローゼットを利用
しようとすると足元の段差にガツンと爪先が
ぶつかってこれが痛い

さらにキッチンへの段差は大丈夫でしたが
滞在初日に深夜や寝起きの頭がボーッとした
状態でバスルームへ向おうとした際、二人揃って
見事に足を踏み外してヒヤッとしました。

おまけのお話は部屋のキー

P1490401

昔ながらの鍵が趣があっていいですね
鍵と一緒に付いているのが小さなライトです。

『Waimea Plantation Cottages』は日が暮れると
敷地内であっても漆黒の闇、真っ暗になって
鍵穴が全く分からなくなってしまうので
こんなちょっとした心遣いがとても
嬉しかったです。




ハワイ・ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング