ゴルフクラブから学ぶゴルフスウィング をあなたに♡

『スウィングはクラブからしか教われない』 これが弊社のモットーです。クラブの扱い方や作りたいスウィングを選ぶため、そしてより味わいの深いクラブの機能を楽しむため 弊社のクラブ、クラブ選びについてご説明いたします。 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480 メールhummingbirdsports@jcom.home.ne.jp  ■営業時間 午前10時~午後8時 //水曜定休  お気軽にお問い合わせください。

良いクラブ は 目に優しいスイング が出来るクラブ

硬いシャフト でスイングを覚えれば、
ヘッドを振りまわし、
そのしならないシャフトを しならせて
そして しなり戻して打つ コト を覚える と言うか
強要・・・そうしないと ボールを打つコトも
ボールに届かせることも、飛ばすコトも出来ません。

ハミングバードで考える 『アマチュアにとって』良いスイング とは
「からだに負担なく」
「出来るだけ 遅く動いて飛距離を出せ」
「出来るだけ 安定して繰り返せる」
コトが基準です。
具体的に言うと
 自分の動作、体の各部位、グリップやヘッドなどのゴルフクラブが
同じ流れ、一貫した動作の中にあるコトでしょう。

✋全体が一貫した流れ 一貫した動き の中 にあるから
 結果、として アドレス通り、インパクトがからだの正面になるのです。

MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)














一方 『アマチュアにとって』あまり望ましくないスイングは
動作の中で 体の部位のどこか とか クラブだけ とかが
全体の動作とは違う 局所的な部分だけが動くスイング です

ゴルフは 見た目… の良いスイングの品評会では
決して!ありませんが、良いスイングの方が
長年に渡り、安定して、からだを痛めず 楽しめます。
一見 ゆったり振っていても 満足できる距離が打てますし、
その弾道は 柔らかいシャフト 重いヘッドでしか出し得ない
んじゃ ないでしょうか…。


硬いシャフト、軽いヘッドの ハードスペック、
オーバースペックなクラブでゴルフをする限り、
飛距離の追及を断念しない以外
かならず どこかで からだを止め 先端だけを
からだの局所だけを、腕や肩だけ動かさなくてはならなくなります。

からだをひねったゴム。。。のように使うのですから
当然、体の部位にも、動きにも無理と言うか 負担がかかります。

スイングタイプの好き嫌い は有ると思いますが、
私個人の目には オーバースペックなクラブで作られるスイング
きたない・・・とまで言うのは控えておきますが、
目に優しくない、なんだか痛そうなスイング です。

からだを痛めそうなスイング に
行き着くようなクラブを わざわざ お金を出して
購入するのは どうなの❓  っと思います。


mhその方が どんなスイングが好きか にもよりますが、
腰は 飛球線を向いて ど開き状態 なのに
肩ラインはボールを向いている ような インパクトは 
「アマチュア」が目標とすべき スイングではありませんし、
結果、そうなってしまうような
そうさせてしまうような ゴルフクラブを
業者・プロであるコチラがお客様に
お金を払って頂いて お渡しし、使って頂くのは問題だと思っています。

シャフトの使い方… ギャグにしては性質が悪い


シャフトの使い方・・・
 って話になる訳ですが、
通常、お店で売っているようなシャフトは
よほどの マッチョな人でない限り
 その性能を発揮させることは不可能です。

硬すぎます。

日本の男性の平均ゴルファーの年齢は
 約64歳
おそらく ヘッドスピードの実測は
 40ms行くか 行かないか
って トコロだと思います。

その 平均値の方で
 シャフトの性能が使用可能な 硬さ は
 45インチ で 振動数 180~190cpm以下
   ってトコロだと思います。

その硬さ、
ドライバーだけでなく セットの流れ
セット全体も それに応じた硬さ のシャフト を使っていれば
放っておいても スイングにあまり悩まず
からだの故障を恐れるコト なく 楽しくゴルフが出来ると思います。

不可能ではありますが、そのシャフトの硬さ
 45インチ で 振動数 180~190cpm以下
が 本当に使われていたら
 レッスンプロの大半 は失業することになる かな とも思います。
 
運動不足解消やストレス発散のための
打ちっ放し・・・練習場は必要かも知れませんが
スイングの練習をする為の 練習場は要らなくなるかな と思います。


しかし 現実は 45インチ 240cpm 位・・・
理想値の 50cpm以上 5フレックス分も硬いシャフト です。
理想値のモノをR とすると R.SR.S.SX.X...
Xのシャフトを無理やり 使っている というコトになります。

それを 軽いヘッド で打っているんですから
自分が頑張って ヘッドを振り回さなきゃ そりゃ 飛びませんよね・・・。

置き去り君_Moment


放っておいても たわむシャフトであれば
逆に たわませないようにボールを打つようになり易い
 と思いません?
たわませなければ 自然なヘッドの遅れで
 ロフトは立ち、ボールを上から打てることも覚えやすい・・・

しならないシャフトをしならせる?

言葉は悪いかも知れませんが、
ゴルフクラブの形状、
そして そこにある角度 と言う存在を考えたら
頭 大丈夫? って聞きたくなります。

そもそも ですよ
ゴルフクラブは L型の形状のモノで ボールを打つんです。
そんなの 回転させたら
 おんなじ球 打てないじゃないですか?

飛ばすことは大切です。
男性? 男の子にとっては ゴルフの命題 と言っても良い位。
でも その形状のモノ(L型の形状)を
 回転させて たまに出る ショット が 狙うべき距離ですか?

スコアがすべて、 とは決して言いませんが、
ゴルフの「ゲーム性」を考えたら
安定して 計算の立つ、可能性として高い方法を模索 するのが
目指すべき上達目標 じゃあ ないんでしょうか?

ヘッドを回転させて たまたま 偶然出る 飛ぶショット
その偶然の確率を上げるコトを目指すのか、
確率として 一番同じ球が出易い方法の
その距離を伸ばす練習をするべきなのか、
ゴルフクラブの形状特性と角度のコトを考えれば
 正直、選択の余地は無いと思うんですがね…。

しならない硬いシャフトを無理やりしならせて
 それをしなり戻す、言い換えれば 元に戻して打つ
   って ホント 大丈夫?  って思うんですね。
だって・・・
練習して、努力して も 得られる結果は
 『元に戻す』 なんですよ。

放っておいても しなるシャフト を 
 逆にしならせないように使う方が 安定すると思いません?
それの距離を伸ばすコト を考えた方が
 安定と距離 双方得られる可能性が
少ない労力なり、少ない努力で得られる …かも
って発想は湧いてこないんですかね~。

硬くて使えないシャフトを無理やりしならせて
元々のシャフトと全然違う使い方 を論じても・・・
 なんだかなぁ と感じます。

シャフトとヘッド、ゴルフクラブの形状から考えても
ボールとスイングの関係から考えても
ショットは 人間の動作 と クラブの多少の助け で
 グリップを移動させることによって生まれます。
シャフトも ヘッドの形状が作り出す 重さ感 などで
 グリップの移動の促進、移動方向の誘導
というのが 最も大きな仕事 です。

mv


シャフトをしならせて しなり戻して 弾いて打つ
意図的にしならせないと 打てないクラブの行き着く先 には
 クラブの移動と人間の動作 に直接的なつながりがなく
 人間は単なる発射台、土台 でしかなく
   如何に 止まっていられるか が勝負になる。
つまり 人間の動作と何の関係もない
 あの スイングマシーン ヒッティングマシーン があるだけ です。


ゴルフクラブとスコアの関係




例を出して考えてみましょう。


ここに
○75歳で ハンディキャップ 11 のゴルファーと
○35歳で ハンディキャップ 25 のゴルファー
 がいたとします。


巷に流れる「恐怖の呪い」通りに
「上手くなるほど 硬いシャフトを使う」にすると
40歳も年齢が上の 75歳の人の方が硬いシャフト を使うことになります。
少々 極端かも知れませんが、その「呪い」はそう言うコトです。

常識的に見繕って
75歳の人の体力 と 35歳の人の体力 を考えると
シャフトの硬さ の観点では 35歳の人の方が硬いシャフトを
使用していて 然るべき でしょう。


IMG_0361


スコアの多い、少ない ハンディの多い、少ない 
ゴルフを始めたばかり、長い経験を持っている などに関わらず

バッグに入っているクラブの 硬さ等 の流れは
統一とまでは行かないまでも 流れが有る方が良いです。
ある許容範囲の中の違い にあるに越したことはありません。



スコアのみを考える、と言う前提で
スコア が良くなってきた時、
スコア を向上させたい時、
考えなければいけないのは
『自分のスイングなどの欠点はとりあえず棚にあげ、』
☑苦手 を何か補う方が良いのか
☑逆に その苦手 を回避できる方法はないのか

というコトに為ります。
自分の頻繁に行っているコース
メンバーとなっているコースで
高い頻度で打たなければいけない距離 などを
どう攻略するのか

特に スコアが 100切り から ~90前後 になるところ は
ドライバー と アプローチ の比重、重要度が高くなります。
460TL-3

ドライバーが苦手なのであれば
シャフトを硬くするよりも
ロフトを大きく したり、
長さを短め にしたり、
(今使ってるクラブを切っちゃ ダメですよ)
 するのも 一つのアイディア です。

それを シャフトを硬くする とか、
 ロフトを少なくする とか、
ハードルを更に上げる選択は
 どうにも トンチンカン だと思います。

アプローチなども
 正直、ロブウエッジは すべてのクラブの中で
一番 リスクの高いクラブです。
アプローチを苦手にしているのであれば
 ロフトは56度まで と考えて
同じセッティング(硬さをちゃんと統一)にしたうえで
 アイアンに比べ やや柔らかめ のセッティングで
 45~48~52~56度 を細かくしてみたり、
グリーン周り の チッパーやジガー なども
活用してみると 良いのではと思います。


私は古い人間ですので
 なんとなく そうなのかな と思うのですが、
車やテレビを新しく買い替える時、
 以前の車よりも高級にする。。。とか
 以前の車よりも大きくする。。。とか
なんとなく そう思い込んでいるフシ があったり、しますが
ゴルフクラブは道具 なので
スコア という 数字 を向上するには
数字(数値)を考えないで
 厳しい言葉ですが
「他人から 上手く見える」というフィルター を
外さないと 結果がついてこない と思います。

実際には 新しく購入出来たことを「羨ましく」思われても
貴方のクラブのスペックなんで 誰も気にしていません。

謎の「フィッティング」


ゴルフショップをして約30年、
この業界にかかわって35年位が経ちますが、
いまだ 巷で使われる
 「フィッティング」 と言う言葉の意味が掴めません。

 
487360_167526473397978_1043654355_n


 

私個人、ハミングバードが考える「フィッティング」とは
良い悪いを除き
 「年齢も含め 自分の体力に合っているのか」
 「セットとしての 流れはどうなのか」
 「行き着きたいスイング~クラブの扱いに導かれるか」

これが基準点です。

スイングは主にクラブによって造られてしまう、導かれてしまう、
を念頭に置いて、どんなスイングを造りたいのか
というのが 一番重きを置くところ かも知れません。


 

✊✊✊ところが 一般的なアマチュアゴルファーの場合
クラブを選んでいく過程で
「上手くなると 硬いシャフトを使う」
「上手くなると 少ないロフトを使う」
「スチールシャフト⇒上級者 カーボンシャフト⇒初心者」

という おそらく スコアを目安にしているのだと思いますが
上手い/下手 が クラブ選びのフィルターとして 重きを置くので
 フィッティング イコール フィットする フィットさせる
と言う言葉の意味が難解になってしまいます。

 

「体力的には全然使えないのに
 硬いシャフトを上手くやりくりしているか」
「上手い=硬いシャフトなりの 良いスコアになっているのか」

を評すれば良いのか、それとも
「体力的には合っていませんよ」
「それでは 硬いシャフトのを無理やり使うスイングになってしまいますよ」

になるのか・・・


しかし 後者を選ぶ となると
「体力なりの 柔らかさ のシャフトを選択 するコト」
になりますので ゴルファー基準からすると ✋レベルの降格
シャフトの硬さが 上手下手の目安・・・ ですので

 というコトに為ってしまう訳です。


 

BDNy9S3CYAAO44N


プロの立場から言わせて貰うと
まず フィッティングの基本~原則順 は

❶ セットが一貫した流れ になっているコト
 バッグに入れた 10~14本
 パターも含めた クラブの 特に「シャフトの硬さ」
 「ヘッドの重さ感」などが 流れになっているコトが肝心 です。

 

❷ 自分の年齢、体力なりに無理のないモノ
 多くの方が 捻じり鉢巻をして
 自分の 最高ヘッドスピード を基準に シャフトを硬さ
 を選んだりしていますが、
 そんなのは 生涯を通して、コースでは 「出ません!」
 二日酔い気味で回る日もあれば
 途中から土砂降りになる時もあります、
 微妙に 腰痛を気にしながらゴルフすることもあるでしょう
 少なくとも 自分の最低限を基準にして ゴルフクラブを選ばないと
 コースに行ったときに クラブに助けて貰えません

 

❸ 良くも悪くも クラブ によって スイングは影響を受けます。
 おそらく 本当のフィッティングの意味はここにある と思いますが、
 巷の ゴルフ では 完全に無視されています。
 
✋どんな風にクラブを振りたいか、扱いたいか、
 は その人の体力とクラブスペックの関係 によって
 ほぼ 決まってきます。

 仮想の未来 を考えるとすると
 全くゴルフをしたことのない人に
 軽い(小さい)ヘッド~硬いシャフト のクラブ
 重い(大きい)ヘッド~柔らかいシャフト のクラブ
 の二種類 を渡した時、
 同じ人 であっても 双方の一年後の未来 は
 全く別なスイングが出来上がってきます。



 体力を無視し、無理やり クラブを、ヘッドを振りまわしたい
 のであれば 硬いシャフトを選ぶと良いでしょう。
 ただし こちらは 肘や手首、首や腰 など を痛める可能性 と
 練習の頻度、量を調整する必要が生まれます。

『からだの回転で打つ』コトの本質

IMG_2813-0001-1


からだの回転で打つ というコトに
ちょっと齟齬が生まれ易い、誤解を生み易いので
まずは訂正しておきますね。

「体で!」 「からだで!」 と連呼してしまうので
体でクラブを引っ張るように動かす
と思いがちですが そうではありません。


からだの回転で打つことの本質は
「飛ばすコト」と「安定度を高めるコト」の両輪です。
同時進行です。
ヘッドの通り道、軌道を安定させるため
あやふやになりがちな手で振るのではなく
前傾姿勢とからだの回転によって その軌道を作ります。

手で作る軌道に比べ 段違いに規則性のある
安定した軌跡になります。


👉体で振っても、腕で振っても
 動かせるスピードに大きな差はありません。
 日本の男性ゴルファーの平均年齢は約62歳
 その平均ヘッドスピードは 37~38ms です。
 筋力トレーニングをしたとしても
 いい所 上がるのは 2~3ms 程度・・・
 3msあがって 伸びるのは 10ヤードが限界です。

✋それよりも 効率よく
 いま 無駄にこすっている
 「ロフトを寝かせ」
 「緩い入射角度過ぎ」で
 ボールの速度ではなく、ボールの高さや回転に
 逃げてしまっている 打撃力・破壊力を無駄なく
 出来るだけ距離にするには 手で振るには限界があります。
 無駄にこすってしまっているひとは
 簡単に 20ヤード、30ヤード、をロスしてしまいます。
 端的な例がフェースローテーション、キャスティングです。

kumasan201810 (2)_Moment
kumasan201810 (2)_Moment(2)充実感もあり、スイングしてる気になりますが
これは そのまんま「ロフトを増やす行為」です。

振れば振るほど 入射は緩く
ロフト・フェースは上を向く のです。

強く振れば 遠心力がかかり
それに体を呼ばれない為
引っ張る動きがより一層 入射を緩く
ロフトを増やしていくのですから 飛ぶはずもありませんし
安定なんて 端から期待出来ません。



 暇もアリ、練習頻度も高く、練習量もあり、体力が有り余っている人 は
 どうぞ お好きに振ってください。
 ゴルフはどんなスイングで、どんなクラブ、どんな風にやるかも
 それぞれの人が選択できます。
 いろんなタイプのいろんな人がいるから楽しいのです。

 ただ 体力に自信もなく、練習もたまーに
 出来るだけ効率よく、覚えたら練習しなくても
 そこそこ維持できるようにするには
 からだの回転でクラブを動かす他、手がないのです。

✋ショットが効率よく
 そのスピードなり、そのヘッド重量なり に距離が出るには
 そのクラブのロフトなりに打たなくてはイケマセン。
 そして そのロフト というのは
 インパクト通過付近での ヘッドの、クラブの姿勢 とともに
 ヘッドの入ってくる軌跡、俗に言うスイング軌道が
 ある程度一定になるようにしておかなくてはなりません。

 いけません、なりません尽くしだと 縛りが多いように思えますが
 からだの回転通りにボールを打てれば
 逆にその手のコトを意識する必要が無くなるのです。

 手で振っている限り
 毎回、毎回のショットごとに
 体の姿勢やヘッド軌道、ヘッド姿勢を気にしなくてはなりません。
 そして これはとてもとても傾斜などの影響を受け易く
 練習場で出来ても、起伏のあるコースへ出ると
 それが再現し難くなってしまいます。

 プロやトップアマ
(ゴルフして暮らしているのですからアマとは呼べませんね…)
 の人たちの練習頻度、練習量はトンでもないモノがあります。
 プロであれば 中学生 13歳から始めるとして
 週に3日~毎日で最低計4000球は打ちます。
 月にすると約2万球
 年にすると約25万球です。
 10年で250万球、20年で500万球...
 30歳の時には既に1000万球近くボールを打っているのです。

 これだけの繰り返しをしていれば
 他人から見るととんでもないへんてこりんな打法でも
 その人のとっては もう条件反射の世界 です。

 おそらく… 平均的なおじさんおばさんゴルファーは
 一生涯かけても 100万球に到達できるか そうか怪しいでしょう。

 ですので 規則性の高い 効率の良い
 からだの回転 と言うクラブの動かし方を選び
 部活のような練習をしなくても そこそこボールが打て
 満足いく距離を出し、練習無しでも安定させる
 というコトです。

 
edd43161


 何度も言っていますが
 ゴルフスイングは
 クラブを動かさず、自分が動くんだ

 というコトが からだの回転でボールを打つ本質 なのです。

 クラブを動かさず 自分が動いていますから
 当然 規則性は高くなりますよね。

 このヘッドの軌跡を 手で動き、手さばきでなぞれば
 軌跡はなぞれますが、 ロフトやヘッド姿勢は
 常時動いている状態になるのです。
 本末転倒甚だしいのです。

スタンスの向きとボールの置き位置の密接な関係

 


スタンスの向きは安易に考えてはイケマセン

ミスショットのほぼ半分の原因が
 ここにあると言っても決して過言ではないでしょう。

ボールの置き位置、地面にあるボールを打つ時は
 理想的には 左靴のかかと付近です。
002

そこを基準にして
 スタンスを向きを右に取ってしまっていると
ボールの位置が左にズレてしまうのと同じです。

向きは別にして、単純にボールの位置を
 1個分右左にずらしても
ミスショットの確率が大きく上がりますが、
無意識の スタンスの向きの間違いは
ボールの位置を 数個分も簡単にずらしてしまいます。
005

効き目の問題もありますが、
近くの距離よりも 遠くの距離を打つ時ほど
目標が取りにくいのもあり右を向きがちです。

ボール・クラブヘッドの目標と
スタンスの向きの目標は平行で交わらない関係ですが、
近い時は取り易いスタンスも向きも
遠い距離を取る時には その平行な関係が災いしたりします。
yjimage

ドライバーでは ボールとスタンスの距離間は
1m強程度ですが、
例えば ヘッドがピンを向いているからと言って
その左1mを目標にしたのでは
右を向いてしまいます。
人間の目の認識上、平行な線は交わってしまうからです。

150m、200m先では
目標がピンなら その10mも20mも
スタンスは左を向いていて正解です。

平行ですが平行ではない…ということです。
IMG_0755

近いモノでは上手に構えられる(向くことが出来ても)
遠い距離になると右を向いてしまう というのは
番手やクラブ、打つ距離によってボールの置き位置が
動いてしまうというコトになり
ミスショットを誘発する非常に大きな原因になります。

ご注意ください。

ライ角度とシャフトの硬さの関係

ハミングバードでのアイアンセットは
番手ごとに 0.5度刻みのライ角度にセットします。
ウエッヂになっては 0.25度なんてこともあります。

市販の多くのアイアンセットは
番手ごとのライ角度は 1度刻み です。
003

実はこの差はかなり大きくて
例えば 5番アイアンを60度スタートとしましょう。
5度刻みであればPWで 62.5度
AWやSWを 62.5度か63度にセットできます。
ところが市販アイアンセットの 1度刻み であると
PWで65度、AWになればもっと…かも知れません。

ライ角度はそれぞれの人の構えに適して、
というのも大切ですが、
同時に弾道の方向、出だしの方向に影響を及ぼします。
フェースの向き、というのは
ライ角度とロフト角度の複合体ですから
アイアンでは存在しませんが
ロフト10度のライ角に対し
ロフト45度のライ角は4倍角度効果
があります。
ロフト10度のクラブは普通近辺のライ角度であれば
あまり方向に影響しませんが、
ロフト45度以上のクラブの場合、
方向に対し、ライ角度はかなり敏感に作用します。


もう一つ ライ角度で重要なことは
クラブには動作時、重量が一直線上に揃おうとする
効果が働くため、シャフトの硬さと密接な関係にある
ということです。
ウエッヂで言うと

振動数300cpmの硬さのライ角64度
振動数250cpmの硬さのライ角64度では
動作時にはあきらかに シャフトの硬い方が
アップライト度は大きく残ります。

構え・・・にとって大切なライ角度 ではありますが、
自分の使う「シャフトの硬さ」に応じて
考える必要があるという事です。


実はこの2点で
市販のアイアンセットは 致し方ない部分はあれど
致命的な問題を持っています。
アイアンセットはシャフトの硬さの流れが
ちゃんと流れていないとライ角度が数値上揃っていても
あまり意味を持ちません。
シャフトによって数値幅は異なりますが、
市販のアイアンセットの主流になっているスチールシャフト
特に軽量スチールシャフトは
長いものから短いものに行くにつれ
数値が流れておらず、
よりシャフトが硬くなっていく
セッティングが多く
・・・・・殆どの状態です。
つまり ライ角度の影響、方向への影響が
激しくなる短いクラブほど
シャフトが硬く、そして 1度刻みであるため
より アップライト効果が残ってしまい
ちゃんとセッティングされたクラブに比べると

より左に引っ掛かり易い状態になってしまっている
という事なのです。
001

まあ 正直、一般の成人男性が
市販のスチールシャフトを使う
というか素材としてスチールと言う意味でなく
その「硬さ」を使うこと自体
体を痛めやすく、ちゃんとしたスイングも覚えられない
代物ですから、どうでもいいと言えばどうでもいいのですが、
短いクラブは「より引っかかる」というのには
こんな具体的な秘密が隠れているのです。

これをクラブのせい ではなく
自分のせい にしてしまうと
よりスイングがこんがらがってしまうのでしょうね。

初めてのゴルフスイング ボタンの掛け違い

http://hbs.livedoor.blog/




これもよくあるケースで
始めて間もない人だけでなく
ベテランゴルファーでも そう思い込んでいる、
間違ったまま 修正しているケース は多々あります。



◌ダフリ ~厚く当たってしまう
◌トップ ~薄く当たってしまう 

ヘッドの 上下、縦方向の 一番のふくらみ~最下点 が
ボールを拾う 正誤表
ダフリ 👉ボールより低くなってしまう
トップ 👉ボールより高くなってしまう

と思い込んでいるフシがあります。

そう言うケースがない とは言いませんが、
とても少なく 非常に稀なケースです。

厳密に言えば ボールは球体で、
フェースは線ではなく面ですので
厚く当たる イコール ダフリ
薄く当たる イコール トップ にはなりません。
厚く当たる は 厚く当たる ですし
薄く当たる は 薄く当たる です。

それがミスになるのは
最下点が上下しているのではなく
最下点が 右にズレている のです。

 
ボールを拾う

ダフリもトップも 同じ状態
✋最下点が上下にではなく、右にズレているコト によって 発生します。

それが理解されていないと
その修正、ミスの回避 は 更に間違いを重ねるコトになります。

どちらのミスも 正解~修正意識としては
インパクトのグリップの位置を 「もっと㊧に」 持って来たい…のです。
ところが 最下点が 低すぎる~高すぎる 意識 は
グリップの左右の位置は変わらず 高さを変える という
「インパクトではグリップの位置が止まる」 という
更なる間違い、重大な間違いを植え付けます。

それが 手でクラブを振る につながっていくのです。

クラブは「常時」腕よりも上に位置している♪

錯覚してしまうコト、誤解されるコトが多いので
確認しておこう♫

手のひらは親指が上、小指が下。。。

 ヘッド…、クラブはどちら側にありますか?

親指側ですか? 小指側ですか?

そうです。クラブは上にあるのです。

前傾をして、前に傾いて(かがんで)構えているので
錯覚し易いけれど
左手が一番下に有って
次に右手・・・そしてシャフト~ヘッドがある
ヘッドが一番高い位置にあるんだ!

7b751c2e細かい角度にこだわる必要はないけれど
腕とシャフトの関係は
アドレス時で120度位
(写真はインパクト時…)
腕とシャフトが一直線になることは
スイング中には一切なく(願望も含め)
一番、鈍角になったとしても 120度 と考えるべきでしょう。

スイング用語に「コッキング」と言うものがあるけれど
動作、アクション、技術 意志を持った動きで
このコッキングというのは無いと考えて良いと思う。

有る目的と別な動きをすると、
クラブの構造上、結果そうなってしまう
と考えるのが理想でしょうね。

フルスケールのスイングという訳ではないが
トップの位置でこの程度
b6066d09120度の角度が90度位に
なった訳だから、その差は30度。
殆ど角度を変えていないに等しい。
褒められたことではない(お勧めしない)けれど
もしも自分の意志でコッキングをしたとしても
必要な運動の角度差は たかだか「30度」
その角度は、アドレス時の右腕と左腕のV時の角度程度。

225484_170587513091874_290037338_nゴルフクラブ…
クラブヘッドのこの鎌首を
もたげた形状を考えれば、
テークバック時に
ほんの10度程度動かす感じで
30度の角度差は付いてしまうだろう。

これも良く覚えておいた方が良いけれど
時計の 一秒 一分 の角度は 『6度』
30度分は5秒分 5分分の角度だ!
形状を考えて10度分位動かすとして
時計の針の 一秒か二秒分動かす程度だというコト。

あれ?

多くの人が シャフトを90度も上下に動かそう!
ってイメージありませんか?

アドレス時には ヘッドが下に有って、グリップが上
トップ時には、それが逆転して ヘッドが上、グリップが下
インパクトまでにはそれをまた逆転させる!
 って 思っていませんか?

 

知っておこう ハンドファーストの意味

http://hbs.livedoor.blog/

 

打撃のエネルギーは遠心力??

当たり前ですが、遠心力に限らず
チカラ というのには 量と方向が付いて回ります。

遠心力は例に挙げると、軸になっているところがあり
ゴルフクラブのように長さがあり
その先端に重さの付いている機材、
エネルギーの量は その先端の重さや長さ
 そして その振り子になるようなものの角角度速度
によって決まってきます。

まず ここでゴルファーはすっかり科学の勉強を忘れて
ゴルフだけスペシャルな理論を展開しているのは
この運動(理論)を支えるベースは
この場合、支点・軸点になっている部分は
(ゴルフクラブで言うと グリップや腕も含めると肩あたりに相当)
固定されている という事です。
厳密に言うと 固定されている のではなく
遠心力が働く量に対し 同じだけ 求心力 というのが
働いている訳で
振り子 だとすると その掛かる遠心力を支えるだけの
土台の重さが求心力として働いています。
遠心力よりも少ない求心力だと
振り子の場合 遠心力の方に倒れてしまいます。
また その遠心力に耐えられない紐だと切れてしまいます。
lgi01a201308261400


ところが ゴルフのスイングの場合
軸点となる部分は固定出来ません。
常時、移動しているのような箇所です。

ショットのエネルギーの源泉を
遠心力だと思っていると
その遠心力を上回る 求心力を働かせていないと
軸点は一定させることが出来ない
 ということです。
そして その求心力にも量と方向がありますから、
遠心力を相殺するためには その量を上回る力で
遠心力と立体的に真反対の方向に掛けていなくてはなりません。

ゴルフクラブの構造は対象性が殆どありません。
それ故、重さのかかり方(量と方向)が一定と成り難いので
非常に難易度の高い調整となるのです。

そればかりではありません。
打撃の主たるエネルギーが遠心力と妄信している人にとっても
当然 飛距離は魅力で
飛ばそうとするには 速くヘッドを動かさなくてはならず
そうすると自動的に遠心力も増加していきます。
イコール求心力も増やさなくてはなりません。

求心力は遠心力と真反対の方向のチカラですので、
ゴルフスイング中には遠心力と真反対の引く動きが必要で
スイング中の遠心力と真反対の引く動きは
スイングにとって 速度を低下させる動き です。
速くしたいのに 速くする と 遅くなる と言う
速くヘッドを動かしたい気持ちとグリップを止める
全く正反対の矛盾した動きをしなくてはなりません。
自家撞着になってしまいます。


科学や力学の勉強みたいで嫌ですねー(*_*;

そればかりではないんです。
遠心力は外に膨らもうとする力です。
ダウンスイング中に
 打つボールの方向とも大きく異なりますし
ボールを飛ばしたい方向とも大きく異なるエネルギー
になりますから、
そのエネルギーは打撃されたボールの速度になるのでなく
 その角度差からボールの回転しか生み出しません。

頑張って いつもよりも速く動かしたとしても
速くした分は スピンになるばかりなのです。

多くの皆さんはそれを実体験されているでしょう。

 

地面にあるボールは からだの回転でさらう

ゴルフショット・・・
確かにボールは地面に置かれていて
視覚的な印象、ではヘッドの一番高いところ 2mを超える高さから
地面に入ってきます。

スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)


上がったものを下げなければ
地面にあるボールは打てそうもない・・・
 
もっともな話です。

しかし、高くなっただけのヘッド。
傾きがあって、右を向くことによって
上げた訳でなく、高くなっただけのヘッド  は
傾きが維持され(ある意味、自動的に) 右向きが解け
正面を向けば(左を向いていく過程としての正面)
ボールにヘッドは届く! のです。

スナップショット 3 (2012-11-23 12-01)


ちょっとややこしい話ではあるのですが、
左サイド  左の股関節の前傾が残れば、
存在すれば、必ずボールにヘッドは届きます。

しかし、ヘッドを、シャフトを、クラブを、
地面に有るボールに届かせようと、下に振れば
反応として…多分、防衛反応だと思うのですが、
必ず前傾姿勢は失います。
(多分、地面に下がるヘッドの量の経験的調整でしょうね)

前傾姿勢を失うから、下に振らなければいけないのか
下に振るから、前傾姿勢が失われてしまうのか
それは その人、その時それぞれだと思いますが、
兎も角、左股関節の前傾さえ残れば、ボールには届きます。

ヘッドやシャフトを下に振る動きをせず、最低限
傾きなりな(テークアウェイ~ダウンスイングは左サイドが低い)
シャットが存在すれば、クラブの重さが
左下に懸かりやすく、前傾は意識しなくとも
維持されやすくなります。

しかし、下に振れば 前傾は消えます。
下に振る意識のあるゴルファーは
それをするために、下に振る為のテークアウェイを
取りますから、その時点で前傾を失う準備をしているとも言えます。

上から打つ
と言う気持ちは分かります。
しかし、ボールに当たるのはフェースです。
ご自分の下振り、下に向かって振っている
それを直ぐに取り止める と言うのはやさしくない
かも知れませんが、せめて、フェース面が下に向かっている時
にボールと当たるイメージを持たないと
今の状態では、重力に対して
ソールでボールを打つために下に動かしているのと
同じになってしまいますから
下に振っている分 プラス ロフト角度 の影響が
ボールに加わってしまい、距離には成りません。

前傾がある限り、ボールはベルト~股関節の高さ
に有るのです。前傾が維持されるような
特に左股関節の前傾がインパクト時期付近まで維持されるような
クラブ使いをすれば、下に振らなくとも
地面に有るボールをさらうことが出来るのです。

そして、誤解を招きそうなので 付け加えておきますが
こんな解説をすると、インパクトを作ろう
正面を作ろうと 手先に意識が集中してしまう
と思うのですが、基本、地面に有るボールは回転するから
拾う、というか さらうことが出来るのです。
視覚的にヘッドの高さが上下に動くコトの
主エンジンは回転することに有るのです。

よりアプローチを上手になるために

0e363453-s

スイングは 上から見ると 
どうあっても円に移動します。

テークアウェイの動作、
静止状態のアドレスをスタート、0とします。
トップの位置辺りを 100とすると
1動いても、2

動いても
円の中 ですから
飛球線に真っ直ぐ動いたり はしません。
1しか動かなくても、2しか動かなくても
ボールから離れる方向、
イン側にボールから離れていきます。

これはあくまでも「グリップ」の話です。
ヘッドの話ではありません。

もっとグリップをイン側に動かさなくてはダメです。

多くのゴルファー のスイングやアプローチを
見ていると
ヘッドはインに引くんですが、
グリップは真っ直ぐ引こうとしているか
動かそうとしていません。

スナップショット 1 (2016-10-03 18-03)

特に気になるのが
グリップから体から離れるケースです。

グリップを体の動きで移動させていれば
グリップエンドが体から離れることはありません。
アドレス時、両手は概ね伸びています。
テークアウェイでは 肘は曲がって行きますから
(腕が曲がる≒短くなる)
近づくことはあっても 離れることは無い筈です。

グリップが体から離れる というのが
一番簡単な
 手で振ろうとしているか
 体で振ろうとしているか
の目安になりますので、
ご自分でチェックできますから、してみて下さい。



✊グリップがちゃんとインに移動する
✊グリップエンドが体から離れない


 シンプルですが重要なチェックポイントです。

バンカーショットの秘訣

 

バンカーショット
多くのゴルファーは
ボール自身が砂の上にあることが
一番の障害というか、難敵だと思っていますが
実はそうではないのです。
BCkCKFKCUAABm4s

確かに 大きく砂に埋まっているような状況は
そうとも言えますが、それはラフなどでも
似た状況であると思います。

バンカーショットの最大の障害は
自分の立っている場所が不安定な砂の上
ということなのです。


これは傍論というか、余談なのですが
現在多くのアマチュアゴルファーは
限りなく普通の運動靴に近い少々古いゴルフ用品用語では
スパイクでなく、ソフトスパイクというか
ゴム底の靴の状態です。
スパイクではなく ゴム底にした理由が
コースの維持管理、芝の育成を主とするのなら
そこは率先して プロがするべきです。
アマチュアよりも格段にコースに出る頻度の高い
コースの育成やコース管理に世話になっている
トーナメントプロがいまだスパイクを履いていて
アマチュアの方がスパイクを使えないというのは
イマイチ納得できない と私は思っています。

まあ ゴム底の方が楽は楽だとは思いますけどね…。
最近のプロの 親の仇のような振り加減では
スパイク…必要なんでしょうねぇ…。

バンカーショットの話に戻りますが、
バンカーショットほど より丸く振ることを
避けなくてはいけない場所なのです。

スイングを丸く振る、円で振る
ヘッドを走らせる この手のスイングをする人にとって
イメージ的に 
より上から打たないといけない
より丸く振らなければいけない
バンカーショットは
実は その振り方が一番バンカーを苦手にさせるのです。

その振り方で ヘッドを下に振れば
下に振った分、自分は上を向きます。
自分は気分では下に振っているつもりでも
結果としては 上にあおり振っていることになるのです。
足元の安定し辛い、緩みやすいバンカーでは尚のことです。

ここはスイング全般につながっていくのですが
バンカーや足場の安定し辛い状況ほど
体の向きの変更、体の回転で打たなくてはイケないのです。
72498_600400

それができる、やろうとしている前提では
バンカーの秘訣は一つだけ、、、
ゴルフクラブの一番低くなっている部分は
 ヒールの角 です。

この部分が ボールの真下 という意味ではありませんが
相対関係として ボールよりの低くなれば
それで バンカーは絶対 出ます。
ただ それだけ です。
ymage

ソール面を使う とか
バンスを使う とか
確かに サンドを得意とするウエッヂでは
そう言われがちですが
それは クラブの機能 です。
意識して使わなくても そうなるように出来ているので
逆に意識して使っては意味がありません。

ちょっとした コツというか、秘訣があって
ヒールの角 を ボールよりも確実に低くするため
ほんの少し、ほんのちょっと、ほんの気持ち
ボールとの間合いを離して、遠目に構えるのです。
ほんの少し 気持ちでいいんです(*^-^*)
ただそれだけです。

重心位置との付き合い方


ゴルフクラブの打撃部分、クラブヘッドには
重心位置 と言って
他のスポーツではあまり聞かれないモノがあります。

IMG_NEW


これは 打撃部分のヘッドの重量の中心点が
それの装着されている、
打ち手が持っている棒(シャフト/グリップ)の延長線上になく
ズレている その量(距離など)を表す言葉です。


多くの人は勘違いしているか、と思いますが、
この重心位置は

 インパクト時になにがしかの形で
 ボールに作用する、影響を及ぼす
 のではなく、
その重心位置の違いによって
そこに入ってくるクラブの道のりやサマ が
影響を受ける、インパクトの物理的作用よりも

インパクトまでの時間や経緯に影響を及ぼす のです。
ボールではなく、シャフトに影響を及ぼす と
考えた方が良いかも知れません。

ですので どうクラブを扱っているか
によって その影響は様々で
人によって、だけでなく
装着されるシャフトの硬さや性格、クラブの長さ、
そして 
同じバックの中に入っている他のクラブたちとの
共存性/互換性
などによっても異なり、
一概に こうだからこう とは言い切れません。


 

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)



カタログなどに出てくる その用語の主なところは

✋重心距離
 シャフトから重量の中心点までの距離をmmで表します。
 一般的には フェース面上で計測します。

✋重心高さ
 ソール(もしくはリーディングエッヂ)から
 重量の中心点までの距離をmmで表します。

✋重心深度
 リーディングエッジから重量の中心点までの
 距離をmmで表します。

総称して 重心位置 と言いますが、
この数値は そのヘッドの性格・特色を表します。

 

5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7



①重心距離

 この数値の長い は 重い と同意語です。
 当たり前ですが、ヘッドの重さは重いほど破壊力を生みます。
 グリップに対し、ヘッドをたくさん動かそうとする人にとっては
 この長さ、この重さは扱い辛くなる可能性があり、
 どういったスイングをしているのか
 によって 善し悪しが分かれるところです。
 また 同時に 長いものほどモーメントが高く

 (重いのですから当然ですが…)
 ミスに対する耐性、安定度は高くなります。

 どの位の 重心距離の数値が適切か というのは
 とても難しいです。


 重心位置、重心距離は確かにスイング次第ではありますが、
 同時に ほかのクラブとの互換性 がとても重要に
 なって来ます。

スイング破壊兵器である"軽量スチールシャフト"装着の
アイアンが主流になったため、
アイアンの小型化が進み、大型のドライバーと
その重心位置の互換性が急激に乏しくなっています。

従来は シャフトが長く、ヘッドも大きくなり、
その形状から重心が深くなり易いコトもあって
ヘッドが重く感じやすく、シャフトも柔らかく感じやすい
ドライバーを含めた ウッドの方が
アイアンよりも重心距離が短めで
その時代のゴルフスイングは
割と真っ当な道を進んでいました。
アイアンの方が極端に重心距離が短くなり
シャフトの硬さ化が進み始めたあたりから
シャフトを意図的にしならせて打つ のが必要になり始め
それ以前の、昔のスイングに戻ってしまったようです。

 

IMG_0459



現在の アイアンヘッドの平均的な重心距離は37㎜位です。
これと組み合わせて 
違和感のない使いやすいウッドの数値は35㎜以下。
1995年 今から30年近く前のドライバーの数値です。
その頃のドライバーヘッドの体積は 230㏄強、
450㏄のドライバーにとっては
ほとんど実現不可能な、もしくは
450㏄という大きさを無意味にしてしまうほどのモノです。


おそらく…いや 多分、その通りだと思うのですが、
ドライバーに悩まれる方の 本当の原因は
ドライバーそのものではなく、それと共存する
バッグの中にある他のクラブ、特にアイアンのせい、
アイアンのヘッド、シャフト、シャフトの硬
さなど
と言えるのではないか と思っています。

L型ブリストルパターのすゝめ

 

市販されている平均的なクラブでは
あまりにシャフトが硬すぎ、動きがないため
シャフトの効果である
ヘッドの重みによってグリップを動かされる
と言う部分を知ることも感じることも出来ないでしょう。

84e5911c市販されている平均的なクラブでは
あまりにヘッドが軽すぎ、
シャフトの硬さも相まって
シャフトの効果である
ヘッドの重みによってグリップを動かされる
と言う部分を知ることも感じることも出来ないでしょう。

そこで L型ブリストルパター が真価を発揮します。
このパターの持っているヘッド重量
そしてシャフトの柔らかさ
今どき 時代遅れと思われる「L型」ということが
シャフトの基本的効果を最大限に打ち手に伝えます。

このパターは
ほぼあらゆる面において
それぞれの形のパターの欠点を補完しています。


523e02d2

例えば、マレット型の最大利点は
重心が深い、と言う部分なのですが、
それは グリップを支点とした振り子のストロークにおいては
欠点にしかなりません。
重心が深い ということは
進行方向において ヘッドが前に出やすい/前に進みやすい
という事を意味します。
しかし、間違えて欲しくないのは
パターストロークにおいても
ヘッドの軌道は立体、3次元だという事です。

ヘッドが振り子の 上下~縦の移動において
振り子の円状がきついヘッド軌道になる場合
前に出やすいヘッドは ヘッドを上に跳ね上げる傾向が
非常に強くなり易くなります。
パターやアプローチにおいて最大優先事項は
「打ちたいその距離を打つこと」です。
振り子にストロークする & 重心が深い
の組み合わせはヘッド軌道の半径が小さくなり易く
ロフト変化が激しくなります。
加えて ヘッドの上下移動、高さ変化が激しくなるため
パターヘッドの接触点も不安定になり易くなります。
BlogPaint

このパターであれば
ヘッドの重さによってヘッドが動くのでなく
ヘッドの重さによってグリップが動くことを
覚えやすくなります。

そして マレット型の形状による
テークバックの引きにくさ を解消し
ほぼアイアン感覚で動かせる高い誘導性を持っています。

ピンタイプのパターは高い慣性モーメント
ミスヒットに対する寛容性を売りにしています。

しかし、慣性モーメントとは
今している運動を、今取っている姿勢を維持するチカラ
継続する力を示す数値です。
実は慣性モーメント…モーメントはある意味重量を示す数値
でもあります。
形状出来にはキャビティであるピンタイプが 300gの
ヘッド重量で
キャビティでない L型パターが 470gであれば
慣性モーメントは勝負になっていません。
既存のゴルフクラブヘッドを計る計測器では
L型ブリストルは計測しきれない…と思います。
慣性モーメントは 見てくれ ではないのです。
010

シャフトの柔らかさとヘッドの重さ
これを使って
シャフトは グリップを動かすためのもの
というのを会得出来れば
このパターの 
転がりの良さ
直進性
安定した距離感
は他のパターでは味わうことが出来ません(自薦^^)

市販のクラブでは話になりませんが、
ショットでは 打ちたい 振りたい 叩きたい
という欲求になかなか勝てず
ヘッドの重さの指示を無視してしまいがちですが
静かに 短い距離を打つパッティングであれば
ヘッドの重さの指示を
ある意味増幅する柔らかいシャフトの
指示を感じられ、聞こえてくるのではないでしょうか

悶絶ゴルフクラブのご案内

 

アイアンで説明しましょう。

現在 市販されているアイアンのシャフト(軽量スチール)
平均的な硬さは 5番アイアン(38インチ相当)で
 SR表記 290cpm です。
(一分間に290回振動するという意味)

Sシャフト SRシャフト Rシャフト
の際は 10cpm程度です。

この 290cpm という硬さに
   240g程度 のヘッドが装着されています。

IMG_0459


弊社の悶絶…と呼ばれるアイアンのシャフト(グラファイト)の
硬さは何種類かありますが(5番アイアン)
 ❶ 180cpm
 ❷ 160cpm
 ❸ 140cpm



市販のモノから比べると 100cpm ですから
XXXSXSRAR
トリプルXシャフトとレディースシャフト程度の違いです。

IMG_0504


このシャフトに 弊社オリジナルのニューモデルヘッド
軟鉄鍛造 HBS-16 が装着されています。
ヘッド重量は 320g(5番アイアン) です。

ウエッヂでのヘッド重量は
市販品   290g
HBS-16  380g です。

トリプルXのシャフトの80g軽いヘッドが付いていて
レディース相当のシャフトに80g重いヘッドが付いている
そんな感じです。
なんだか 反対の方が良いような気もしますよね…



 ❶ 180cpm
 ❷ 160cpm
 ❸ 140cpm


シャフトの硬さで言うと
❶の振動数 180cpm程度のモノであれば
ヘッドを振る スイングの弧を回転ではなく、
手さばきで作るスイングでもすぐに慣れて打てるようになります。
ヘッド重量の恩恵は大きく、
今までよりもずっと軽く振って同じ距離を打てます。

柔らかいシャフト/重いヘッドの一番の特徴は
とても体に優しいこと です。

弊社を訪れる多くのお客様は
市販品を長く使ってきて、どこかしら体の痛み
体の故障を持っていて、悩んでおられます。
柔らかいシャフト/重いヘッドのクラブは
その悩みを ほぼ100%解消します。


IMG_0624


重いヘッドの特徴は やはり慣性モーメントが高いので
ミスヒットやラフ・バンカーなどに強いことです。
特にウエッヂではそれが顕著です。
バンカーショットで言うと
柔らかいシャフト/重いヘッドのウエッヂでは
バンカーは簡単です。
逆に市販品では悩むのは当然かと…。

 ❶ 180cpm
 ❷ 160cpm
 ❸ 140cpm

振動数❷160cpm位 からは
クラブの扱い方を考えるスペックです。
運動性能が高く、練習も豊富な方は今まで通りで大丈夫ですが、
目の前の結果よりも クラブの扱い方を変えていく
シャフトの使い方やヘッドの重さの使い方を変えていく
スイングを変えていく という趣向がより強くなります。

IMG_0625


振動数❸140cpm このクラスになってくると
従来通りの ヘッドを振る扱い方では
上がるだけ・スライス・飛ばない・ダフり を
連発することでしょう。
体の回転通りに軌道を造ることを強要します。
ステップアップして慣れた方は別ですが、
ファーストトライであれば
 スイング改造を主眼に置いたスペック です。
正しく扱うと成果もはっきり出ますが、ダメ出しも厳しいです。
ヘッドの重さもありますし、体で打ちますから
従来感じていた インパクト感・打感 はありません。

曖昧な表現ですが、従来の 6~7割の力加減
振り加減で従来通りの距離を打てるようになれます。

言いにくいことではありますが、
同じ熱意を練習やレッ〇ンにかけるよりも
遥かにはっきりとした効果があります。



      ご検討下さいませ 店主

フジクラ スピーダーのお話し

https://www.hummingbirdsporte.com/

 


ちょっと気になることがあるので
書き記しておきます。

 
IMG_0032


現在 ゴルフ販売の総数は極端に下がってきている中でも
そこそこ人気のリシャフト系
 の フジクラ スピーダーシリーズ の話です。

シャフトだけに限りませんが
多くのゴルフパーツは
 一番初めの開発は
 力のない人でも
 言葉は悪いですが 素人でも簡単に
 遠くに飛ばせる
 ことを念頭に始まります。

ビジネスライクな言い方で申し訳ないですが
ハードヒッター系の人は
放っておいても ゴルフ用品を買い替えてくれる、
買い替えずに居られませんし、
 ゴルフ中毒に近い存在です。
ですが その割合はゴルフ全体の数%
おそらく 3%程度だと思います。

数も少なく 放っておいても買い替えてくれるゴルファーのために
クラブを開発しても ビジネスにはなりません。

やはり ほとんどを占める 飛距離不足のゴルファーのために
新しいモノが企画・開発されます。
ゼクシオ、エスヤード なんかは典型的ですね。

テイラーメードが今の地位を築く元になった
ドライバーシリーズは R300 R320 R360  というモデルです。
チカラもなく 安定性も乏しい方向けの やさしいモデルです。
このシリーズは ヘッド重量も 205g前後あり、
重心距離も長く、モーメントも高いですから
慣れれば 必ず安定して 飛ぶようになります。

ところが ゴルフクラブの開発は
そのモデルが継続されると
なぜか そのハードヒッターというか
ゴルフ中毒に気に入られるような、そちら系にすり寄る傾向
になります。
これにあまり例外はないですね。
ヘッドであれば 軽いヘッド~小振り化~重心距離を短く
 ロフトも絞り、スピン抑制効果を強くしていきます。
シャフトであれば 例外なくハード化していきます。


フジクラのスピーダーも
初期のころは やはり 飛ばない、力のない人が開発の対象で
フジクラ自体もそれに気づいていて
シャフトを公に うさぎちゃん と ゴジラちゃん に分けていました。 
ハードなシャフトの うさぎちゃん別バージョンも用意するほどです。
IMG_0031

スピーダーは その前のモデル
フライラン シリーズの ライトペンタゴン というシャフトが始まりです。
復元性が高い、復元速度が速い ということで
カタログでも やや長め やや重めのスイングウエイト
 ワンスペック柔らかいものを薦めていました。

そのプローモーションはとても効果があり、
ゴルフブームも微妙にありましたが、
フジクラのシャフト というよりも
リシャフト という分野を開発した と言えます。

ところが スピーダーもご多分に漏れず
ハードタイプに移行していきます。
モデルでは ゴジラタイプばかり です。
丁度 スピーダーの661が境目ですね。


スピーダー661(speeder 661) はハニカム繊維にケブラー素材を
使っていることもあり 復元スピードが異様に速く、
人間の感覚では、しなっていることを把握できないほどです。
異様にハードなスペックです。
15年以上前 若かったフィル・ミケルソンも使用しましたが
Xフレックスでは使いきれず、Sでもギブしたほどで
復元スピードが緩やかな スピーダー757に落ち着きました。
 通常の市販スペック X の硬さを使っている人でも R でギリギリな程です。
シャフトの運動を促すためにも
重めのヘッド、重心距離の長いモノの方が
安定して飛ばせるようになります。 フジクラもそう薦めていました。

 しかし いかんせんあまりにもハードです。


ちなみにですが スピーダーの番号の末尾は
開発年を表しますので 2001年ということです。
17年も前のシャフト ということですね。


スピーダーシリーズ が登場して 5年位で
従来 飛距離をあきらめていた層が リシャフトで
飛距離を得る というのが一つの分野になったほどのブームも
話題だけ先行して 661路線登場から下降気味になり
結局 その路線への転向がスピーダーを消滅させます。

 
IMG_0030

そして 今なぜか復活・・・したのですが(その理由もわかりますが…)
当時は ゴルフの大好きな リシャフトまでしてしまうような
コアなゴルフファンが スピーダーを選んだわけですが、
現在では ネットやスマホの影響で
本来 この手のハードなシャフトを選ぶべきでないゴルファー層が
この手の 超ハードスペックを使うようになってしまいました。
フェイスブックやツイッターなどのゴルファーを見ていても
「ええええええ! なぜ そのシャフト? なぜ そのスペック?」
と言うのばかりで 驚きを隠せません。

 

【ウエッヂのバンス角度は何のため?】



【ウエッヂのバンス角度は何のため?】 と言う質問を頂きました。

バンス角度は ウエッヂだけでなく
全てのクラブに備わっています。
そして そのバンス角度は それぞれのクラブによって
アイアンであれば番手によって異なっています。
アイアンの機種、であれば バンス角度の違い
 番手による推移、変化も その機種の特色の一つ です。
そこが一つのヒント、回答でもあります。

 
bounce

アイアンであれば 5番アイアンにもバンス角度は存在します。

そして それはウエッヂや9番アイアンよりも 数値は少な目
バンス角度は少なめです。 3~5度位でしょうか
そして ロフトが多くなるほど、ではなく
 クラブが短くなるほど バンス角度は増えていきます。
5番~5度  ウエッヂ~14度 と言った具合です。

クラブが短くなるほど スイングの弧 は小さくなり
それによって ヘッドの入射角度はキツク成ります。
それゆえ バンス角度の数値は大きくなるのです。


ウエッヂ単体で言うと
①バンス角度の大きなものほど ボールは飛びます。
アバウト ではありますが、
 ロフト角度 - バンス角度 がそのウエッヂの実質ロフト
と考えても良いのですが、全体のクラブに比べ
ウエッヂが飛ばない人程 そのバンス角度が上手く使えず
数値の大きなバンスは邪魔になってしまうケースが多いでしょう。

 
IMG_0684


②ウエッヂショットの距離感を安定させるにも
バンス角度はとても有効です

✋インパクト前後にロフトが寝やすい大きなロフトのウエッヂは
バンスがあり、それが地面と干渉するが故に
 ロフトが寝るコトをバンスが制限します。

これはウエッヂに限らず すべての番手に共通ですが
飛距離、打ち距離が一定になり易い というのが
バンス角、バンスの一番の役割 と言えると思います。


そう言った意味合いで そのバンス、バンス角度、ソールの特色
それらを有効に活用するには からだの回転通り、
からだの回転でクラブを動かして来るのが大切です。

IMG_0610IMG_0607










これを手で丸く振ってしまうと
そのクラブの長さによって作られるはずの弧、その大きさ、その角度が
意味をなさなくなってしまいます。
手で振れば振る程 本来 からだの回転で入れてくるより
緩い角度で入射するようになります。
緩い角度で入射する というコトは イコール
大きなロフト ~ロフトを寝かして入れてくるコトになるので
実質バンス角度は増え、打つ前に地面に干渉しやすくなります。
これが トップやダフリ の正体です。

打ち出し角度が増え、スピンも増える
よほど強く打たない限り、これでは スピンは効きません。
また 必要以上に緩くヘッドを入れてくると
ヘッドスピードが上がっても 高く、スピンが増えるばかり ですので
それ相応の距離になり難くなります。
飛ばない人の典型 とも言えます。

 
IMG_0627


クラブを設計する際、
ウエッヂはバンス角度、ソールを大きくし過ぎると
重心が低く、深くなり易いので 苦労のタネ でもあります。
ロフトの大きなクラブは 上げることに苦労はないですから
重心が低く、深くなり過ぎる必要は全くありません。
逆に 低く 深くなると ボールが飛びにくくなるので
そこのデザイン、重量配分が腕の見せ所でもあります。

重心が低く、深くなるように使うと ロフトの大きなモノは飛ばない
というコトでもありますね。



ああああ バンカー の話 を期待されていたかもしれませんが、
バンカーでの バンスの役割は おまけ 程度のモノです。
バンカーが苦手な人は バンスが有ったから、
バンス角度が大きかったから と言って それは役に立ちません。
まあ 悶絶クラブであれば 考えることはありませんが、
シャフトの硬さは兎も角、ヘッド重量を増やせば
必要十分なヘッド重量さえあれば バンカーの悩みの殆どは解消すると思います。

 

ミート率…それをそう、称して良いのか、悪いのか…。

ミート率


そして この(上で言うと1.5と言う)数値は
ゴルフクラブのロフト角度が増えるとともに、低い数値になり
ウエッヂあたりに来ると ボールスピードの方が遅い
数値として 0.9など、1.0を下回るようになってきます。、
✋故に 二度打ちしたりする…んですね。
 どう打っても ドライバーでは二度打ちが不可能です。 

ですので ゴルフクラブを販売する場合、
よりロフトの立ったモノを打って頂ければ
数値としては 1.5を超えるよう…になっていきます。
それを ミート率 と呼んでよいのか 微妙ではあります。

同じクラブを使って計測する場合、
より オリジナルのロフト 10度なら10度と
ロフトを寝かさず インパクト出来れば
数値は増えていきます。

簡易計測器…などもあるので
この数値を気にされる方がいるの…ですが、
全面的に悪い とは言えませんが、
良い点と悪い点があります。

確かに 数値を上げるため、
今、手にしているクラブのロフトを寝かさずに打つコトは
 同じ力で遠くへ飛ばすのに有効な手段の一つ ですが、
ミート率と呼ばれる この数値を上げようとすると
煽り気味、しゃくり気味 のインパクトにして行けば
極端な言い方をすると アッパースイングにして行けば
行くほど 数値は上がり易くなる点は落とし穴になります。


通常、酒飲み話などでされる「ミートする」は
 フェースの良いトコロ(例えば 真ん中)に当たる概念が浸透している中、
この 計測の便宜上の言葉 ミート率 は
ロフト角度~インパクトロフト角度 を基にして いるコトは
重要なポイントだとは思います。
自分にとっての 望ましい姿勢と望ましい進入角度
これが ミートするコトで、
そして、それが安定し易いコト と言うのを心がける
数値の最高点狙いではなく、
数値の向上とともに、安定化 に利用出来るのであれば
有効な手段の一つと言えます。

ゴルフクラブ◇シャフトの歴史とスイングの変遷

 
 

昔のゴルフはヒッコリーシャフトが中心で、
ゴルフをするのには
「如何にシャフトをひねらず、
ボールを確実に遠くに飛ばすか。」
であった。

何故ならば、
クラブを捻ってしまうとたちまちシャフトが折れてしまい、
一球も打たずに壊れてしまうこともあるからだ。

その頃のゴルフは貴族の嗜みではあるが、
主人と小姓さんがいろいろ考え工夫し、
自前で工作したゴルフクラブを使うものであったから、
壊れたものをお金でまた買い直せる
ではなく、また一から材料を吟味し削っていく。

 大変な手間である。

だから、シャフトを壊さないように、大切に打つのだ。 


しかし、これではあまりにも限られた人の娯楽になってしまう、
そこで技術に関係なく、
ゴルフというスポーツを楽しんでもらう為、

   壊れないシャフト=スチールシャフトなのである。 

 今では、まるでスチールシャフトは
上級者が使うもののように思われているが、
始まりは ちゃんとゴルフクラブを扱えない
ちゃんとスイングできない人向けのモノだったのである。

 開発、発売当初は
  「正しいスウィングをしなくても出来る、
壊れない上に非常に長持ち。しかも安い。」

 というのが売り文句であった。

rad-04


ヒッコリーシャフトのクラブでは
ネック付近の破損防止のために
ヘッドのホーゼル部分やシャフトの先端は
非常に太く仕上げ強度を保ったが、
スチールシャフトはその必要がなく、
すっきりとしたネック部を作ることもできたのだ。


スチールシャフトの最大の特性はねじれ剛性が高く、
ヒッコリーではだめだった捻る動きを容認したことだろう。

  これにより経済的に限られた人ばかりでなく、
   技術的にもヒッコリーでは継続してゴルフができなかった人に門戸が開かれた。


またシャフトも安価で簡単に製造できるようになり、
大量生産の時代に入ったわけだ。 


海外のプロの世界ではちょうど過渡期にかなりの人が
  道具によるスウィングの変化に苦しんだようだ。

クラブを捻る動きを入れない人にとっては 
ヘッド付近の重量が軽いクラブは飛距離が出ないばかりでなく、
タイミングも取り難い

 そして、このスチールシャフトの特性を考慮し、

本来のヒッコリーでは完全なる禁じ手であった捻る動きを利用し、

ヘッド重量の低下を動きのスピードアップで補ったのが
ベン・ホーガン氏である。


ベン・ホーガンの一番特徴的な動きが手首の内転・外転、

 正式に言うと肘関節の回内・回外という動きである。
(もしくは肩関節の外旋・内旋)
52442_360240

 回内とは「前ならえ」の状態から掌を下に向ける動きで、

 回外とはその掌を上に向ける動きを指すのだが 

 この動きはゴルフクラブの構造と
重量配分を無視した動きだと思っている。

ゴルフクラブにはそれぞれ角度があり
距離/方向ともに とても密接につながっている。
いびつな構造のゴルフクラブを 回内 回外 という
ねじる動きで使うことを推奨する・・・ のは
やはり 間違っていると思う。

L型ブリストルパター 取り扱い説明書

パターストロークだけではありませんが
ショットはすべて「望みの距離を打つ、届かせる」ことです。

距離感はインパクトの力加減ではなく
「ボールの速度を掴みとるコト」
ボールのスピード、パッティングの場合は転がるスピードを
イメージして、そのスピード通りにパターヘッドを
移動させる、動かすことが重要になります。

市販の「重いヘッド」と言われるパターで
ヘッド重量は 330~350g程度です。

弊社のL型ブリストルパターは 470g超

このパターの特徴的な転がりは
初速は遅く感じても、等速のまま
カップなり、目標まで転がることですから
思っている以上に ゆっくり、小さなストロークで
十分届くようになると思います。
009

練習をするのならば
出来るだけ小さなストローク幅にするように、すると
距離感も安定度も増します。
テークバック無し のストローク練習も有効かと…

あくまでも イメージですが
パターヘッドの上に乗っかったボールが
インパクト(リリース)ポイントでパターから
飛び出るというか、離れるというか。。。
ビリヤードでボールを突く(小突く)と言うよりも
ボーリングのリリースに近いのかも知れません。
弾く と言うイメージでは無く、押すと言うか
運ぶイメージが必要です。

また、このヘッド重量のパターの場合、
ボールの位置はあまり中~右寄りよりも
よりショットやアプローチに近い 左よりの方が
効果を発揮しやすいと思います。

✪あと やはりパターだけに限りませんが、
スイング、ストローク中、打ち手【人間】が動かしているのは
ヘッドでは無く ”グリップ” です。
010

グリップを動かした分だけ、ヘッドが動くのであって
ヘッドの動かし方 を考えるのではなく
グリップを動かし方~移動のさせ方 をイメージすることが
大変重要です。

グリップをどう動かすか、
という意識があれば、クラブの重さが作り出す不可抗力によって
グリップがどう動かされるか、
と言う感覚も身に付いてくる と思います。
特に、この L型ブリストルパターには
ヘッド重量だけでなく、シャフトに関しても
多分、世界で一番柔らかいパターシャフトが
採用されていますから、
ヘッドの形状、重さがシャフトを通して
グリップを移動させる感覚が身に付くと思います。

祝 開設 新ハミングバードスポルテ~ホームページ




IMG_1105




https://www.hummingbirdsporte.com/

(スイングの壁)その葛藤を乗り越えろ

  

わかります。

ボールを飛ばすのに
 ヘッドを動かさなかったら 飛ばないだろ!



そう思いますよね 常識的に。


動かしますよ。その重さの範疇で
からだや腕がグリップを動かす分
『だけは。』MVI_0873 (2)(2)_Moment(6)


でも それじゃあ 飛ばないだろ。


いやいや、有り余る 少々無駄になっても良いほどの
ヘッドスピードや運動性能、
ものすごく不自然な動きをしても体を傷めない強靭さか
もしくは鈍感さ があるなら ご自由にどうぞ ですが、
ヘッドをグリップ以上に、
運動や長さで増えていくその重さを乗り越え
ヘッドをグリップ以上に動かすと
✋ほぼ例外なく ロフトは増えます。
✋ほぼ例外なく からだも上向き。
✋ほぼ例外なく からだも開きます


MVI_0874Trim_Moment


クラブを自分で動かしたー  打ったー
という実感が増えるばかりで
ボールを叩く力は増えたとしても
ボールを飛ばす力にはなりません。
  水平距離と言う意味ですが…
  酷い言い方になりますが、究極の自己満足打法に至るだけ、です。


運動や長さで増えていくその重さを乗り越え
ヘッドをグリップ以上に動かすと
動かした分だけ 振り遅れていきますから、
どこかで からだや左サイドを止め
腕さばきで クラブのロフトを締めなくてはなりません。
 つまり 手打ち に行き着きます。

IMG_0872


ボールを飛ばしたい
そのために ヘッドをたくさん、速く動かしたい

その気持ちは痛いほどわかりますが、
それをそのまま実行すると
一度ロフトを増やし、体も上向き、左向き の状態でロフトを締める という
 全く不必要で、非常に難易度の高い、復元性の低い
打撃方法を追い求めることになります。


ヘッドの重さ、クラブの重さは放っておけ と言っても
ゆるゆるクラブを持っている訳でなく
その遅れを ロフトの立ち、フェース面の下向きにする意識も必要ですが、
それそのものが打撃になる上に、ロフトが寝にくいのです。

からだの回転 という 時間とともに向きが変わっていく
その時間進行に遅れを作り難く
からだの右向き、体の下向き が残っている状態で
インパクトに入れる可能性が高くなるのです。





あなたは この矛盾、この葛藤を乗り越えて
 スイングを変えられるのでしょうか

現在のゴルフクラブに関する不思議

 


どうして 気にならないのかしら と
強く思うのです。

良い悪いのかかわらず
現在のスイングの主流は
ヘッドを返す、シャフトをしならせてしなり戻す
 フェースローテーション全盛時代
 です。
  私は思いっきり否定派ですけどね・・・

ヘッドを返すにしても
シャフトをしならせてしなりもどす
にしても  ヘッドの大きさ⇒重心距離 
シャフトの硬さ~柔らかさ によって
その動作のスピードや加減や加速ポイントなど
違い、差が有ると思うのです。


重心距離の長いモノの方が
ヘッドは開きやすいですが
ヘッドは閉じにくいです。
シャフトの柔らかいモノの方が
ヘッドは開きやすいですが
ヘッドは閉じにくいです。

重心距離の長いモノは
シャフトはしならせ易いですが、
しなり戻しはし難くなります。
シャフトの柔らかいモノ方が
シャフトはしならせ易いですが
しなり戻しはしにくくなります。


重心距離長い✖ シャフト柔らかい✖
重心距離長い✖ シャフト硬い◎
重心距離短い◎ シャフト柔らかい✖
重心距離短い◎ シャフト硬い◎


ざっくり ですけれど
ヘッドの返し・シャフトのしなりしなりもどし
のし易さはこういう関係です。


IMG_0591

(アイアンの事情)
デフレや世の風潮
ゴルフの平均年齢はどんどん上がっていますが
スチールを使えるかものあこがれ・願望から
アイアンはスチール以外選択肢なし にまでなりました。

✋まあ そこは予算有り、あこがれあり、好みあり
ですから 可でも不可でもありません。

軽量スチールは素材の強化によって、
より手元を薄く軽くする強く で成り立っているが故に
重いヘッド・重心距離の長いモノを嫌います。
グラファイトのモノと比べると 0.5~1インチ短めで
ヘッドも軽めです。

(ドライバーの事情)
ルールの制限、
ヘッドの体積の制限 ⇒これを視覚的に改善するため、シャロー化
モーメントの最大値 ⇒シャロー化
飛距離を造る要素の制限が多くかかっているので
46インチが一般化してきてもいます。

ロフトやフェース向きの変更などの
 ネック廻りをいじくれる のし易さ
サイドのあるディープな形状よりも
シャローの方が圧倒的に製造が楽ですから
シャローなドライバーヘッドの流れは止まりません。



46インチの長さになった
大型のシャロー 👉重心距離の長いヘッド
飛ばすために やむを得ず 柔らかくしたウッドシャフト

小振りになったアイアンヘッド
軽量スチールという ウッドと比べると格段に硬いシャフト

このギャップは年々開いている感じがしてなりません。


ヘッドの返し、シャフトのしなりしなりもどし
 これにクラブの長さを加えると
クラブ長い✖ ドライバー✖
クラブ短い◎ 9番アイアン◎ です。

クラブ長い✖ 重心距離長い✖ シャフト柔らかい✖
クラブ短い◎ 重心距離短い◎ シャフト硬い◎


現在の ドライバーとアイアンの噛み合わせ は
ゴルフ史上 一番遠い関係にある、
まったく 別なモノ と言って良いと思います。
このままでは ウッドとアイアンは別々な打ち方も
必要になってしまうほどです。




現場 で考えると
2ショットを1ユニットとして
OBで連続二回ドライバーを使うのと
ドライバー ⇒ アイアン を使う回数の方が
断然、圧倒的に多いはずです。

どのドライバーが良いとか 悪い 好き嫌い
これも重要ですけれど
この ドライバーとアイアンの噛み合わせの良し悪し
はスイングやタイミング、そしてミスにも直結する筈で
それって 気にならないのでしょうか?
IMG_0590

不思議というか
このドライバーが合ってるとか 合ってないとか
それを選べる、判別出来るんなら
その 噛み合わせの差もわかるんじゃないですか?
逆に言うと その噛み合わせが感じられないのに
どうやって ドライバーの合う合わないを判別してるんでしょうか?
なぞ です。

良い球とか、より距離であるのならば
その ドライバーとアイアンの噛み合わせは
必ず 結果に直結するので
その噛み合わせの悪さは分かると思うんですけど
いったい ぜんたい 何がクラブの判別基準なのでしょうか?

アドレスの乱れはグリップの乱れから始まります



コースでよく有るのではないか と思いますが、
打とうと思っていても なんかしっくりせず
そのまま打つと 大概はミスになります。


①この原因は大きく三つあって
自分が打ちたい方向や球筋に対し
スタンスの向きが「正しくない」IMG_0755
おそらく 右を向いています。

しかし これは 多くの場合、
なんか しっくりこない と感じません


②その派生 になりますが、
これも何度も書いていますが
スタンスの向きをボールの位置
体に対する 左右のボールの位置のズレは
かなり 「しっくりこない」の原因になります。

同じようにボールを置いても
右を向いていれば ボールは体に対し左にズレますし、
左を向いていれば ボールは中に、右にズレることになります。
これは しっくり来ません。

005

スタンスの狂い は
かなり顕著にボールの位置のズレ
かなり激しくズレますから
このまま 打てば ほぼ間違いなくミスです。

特にコースでは傾斜も絡みますし、風景も絡みますから、
自分にとって 正しくスタンスを取れない、取りにくい状況
というのが 何度となく訪れるモノです。


③そのスタンスのズレ は
風景や傾斜だけでなく 自分のアドレスの姿勢の狂いからも始まり
その主原因はグリップの変化です。

特に疲労が出てくる 後半に置きやすいでしょう。IMG_0819

クラブを振っている状況
フォローを振っている状況では
左をがっちり握らなくてはならなくなります。

そうなると ㊧指で握っていた時と比べると
上半身・肩部分は 腰部分に比べると やや左を向き始め
体の中で 腰と肩で左右の向き
そして 上下の向きが微妙に食い違い始めます。

スタンス(靴)の向きは 感覚的に
腰! よりも 肩周りの向きに影響を受けますので
本来のスタンスよりも やや右を向いてしまい
その分、ボールは体にとって左にズレ
向きもしっくりこない、ボールの位置もしっくりこない
と言う状態が発生する訳です。


コースでは 改造中であっても
スイングのコトを意識するのはほぼ不可能に近いです。
普段の練習しているそのままを発揮するしかありません。
結果を気にするのであれば
グリップ・スタンスの向き これを良く良く注意
特にその推移、変化にご注意ください。
IMG_0772

スタンスから始まるゴルフスイング

スタンス まあ両足の位置、向き
というコトになりますが、
ココでポイントになるのが
そのスタンスとボールの位置関係です。
003

ハミングバードでは番手、クラブの長さに関係なく
左足かかとあたりを推奨していますが、
その位置がある程度 いつも同じようにしておく
のが ミスショットを防ぐポイントになります

そして これも何度も言っていますが
スタンスの向き と ボールの位置 は
密接な関係にあります。


両方の足のかかとを基準に
ターゲットに対し
閉口に立てた、スタンスを取れた
と言うの基準とし
そのボールとからだの関係を変えず
🔵スタンスを右に取れば
ボールは構えに対し 左にズレるコトになります
🔵スタンスを左に取れば
ボールは構えに対し 右にズレたコトになります


001002









コースでは傾斜や風景によって
ダマされてしまう、分からなっくなってしまう場面が
少なくはありませんが
スタンスの向きとボールの関係 は
ミスの最大の原因
打つ前からミスが確定、確率が上がってしまうので
注意が必要です。

また ドライバーなどで
その日はスライス気味だからと
左にスタンスを向きを変えた時や
引っかけが多いからと
右にスタンスの向きを変えた時、
✋『ボールを軸点として向きを変えず』✋
自分だけが その場で向きを変えると
ボールの位置がズレます。
注意が必要です。
慣れないうちは クラブも利用して
 ボールを軸点に向きを変えましょう🙋


グリップが左右(位置関係的)に離れている人は
疲れてくると グリップのゆるみ(より一層の離れ)からの
スタンスの向き・ボールの関係のズレが
大きくなり易いので注意しましょう。
アドレスがしっくりしない
なんとなくテークバックが取りにくい

の場合はおおかた ソレ です。
アドレスを取り直すときは 『グリップ』からやり直しましょう

達人のココから盗め

達人のココから盗め_Moment(3)



レッスンプロも含めたプロはの多くは
履いて捨てるほどのヘッドスピードと練習量を持っています。
 もしくは、それらを持っている時に培ったスイングです。
彼らのノウハウは
 どちらも持っていないオジサンおばさんゴルファー には
あまり役に立ちません。


そう言う意味では この画像は
飛ばすコト、つかまえるコト、曲げないコト
そして アプローチなどの距離の管理
 を
 非常に単純な ひと動作に集約 しています。



 

✋では 達人リートレビノ
のビデオをご覧ください。

おそらく アマチュアが真似るべき、
 参考にすべきスイングはこれが原本かと思います。


煽って こする 今のスイングに目が慣れている人には
なんだか 変な感じがすると思いますが・・・ね

スイングを見る目がスイングを作るチカラなんですけどね…。

元々 米国人の中では体も小さく、
パワーの無い彼が トーナメントというサーカスの中で
見出した 打撃 は 力のないアマチュアゴルファーの
本当にお手本になる 打撃 だと思います。

冒頭で 神様自身は説明はしていませんが、
スイング、ショットをすると ヘッドは重くなるので
からだはまわし、グリップは移動させても
ヘッドは 重くなる分、インパクト分 残して置け
と言っています。
ハミングバードでは それを「刷毛塗」と造語しています。


達人のココから盗め_Moment✋そして 抽出したこの画像 ですが

✋ここがインパクトだよ‼ と。

ここから先にインパクトがあるんじゃないよ‼ と。

ここはからだの回転が合体するから
ここから先がインパクトではなく
ここ そのものが インパクトだよ‼ と。

ここから ボールに当てる、ボールに届かせる
動きが 「こする」~ロフトを増やし/入射を緩くする
「やっちゃダメだよ」と 神様は優しく申しております。



次の実際のボールを打ちますが、
見た目はアプローチ・・・ですが、
後々 繰り返し映像を合成していますが、
この 先ほどのココがインパクトだよー の場所から
単に からだの回転でグリップを移動させる のがスイングだよ 
やはり 神様は申しております。

達人のココから盗め_Moment(2)←勢いのない シャドースイングでは達人のココから盗め_Moment(4)
 こちら ですが

勢いがつくと
 こちら になります→



二つは全く同じモノ です。
そして フルショットバージョンを加えたのを比較してみて下さい
単に勢い、慣性の違いなだけで すべての骨格は同じです✋
達人のココから盗め_Moment(2)達人のココから盗め_Moment(4)達人のココから盗め_Moment(5)










では もう一度 全編 を通して見てみて下さい。

どのショットも、例えドライバーショットであっても
✋からだの回転でグリップを動かす
✋ヘッドソノモノの動きには頓着しない

というのが 見て取れる かと思いますが・・・
そう見えない方は 残念です  
→またのお越しをお待ちしております

飛ばすショットも、飛ばさないショットも
ドライバーとアプローチはほぼ全く同じモノなのです。
単に動作、自分自身の動きの速度の違いなだけ・・・


ここがインパクトだよ というコトが理解できる方だけ
この 3個の映像はつながりを持ちます。

達人のココから盗め_Moment達人のココから盗め_Moment(3)達人のココから盗め_Moment(4)








ここがインパクトだよ 以降 に ヘッドをボールに届かせる動き
キャスティング… ヘッドローテーションと呼ぶ人もいるみたい ですが
それがある人、それを当たり前と思っている人には
この 3個の画像はつながりませんし、ピンと来ません。

アプローチのコトをコメントされた方がいらっしゃいましたが
要は ココの問題 と思います。

ココがインパクトだよ! 以降~インパクト まで
(意味わかるかな)
の動作、スイング?、打撃は 本来のゴルフスイングには
存在しない部分です。一切存在しない、意識しない
逆に 存在しないことを意識するというか
その行為そのものが ミス エラー なのです。
達人のココから盗め_Moment

そして それらをする人にとっては
そこが ショットの鍵 なのですから 厄介です。
そのショットの鍵 の部分がすべてで
これ以降は惰性ですし、これ以前はおまけ。

ココがインパクトだよ の人にとっては
ここまでの動きがすべてなのですから
共通の話題はない のかも知れませんね。

ゴルフスイング◆ボールの置き位置

硬いシャフトを使っている人や
ウッドとアイアンを全く別な性格で
構成をしているゴルファーのボールの位置を見て貰いたい

今 このブログを練習場で見ているのなら
目の前の打席の人のボールの位置を見て貰いたい 

ドライバーのティーアップの高さなんかによっても違うけれど
20年前に比べると ドライバーやウッドの
シャフトの硬さは大分落ちてきている

昔で有れば Sシャフトなんか は
振動数で言えば 280~300cpmなんかも
珍しくなかったけれど 
今では 結構ハードと呼ばれているモノでも
250~265cpm程度である

ところが それに比べ アイアンの振動数は
スチールシャフトであれば 依然高く 
5番290~320cpm 位
ウッドとの硬さギャップはどんどん広がっている

販売する番手構成に 3番等が排除されているので
シャフトは全般的に長くなっており
アイアンであっても 20年前に比べると 半インチ以上
長くなっている。  長くなっていると言う事は
ヘッド重量が下がっている 軽くなっているのだから
より クラブは下方向に落ちにくい
 届き難い と言うことである


スウィング破壊兵器 軽量スチールシャフト
を 
破壊兵器と呼ぶ最大の理由は
低い所に置いてある ボールを拾う
クラブにとって 最大であり 始めの一歩である
機能が 殆んど備わっていない事で
これが備わっていないと
その機能を自分で処理しなければならなくなり
その処理による副作用は あまりに多く 重大。
頭痛を解消するため 薬を飲んだら
頭痛はおさまるけれど
その副作用の為 肝機能障害 腎不全 心不全 
などになってしまうほど 深刻な事態。

話は戻るが アイアンのボールの位置
前の打席の人は 多分 真ん中よりも右
日本人は 利き目が右の人が多いから
真ん中に置いている と思っても
正確に後ろから見てあげると 相当 右
右の☆たまの前とか 右の股関節の前なんて
人も少なくないし ウエッヂなんかは
体を少し左に開いている と言うのを差し置いても
右のつま先の前 なんて人もいる筈です

極端な例ですが ドライバーを左足かかと
アイアンを右足かかと の位置にボールを置けば
スウィング ヘッド軌道を変えるだけでなく
二つは大きく リズムやタイミングも異なる訳で
スタンス幅 人によって異なるが
往復では 1メートル以上の差にあったりもするのです

スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)


bcb3a5e8


ですから 例えば 他人のクラブなんかに
アドバイスを求められた場合
双方の ボールの位置の違いがどの位なのかによって
だいたい見当が付く訳です

お薦めはしませんが
右にボールを置くのならば
そこで 全部のクラブが打てるのであれば
クラブによって ボールの位置を置き換えるよりも
ショットの問題は大幅に軽減出来るのです

多くのクラブは
その使う人にとって 動かないオーバースペックなモノです
ハミングバードのクラブのように
重く柔らかい軟体動物系のクラブは
かなりの幅 15センチ程度 ボールを動かしても
満足は出来なくとも 何とかなりますが
オーバースペックなクラブは
ボールとヘッドが接する時間と場所は
多分 一点しかないのだと思うのです

届いて スライスし辛く 一番飛ぶところ
幾つかの要素を満たす 唯一の場所
ですから オーバースペックなクラブで
ボールの場所がズレテしまうのは 命取り なのです

しかし 良く考えて下さい
コースは練習場のように 目標になる直線や規格が
一切無い場所で 精神状態も 非常に高揚しています
遊びの無いボールの置き場所・・・
果たして その ミッションインポッシブル が
一球 一球 成功するでしょうか  乞うご期待!

スピン量の錯覚・スピンの効き


よくゴルフショップへ行ったりして
ショットの診断をして貰ったりすると
初速・・・ボールの飛び出しのスピード
飛び出し角度や方向、 そして
ボールの回転数~スピン量 というのが出てきますが
このボールのスピン量の単位
例えば ドライバーであれば
2000回転 であるとか 3500回転 が出てきます。

20090801 2009_08_30_23_19_09-648フレームショット


この回転数の基準になる単位は
分、ミニッツ、60秒です。 

ドライバーの場合 2000回転/分、
ドライバーが空を飛んでいる時間は平均的には 6~8秒 です。

秒に換算すると 1秒換算では約33回転 ですから
ボールが地面に接地するまでの間 6~8秒
ボールは 多くとも  260回転 しかしていないのです。

通常、ボールは飛んでいくと 空気抵抗によって
回転も鈍く、少なくなっていくので
回転数合計 と言う意味ではもっと少ないでしょう


もしも この弾道が200メートル移動したとすると
 1メートル移動するのに1.3回転しか していません。


片や 260回転として
摩擦等を無視し ボールをゴロゴロと転がして 200メートル移動させると
1480回転も必要になるのですからそれが 如何に少ないか分かるかと思います。

ボールの外周は 14センチ弱ですから
空中の移動では 殆ど回転していない に等しい
ほどのスピン・回転なのです。

イメージの中で 巨人の星 の劇画のように
砂煙を巻き上げて ボールが回転する
そんな風に思いがちですが
実際には ボールの回転は非常にスローで
少ないモノなのです。

スピン と言う言葉には微妙に
ハイスキル、上級者のニュアンスが含まれていますが
ゴルフショットはあくまでも
進行方向に対し ボールを移動させるのが目的で
スピンをかける ことは副産物というか
あまり意識する必要のないコト とも言えると思います。

20090801 2009_09_02_15_09_49-1005フレームショット


ドライバーの飛びで
飛んでいると空気抵抗などに寄り
どんどん回転は減っていきます。
ボールが着弾した時、その進むスピードと回転数の比較で
そして 着弾した時の落下角度
それの兼ね合いで スピンがかかる かからない が発生します。
ですので ドライバーであっても
 
スピンが効いてしまう人もいます……いますよね🙅


ドライバーという クラブの中で一番ロフトの少ないクラブ
ですら スピンが効いて、止まる とは言えないまでも
前進にブレーキがかかってしまうのですから
アプローチの際、ロフトを開いてスピンをかける思い込みは
あまり意味がない、リスクの高い発想なのです。

スピンが効くか、効かないか は
ボールの進む速度、残存しているボールのスピン
そして着弾角度の組み合わせ ですので
アプローチで スピンが効き ブレーキがかかる状態は
無限な組み合わせがあります。
自分にとって 一番出し易い 繰り返し出せる
組み合わせを見つけられるといいですね
勿論、アプローチでね🤕