IMG_0735<自由報道協会の記者会見で、報道の自由を活用しない国民とメディアを批判する亀井静香氏>
元金融担当相・前衆議院議員の亀井静香氏(80)が今年の選挙に出馬せずに、政界を引退した。(公社)自由報道協会では11月15日、「政界引退について」、「衆院選の結果、今後の政治」をテーマに、記者会見を行い、現代日本社会の 諸問題について語った。《動画;亀井静香氏、自由報道協会
  亀井氏は、自由報道協会の会見だから、報道に関する話をすると前置し、日本には言論の自由があるのに、国民が、自由に物事を述べない気風がある。警察を使って言論規制をしているわけでもないのに、国民が自由闊達に議論をする、こともない。メディアも自主規制をするのではないだろうが、ひとりひとりのジャーナリストがその世相に迎合して、自分を失っていると、まずメデアの姿勢を批判した。
■関連情報=亀井静香氏の名言録!政治に無関心でも無関係ではいられない