公共工事その22代目社長 その1

November 22, 2006

ISOサーベランス

現在、社内ではISOの一年に一度の公式審査でもあるサーベランスへ向けて、社内の書類や仕組みを最終チェックしています。

ISO取得
2年前に取得し取得の審査を含めて、今回が3回目。
理想と現実のギャップはまだまだあるが、品質管理において少しづつ、社員のの方々取組み方にも変化が見られてきています。

そもそもよく名前は聞くけど『ISO』とは・・・って疑問に思う方も沢山おられます。
社員の一部には書類などが沢山ってイメージがあるだけで、本当の意味を理解できていない者もいるようですので、この場を借りて簡単に説明させていただきたいと思います。

その前にナゼ、ISOを高いお金(数百万円かかります)を払って取得したのかをお話しておきます。

本来、うちの会社のような小規模の事業所での取得は少ないのです。
ましてや建設業のなかでも、官公庁主体の土木工事に比べて、工程や工種が複雑な建築工事では、取得や運用するのがとても困難を極めます。
公共工事を手掛ける北九州の建築を主とする建設業者でもISOの取得は10社程度だと思います。
しかも、当社には民間工事を主体としているので、営業や設計のプロセスもあり、実際の仕組みにそれらを落とし込むのは、難しいものがあります。

それでも、お客様への安定した品質の確保とサービス向上に努めたいという会社の理念に、ISOの仕組みに取組むことが、それらを実現する為に必要なことだと思い、2004年の夏から取組んできました。

  • 仕事のやり方が明確になり確実な仕事ができるようにしたい。
  • 従業員の意識改革が行われ優秀な人材が育つような環境をつくりたい。
  • 組織が活性化され魅力的な会社に成長させたい

    と大きな目標を設定しました。 

    その『ISO』とは・・・International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略で゛アイ・エス・オ−/アイソ/イソと読みます。 140ヶ国以上の加盟国が参加し、国際標準規格を策定しています。
    ISOねじ、写真フィルムの感度(ISO400など)のように、工業製品そのものの国際規格もありますが、ISO9001・ISO14001 のように、管理の仕組みに対する規格もあります。

    当社が取得しているのは品質管理の9001シリーズ。ちなみに14001シリーズは環境マネジメントシステムです。

    『ISO9001』と言うのは国際標準化機構(ISO)にて1987年に制定された品質管理システムの国際規格です。
    製品そのものではなく品質管理体制を規定するための規格で、お客様に満足・感動・安心・信頼していただくために、きちんと仕事をする。
    きちんと仕事をすると会社(経営)も良くなる。
    一言で言うと、会社を"理想とする会社"にする経営管理(企業存続)のための規格なのです。

    お客様に満足・信頼していただく為には何をしたら良いかというと、ISO9001にあてはめてみると

    • 社内の組織・体制を整備し責任・権限を明確にする。
    • 仕事の手順ルール基準を決める
    • 決めたとおり忠実に確実に実施する
    • 実施の証拠として記録を残す
    • 内部監査をして是正・改善する

    大きな会社ではなにので、うちのような会社では本当に厳しいのですが、お客様の生命と財産を守る仕事に携わる私たちこそ、真剣に取組まなければいけないと課題だと思っています。

    29日のサーベランスまであと1週間。
    追込みをかけると同時に、運用の仕組みの是正に急ピッチで取組んでいます。

    早朝から今日も長めの文章になってしまいました。明日からは短めでいきます。



  • hazemoto0521 at 06:52│Comments(6)TrackBack(1) 社長日記 | 小さな会社の社長

    トラックバックURL

    この記事へのトラックバック

    1. 建設業のためのISO9000文例集 2000年版対応  [ ISOの本棚 ]   December 18, 2006 11:38
    9月から12月までの時期に、ISO9001の審査登録を実施される建設業が多いようです。 これは、年が明けると年度末に向けて公共工事の工期末が近づき多忙になるためという理

    この記事へのコメント

    1. Posted by junko   November 22, 2006 21:31
    5 いつも読んではいたのですが、コメントするのは初めてです。

    父が工務店を経営していて、今月、父の工務店に入社しました。
    ちなみに、女です。(笑)
    いずれは継ぐかもしれません。
    二代目は大変でしょうに、すごいですよね。
    リアルで会ったことはありませんが、人柄が顔や文章に出ていますし、お恥ずかしながら、私にとって櫨本さんは憧れであり理想であり目標でもある存在です。

    ISOを取得するのは大変難しいですよね。
    すごい!と、声をあげてしまいました。
    これからも、頑張ってお客様を満足させてくださいね!

    応援しています。

    長文失礼致しました。
    2. Posted by hazemoto   November 23, 2006 13:39
    5 jyunkoさんコメントいただきましてありがとうございます。
    お名前が私の妹と同じで一瞬ドキッとしましたが、文面から別の方だとわかり安心いたしました。
    妹だけではなく社員のアミダクイーン田代もjyunko。
    jyunkoというお名前についつい警戒をしてしましました。

    でも、あまり面白みがない話(ペンギン屋さん談)にメッセージいただきまして本当にありがとうございます。
    女性であり、お父様の建設会社に入られ、跡を継ごうとしている方は目の付け所が違うって勝手に思い込み、勤労感謝の日を喜んでおります。

    3. Posted by penguin   November 23, 2006 22:19
    1 名前の綴りがまちがってお〜る
    jyunkoではなく、junkoである。
    失格!
    4. Posted by hazemoto   November 24, 2006 05:31
    送信した後に気づいたのですが、コメントの編集の仕方がわからなかったとは言え、本当に失礼しました。スミマセン。

    5. Posted by junko   November 26, 2006 22:16
    5 penguinさん、ご指摘有難うございました!
    ちなみに、辛口コメント、いつも見てます。結構ツボにはまっています。(笑)

    ハゼモト社長、じつは、アミダクイーン田代さんと騙してました!
    ・・・っていうのは、冗談ですが、随分周りにはjunkoがいらっしゃいますね!

    ISOに反応してコメント残したわけなんですが、実は、つい先日、父とISOについて話していたんです。
    で、たまたまここのブログ見たら、ISO取得と書かれていたので、きたきたきたっ!といてもたってもいられなくなったんです。(笑)


    ちなみに、私も長文になってしまうタイプなので、ちょっと仲間意識感じています、勝手に。

    縦スクロール仲間とでもいうのでしょうか?(笑)


    長文、失礼しました。
    6. Posted by penguin   November 26, 2006 23:03
    ブログが活気づいていいですねぇ。
    ぺんぎんはちなみに長文がかけないタイプで
    (まぁ、自分のブログやミクシで書いてるので、人んちでは遠慮)秒殺コメンテーターとして有名です。
    だいたい目標は「一日一行」
    今日は負けですわぃ。。。

    それにしてもここはなぜ、「Recent Comments」なるものがないのだろう?
    新しいコメントがはいってもわからんじゃないか!
    きっと社長のプロフィールが長すぎるからだ!(左側の)

    コメントする

    名前
    URL
     
      絵文字
     
     
    公共工事その22代目社長 その1