2006年07月16日

WWE、ヴェンジェンス観戦記

PPV!!!

続きに書きます。

ブログランキングranQ



青色が勝者。


ランディー・オートンvsカート・アングル

カートvsオートンカートがタックルを狙うがロープへ逃げていくオートン。

もの凄い攻防でこんな場面も(画像参照)

オートンは苦し紛れに、ターンバックルのマット?を外す。


オートン(RKO2)カートにアンクルロックを食らうが切り返し、カートが吹っ飛んだのがさっきマットを外したむき出しのターンバックルに激突!!

そして、その隙を見逃さずオートンがRKO!!!!

これで3カウントを奪い、オートンが見事にリベンジを果たす!!!!


ビンスが部屋で電話をしている。

ビンス(車椅子少年)ビンスは「話を聞け、いいから聞きなさい。古い戒律があっただろ。”復讐するは我にあり”マクマホン氏は言った。スピリット応援団が黙っておらんぞ。」などと話していると車椅子の少年が部屋に入ってくる。

ビンスは「今夜は人と会う予定はなかったのだが、どうせお喋りするならもう少し近くへ来てくれ!!ん??D−Xシャツか?友達はどうした?いるんだろ!!あの生意気な連中どもが!!!」

さらに「そうだよ、あの宇宙人は連れていないのか?わたしには見えない?どこへ隠した!!それとゲイのダンサートリオはどうした?アレを見せびらかす奴があるだろ。隠すな!!」

さらに「筋骨隆々の男と一緒か?わかったぞ。ステファニーのお産を伝えに来たな!」

すると少年が「違うよ」

ビンスは「黙れ!!どうせD−Xの使いだ、返答を用意しないとな。お前を旅に連れてってやるお前を送り出すからな、この旅はなずけて”地獄へのハイウェイ”だ!!」というとドアを開け、車椅子の少年を外へ突き飛ばす!!

満足そうに笑うビンスの元にコーチがやって来る。

コーチは「D−Xがうろついていると聞きました。ドアの外にこんなものが。」というと何か箱を見せる。

するとビンスはすぐ奪い内ポケットへ。

さらにビンスが「D−Xは人を笑いものにする。だがな笑いものになるのは奴らだ!!」

するとコーチは「そうですか、あと個人的な話で恐縮ですが友人を招待したんです。あたたは友人の憧れのヒーローなんです。サインが欲しいらしくて。」

というとビンスは「いいとも」

コーチが「車椅子の少年なんですが・・・もう一生歩けないかもしれないんです。着いたら知らせますね。」

ビンスは困惑した表情で「そうか。わかった。」

コーチが部屋を去ると、少年を突き飛ばしたドアの方を見ている。


ウマガvsユージン

ウマガが入場。

いつものように紹介をする「

「オラ!!ちゃんと聞いてくれ。皆さんの耳を拝借だ。俺の名前はアルマンド・アレハンドロ・エストラーダ!!」

さらに「うちのモンスターがこっけいな若造をぶっ潰す前にこのうわさを聞いて欲しい。どうやらユージンに仲間ができたらしい。頼りに出来る強い仲間が。ユージン、お前は無能だ。架空の仲間なら何人でも連れて来い!スーパーマンか?それともスパイダーマンか?アクアマンでもいいな。ワンダーウーマンなら町にいるぞ!携帯で呼んでみろ。」

「そうだ、誰を呼んだってかまわない。どうせ倒せないんだよウマガは!!!」

ユージンと愉快な仲間たちするとユージンが登場。

ユージンが仲間を呼ぶとハクソー、ドインク、カマラが登場!!

試合はウマガがパワーで圧倒し、サモアン・スパイクで3カウントを奪う!!

ハクソー、ドインクと立ち向かっていくが、やられてしまう。

最後にカマラがリングに上がると、アルマンドがウマガを説得し帰っていった。


トッドがフォーリーにインタビューを行う。

トッド「今夜の3本勝負はフレアーの地元として知られる・・・」と言いかけるがフォーリーが「待て、皆まで言うな。今夜は目先を変えて朗読会を行う、ここノースカロライナ州シャーロットでな!読んで聞かせる本はリック・フレアーの小説 To Be the Man の中の一節だ」と言って本を取り出す。

するとトッドが「これは小説ではなく自伝では?」と聞く。

しかしフォーリーは「これはフィクションだ。まぁいいから聞いてくれ、あるページにこう書かれている " ハードコア界の貢献者フォーリーには信者が多い。だがこの分野の歴史はまだ非常に浅い。昔々、私が下積み青年だった頃、ハシゴから落ちなくてもレスラーになれた。必要なのは健康な肉体とジムに通いつめることだった。何本の画びょうが体に刺さろうと、ハシゴから落ちようと、いくつの大陸で血を流そうと、勝ち得る名声はスタントマンもどきなのである " 」

読み終わると本を投げて、「そうかよリック!今夜お前の地元シャーロットで、このスタントマンもどきがレスリング・ムーブでお前を踏み潰す!小説の続編を書くなら題名は決まったな " いかにして私はフォーリーに敗れたか " だ!ウー!!」というと去っていった。


ミック・フォーリーvsリック・フレアー

フレアーは地元ということから大歓声で入場

試合が始まると観客が「フォーリー最悪」コール!

序盤はフレアーが技術で圧倒。

しかし、フォーリーがパワーでペースを握る。

フォーリー(フレアーソッコ)ダブルアームDDTを食らわせ、ズボンの中からソックスを取り出す。

しかし、いつものと違いフレアーの格好をしたソックスを取り出しマンディブル・クローを仕掛けようとするがかわされ玉を握られてしまう

フォーリーは悶絶。

しかし、フォーリーは根性で立て直すと攻勢に出るが一瞬の隙を突かれ丸めこんで3カウントを奪われてしまう。

しかし3本勝負なので試合は終わらない。

場外戦などもあり、リングに戻り、フレアーが四の字固めを仕掛け、フォーリーは悶絶。

フォーリー(ゴミ缶)しかし、場外から持ってきたゴミ缶で頭を一撃!!

反則裁定でフレアーが2先取で試合制した。

しかし、フォーリーはゴミ缶でさらに一撃。

さらにリング下から、有刺鉄線尽きのバットを持ち出し、頭に一撃。

さらに頭に押し付けると、フレアーは出血!!

満足したのかフォーリーは帰っていった。


マリアがカリートにインタビューを行う

「ねぇ、クールを目指さない人にはツバを吐く?でもクールを目指してる人も、今はまだクールじゃないってことよね?だから矛盾していると思うんだけど?だってクールなら、もう目指す必要は無いんじゃないかしら?どういうこと?」と聞く。

するとカリートは「・・・・オレにはサッパリだぜ。だがこれなら分かる。ベンジャミンかナイトロを倒して、カリートが IC 王者になれば最高にクールだ。これ以上に最高なことは地球上にないな」と言っているとトリーがやって来る。

トリーは「撮影中なんだけど、体にオイル塗ってもらっていい?」聞くがマリアが「まだインタビューが・・・」というとカリートは「質問には答えた!もう終わった」

するとトリーが「カリート、わたしの子犬たちを可愛がって欲しいんだけど」というとカリートは「神に感謝」と空を見上げる。

オイル塗りトリーの胸に手を伸ばそうとすると、トリーが犬を差し出し、「助かるわ」というマリアにオイルを塗るように指示。

一瞬悲しい顔をしたカリートだが、オイルを塗っている2人を見てにやけ始める。

オイル塗りを眺めていると、カリートの入場曲が流れ始める。

するとカリートは「なんだ?早すぎるぞ!曲を止めろ!楽しみはこれからだ。」というが入場曲はとまらず。

観念したのか、リングへ向かう。


(IC王座トリプルスレッドマッチ)カリートvsシェルトン・ベンジャミンvsジョニー・ナイトロ

IC王座戦(超スゲー)ナイトロの入場中にキングがメリーナとセックスフレンドになりたい発言〈笑)

試合はめまぐるしい攻防。

結局、試合の方は、カリートがベンジャミンにバック・クラッカーを炸裂させるがナイトロがカリートの足を引っ張り場外へ。

そしてナイトロがベンジャミンをフォールして3カウントを奪う!!

ナイトロが新IC王座に輝く!!


控え室でスピリット応援団が試合を控え気合を入れている。

ビンス(スピリット応援団)するとビンスが登場し、話し始める。

「自信は?」と聞くが無言・・・

さらに「月曜の屈辱は乗り越えたか、うぬぼれ屋のD−Xに鼻を明かされたままでたまるか。よく聞け、誰にもスピリット応援団は侮辱させない。誰にもマクマホン氏は侮辱させない!!!。ではD−Xにどう対処すればいい。やつらの正体は・・・奴らは病原菌だ!鳥インフルエンザのような社会的病理だ!だからこそ諸君らが病原菌を退治するのだ。今夜D−Xを根絶するのだ!!」

この言葉にスピリット応援団がさらに気合を入れる。

ビンス(箱見る)スピリット応援団が部屋を出て行って、トイレに行こうとするが、さっきコーチが持ってきた箱が気になった。

一瞬、馬鹿にして(箱をテーブルの上に乗せトイレに行こうとするが、やっぱり気になるようで箱を取り裏面を読み始める。


ビンス(顔緑)すると上着とネクタイを脱ぎ、時計を見て箱を持ってトイレに入っていく。

しかし、ボン!!とう音と共にトイレからビンスが出てくるが顔が緑色に染まっている。

ビンスは「D−Xめ!!」と激怒!!


(WWE王座戦)RVDvsエッジ

エッジが登場しマイクを持ち、話し始める。

エッジ「昨夜トロントから降り立ったときオレは理解した。WWE 王座が ECW にあるのはノースカロライナが NHL で勝利するくらい奇妙なことだと。RVD が王座を獲れるわけがない。ノースカロライナも優勝とは無縁のハズだ。だが、みんな喜べ今夜 WWE 王座がカナダ人のもとへ戻る!そうなればまたリタと公開セックスで勝利を祝うつもりだ。お前らも好きだろ?オレ達は兄妹じゃないか」

試合の方はエッジがRVDをおちょくりながら試合は続いていく。

しかし、RVDがスピードを見せつけペースを握る。

しかし、リタの介入などもありエッジが優勢に。

その後は空中戦もあり、フェンスへのパワーボムありともの凄い展開に。

RVDが変形ローリングサンダーで勢いに乗るがレフェリーを誤爆してしまう。

RVD(ヴァンダミネーター)するとエッジがリタに王座ベルトを持ってくるよう指示。

しかし、逆にヴァンダミネーターを食らって倒れてしまう。

RVDがファイブスターを狙うがリタが妨害。その隙にエッジが勢いを取り戻しDDTを炸裂させる。

しかし、カウント2。

エッジ(スピアー失敗)その後、スピアーを狙うがかわされリタが設置していたイスに頭をぶつけてしまう。

そのチャンスを見逃さず、RVDがファイブスター・フロッグ・スプラッシュを食らわせカウント3.

RVDがWWE王座を防衛した。


控え室でECWのメンバーが騒いでいる。

ヘイマン&ECWメンバーするとヘイマンがやってきて、「分かった分かった、まぁそう興奮するな。もちろん私も嬉しいが、ちょっと聞いてくれ。まずは1人やっつけた、そして今夜もう1人やるんだ。今夜はシナを倒すために君たち全員を呼んだんだ。ヤツが提示した試合はエクストリーム・ランバージャックマッチだ。しかし公平を期すために・・・っと私には不釣合いな言葉だがね。とにかく会長のビンス・マクマホン氏の命令が下ったんだ。リングサイドには ECW だけでなく、同数の RAW のメンバーも集結することになった。不満もあるだろうし、シナも望んでないだろうが、我々の目的は楽しむことではない。とにかくサブゥーの援護をするんだ。そしてシナが倒されるところを見届けようじゃないか!我々が ECW を見せつけるのだ!」とメンバー達を奮い立たせた。


ケインvs偽ケイン

ケインが先制攻撃を仕掛ける。

その後はパワーの攻防が続き、偽ケインがペースを握っていく。

しかし、徐々にケインが調子を取り戻し攻勢に。

偽ケイン〈フォール)偽ケインをトップロープから落とし、さらに勢いに乗る。

しかし、偽ケインが攻撃を瞬時に交わし、チョークスラムを炸裂させる。

これで3カウントを奪い偽ケインが勝利。

会場と解説陣は呆然・・・


(エクストリーム・ランバージャックマッチ)ジョン・シナvsサブゥー

最初にECWのランバージャックが登場。

続いてサブゥーが登場。

そしてRAWのランバージャックが登場。

続いてシナの登場。

サブゥーの先制攻撃で試合がスタート。

場外への落としあいでシナが落ちてしまうサンドマンに竹刀で頭を一撃!!

サブゥーのペースになるが、シナが攻撃を交わし攻勢にでる。

しかし、ECWのメンバーが乱入してきて混戦に。

シナ(竹刀で反撃)場外で混戦になっているうちにECWのメンバーが場外にテーブルを設置。

ECWのメンバーがシナをボコボコにし、テーブルを上に乗せるとサブゥーがリングから飛ぼうとするがシナが竹刀で反撃!!

リングに戻ったシナはサブゥーにFUを見舞おうとするが、とまる。

すると場外に目をやり、テーブルにF−Uを炸裂!!!

シナ(STF−U3)ランバージャックがサブゥーをリングに戻すと、STF−Uを極める。

ECWメンバーは助け出そうと必死だが、RAWのメンバーが必死に抑えている。

耐えられなくなったのかサブゥーがタップ。

ジョン・シナが勝利を奪った!!!


バックステージに帰ってきたシナにRVDが話しかける

シナvsRVDRVD は「シナ、まぁ肩の力を抜けよ、お前に話があるぜ。先週はたった1人で ECW のバックステージに乗り込んできたな。それにワンナイト・スタンドにもよく現れたと感心した。オレ達のテリトリーに1人で足を踏み入れるなんて大した度胸だぜ。その根性こそオレが称賛するものだ。WWE 王座のリターンマッチができずにイラついてるんだろ?お前も他のヤツらと同じ考えか?オレが持ってるのは " シナ専用の回転ベルトだとな。だが違うぜ、これはもうオレのものになったのさ。そしてこれからもそれを証明してみせる。そこで提案なんだが、明日の RAW でお前とオレで試合をしようじゃないか。もちろん WWE 王座を賭けて一騎打ちをやってやる」と勝負を挑む!!

シナは「そうか、だがよく聞け。オレが ECW に乗り込んだのは再戦のお願いのためじゃねぇ。お前はオレから全てを奪った、シナ専用スピナー・ベルトだけじゃなく、オレの人生をだ。明日の RAW でやるってんなら全力でこいよ。オレは連夜の防衛戦でも容赦しねぇぞ。それじゃ健闘を祈るぜ」と言って RVD と握手を交わした。


D−Xvsスピリット応援団

D−X(豪華な入場)派手に入場し、マイクを持ち、話し始める。

HHH「準備はいいか?どうやら聞こえなかったらしいな、お前ら Are!you!ready!?」というと会場は大盛り上がり。

さらいHHHは「会場にいる数千の観客、家で見ている数百万人の観客。視聴方法は PPV だけだぜ!それでは今夜もいってみようか クソ喰らえ!」と叫び、続いて マイケルズ が「そして、もちろん!分からねぇヤツらにはこの二言をくれてやる!クソ野朗!」と雄たけびを上げた!!

スピリット応援団も派手に登場!

試合はマイケルズとミッチでスタート。

マイケルズのチョップ地獄でミッチがダウン。

しかし、皆が入り乱れ乱闘になってしまう。

しかし、D−Xが一蹴し全員を場外へ投げ飛ばした。

場外ではスピリット応援団が一致団結し、円陣を組み気合を入れる。

HHH(困惑)ジョニーがリングに入り、空手風の構えを見せおちょくるとマイケルズは困惑しながらHHHへタッチ。

HHHもおちょくりを見ると困惑しているが、パンチを入れて吹っ飛ばす!

そこからD−Xの連携を冴え渡り、スピリット応援団は四苦八苦。

しかし、スピリット応援団の連携も冴え渡り、HHHを孤立させる。

HBK(ダイビングエルボー)HHHはなんとかマイケルズにタッチし、マイケルズは大暴れ!!

応援団の全員を殴り、ダイビングエルボーを食らわせ、スィート・チン・ミュージックの構えに入るがスピリット応援団が乱入し乱闘に。

そこからスピリット応援団のペースになっていく。

レフェリーの死角で、マイケルズにイスで攻撃したりと連携は冴え渡る。

その後もマイケルズが孤立させられ、暴行を受ける。

なんとか反撃に出るが応援団の連携の前に何もできない。

しかし、マイケルズのカウンターでのDDTで形勢は逆転しHHHとタッチに成功。

HHHは大暴れし、応援団を一蹴!!

ペディグリーに構えまで持っていくが応援団が邪魔に入るが、マイケルズとHHHのクローズラインで場外へ落とす!!

しかし、マイケルズが場外で捕まり、トランポリン攻撃仕掛けられるがそれをかわし、マイケルズを抑えていた応援団にあたり皆倒れてしまう。

HHHは残ったケニーを追い詰めている。

D−X(必殺技競演)背後からはマイケルズが歩み寄り、ケニー万事休す。

振り返るとHHHがペディグリーをかまし、邪魔にし入っていきた奴にはマイケルズがスィート・チン・ミュージックを食らわし2人同時にフォール。

3カウントでD−Xが勝利!!!!

試合後は乱入してくる応援団にそれぞれ、ペディグリーとスィート・チン・ミュージックを食らわし、満足して帰ろうとしたところHHHがマイケルズに耳打ち。

D−X(尻キス)すると、HHHが応援団の一人のミッチを選び、そして・・・

HHHがパンツをずらし、ケツを丸出しにしてマイケルズがケツにミッチの顔を無理矢理押し当ててしまう。

これで満足したのか、コーナーでポーズを取っていると、ビンス・マクマホンが登場。

ビンス(不気味)ビンスは「おめでとう。お見事だったよ。明日の夜また逢おう」と不気味な発言をして帰っていった。

RAWで何が起こるのか・・・

不気味である。

これで終了。


いや〜〜面白い。

いきなりカートvsオートンもよかったし、IC王座戦が凄すぎ!!

身体能力が高いので素晴らしい攻防だった。

WWE王座戦もD−Xがなかったら完全にメインだったし、シナvsサブゥーも凄かった!!

なんといってもD−Xの勝利&ケツ押し当て(笑)

ここ最近のPPVでは一番面白かった。

マジでスカパー持っている人見たほうがいいですよ!!

ビンスが不気味だったので月曜のRAWが楽しみでしょうがない。

今回、キャプチャというのを使ってみました。

なんか微妙に色が違う画像あるじゃないですか。

あれはパソコンで画像を取って、保存したやつなんで。

これって違法なんですかね?

違法だったら報告お願いします。

すぐやめます〈笑)

ブログランキングranQ←それにしても面白かった!!

それでは今回はここら辺で。



hbkdaisuki at 15:46│Comments(3)TrackBack(0)clip!WWE 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by もも   2006年07月17日 13:56
5 遅くなりました^^; 昨晩ビデオ観ましたぁ〜!!
内容の濃い試合ばかりでしたねぇ〜w
王座戦ですらメインじゃないほどですからねぇ〜w
今日のRAWど〜〜なるんでしょ〜〜^^
ビンスの反撃?が楽しみです
2. Posted by ヴィンセント   2006年07月19日 18:46
>もも様
コメントありがとうございます。
かなり内容は濃かったですね!!
やっぱりD−Xがメインじゃなきゃ〈笑)
3. Posted by RULED   2006年07月20日 23:56
先ほどは自ブログへのコメント、ありがとうございます。m( _ _ )m
ヴェンジェンスおもしろかったですか〜!
自分はDVDを買おうかと思い、まだ見ていないのですが、期待が高まるばかりです。^ ^;
DXの復活は嬉しい事ですよね!
優れたシングル戦レスラー二人が、タッグを組んで一チームになってしまうのは少し寂しい気もしますが・・・^ ^;
新生DXにはこれからも、プロレス界を盛り上げていってもらいたいと思います!^ ^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
なにかご意見・ご要望・情報はお気軽にメールフォームへ書き込んでください。
相互リンクの申し込みはコメント欄でもいいですし、メールフォームでもいいです。

メールフォーム
Archives
Recent Comments
ページランキング
ブログパーツ

ランキング
その他の面白いブログにも出会えますので、1クリックお願いします。
ランキングにご協力お願いします。













にほんブログ村 格闘技ブログへ

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログの惑星

BS blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】

人気ブログランキング・ランブロ
QRコード
QRコード