IMG_20170603_0001_1<東京新聞「川口晴美の詩の月評」の2017年6月3日付の詩評記事>
  詩人の川口晴美氏が、東京新聞「川口晴美の詩の月評」(2017年6月3日夕刊)で、文学作品のフリーマーケット第24回文学フリマ東京(会場・東京流通センター)で、友人が出店するブースで売り子体験をし、会場の雰囲気を述べている。そこでの「『南望楼詩話」や、「アニポエ」、「平成勤労婦人詩集」、「権力の犬」などの印象を記している。
 詩作の世界は、星の数に似て膨大なものがあるが、自ら販売や配布をする市場性に注目しているのは、特筆に値するのではないか。