P1520989

久々の『Queens Bath』、トレイルの悪路に
悪戦苦闘しましたが楽しむことが出来ました。
徒歩で訪れたのでそのままもう一ヵ所気になる
場所へ行くことにしました。

途中何度もネネさんに遭遇、プリンスヴィル
ではお馴染みの光景です。

P1520987

プリンスヴィル・リゾート内のメインの道
Ka Haku Rd.からPepelani Lp.に入り
さらにKaweonui Rd.

P1520991

戸建の住宅が建ち並ぶ閑静なエリアです。

P1530001

そこからさらにKeoniana Rd.へ、ところが
なぜか道に置かれた表示はEoniana Rd.で
Kが欠けてしまったのでしょうか

P1530002

とにかく静かな住宅地をキョロキョロ捜しつつ
海の方へ近づくように進んでいると

P1520993

ヤッターーーいました。

P1520995

「Laysan Albatross」日本名「コアホウドリ」

春の時期、プリンスヴィル・リゾート内で産卵
子育てをするのです。しかも普通の住宅の庭で
この子は親が餌を取りに行っているのでしょう。

こちらはほぼ同じサイズですが親子かと

P1520998

そろそろ巣立ちの時が近いようでした。

プリンスヴィル・リゾート内ではネネ以外にも
「アルバトロス渡ります」の看板が設置されて
いますが確実に見られるのはここ一画だけかと

戸建の住宅のエリアで静かなこと、飛び立つ際に
風に乗って滑空する必要があるので崖に近いこと
それらの理由でこの通りが選ばれているのではと
想像します。

4月から5月ならこんな貴重な光景に出会える
チャンス大ですが、静かな住宅エリアで路駐は
出来ないので歩いて訪れること、敷地内には
入らないことがそして静かにが必須です。

初めて偶然見つけた際のお話はこちら↓



実はこの最初の出会いのあと何度か一人で
チャレンジしたのですが再会が叶わず

どこも同じような住宅街のため迷ってしまって
今回は方向感覚の良いtonoが同行だったので
無事に再会が叶いました。




ハワイ・ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング