P8200005<トランプ米大統領選の共和党候補に批判的なアーティストらのグループがニューヨークのマンハッタンなど米各地でトランプ氏の全裸像を設置。米国では、裸像下半身に 男性的な突起をつけた表現は禁止のため、ついていないようだ。「根性なしの帝王」と題しているようだが、男のものがない、という暗喩にうけとることもできそうだ。>
マニュエル・ヤン氏の8月20日の「サンダースのアメリカ、トランプのアメリカ、そしてBlack Lives Matterブラック・ライブス・マター」(草の実アカデミー)講演から、警官による黒人射殺事件の2012年〜2016年の経過を下記に記す。
  【 2012年】2月26日、17歳のトレイヴォン・マーティンがフ駈リダ州サンフォードで近所自警団のボランティア、ジョージ・ジマーマンに射殺される。当初、サンフォード警察はジマーマンを釈放するが、大衆抗議があったため第二級殺人罪に問われ無罪判決を受け、Black Lives Matter 運動が開始する。11月23日、フロリダ州ジャクソンヴィルのガソリンスタンドで17歳のジョーダン・ディヴィスが白人男性マイケル・ダンに射殺される。
  【2013年】11月2日早朝、ミシガン州デトロイトで交通事故にあった19,歳の黒人女性レニーシャ・マクブライドが助けを求めて白人シオドア・ウェイファーの家のドアを叩くとウェイファーはドア越しでマクブライドを撃ち殺す。
  【2014年】43歳のエリック・ガーナーがニュ,一ヨーク警官ダニエル・パンタリオによって路上で絞殺される。目撃者が撮ったビデオでガーナーが死ぬ直前にっぶやいた「息ができない!」はBLMのスローガンになる。陪審員はパンタリオの起訴を却下し、抗議行動がニューヨークで行われる。4月30日、ウィスコンシン州ミルウォーキーのレッドアロー公園で31歳の精神障害者ドントレ・ハミルトンが警官クリストファー・マニーによって射殺される。
 8月5日、オハイオ州ビィーヴァークリーのウォールマートで玩具のピストルを手にとった22歳のジョン・クローフォードが警官に射殺される。
 8月9日、ミズリー州ファーガソンで無防備のティーンエージャー、マイケル・ブラウンが警官ダーレン・ウィルソンに射殺され、二日後にロスで精神障害者のエゼル・フォードが後ろから警官に撃たれ殺される。ファーガーソンでは大規模な抗議闘争が路上で展開し、戒厳令が敷かれる。
  10.月20日、シカゴで17歳のラクアン・マクドナルドが三センチナイフを手放さないので警官ジェイソン・ヴァン・ダイクに16回撃たれる。数百人が抗議を行い、市長ラーム・エマヌエルは警視長ゲーリー・マッカーシーを首にする。
 11月23日、オハイオ州クリーヴランドで玩具のピストルを持った12歳のタミール・ライスは警官ティモシー・ローマンに銃弾を二発撃ちこまれ、翌日死亡する。一ヶ月後、NY市警の警官二人が射殺される。
  【2015年】4月12日、メリーランド州バルチモアで逮捕された25歳のフレディ・グレイは吸引器を警察にリクエストするが拒否され、昏睡状態に入り脊髄損傷で死亡。バルチモアで暴動が起こり、国防軍が動員される。
  11月16日、ミネアポリスで24歳のジャマール・クラークが手錠をかけられたまま頭を警官に撃ちぬかれ、BLM運動が第四管区の前で18日間抗議を行う。
  数日後の11月20日、ニューヨーク市警の警官ピーター・リアンがブルックリンのアパートの階段でアカイ・ガーリーを撃ち殺す。
  【2016年】7月5日、ルイジアナ州バートンルージュのコンビニの外で警官が37歳のアートン・スターリングを地面に押さえつけ胸に向けて五回発砲しているビデオがネットに流出。翌日、ミネソタ州で警官に車を停められたファイランド・キャスティールが財布を取り出そうとして射殺される状況を隣に座るガールフレンドのダイアモンド・レイノルズがフェイスブックでライブストリーミングする。
  翌々日の7月7日、ダラスでBlack Lives Matter運動の非暴力デモの最中、退役軍人マイカ・ジョンソンが警官五人を射殺し、イラク戦争で使われたロボット爆弾で殺される。
  7月17日、元海兵隊員ギャヴィン・ロングがバートンルージュの警官三人を射殺し、三人に傷害を与え、警官に撃たれて死ぬ。7月22日、マイアミの路上で精神障害者の患者を助けようとしている行動療法士の黒人男性チャールズ・キンシーが手を上げ懇願するにもかかわらず、警官に脚を撃たれる。
  8月13日、ウィスコンシン州ミルウォーキーで23歳のシルヴィル・スミスが警察に射殺された後、暴動が二日間続く。