2006年07月11日

WWE RAW観戦記

見てる人がいるのか不安になっていましたが、書きます。

続きへどうぞ。

ブログランキングranQ



勝者は青色。


ビンスがモニターに写り、話を始める。

ビンスは「「やぁ皆さん、こんばんは。先々週の RAW で私は HHH をある特別な会に入会させるハズだった。だが望みは叶わず・・・そして先週の出来事だ。HHH はスピリット応援団の5人全員と対戦し破壊されるハズだった。ところがショーン・マイケルズのせいでまたも私は望みを果たせずに終わってしまった。今週こそは全て私の思い通りにしてやる。なんと驚いたことに D-X が再結成されるらしいな?だがそんなことはさせん。それどころか D ジェネレーション X は崩壊するハメになる。信じないのなら、言葉ではなく行動で示してやろう」

というと部屋を出て、リングに向かおうとするとスタッフが寄ってきて「プレゼントが届いています。」とニワトリを差し出した。(チキン=臆病者という意味)

ビンスは怒って、突き放しさらにリングに向かうが途中に変なコスプレをした人が出てきて邪魔をする。

軽く追っ払い、リングに向かう。

ビンスリングに登場すると、「 D-X め、せいぜい楽しむがいい。だが笑い者になるのは貴様らの方だからな。この言葉をくれてやる " 生き地獄 " だ!私の靴のサイズを見てみろ、ざっと 30cm はある。この靴のつま先を HHH のケツの奥まで埋めてやる!そして同じ靴のかかとでマイケルズを思いっきり蹴り倒すのだ! D-X のためにある企画を考えた。非常に愉快な計画だ。諸君を驚かせて・・・」と言いかけるとシェインが登場。

シェインは小声で「ステファニーのお産が始まった。立ち会うんだろ!行こう!」というとビンスは「今夜は忙しいのだ!無理だ。」と拒否。

しかしシェインが説得し、渋々リングを後にする。

バックステージではシェインとビンスのところにコーチが現れる。

コーチは「大丈夫ですか?」

ビンスは「大丈夫なわけないだろ!こんな大事な時期に産気ずきやがって!!あのアバズレめ!!!!!!!!」と暴言を吐く!

シェインも困惑気味。

ビンスは「今夜はコーチ、お前に任せる。」というとリムジンに乗って去っていった。


トリー・ウィルソン&マリアvsキャンディス・ミシェル&ミッキー・ジェームス

ブラ&パンティタッグマッチでの試合。

お互いにシャツやスカートを脱がしあう展開だが最後はミッキーが力技で2人の服を脱がし勝利!!

ミッキー〈観客)試合後JRの帽子を奪い、かぶりながらアピールしていると観客の女性が挑発。

すると、怒ったのか観客の服をも脱がし始める!

満足したのか、笑いながら帰って行った。

 


チャーリー・ハースvsヴィセラ

ヴィセラが登場。

ヴィセラ(激怒)リングにいるハースに問いかける。

ヴィセラは「ハース、もう1度だけチャンスをやる。オレのいとおしいリリアンに謝罪しろ。今度こそ本気で謝れよ!」と言ってマイクを投げつける。

するとハースは「リリアンはもう許してくれた!先週食事にも行った!その食事の後に許してくれたんだ・・・ベットの中でね!!」というとリリアンは驚きの表情。

ヴィセラは激怒しビンタをかますと試合が始まる。

スピリット応援団(乱入)ヴィセラが有利に進めていたが、途中にスピリット応援団が乱入。

両者に攻撃を始める!

両者をボコボコにしたあと、マイクを持ち話しはじめる。

「「どうやら D-X が復活したようだな。だがオレ達がヴェンジェンスまでに崩壊させてやる!さぁ今すぐにリングに出てきやがれ!決着をつけてやる!出て来い D-X!」

するとモニターにHHHとHBKが写る。

「だ、だから言っただろ、連中は5人で、こっちはたった2人だけだぞ?ヤツらはオレ達を始末するつもりだ、アア〜」と言う。

HHH は「ショーン落ち着け。ヤツらなんて・・・たかがチアリーダーじゃねぇか、ハハハ」と笑い出す。

スピリット応援団(スライム)HHH は続けて「お前らが呼び出したからってオレ達が出て行くと思ってんのか?オレ達は自分の行きたい時に出て行く。今夜は全世界が新たな誕生を目撃する。ついにオレ達は戻ってきた、宇宙で最もパワフルなチーム D ジェネレーション X だ!だがその前にお前らにこの言葉をくれてやる・・・だが Suck it じゃねぇぞ?ちょっと上を見てみろ」と言うと、スピリット応援団は一斉にリング上を見上げるが、なんといきなり緑色の大量のスライムが流れ落ちてきた。

スピリット応援団は緑色のスライムまみれとなり、立ち上げれない状況。リングもリング下も緑の液体で染まってしまった! HHH & HBK は笑いながら TV カメラに向かってスプレーで " DX " と落書きをした。


スライムまみれのスピリット応援団がコーチの元に現れる。

「コーチ、見ただろあの仕打ちを!なぜあんな目にあわなきゃいけないだ」というちコーチは「まぁまぁ、今夜必ず会長が立てた計画は実行する」

さらに「着替えて来い」というと、会長室に入っていった。

コーチヘイマンしかし、その中にはヘイマンの姿が!

ヘイマンは「なぁジョナサン?今夜は大変なことになったようだな」と声をかける。

コーチは「今夜は会長がいないんだ、いろいろあって対応に迫られている。悪いがあんたの相手をするヒマはない、出て行ってくれ」と追い出そうとするがヘイマンが「そうか、だったらもっと状況が悪化するが」

コーチは「それはどういう意味だ}と問いかける。

ヘイマンは「わたしが一人で来るはずないだろ。駐車場でECWメンバーがウズウズして待っている。交渉次第ではとめてやってもいいが交渉に応じるか?」

コーチは渋々話を聞く。

ヘイマン「「先週の火曜、この日の ECW の番組はケーブルテレビの中で最高の視聴率をとった。RAW にはイイ刺激になるだろ?そこで明日の夜に放送される ECW の企画として番組枠を超えたタッグ戦をやりたいと思う。RAW を代表するチームにはエッジ、もちろんリタも連れてきて構わん。そしてヤツの相棒はランディー・オートン。対するチームはこうだ、ECW が誇るオリンピックの英雄カート・アングル、そして相棒となる人物は ECW 世界王者のロブ・ヴァン・ダムだ!」と要求してきた。

コーチはあっさりOK。

さらにヘイマンが「おっと、もうひとつあるんだ。先週シナにイスで殴られたマホーニーがウズウズしている。そこで今夜のRAWでこの2人を対戦させたいと思う」とさらに要求してきた。

コーチは「「それならシナも喜んで相手するだろう。僕も見てみたいし、その試合も許可してやる。どうだ?これで満足かな?」と返答してヘイマンを追っ払った。


会場ににカメラが切り替わり、スタッフがさっきのスライムを掃除している。

さらにキングはスライムが飛び散り、王冠についたと愚痴っている。

ここでJRがケインにインタビューを始める。

「ケイン、あなたにとっては非常に複雑な数週間でしたね。せっかくの主演映画の成功も、あなたをマネた男に水を差されました。ヴェンジェンスで彼と対決しますが、もう1人の謎のケインの正体に心当たりは?」と聞く。

ケインは「ヤツの正体は分かっている。そしてなぜこんなことをするのかもな。オレがまだガキの頃、このオレよりも手に負えないヤツがいた。完全にイカれた男だ・・・当時ヤツは・・・あの時はヤツは・・・いや、やっぱり辞めておく」と言って途中で去っていってしまった


ウマガvsジョン・マチェスニー

ウマガが圧勝!!

ウマガ試合後にアルマンドがお得意のパフォーマンスを行う。

アルマンド「よく聞け、俺の名前はアルマンドォォォ・アレハンドロォォ」というと会場も一緒に「アルマンドォォォ・アレハンドロォォ」という。

さらに会場から一斉にエストラ〜ダとコールが起きてしまう。

これに怒ったのか、そのまま会場を後にする。


ジョン・シナvsポールマホーニー

シナが入場してくると大歓声!

まだ人気はかなりある模様。

マホーニーが登場。横にはヘイマンが同行している。

マホーニーの手にはイスがもたれており、そこには文字が書かれている。

試合の方は序盤はシナのペース。

しかし、中盤にターンバックルにぶつけられてからマホーニーペースに。

しかし、シナがパワーで圧倒し、5シャッフル・ナックルの体勢に。

シナ(STF−U2)そこで仕掛けるが、その隙にヘイマンがイスを手渡す。

マホーニーが起き上がってイスを振り上げるが、シナがしゃがみトーホールドで倒して、そのままSTF−Uにもって行く。

絞り上げるとマホーニーはたまらずタップ。

ヘイマンが心配してマホーニーの元へ駆けつけるが、シナがよってきてにらみつける。

今にも殴りかかりそうな雰囲気。

しかし、そのとき背後からサブゥーが登場。持っていたイスを投げつけるとシナはリング外に落ちていった。

実況席に頭を打ちつけ、さらに実況席のモニターをとりそれで攻撃。

サブゥー(ダイビングレッグドロップ)シナを実況席に横たわらせ、急いでリングに戻るとイスが設置してある。

それを利用し、ロープの上に乗るとその勢いのままダイビングレッグドロップを炸裂させる。

実況席は破壊され、両者起き上がれない。

ヘイマンとマホーニーがサブゥーを抱きかかえると急いで帰っていった。


スニツキーvsランディ・オートン

オートンvsスニツキースニツキーがパワーで攻めてくるが、ブートをかわしての電光石火のRKOが炸裂し、勝利!!

試合後、キングがオートンにインタビューを行う。

キングは「ちょっと話を聞かせてくれ。ECW で闘うのは先日のワンナイト・スタンドだけのハズだったが、明日もタッグ戦で ECW に出ることになったな。さっきのシナの惨状も見たろ?」とマイクを向ける。

オートンは「 ECW のリングに立ち、ヤツらのスタイルで闘うのは楽しくはねぇ。別にシナのことを気にしているわけじゃないが、オレはシナなんかよりずっとタフだぜ。ただカートに思い知らせてやりたいのさ。明日の ECW 、そしてヴェンジェンス・・・報復とはオレの運命のことだ」とコメントした。


カリートvsシェルトン・ベンジャミン&ジョニー・ナイトロ

カリートがリングに登場し「オレはさっき裏で試合のことに集中していた、いつものようにな。だが D-X のイタズラには大笑いさせてもらったぜ。ところがだ、それを聞いたコーチが今夜のオレの試合をハンディキャップマッチに変更しやがった・・・クールじゃねぇ。コーチ自体がクールじゃねぇがな。クールなのはヴェンジェンスでオレが IC 王座を獲るってことだ」などと言っていると、ナイトロ&メリーナが登場。

IC王座の行方?試合の方は、2対1と厳しい展開になるかと思いきや、ベンジャミンとナイトロがケンカをはじめる。

その隙にカリートがナイトロを丸め込み。

これで勝負アリかと思ったが、ナイトロが切り替えし、3カウント。

勝利したナイトロはメリーナと共に満足げな顔をしながら帰っていった。

リングに残った、ベンジャミンとカリートが殴り合いを始める。

しかし、カリートのバック・ラッカーが決まりベンジャミンをKOしてしまう。


会長室にコーチが戻ってくると部屋中落書きされている。

コーチは「こんなこと・・・僕を誰だと思ってるんだ!」と怒っているが背後からHHH&HBKが登場。

「今夜はお前が責任者なんだって?なんてこった、この落書きは誰の仕業なんだ?この写真を見ろよ、シェインの顔がビンスのケツに埋まってるぜ。こっちの写真も傑作だ、ケツ丸出しのビンスをオレがペディグリーしてる。それにこの神聖なるマッスル&フィットネス誌の表紙のビンスもひでぇ書かれようだな・・・コーチ、これは誰の仕業なんだ?お前が責任者なんだろ?大変なことになるぞ?」と聞く。

DX(会長室 落書き コーチ)コーチは「き、聞いてくれ。会長は今夜キミ達に対してリムジンをはじめ、最高級の待遇を予定していたんだ。なんたって記念すべき D-X 再結成の夜だ、超一流の待遇をしないとね」とビビリ、意見を変えてしまう。

HBKは「そりゃありがたいが、オレ達はここで十分満足だぜ。3人で仲良く試合を観戦しようや」と無理矢理コーチをソファーに座らせ、両サイドにHBKと HHH が座った。


バックステージでマリアがユージンにインタビュー。ユージンは「アァ〜、マリアだとは分からなかったよ。だってさっきブラとパンティーだけのキミを見ちゃったから、アハハハ。とってもキレイだったよ」と超照れまくる。

マリアは「ありがとう、ユージン。ところでハクソーの容体はどうなのかしら?」と聞く。

ユージンは「ハクソーは友達だよ。今は家にいて先週のウマガの件から立ち直ろうとしてるよ。日曜日はヴェンジェンスだよね、ウマガはとても大きいし、すんごく強いし、いつも" ヴァ〜〜〜" って叫んでる。でもボクはハクソーのために勝つよ。ハクソーは僕の家に来て一緒に・・・」と話していると、ロブ・コンウェイがやってきた。

コンウェイは「ハクソーの行く場所は病院だけじゃないのか?ハォ〜〜!ハッハッハ、ユージンとハクソーには多くの共通点があるだろ。2人とも全くの役立たずで・・・」とバカにすると、いきなりユージンがキレてコンウェイをタコ殴りにしてしまった!


オフィスにカメラが切り替わると D-X がコーチにちょっかいを出している。

コーチは「もうやめてくれよ。それに何か変な計画でもあるなら中止した方がいい、今夜の僕は会長と同じ立場だぞ?怒らせたらただじゃ済まない。だから計画は実行すべきではない、分かったかな?」と言い聞かせる。

HHH は「そうか・・・そうだよな・・・なら考え直すよ。今夜のところは帰った方が良さそうだな。全ては何かの間違いだったのさ、即興で何もかもやっちまって・・・とにかく心配するな、悪かったな」などと言ってコーチと握手を交わす。

コーチは「いや、分かってもらえて本当に嬉しいよ。僕の方こそ心から感謝する」などと調子に乗るが、次の瞬間いきなり HHH & HBK はコーチを壁に投げつけてしまった!

すると壁に突き刺さってしまい、下半身だけ出ている。

HBKと HHH は全く気にすることなく、コーチのズボンをズリ降ろして、ケツに " D X " とスプレーで落書きしてしまった(笑)


リック・フレアーvsエッジ

実況席にミック・フォーリーが登場。

ミックは「ヴェンジェンスのフレアー戦の展望を教えてやる。当日はとんでもないヘボ試合にするつもりだ。本来なら最高の試合を見せたいところだが、ヤツはオレのスタイルを一方的に非難したんだ。だからヤツの地元で最低の試合をして困らせてやる。この計画はまだ誰も知らないんだ。ヴェンジェンスは最初から最後まで好カードが出揃った、1つくらいそんなのがあってもビンスは何も言わないだろう。それにオレはビンスにどんなことでも言える。ビンスは人を操る冷淡なクソ野朗だ。どうせオレには手も足も出せないさ」などとムチャクチャ言いはじめた。

フレアー(チョップ)試合はフレアーのチョップが冴え渡り、攻勢に出て行く。

しかし、リタが審判をひきつけている間にフォーリーがソッコ君を手につけ、マンディブル・クロー。

これで苦しんだフレアーが振り返るとスピアーを食らわす。

RVD(ダイビングキック)これで3カウント。

試合後、エッジが喜んでいると背後のトップロープにRVDが登場。

エッジが振り向くとダイビングキックをかます。さらにトップロープに登るとファイブスターを炸裂させ退散してく。


バック・ステージではスピリット応援団が他のレスラーを集めて話をしている。

「今日は俺たちが犠牲になったがいつかお前たちも犠牲になり遊ばれるのぞ!だから力をあわせてDXをつぶそう!!!」

すると他のレスラーも雄たけびを上げて一致団結している。


DX(花火)D−Xのテーマに乗って、HHH&HBKが登場。

リングでD−Xポーズを取ると、緑色の花火がXという文字に浮かび上がり会場は大盛り上がり。

 HHH は「おそらく答えは明白だが一応確認しておくぜ、準備はいいか?会場のお前らに聞いてんだ!Are you ready 〜?」と叫ぶと、さらに会場は盛り上がる!

HHH & HBK はリング中央でポーズをとり「会場にいる数千の観客、家で見ている数百万のファンよ、オレ達は戻ってきたぜベイベー。それではいくぞ、クソ喰らえ!そしてもちろん分からねぇヤツにはこの二言をくれてやる!クソ野朗!」と雄たけびを上げた!

HHHはこれで正式に復活を果たしたD−Xだがオリジナルのメンバーがパワーアップしたのは間違いない!!

HBKは「盛り上がってるところ恐縮だが、ちょっとだけ罪悪感を感じている。今日は悪事を働いちまったからな。神と会場にいる1人1人に許してもらいたい。まさに今この瞬間ビンスとシェインはハラハラしているだろ。コネティカット行きの自家用飛行機の中でステファニーのことを案じているハズだ。なんたって姫が陣痛に苦しんでいるんだからな」と深刻そうに言う。

するとHHHは「ウソつけ!そんな事考えるかよ!」と聞くと、HBKは「そうだ、ウソだ。ステファニーは元気だからな!ところでステファニーを妊娠させたのは誰だっけ?」

HHHは「しらねぇが、きっと精力絶倫の色男で立派なナニを・・・」と言いかけるとHBKが「ストップ!!これ以上話すと生放送が大変になってしまう。それじゃあみえみえのPPVの宣伝でも行おう。日曜はヴェンジェンスだ、PPV はまだまだ購入可能だ。シャーロットで開催される大会の視聴方法は PPV だけ!」と2人でカメラ目線で言い放った。

さらにHBKが「スピリット応援団の考えは分かってる、オレはチアリーダーじゃねぇけどな。5対2だから楽勝だと思ってるんだろ?だがこっちはただのスターじゃねぇぞ?とんでもねぇ" ザ・ゲーム" HHH と、" ハート・ブレイク・キッド" ショーン・マイケルズの D-X だぜ!ヴェンジェンスでは生きて帰れると思ったら・・・」と言いかけるとスピリット応援団の入場曲が流れる。

そこで入場してきたのはなんとスピリット応援団の格好をした小人軍団だった!

HHH(スウィーチン・ミュージック)小人軍団はスピリット応援団のまねをしながら入場。

HHH&HBKが軽くあしらい、最後はHHHがスウィーチン・ミュージックを食らわせKO。

HHH は「ショーン、分かってるぜ。これはお前の案なんだろ?確かに笑えるが、D-X には小規模すぎるぜ。オレもチアリーダーのことを考えてた、だがオレのはバージョンが違うんだ」と発表すると、入場ゲートにスピリット応援団の格好をまねたセクシーな美女軍団のチアリーダーが登場!

美人軍団HBKは目隠しをして見るのを我慢している。

服を脱ぎだし、これからがいいところだっていうのに、本物のスピリット応援団と大勢のレスラーが入場してきた。

しかし、他の大勢のレスラーはリングには向かわず帰ってしまった。

先走ったのか、2人はすでにリングにいき睨み合っている。他の3人はレスラーを呼び戻そうと必死になってい叫んでいる。

リングに上がった2人が後ろを見ると大勢のレスラーがいない事に気づき去りかえるとボコボコにされ、ペディグリーとスウィーチン・ミュージックを食らわせる。

他のメンバーはリングに入らず、2人を引きずり出し退散。

小人軍団(ケツ見せ)ここでさっきの小人軍団がリングに入ってくる。

HHH は「オレ達は D-X だ!それを忘れるなよ?ヴェンジェンスでお前らをボコボコにしてやる!だがその前に Two word for ya suck it!」と叫ぶと小人軍団がズボンを脱ぎケツを出してしまう。

スピリット応援団は怒り心頭。

これで終了。


なんかECWをみた後にRAWを見ると長く感じてしまう。

まぁ、当たり前なんですが充実して面白い。

それより、日本の放送ではかなり隠されていますね。

美女軍団が脱ぎ始めたのも写ってなったし、小人軍団のケツもTVでは見ていない。

ケツにsuck itと書かれているとは思いもしませんでした。

WWEを見たことがない人は映像見たほうがいいと思います。

こちらで見てみてください。

映像を見ればハマる人いるんではないでしょうか?

今週の日曜はヴェンジェンスです。

かなり楽しみ!!

ブログランキングranQ←やっぱりRAWが一番面白い。

それでは今回はここら辺で。



hbkdaisuki at 17:17│Comments(5)TrackBack(0)clip!WWE 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by K9   2006年07月11日 18:33
すごい解説ですね。
全部読みました。
私はなんといってもWCWの頃にちょこっと見ただけなのですが、わりと「アメリカンプロレス? ああ、わりと好きだよ」なんて言っちゃう人です。
見なくなったのではなくて、環境的に見られなくなったのでまあ仕方ないのですが・・・。
当時は故エディー・デレロが好きでした。
それから(たぶんギミックで)酔っ払ったスコット・ホールもイイ感じでしたね。
先日、「ハッスル」にホールが出ていたので、激しく感動しました。
2. Posted by チュニ   2006年07月11日 20:05
こんにちは!
ご無沙汰しています。

私事ですが、ブログを続ける事が難しくなりまして、10日後ぐらいをめどに閉鎖させていただく事にしました。

相互リンクをして頂いていたので、
お知らせいたしました。
せっかくリンクしていただいたのにどうもすいません。

でも、これからも拝見しますので
よろしくおねがいします!
3. Posted by ヴィンセント   2006年07月12日 02:00
>K9様
コメントありがとうございます。
WCW時代を見ていたんですか!!
あの時代が一番面白いと評判ですからね。
4. Posted by ヴィンセント   2006年07月12日 02:02
>チュニ様
コメントありがとうございます。
ブログやめるんですか。
悲しいです。
報告ありがとうございます!!
いつの日かまた逢えることを信じています。
5. Posted by もも   2006年07月12日 14:34
5 毎週大変なレポお疲れ様です!!今回のD-X最高に笑わせてくれました^^WWEを観続けてこんなに笑えたの初めてかもしれません。ヴェンジェンスが楽しみです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
なにかご意見・ご要望・情報はお気軽にメールフォームへ書き込んでください。
相互リンクの申し込みはコメント欄でもいいですし、メールフォームでもいいです。

メールフォーム
Archives
Recent Comments
ページランキング
ブログパーツ

ランキング
その他の面白いブログにも出会えますので、1クリックお願いします。
ランキングにご協力お願いします。













にほんブログ村 格闘技ブログへ

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログの惑星

BS blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】

人気ブログランキング・ランブロ
QRコード
QRコード