暮らしのノートITO

伊藤昭一ジャーナル★運営「文芸同志会」「文芸同志会通信」&「詩人回廊」運営。  

上瀬谷〈 旧・米軍の上(かみ)瀬谷(せや)通信施設の跡地。写真:盛丘由樹年。2023/9/24〉
 5譟κ瞳馨(かみ)瀬谷(せや)通信施設(2023/9/24) 神奈川県横浜市瀬谷区
  私は大和市の墜落跡地を見てから、その足で横浜市瀬谷区に行ってみた。米軍上瀬谷通信施設跡地だ。
  もともと日本海軍の火薬庫や補給倉庫施設があったところであり、戦後アメリカ軍が接収し、通信施設にしていた。ただし、一部の土地を利用していたにすぎなかったという。その広い地域(242.2ヘクタール)は2015年6月に返還され、今は主に国有地になっている。横浜市が管理しているところもあり、一部はすでに民間の農地として利用されている。国有地と民有地がそれぞれ約45%ずつ、市有地が約10%。
  私は、広い地域の中に、旧日本海軍施設の遺物らしい構造物があるという情報を聞きつけ、相鉄線の瀬谷駅から、環状4号のまっすぐな道(ここは通称:海軍道路)を歩いてみた。柵や塀のないところが多く、中の土地に入ることが可能だったが、それは遠慮した。
  海軍道路の街路樹はサクラの木だ。等間隔に立ち並んだサクラは海軍時代の名残だろう。太い幹を持つ老木だが、半数以上が切り株にされているのが、ものさびしい。
  結果的に、それ以外、海軍の遺物と見えるものはなかった。米軍関係の施設も見当たらなかった。跡地の一部を眺めてみただけに終わった。言い訳として、この日、私には時間と体力面で探し回る余裕がなかった。
  この広い土地は、どうなるんだろう、と思いやられる。半分ぐらいの土地について、民間事業者に払い下げてのテーマパーク構想があったというが、採算が取れそうもなく、挫折したという。ともあれ、今は本格的な開発計画が進む前であり、もっとよく探索すれば、何か見つかるかもしれなかった。
  どこまでも続くような、まっすぐな道路を歩いて、跡地の広さを感じさせられた。ようやく、東急田園都市線のつきみ野駅にたどり着いたとき、思ったより時間がかかりすぎていた。当初は欲張って、このあと平塚へ行って一年に一度の、若い人たちの演劇を鑑賞しようと予定していたのだが、その開始時間(13時30分)に、とうてい間に合わなくなったのは残念。
  文芸誌「みなせ」100号「雑事記・戦争遺跡探訪」より抜粋。盛丘由樹年:秦野市在住、フリーライター》

 金価格がグラム1万円を超えた。これは、かってない異常事態である。金価格が動く時、これまでも世界のどこかで戦争など、情況の変化がある。これは金が通貨に比べ価格が比較的に安定しており、しかも換金性がよいことによる。緊急時には欠かせないヘッジになる。
 本来、金の価格変動がゆるやかである、とされてきた。一昔には、地球上のどこの国のひとでも金製品をもっていて、価格が上がると、すぐ売りに出る人がいた。
 すこしあがれば、貴金属店には金貨や金製品を売りにくる人がいるので、供給が増える。在庫調整機能があった。
 もっとも、戦争をしている国では、景気が良いのは戦闘機や武器の軍需企業である。だが景気が良いように見えるだけだ。その経費を負担するのは国民が税金で払う。国民は必ず貧乏になる。
 だから、国は戦争をしようと思ったら金を多く買っておかねばならない。金を沢山もった国は戦争ができる。こういう見方もできる。
 たとえばアメリカは、1949年当時2万1828トンを保有し、これは世界の公的な金保有の70%を占めていた。しかし、ベトナム戦争にそれを使い果たし、1971年には8600トンになってしまった。
 そこでドルを金で交換できる制度をやめてしまった。ニクソン大統領の時代の「ドル・ショック」である。
 日本では金価格をドルレートで算出するので、ドルが下がると金も下がる。円安だと金が高くしか買えない。本来、金相場の上下うねりは10年〜20年の長期相場であった。
 1980年1月には、国際金価格が1トロイオンス=850ドルになった。当時で、日本では1グラム20年前は2000円前後であったのが、6千円から7千円になった。原因はイランでのアメリカ大使館占拠事件、ソ連のアフガン侵攻など、世界情勢が激変したからであるた。
 妙に金の価格上昇が続いたら、世界情勢になにかがある。イラク戦争の前に、フセイン大統領がクエート侵攻をした。イラクが侵攻前に大量に金を買ったので、金価格が上昇したという。これでこの事件を察知した人もいたという。
 現在の金の高騰には、ドルの信用力が落ちたことが影響しているという噂だ。また中国は、国民が金を買い集めているらしい。13億人の何割かが貯蓄として豆金を買っているそうだ。そうなると、どこまで上がるか見当もつかない。
 日本では、戦国時代に山梨の武田信玄が地元で産出する金塊を有効に使って、勢力を拡大した。おそらく、地形の細分化しやすい山谷の多い所にそれぞれに支配層がいただろう。信玄はそういう豪族などを、金を与えて自国に買収したのではないだろうか。信玄は金山衆という鉱山発掘の専門坑夫の集団を育成した。その坑道づくりと採掘技術は、敵城を陥落させるのに役立ったろう。「黒川金山」や「湯之奥金山」はその遺跡として著名である
 「武田信玄公の隠し湯」といわれる下部温泉。実は隠し湯というより信玄公の父・信虎の時代から武田家の公認湯だったらしく、歴史に名高い「川中島の合戦」のときには、信玄公をはじめ傷を負った多くの兵たちが下部温泉に湯治して傷を癒したと伝わる。
01834929.jpg
Pjnews.net/news/「信玄隠し湯」と金山史跡の「世界遺産登録」の課題=山梨・下部温泉郷
 駅から歩いて15分くらいであろうか、山田の湯(山田ホテル)に着いた。風呂場には温泉と冷泉の二つがあって、冷泉は冷たいというより涼しくて、気持ちがよい。長く入っていても寒くはならない。温湯に入りたければ、隣に浴槽がある。これもそれほど熱くはなく、いい湯加減である。
newsimg ひと風呂浴びてから、身延線の下部温泉駅のすぐ近くに「湯之奥金山博物館」があるので、入館して遊べる。砂金採りの金山史跡と「信玄隠し湯」=山梨・下部温泉郷

 イランの大統領で、イスラム教シーア派高位聖職者のエブラヒム・ライシ師が19日、ヘリコプターの事故で命を落とした。これは、中東では大事件だと想う。なにかが起きるのではないか。
 それに関連するのかわからないが、20日から予定されていたサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子の来日が延期になったという。表向きはサルマン・ビン・アブドルアジズ国王の健康状態が理由だというが。
 ムハンマド皇太子は20〜23日まで、岸田首相との会談や天皇陛下との会見に臨む予定だったという。それを中止すのだから、どんなことが、おきているのか推測できない。
 日本の政治は、米国次第だけど、これに米国がどう動くのか。日本の政治家は、厳しい世界情勢のなかかで、ぐにゃぐにゃしているけど、なんか不安感がつきまとうう。リスクは、自然災害と原発事故ではないか、と思う。すぐできることに、食料自給率を高めることだ。国家安全保証のために農協は、もっと努力するべきであろう。

少女たちは笑い声をたてて走しっている
台湾台中市合作新村の横を走る線路沿いに 
遠くからシュッシュッ ボーボーと蒸気を吹き出し鳴る蒸気関車 
線路に軋る派手な音がだんだん近づいてくる
隣近所同士の少女たちは一目散 
宝ものを持って家へ
熟れた桑の実 黒薊菜の実 拾った可愛い石を母のミシン箱に加える
そこに父の使った注射薬空き瓶もごろごろ
私の大事なおもちゃ 石ごろと空き瓶 青春の光 影と音が詰まって
ある日突然 隣近所の彼女が結婚したよと告げられた
仲つむじくて旦那さんが甘えん坊だよと
その後音信絶えた

何のために今度の帰郷はと聞かれ
目的はないよ ただ故郷と故郷の人たちが恋しい
妹の同窓会の日も知らずに故郷へ
数学教師の奥さんはあなたの小学同級生ではないかと妹が言った
まるで幼なじみの彼女に再会するために
これから五十年の空白を埋めようと 
(2024 3 30)
 ☆関連サイト〜〜「詩人回廊」=江素瑛の庭〜〜☆

4月、昨年度の「平安女流日記」に続く「万葉集」クラスは開講となった。
 初日、まず驚いた事は生徒数が総勢26名<男性7女性19>と大所帯である。
 定員30名のクラス内、ほぼ2人掛けの椅子は埋まっている状態。前回は10名にも満たない、小規模だった為初日から圧倒された。
 今回のカルチャー教室も区長の話しによると、最高齢93才の生徒が3名いるとの事。
 「いくつになっても学ぶ意欲」どうやらこれが長生きの秘訣にもなっているのではないか・・・そう感じた。
 初日、漢字ばかり羅列されている文章プリントが、多数配布された。これをみただけで「あれ?間違えたか?万葉集クラス」と後悔の念が先走った。
 そこで先生は真っ先に、「これを見て万葉集を嫌いにならないで下さい」と生徒の笑いを誘う。
 そもそも「万葉集」とはから始まる為、私なりにをまとめてみたい。
 奈良時代末期に成立されたとされる日本最古の歌集。巻1〜巻20から成り歌の総数4、516種。  作者は天皇から農民まで幅広い階層に及び読み込まれた土地も東北から九州に至る。が、誰が何の為に誰の為に編纂されたのか未だ不明。兎に角謎多き書物である。
 私がこの万葉集に惹かれたのは、「時の勝者は歴史書に敗者は書物に歴史を書き残す」と何かで聴いたからだ。
 この最古の和歌集に限らず、日本の歴史自体「そもそも謎だらけ・・・」
 皇室が2600年<紀元前から>継承されながら国内最古の歴史書は日本書紀・古事記とされており、いずれも西暦700年代に出来たもの。
 それ以前、当時は文字が無かったから記録が残っていないとされるが・・・本当にそうなのだろうか。意図的に残していないまたは、残せない何か黒歴史があるからなのか・・・私はこの様なミステリアスな話しが好きである。それだけでワクワクしてくる。
 4月、巻1から読み始まった。因みに巻1は84首 巻2は150首 巻3は252首 巻4は309首 巻5は114首・・・この巻1だけでもかなりの時間を要する。
 それにしても、学生時代これらの物に一斉触れる機会は無かった様に思う。
 貴重な日本の伝統文化・伝統音楽など、沢山あるのに・・・その昔これも意図的に隠され表舞台から消し去られた外的圧力があったのだろう。
 今年2024年、戦後79年を迎える。そろそろ大和魂を取り戻す為にもこれらが日の目をみるーーそんな時が来ているのかもしれない。
 ☆〜〜関連サイト:「詩人回廊」〈やまや白丸の庭〉〜〜☆

 文学愛好者のフリーマーケット「文学フリマ東京38」は、東京流通センターの全ホール(第一展示場ABCDホール+第二展示場EFホール)を使用しての拡大開催となる。出店数も過去最大の 1,870出店(2082ブース)という。また、今回から一般入場者が、有料となる。(18歳以上チケット入場料 \1,000)。
協賛= pixiv小説、同レボ!(富士フイルムBIジャパン)、小説家になろう、note、しまや出版。
 こうした新体制のため、会場となる展示場は2つのビルと3つのフロアに分かれているという。すべてのブースを観るのは、なかなか大変であろう。HPでのWebカタログや配置図で、出店者や作品の情報を事前にチェックしておく必要がありそうだ。
 とくに一般入場者の有料で入場するひと、欠かせまい。そもそも、文学フリマは、従来、原則すべて入場料無料であった。例外は2013年4月28日の幕張メッセを会場とした「ニコニコ超会議2」「超文学フリマ」で、入場のために超会議のチケットを購入してから無料の「超文学フリマ」ブースに行った。この特例とは、異なる方式であるので、その定着が注目される
■関連記事=」「超文学フリマ」in「「ニコニコ超会議2」見えざる大衆との交叉点
130428 066130428 055<超文学フリマ見本誌コーナーは憩いの場にも。4月28日>

■■《参照:望月倫彦「文学フリマ」主催・代表に訊くーFINDERSより

P5140005_1_1<木村 喜由・日本個人投資家協会理事。>
  「日本個人投資家協会理事・木村喜由氏は会員向け情報「木村喜由のマーケットインサイト 2024年5月号」を発信した。ー前段では、現段階での生成AI人気は、将来生み出される効率化や新たたな市場で生じる付加価値を見込んだものでなく、データセンター大手(メタ、アマゾン、マイクロソフト、グーグル)などがカネに糸目を付けず馬鹿高い(しかも電力消費効率の悪い)NVIDIA製のGPUを買い続けており、これに付随して大型積層メモリーにも特需が発生しているためだが、その他の電子機器需要が回復しているわけではないーーの見解。ーー以下、後半部を抜粋する。
【円安基調は不変、ただし日銀利上げでペースはダウン】
 NVIDIAのGPUは元々がゲーム用の高速画像処理を目指して設計されていたもので電力効率などもあまり考えていなかったのだが、彼らの想定外で爆発的な生成AI関連の需要が発生し、現行主力製品は当初の売り値を2倍に値上げした。
 現在、ライバルも新興ベンチャーもユーザーもこぞってより機器価格、性能、電力効率のよい新しいGPUを開発中であり、NVIDIAの独占が続く可能性は低い。
 おそらく生成AI関連で増加が見込まれる半導体その他の機器の市場規模は現在想定されている3割以下で済んでしまうだろう。用途が定まると、既存学習したものにまず当たり再利用を考える。ほとんどがこれで完了する。ない場合だけ再検索を掛ける。すべての動物がそうであるように最初は戸惑い苦労するが、以降の試行では習熟が進むのでさらに高速化するのだ。
 今データセンターに投資されている莫大な金額は、足元のシェア争いに勝つために張り合っているもので非常に低効率のものである。しかも、企業や創作者などが秘蔵、新規考案するものは生成AIの検索対象にならない。したがって既存の公開データの処理には便利だが、創造性が必要なレベルの高いものにはならないのである。これらの事実は遠からず周知のものとなるだろう。
 米国ではイリュージョンが崩れ、緩やかな景気後退の波が押し寄せる。しかしインフレ圧力はまだ根強いため、金利はなかなか下がらない。そうなると、成長期待を大きく織り込んでいるグロース銘柄を中心に激しい下落が起きるだろう。
 日本政府は連休中にドル円が急落し160円にタッチしたところで合計9兆円、570億ドル程度の為替介入を実行した。これは投機筋の円売りに待ったを掛けるためであり、スムージングオペというべきものだ。植田総裁の発言からは155円水準が異常という認識は窺われない。異常というなら、世界の標準とかけ離れた、実質賃金がゼロまたはマイナスが長年続いた日本経済の方がはるかに異様であり、それが正常化する過程で、見えざる手が動いていると認識すべきだろう。
 2150兆円ある個人金融資産のうち1130兆円が預貯金である。これは今後の日銀が念願していた賃上げ・物価上昇の好循環に対して大きく出遅れ、維持すれば大幅な目減りが避けられない。
 しかも7月には渋沢1万円札が登場する。推定90兆円あるタンス預金がムズムズしているのが筆者には感じられる。日銀は7月以降追加利上げに動くが、ペースは遅いので円安の基調は続くだろう。(了)
 ★ このレポートは経済環境および投資判断の参考となる情報の提供を目的したもので、投資勧誘を目的として作成したものではありません。投資の最終決定はご自身の判断でなさるようにお願いいたします。※特定非営利活動法人 日本個人投資家協会 (Japan Association for Individual Investors)

人々の一生のなかで寝どこは変わり また変わる  
夫婦になり 寝どこをともに 妻はいびきを我慢する
子どもが生まれると 川の字に並ぶ 子供の足 気持ちよさそうに 左右にけったりする
時の過ぎるのもおぼえず いつの間にか年令が忍び寄る 自由勝手が芽生え 狭い家でも 夫婦は寝とこを別々に  
まくら ふとん以外 ラジオや携帯 化粧箱や雑誌新聞 パジャマ以外の下着洋服を 寝とこにおき 
目の前におけば探さなくても ラジオの音響がうるさくても
寝とこが物置になり 寝返りする空間がだんだんと狭くなり
窮屈でも一人寝のスベースは確保する 
余裕を持たなくてもいい 
いずれにしても空間はどうでもいい日が来る
(2024 5 12)
 ☆関連サイト〜〜「詩人回廊」=江素瑛の庭〜〜☆

舘野鉄工所跡〈舘野鉄工所米軍機墜落犠牲者の50回忌と書かれた墓標のような柱。大和市上草柳にてフェンスの上から撮影。2023・9・24/盛丘由樹年〉
 旧・舘野鉄工所跡(2023/9/24) 神奈川県大和市上草柳
 大和市上草柳の舘野(たての)鉄工所に墜落したケースは、「大和米軍機墜落事故」と通称されている。1964年9月8日、厚木基地を発進したF8ー2クルセイダー(海軍戦闘機、F8Uとも呼ばれる、エセックス級の航空母艦での運用が可能だったから、ベトナム戦争で活用された)が、離陸直後にエンジン故障で失速、滑走路の延長線上を、上草柳地区の林や民家をなぎ倒しながら200メートルほど滑走し、舘野鉄工所の塀に激突・炎上した。さらに鉄工所のアセチレンガスに引火し、爆発した。鉄工所は全焼し周囲の住宅4棟が全壊した。
 鉄工所従業員3名(経営者の息子たち)が死亡、一般市民3名が重軽傷を負った。乗員は墜落前に脱出して無事だった。
 今も毎年9月8日には、関係者らによって慰霊の行事が行われ、それが地方版の新聞などに取り上げられている。
 この小文を書くに当たって、どうせ行くなら、私もその日に行くべきだったかもしれない。ここは国有地として管理されている。事故後、国が買い取ったのだろう。おそらく補償の一部として。ふだん金網のフェンスで囲われた一角は、施錠され、中に入れないが、その日だけは開けられる。
 私は9月24日、秋の日曜日、鶴間駅から歩いた。大和駅から森の泉公園方面に歩いて行くのが本筋だが、地図をみて、このコースのほうが現地に近いとみた。私は大雑把な地図を頭に描きながら、いいかげんに歩いているから、また道に迷った。公園の中で出会った老婦人に正確に教えてもらった。墜落現場は地元の、年代が上の人にはよく知られた場所らしい。
 ちなみに、森の泉公園は谷筋に原生林的な木々が生い茂る緑地であり、散策するのにちょうどよい。ある傾斜地には、白と赤の彼岸花が無数に咲き誇っていた。人々がそれに見入っていた。
そこは、雑木林だった。その中に、金網の外からでも、慰霊碑的な仮設の柱(国有地のため慰霊碑などを設置するのに制限がある)が、道路わきからよく見えた。
 その周りは10メートル近い高さのある雑木林が生い茂り、年月の経過(事故から今年で59年が過ぎた)が感じられる。国は土地を買い取ったものの、ほったらかしている。手入れもしていないようだ。地元では、公園にして、出入り自由の場所にすべきだ、という声が出ているという。おそらく、厚木基地がある限り、軍用機が、再びここに落ちる可能性があると考えているのかもしれない。
ここは、厚木基地の滑走路の延長線上にある。滑走路の北端からまっすぐの、約1kmのところにある。その間に、相鉄線と東名高速道が横切っているが、延長線上の真下の部分にはそれぞれトンネルを構築している。万が一、離陸直後の軍用機が落ちたとしても、車両との激突を防ぐためのトンネルだ。
 私は4日後にバスの乗客の一人としてこのトンネルを通過した。トンネルというより、シェルターに見えた。
 東名高速の大和トンネルは、交通渋滞が起きやすいところ、あるいは追突事故の多いところとして知られていた。その昔わたしはここを通るとき、〈なぜこんな平地にトンネルがあるんだろう?〉という疑念が頭に浮かんだものだ。大和トンネルには。渋滞の原因が別にあるとしても、軍用機墜落事故の怨念がこもっているかのようだ。
 このケースでは、滑走路を走っていた時、エンジン不調に気づかなかったかどうかが問題になる。それに気づけば、滑走路上で緊急停止すべきだった。少々のオーバーラン(滑走路からはみ出すこと)があったとしても、やむを得ない。1kmもオーバーランしてはいけないけれど。
  《文芸誌「みなせ」100号「雑事記・戦争遺跡探訪」より抜粋。盛丘由樹年:秦野市在住、フリーライター》。

 今年のゴールデンウイークは全く楽しくない。最悪以前は子ども達を叔父の家に預けて自分たちはバイクで箱根や富士五湖などに出かけていたが、一度帰りに彼らと一緒になり渋滞に巻き込まれ散々なめにあった。
 なので、それからはゴールデンウイークに出かけるのはやめた。もう4〜50年も前の事になる。伯父も子供たちも亡くなってしまった。
 今年は6日にまた入院になる、病院は休みなので救急の入り口からの出入りになる。つまり裏口入院だ。
 次の日は即手術、それから3週間はリハビリになる。以前は3週間などなんでもなかったがこの年になると3週間はつらい。しかも左の肩の骨を削るのだそうだ。
 肩の骨を支えている腱が4本中2本切れているので、人工関節にするのだと言う。1月に転んで脱臼は取りあえず治ったのだが、腕を動かすと痛い、腕をあまり使えない、そのままで居る人もいますよ、と言うがとてもこれからまだ何年もそのままでなんていられない。
 3週間も居るのだから日常生活に必要なものは一通りそろえなくてはならないのだ。それに腕なので特別の寝巻とおむつがいるのだと言う。
 おむつなど寝たきりの人の物だと思っていたが、当分腕が動かせるまで付けるのだと言う。それも腕に頑丈なサポーターをつけて三週間もそれで過ごすのだと言う。
 また、あの病院中をうろうろするのかと思うと憂鬱になる、その以前に足の膝も目も人工になっているのだからまるでサイボーグだ。そのうち脳みそも取り替えますかと言うようになるだろうな。
(2024/05/03)
 ☆参照:〜詩人回廊=菊間順子の庭

↑このページのトップヘ