2011年06月26日

サロマ100Kmウルトラマラソン★

作日、私共「ナチュラリー鍼灸院」《携帯サイト》へ、コンディショニング鍼灸にお越しのN・Aさん。
腰痛も落ち着き、休みの日には50〜70Km走り込み、思い通りのトレーニングもでき、体調は上々との事です。

今日は、いよいよ第26回『サロマ湖100Kmウルトラマラソン 』開催日。

午前5時、湧別町体育館前をスタートし、佐呂間町をひた走り、最も厳しい80Km地点ではオホーツク海を眺め、北見市常呂町スポーツセンターのゴールを目指します。

100kmを13時間以内で完走できる走力を有する男女しか参加できず、暑さの中での大会となった昨年の完走率は、実に50%を切る過酷なレースです。

N・Aさんは、5回目の出場。
この大会に10回完走すると、「サロマンブルー」の称号が与えられます。

3年前の大会、10時間7分、2888人中250位で見事ゴールを果たしています。
一昨年はレース中、トイレが混んでいて20分待たされた結果、10時間6分でのゴールだったのだと苦笑いしていました。

「今年は是非、9時間台の仲間入りを果たしたい。」と宣言します。

地元ボランティアの方々の暖かさと給食給水の充実度も高く、日本最高峰の大会でもあり、今年も日本全国、海外から3000人程のランナーがエントリーしそうです。

選手皆さんの飽くなき挑戦心に敬意を祓い、健闘をお祈りします。

「オホーツクの青い海を目指し、サロマの風となり、ガンバってください。」

                          (けんすけ・みな・あつみ)


hb024906 at 06:18│Comments(0)TrackBack(0)マラソンと鍼灸治療 | 陸上競技と鍼灸治療

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔