暮らしのノートITO

伊藤昭一ジャーナル★運営「文芸同志会」の郵便振替口座=00190−5-14856★「文芸同志会通信」&「詩人回廊」運営。  

"雑木林文学の会"ひろば

「北川荘平没後十年」(安芸宏子)が「樹林」2016・5月号に

IMG_20160616_0001_1<安芸宏子講師《参照:大阪文学学校講師プロフィール>が「北川荘平没後十年」を寄稿した大阪文学学校の「樹林」2016・5月号>
 同人誌「雑木林」(雑木林の会)の主宰者として、創作を指導していた作家・北川荘平の没後十年。「雑木林」への師の想いを承継していた大阪文学学校講師である安芸宏子氏が、雑誌「樹林」2016・5月号(大阪文学学校・葦書房)に表記のエッセイを発表した。同人誌「雑木林」は、休刊となっているが、その後の情報として、本欄にて紹介する。
 作家・北川荘平(1930〜2006)は、京都大学経済学部卒業。高橋和巳ら とともに京大文芸同人会(のちの京大作家集団)結成に参加。卒業後は大阪ガスに勤務 。そのかたわら同人誌で創作を始める。
 作品「水の壁」が、第39回直木賞候補(昭和33年/1958年上期)、 第39回芥川賞(昭和33年/1958年上期)の候補となる。1960年より『VIKING』同人。昭和38年/1963年〜昭和44年/1969年には同誌編集人を務めた。その間、第43回直木賞候補(昭和35年/1960年上期)「企業の伝説」、第54回直木賞候補(昭和40年/1965年下期)「企業の過去帳」、第55回直木賞(昭和41年/1966年上期)「白い塔」などの実績をあげた。
 エッセイ「北川荘平没後十年」によると、安芸氏は織田作之助賞の下読みをしていたことがあって、たまたま同賞の選者に北川荘平がいたことから知り合ったのだという。
 その後、北川が大阪文学学校の講師をしていることを知り、受講することになったということだ。北川荘平の「水の壁」が芥川賞候補になった時に、受賞したのが大江健三郎「飼育」であったという。「文芸春秋」に作品が同時掲載されたらしい。
 このエッセイによると――それが「名誉なことにおもえるが、北川には堪えがたい事情があった。自己や自作についてしゃべらない北川が一度だけ例会で話したことがある。
併載するから削ってくれと編集部から『水の壁』が戻ってきた、枚数制限があったのだ。削って送ったところ、すぐに返されてもっと削れという、しかたなく赤で線を引いて消していったが、途中であほらしくなって、部屋の隅に放りなげた……。――とある。
 書き手と編集者とのよくあることだが、「飼育」は大江健三郎の出世作として知られるが、北川荘平のことを記憶している人は少ないであろう。
 その後、雑文・雑記を書く方に転向し、指導、批評の道を歩んだとある。純文学の世界において、若手のホープで売れっ子であったはずの大江健三郎ですら、職業作家への意志をもって、その方向性が定まるのに時間を要している。
 職業とする作家的姿勢と、生活者の視点での文学生活の対照的な側面を、このエッセイは具体的に見せてくれている。

文芸同人誌「雑木林」第16号は「しばしおやすみ号」

IMG_20140916_0001_1<雑木林の会・雑誌「雑木林」16号は、「しばしお休み号・北川荘平生誕84年・没後8年」で一区切りとなる>
 雑誌「雑木林」16号が8月に発行されました。本号の安芸宏子「北川荘平の作品を見るー人間たらんと願って」は、おそらく作家・北川荘平作品の研究論文として稀有な資料として注目されます。
 また、菅沼仁美「独断と偏見の読書」は、優れた書評による読書案内で、その見識の高さから安心して信じて読める文学入門です。なかなか大変な仕事で、対象作品は次のとおり。南木桂士「天地有情」、マグリット・デュラス「ラ・マン(愛人)」、犬養道子「ある歴史の娘」、スコット・フィッツジェラルド「偉大なギヤッビー」(野崎孝・訳)、中島敦「李陵・三月記」、ナサニエルエル・ホーソン「緋文字」(福原麟太郎訳)、渋沢瀧彦「高岡親王航海記」、M・オンダ―チェ「イギリス人の患者」、宮城谷昌光「王家の風日」、ポール・ボールズ「シェルタリング・スカイ」、佐野洋子「百万回生きた猫」、W・フォクナー「アブサロム・アブサロム」。
 その他、充実した内容で、目次は次のようになっています。
 短歌:村上節子「娘のありてこそ」。
 同人競作「手」:菅沼仁美/井上正雄/松谷慶子/水野みち/村上節子/安芸宏子。
 小説:水野みち「暑い日」/安芸宏子「水のなか」
 エッセイ:井上正雄「あきらめない・終章」/松谷慶子「片方だけの手袋」/野口真喜「六段の調べ」/松谷慶子「老ピアニスト思いを弾く/安芸宏子「北川荘平先生と枚方・雑木林文学の会」。
 作品随想:菅沼仁美「独断と偏見の読書」/野口真喜「絵本の旅」/安芸宏子「北川荘平の作品を見るー人間たらんと願って」。コラム「淀川左岸」各同人執筆――など。
《参照:文芸同志会通信・作品紹介「雑木林」第16号

文芸同人誌「雑木林」第15号を第17回文学フリマで展示PR

0301104 0060301104 008  11月4日に東京流通センターで開催された第17回文学フリマの「文芸同志会」ブースで、文芸同人誌「雑木林」第15号(2013年5月発行)を展示PRしました。見本誌コーナーやブースで多くの人が手にとって閲覧しました。ほかに多くの作品や同人誌が並べてあるので、いろいろな種類がここにあるが、雑誌「雑木林」があるのは何故か?という質問もありました。会では、普通の人々の生活を記録するという文芸同人誌の原点を示す典型的な雑誌と判断し、皆さんにお見せます」と説明しました。
0320 002<「雑木林」>
  文芸同人誌「雑木林」第15号(2013年5月発行)
〜目次〜
松谷慶子「漢学者岡田松窓」/「兄との別れ」/「女子会」
井上正雄「あきらめない続・三」
水野みち「遠い日」
村上節子「一口の水」
菅沼仁美「花嫁」
安芸宏子「ふたたび北川荘平先生のこと」/「理恵子の事情」
コラム「淀川左岸」執筆者=菅沼仁美、水野みち、井上正雄、松谷慶子、安芸宏子、村上節子。
<「雑木林文学の会」は、大阪ガスに勤務しながら作家をしていた故・北川荘平氏を講師とする文芸教室の生徒仲間の会>
■関連情報=文芸同志会通信≪作品紹介サイト
「雑木林文学の会」ひろば制作=文芸同志会編集部
QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ