【スイング再生工場】ゴルフクラブから学ぶゴルフスウィング をあなたに♡

『スウィングはクラブから教わる』これが弊社のモットーです。クラブの扱い方や作りたいスウィングを選ぶため、そしてより味わいの深いクラブの機能を楽しむため 弊社のクラブ、クラブ選びについてご説明いたします。 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480 メールhummingbirdsports@jcom.home.ne.jp  ■営業時間 午前11時~午後8時 //水曜定休  お気軽にお問い合わせください。

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ◆電話:046-804-1480 ◆ファックス:046-804-2442 ◆メール hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp  ■営業時間 午前10時~午後8時 //水曜定休   横須賀 日本 · http://blog.livedoor.jp/hbs/


店長「画像、動画で解説すると、ですね、
 ダウンスイングで 手を振る為に、ではありますが、
 先に からだを廻し、ボールの打てる位置で
 からだの回転を止め、そこからクラブを振る、
 こういう手順になっていますよね❓」 

YSさん「言われてみれば そうですね。」

店長「ダウンスイングの手順が
 からだの回転、 そして クラブの振り です。

 からだの回転は 右を向いて、そして左を向きますから、
 アバウトですが 180度 クラブをターンさせられます。
 勿論、手の返しでも 180度ターンさせられますが、
 ヒトツの180度、ヒトツのターンで十分ボールは打てます。

 ヘッドターンは 軌道に対し、
 フェースを右に向いた(右打ち)、開いた状態にならないよう
 フェース、ヘッドを回転させるのが目的ですが、
 ヘッドのターンを激しくすると、その分、
 ヘッドの軌道が内に入り込み、
 開いた状態、閉じた状態の基準になる軌道が
 どんどん逃げてしまいます。
((スライスにさよならしよう_Moment(2)((スライスにさよならしよう_Moment(3)((スライスにさよならしよう_Moment(4)








 ハンドターンに頼っていますと
 ラウンドの後半の疲労やコンディションの悪い時、
 スライスが出たり、やり過ぎて引っかけフックになり易く
 なりますので、
 『実験的に✋』で構いませんから
 切り返したら、先に と言えば良いのか、
 直ぐに ターンを先にしてしまって欲しいのです。

 順序で言うのなら からだの回転、そして ハンドターン ではなく
 ハンドターン、そして からだの回転 です。」

YSさん「トップの位置で すぐに✊ ッテコトですよね❓」

店長「そです。右を向いているトップの状態で
 まずは 腕を振る、と言えば良いのか、クラブを手で振るんです。」

YS「ボールに届かなそうですが…。」

店長「ボールに届かなそう・・・・ 確かにその通りですね。
 その届かなそう な箇所で クラブを振ってしまって欲しいんです。
 実験的に でもありますので、空振りでも、当たり損ねでも
 良いのですが、とりあえず まずは クラブを振る。

 きっと 届かないでしょうから、
 その手順は変えずに のちほど、と言えば良いのか、
 あとから遅れて からだの向きを変える、
 その加減と時期で ボールに届くように調整していく。」

YSさん「この手順にするメリットはなんです❓」

店長「理想的には クラブターンをハンドターンでは無く、
 ボディターン、からだの向きにしたいのですが、
 今すぐ! というのは簡単ではありません。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment

 とりあえず ですね、インパクト付近で
 ハンドターンが入っているにしても
 そこに からだの向きが加わっていれば
 ヘッドの内に切り込む量を抑えられる分、
 フェースの閉じの必要量も減りますし、
 ターンそのものも 手と体で分配できますので
 疲労、耐久性に劣る 手・腕の負担を軽減させられます。」
    mixiチェック

YSさん「こんにちは。」

店長「こんにちは~、お久しぶりです😄」

YSさん「今日はご相談が。。。
店長「あ、はい。
 まずは 打ってみましょう。

 なるほどー。

 スイング自体を 無機質 に解説すると
  切り返し から まずは からだが廻り、
 この場合は 脚、フットワークですね。
 まずは 踏み込んで
 そこから クラブを「丸く」振っている のですが、
 丸く振るコト によって
 本来の ヘッドの入ってくる軌道よりも
 見た目で言うと ボールの真後ろからやや外目
 から 入ってきているので
 ボールには右回転が入り易い と言えますね。
((スライスにさよならしよう_Moment

 一般論 ですけど
 ボールの横回転は そのヘッドの進入経路 に対し
 どの位 フェースが閉じているか、開いているか、
 その度合いで 量が決まります。」

YSさん「アウトサイドイン ってコトですか❓」

店長「まあ そうなんですけれど、
 ソコを気にしても 仕方ないんです。

 軌道とフェースの開閉具合 って
 追いかけっこのようなモノ なので
 追えば追うほど 逃げてしまいます。


 今のスイングを大きく変えず、
 イメージですが、軌道を同じのまま
 フェースの閉じを強くしようとすると
 インパクト、impact以降が
 今の軌道よりも もっと 内に切り込んでしまうので
 もっと フェースの閉じが必要になってしまう。

 かと言って 軌道をもっとインから‼ にしようとすると
 スイング中の フェースの開閉が大きい ので
 開いたまま 当たってしまう。

 前者は 左の引っかけ か 左へ出てのスライス
 後者は プッシュスライス になってしまいます。」

YSさん「ですよねぇ…。」

店長「軌道・・・の問題ですが

 今、通っている軌道自体は 特に問題が無いケースが
 非常に多いんです。
 単に クラブが長くなり過ぎる、長くなるのが速すぎる、
 円弧が大きくなり過ぎている のが原因で
 クラブ全体としての軌道は問題が無いんです。

 インサイドにする と言う意味は
 クラブの長さを抑える、
 円弧のもう少し内側、小さな円で入れる、
 と言う意味合いが強く、
 クラブ全体をもっと インから 内側から入れる、
 と言う意味では無いんです。
2021-10-23_18-02-58_Moment(2)
 インサイドアウト、アウトサイドイン の問題の多くが、
 クラブ全体の移動経路、軌道では無く
 円弧の大きさの配分、タイミングによって
 造られてしまうことが非常に多いんです


 ソコを間違ってしまうと
 クラブ全体の軌道を変えるため
(もっとインから入れる)
 もっとフェースを開いて入れたり と
 問題が別なモノにすり替わる だけ で
 スライスの問題がより解決し辛い、複雑なモノ に
 なってしまうケースが非常に多いのです。



店長「どこまで突っ込んで考えるか、やるか によるんですけど
 幾つか 頭の中を整理… ほぐしていきましょう

 幸いにも YSさんは年齢の割(正確な年齢は分かりませんが…)
 腕を振る、腕を動かす筋力、能力は強い と思いますので
 ソコを主体に考えてみたいと思います。」

YSさん「はい…。」

店長「今の時点か、過去のどこか で
 ですけれど、手を使う、手で振る、特に、右腕を伸ばす
 そういうのを 遠慮している というか、
 ちょっと 躊躇しているように見えるんですね。
 理由までは分からないんですけど…。

 が故に ダウンスイング~インパクト が
 スムースに加速しておらず 物切れ状態
 のように見えます。
 スピードが上手く乗ってない感じ です。」

YSさん「おっかなびっくり ってトコロです。」
((スライスにさよならしよう_Moment(2)((スライスにさよならしよう_Moment(3)((スライスにさよならしよう_Moment(4)((スライスにさよならしよう_Moment(5)








店長「ボールを打つ手順を少し入れ替えてみましょう。」
    mixiチェック


店長「スイングで言うトコロの
 スライスとこすりには親和性がありますが、
 スライスは ヘッドの軌道とフェースの向き という
 大雑把に言えば 左右・横の関係 で
 こすりは 『上下』のヘッド軌道とロフトの向き という
 上下・縦の関係
です。

 ですので バンカーショットに限りませんが、
ロフトを開いて構える と
フェースを右に向ける は
 似ているようで まるで違うモノ なのです。

 どの位に開くと、どうなる、
 どの位 ロフトを開いた時、
 どの位の スタンスの向きになり、
 ボールの位置がここら辺 になる、
 というコトは あらかじめ 知っておかないと。。。
 勿論、個々で ですけれど、
 コースに出て いきなり トライするべき ではありません。
02_b
 普通の構え から
 自分の立ち位置、立ち場所を替えず
 『その場』で スタンスを開いてしまうと
 ボールは中に入る、右打ちであれば 右に寄る形に
 なってしまいます。
 この場合の スタンスを開く、オープンスタンスにする目的は
 ロフトを開くコト、使用するクラブの製品ロフトよりも
 大きい、増えたロフトでボールを打ちたい ですから
 右にボールを置くは それと反します。

 ロフトを開く、と フェースを右に向ける は 別なモノですが
 コト バンス角度に関しては 双方、開いた分、
 バンス角度は増えます。
 バンス角度が増えたモノを 右に置いて打つ、
 本来の打つ位置よりも手前、
 本来の打つタイミングよりも前の時期に当たる、
 のですから 跳ねたり、必要以上に地面に潜ってしまったり、
 シャンクする可能性も非常に高くなります。」

HNさん「うわ~。」
Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_MomentDesktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(3)Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(4)









店長「ですので 練習場にバンカーがあるのでしたら
 どの位ロフトを開くのか、
 そのロフトの開き具合に対して、どんなオープン度合い
 そして その場合は どんな立ち位置、ボール位置になるのか
 『あまり過度にしない範囲で
 知っておき、慣れてから 実戦投入 するべき です。」

HNさん「なにか目安はないんですか❓」

店長「基本ベースに、ですが、
 バンカーショットの距離感 は別として、
 通常のアプローチに近い、通常のショットに近い、
 構え、ボールの位置が基本です。
 ボールの状況、グリーンとの関係、距離、あごの高さ、
 砂質、など総合的に そのショットでは対処しきれない、
 どうしても オープンロフト、オープンスタンス が必要
 となった場合 スタンス、構え、ボールの位置
 が変わりますので、
難易度は跳ね上がります
 一般的なアマチュアゴルファーにとっては
 考えるべきコトは 特殊なシチュエーション の
 成功度はどの位なのか、
 普通の構え、ボールの置き位置で 他の迂回ルートは
 可能ではないのか、 というコトだと思います。

 ボールとピンの関係に対し、
 真っ直ぐ ピンに向かう意識ばかりでは
 ダメですよー
 というコトだと思います。


 勿論、娯楽、遊びなので 挑戦するのは構わないですけれど^^

 あえて ロフトを開く、オープンスタンス にする
 に挑戦するのであれば、
 これは家で出来ますけれど、
 サンドウエッジを普通の構え、リーディングエッジをそのままに
 増やしたロフト分、上げたい高さ分、スタンスを開く、
✋その際の注意点としては
 スタンスを開いた分、自分の立ち場所は
 ボールを支点に 後ろに下がっていく というコトです。

2021-05-19_23-05-25_Moment(3)
 プラス 忘れてはいけないのは
 その開いた構え の度合い分、
 距離感の割り増しが必要になる というコトです。
 
 構えが特殊になりますので
 怖いとは思いますが、強く、もしくは 大きく振らない と
 ボールが上に逃げる分、距離が届かなくなります。」

    mixiチェック

店長「アマチュアのバンカーショットの場合、
 打ち方、ボールのとらえ方 が 苦労や悩みの原因
 では 無い気がするんです。」

SNさん「え?! そうなんですか?!」

店長「私が、現場や練習場、あ 勿論 バンカーの、ですが…、
 見て気が限り では そう思うんです。

 例えば なんですが、
 プロの試合とかを 見ると
 多くの場面、多くの状況で
 プロは フェースを開いて構えますよね。」
244eb714












SNさん「そうですね。」

店長「〇フェースを開いて構える と
   〇フェースを右に向ける は
 似ているようで まるで異なります。

 フェースを開いて構える は
 ロフトを増やすモノ です。
 フェースを右に向ける は
 その言葉通り、フェースを右に向けます。

 前者は ロフトを増やして使うための
 ボールは普段よりも 右打ちの人であれば
 開いた分、左に置きます。
 後者は いつものボールの位置のまま、
 フェースを右に向けています。
 アマチュアのバンカーショットでは
 後者が多い、気がするんですね。

 それと 絡んで 似たようなコト なんですが、
 これも プロの試合 などでは
 スタンスを開いて、右打ちで言えば 左向きに
 ボールを置いて 構えることが多いと思うのですが、
 目標の打ち出し方向に対し、
 スタンスを開いて構える の正しい意味合いは
 ロフトを開いて構える と絡んでいるんですね。
 ですので ボールに対し、
 開いて(左を向いて)構える分、
 ボールを中心に、後ろに下がるコト になる、んですが…
 ✋…そうしないと ロフトを増やせませんから。」
Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_MomentDesktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(3)Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(4)







SNさん「アマチュア の場合、
 その場で 開いて構えている、と❓」


店長「バンカーショットの場合、
 全員がどうしているのか を見る機会が少ないので
 推測が入っているのは確か、ですが、
 バンカーショットに限らず、アプローチとか
 スタンスを開く、フェースを開く、
 そう言う場面での 対処を見る限り、  そうです。

 前日の記事の通り、
 地面が固いなど 特殊な場面を除いて
 ボールを打つコト に関しては
 こすり打ちであろうが、つかまえようが
 どちらでも OK なのが、バンカーショットです。
 確かに 力加減は特殊と言えば特殊ですが、
 それを除いて 打ち方そのモノ は『だいたい』
 で良いのです。

 ですので ショットとしての難易度は
 凄く高くはない訳です。
 にもかかわらず 苦手としている人が少なくない…。
 まあ 勿論、一般的なゴルフクラブ、
 特にウエッジ、ですね、
 あのヘッドの軽さとシャフトの硬さ では
 バンカーショットが腕力次第になるので
 難しくなる という伏線は強い のですが…。

 バンカーでのフェースを開く目的 スタンスを開く目的
 は ロフトを増やす為が主 です。
 つまり スタンスに対し ボールを左め、左め、
 に持って行きたいのですが、
 その場で フェースを右に向ける、
 その場で スタンスを開く(左に向く/右打ち)では
 その逆の ボールがどんどん中にはいります。中に入り易いです。
0e4d08811
 フェースやロフトを開く目的と離れ、
 単に状況を更に複雑にしている、難しくしている、
 と思うのです。
 クラブのせいは否めないんですが、
 バンカーショットを難しくしてしまう原因は
 打ち方よりも スタンスの取り方、フェースの開き方、
 つまりは 構え方・ボールの置き所 の方が大きいと思います。」
    mixiチェック

受講生「こすり球のメカニズムが見えてくると
 スイングでどうしたら良いのか というのも
 見えて来やすい のですね?」

葛谷2022816_Moment

店長「そうですね。

 現代は電子機器やネットのお陰で
 映像、動画などを とても簡単に扱うコトが出来ます。

 からだの回転は横の動き
 腕は縦の動き
 その複合がスイングである、
 と言うような 視覚要素から入ってしまう
 スイング造りにハマり易くなっています。

 こすり球はイコールスライスではありませんが、
 スライスのメカニズムが一つの答えです。
 
 スライス、ボールに右回転が入る、
 スライスはその数値が大きく、
 前進を阻んでしまうようなモノになる訳ですが、
 その仕組み、量は ヘッドの進路、進行に対して、
 どの位 ヘッドが右を向いていたか で決まります。
『ボールをつかまえる』スイングへ_Moment

 ヘッドの進路、クラブの動きよう その全容は
 からだの向き で決まる訳ですが、
 それに対し、impact付近のどの場面であっても
 フェースの向きは一定、
 フェースの向きは変化せず、
 そして ヘッドの軌道とは別なモノ であれば
 軌道と治すなり、フェースの向きを治すなり、
 もしくは ボールの置き位置などで
 修正したり、量を調整したりすることは可能です。

 からだの部位、の役割とすると
 ヘッドの進路は からだの向き が、
 そのからだの向きによって クラブに遠心力が加わる、
 特にヘッド部には大きく遠心力が加わりますが、
 その不可抗力が加わる、入っても、
 また それを利用しつつ
 ヘッドの向き、フェースの向きを一定にしておく、
 のが腕の、手の仕事 と言って良いでしょう。

 固定する訳では無いですが、
 移動、動きの中でも 一定にしておく、
 ジャイロのような仕事が腕の仕事だ
 と思います。」

受講生「ジャイロ。」

店長「そうですね。

 一方、こすりタイプ のスライスですと
 多くのコトが 腕の仕事。
 一定に半固定する つかまえ に対し、
 常時、軌道を、ヘッドの向きを変えることになります。
 軌道が変わればヘッドの姿勢、向きに、
 ヘッドの姿勢、向きを変えれば 軌道に、
 相互に影響し合いますから 安定し辛い でしょう。」
    mixiチェック


店長「重複するテーマになっちゃうんですが、
 こすり打ち と つかまえる の差は
 イコール 手打ち / からだの回転で
 とは限らないんですが、
 似た部分はあります。

 細かく言えば こすり打ちは総じて手打ちが多く、
 つかまえる側は からだの回転が多くなりますから
 この部分のスイング改造
 当然 こすり ⇒⇒⇒ つかまえ になるんですが、
 アマチュアの目指した方が良い スイング改造の根幹
 なのだと感じます。 」

受講生「動画で見ると ものすごく大きな差は
 見えないような気がします。」


店長「ですねー。
 インパクト付近の ボールのさらい方、拾い方の違い
 と言えば良いんですかねぇ。
 こする方は フェース、ロフトでボールの底を打つような
 感じになります。
 別な言い方をすれば ボールを自分の方に掻き込む
 ような感じになります。
 一方、つかまえる方は フェース、ロフトを円の外に向けたまま
 からだを廻すような…
 その感じが掴めないと 見た目と言葉『つかまえる』
 逆に感じるんじゃないでしょうか・・・。」
葛谷2022816_Moment

受講生「ですね。
 ボールを自分の方に掻き込む、フェースでボールの底を打った方が
 ボールが「つかまえる」感じ、 しなくもない気がします。」


店長「見た目の部分 で言うと
 同じように動いていても
 ダウンスイング後半、インパクト前になると
 ヘッド、クラブ、シャフトを下、ボールの方に振るようになる、
(ぶ厚い当たり 上から打つ~ボールをつぶす_Momentつかまえる の方は
極端に言えば ←この状態 のまま
からだを廻してしまえば良く、
遠心力によって 曲がった右腕が『伸ばされる』
のですが、
(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)こするショットの場合、
からだの回転を止め 右腕を伸ばすことで
ボールを拾いに行く
 というか
インパクト直前の円を
その腕さばき、『リリース』と言えば良いのか
で描いてしまっています。
ここが 最大の違い 分かれ目です。

 ですので そこ以外に大きな違いは見られませんが、
 一般的に、ですが、
 こするショットは その右腕の伸ばし『リリース』が
 打撃のメインエンジンになるので
 その動きをするための テークアウェイやトップ
 『ヘッドを降ろすための上げる』に
 なり易い傾向があります。

 また イコール ではないですが、
 腕のリリース をするには
 からだの回転を止めざるを得ず、
 止めないと リリースできませんから、
 この際、伸び上がり などが
「自動的に」付いてきたりもします。」
 ですので 結果的、にですけれど
 ボールを打つ 一番肝心な部分を
 腕とクラブを 半ばロックした状態で 向きを変えるのと
 逆に からだの向きを止め リリースで打つ
 ソコが 手打ちとからだの回転 の差
 に見えたりもします。」
 
    mixiチェック

店長「ただ これは勘違いして欲しくないですけれど
 つかまえるショット、
 ハンドファーストを維持したまま のようなショットでも
 普通にバンカーショットをする事は可能で、
 どちらがどちら を言うことはありません。

 バンカーショットの 一番の難点 は
 足場が緩い というコトです。
 ボールとヘッドの関係よりも そちらが問題です。
IMG_0002

 こすり打ち の方が バンカー向き と
 言えなくも無いですが、
 こすり打ち は スピンも少なく、打ち出しは高い、
 よく言う フワッとした球が出易い 傾向にあります。
 初っ端のボールの高さは取れますが
 ボールの飛距離、キャリーが稼ぎにくい ので
 実際の距離よりも かなり強く、大きく振る必要
が生まれます。」 

SNさん「通常の距離の3倍の距離感で✋
 って言われたりしますよね。」


店長「ですね。

 こすり打ちは からだの回転を止め
 インパクト直前で クラブを下に振る、
 ヘッドを落とす ような感じになります ので
 その作用として からだは上に伸びます。
 普通のショットによく見る『伸び上がり』ですね。
 ボールと自分との距離・空間を増やすような形 になるのですが、
 通常よりも 強く、もしくは 大きく振らなければならない
 こすり打ちでのバンカーショットは
 その足場の緩さ、足場の悪さ によって
 姿勢制御が難しくなる、と言う側面もあります。」

SNさん「ホームランしてしまったり、
 くぐり過ぎて、バンカー内に着弾 って奴ですね。」

sibunoap
店長「そうですね。

 こすり打ち、つかまえる通常のショット、
 その二つは 打ち出しの角度、スピンの量、スピンの掛かり方、
 飛距離も異なります。

 また そのショット感が 通常のショットへの影響
 もありますから
 普通につかまえるショットの出来る方は
 つかまえるショット のまま、
 ボール位置やスタンスなどで対応する方が良いと思います。」

SNさん「どんな風にですか❓」


店長「バンカーでは 状況や距離によって異なるので
 ものすごくアバウトな距離感… ですが、
 普通のショットの 倍なり、3倍の力加減 になりますから
 実際のその見た目の距離を打つ のではなく
 その力加減分のスタンス幅を取るコト。
244eb714

 何を言っているか というと
〇ボールと自分との距離感を『詰め過ぎない』
 しっかり 距離を取る(ボールから適切に離れる)コト✊
〇見た目の距離ではなく 振る加減のスタンス幅を確保

 上記の スタンスと同じなのですが、
 グリーンサイドのバンカーショットは
 打たなければいけない距離が短いです から
 つい その見た目の距離感に応じた スタンスなり
 ボールとの距離感になってしまいますが、
 打ち具合、振り具合、力加減に応じたモノ と
 考える方が良いと思います。

 ボールとの距離感に関しては
 バンカーショットでの ショットの抜け は
 意外にも インパクト時に ライ角度の残り具合
 で決まりガチですので
 ボールとの距離感が詰まり過ぎていて
 トゥダウンがかかり過ぎると ヘッドが抜けず
 ホームランになったり ざっくりになったり
 し易くなります。」
    mixiチェック

これはもう スイングの行動原理と呼べるほど
基本、基礎 とも言える部分ですが、
スイングは 傍から見ると 円を描いています。
漆畑2018_Moment

円のイメージには シンメトリー、左右対称性
 をかなり強く内包しています。 
ですので
 右を向いて、もしくは 右で なになに
 左を向いて、もしくは 左で なになに
と 左右対称にする為、何かの行動をしたく成りガチ!
 だと思います。

スイング動作に当てはめてみると
 右を向いて(右で) テークアウェイ、ダウンスイング、
 左を向いて(左手) フォロー、フィニッシュ、

に該当するのですが、
それらの「動作」は主に 腕の振り になると思います。

 右を向いて(右で) テークアウェイ 👉上げる
 右を向いて(右で) ダウンスイング 👉下げる
 左を向いて(左で) フォロー    👉上げる

ですので 縦の腕振り と 横の体の向き という
ふたつの動作の合体 という 混沌 を生むコト
 になります。

円の左右対称性 とも結びつき易いですから…。

しかし、
ゴルフクラブの縦横上下左右、前後の非対称性
  数度の違いによる 打球、距離、方向の差
とゴルフスイング動作を結び付けて考えると
その「結果として」 円を描くことになるスイング動作は
単に 
右を向いて~左を向いて という
 向きを変えているだけに過ぎない
 が原則です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)









そこに 縦であっても、横であっても
 腕の振りは 積極的には介在してきません。
 
確固たる動作 として 腕の上げ下げなど無い
 に近いのです。

チョット強引ですが、言ってしまえば
 からだの向きの変更、がゴルフスイングそのもの
 だというコトなのです。

✋向きの変更の中が 前傾姿勢を持っている というコト
✋クラブの構造が 自分の方に鎌首をもたげているコト

が 「まるで 積極的に、腕をあげたり、さげたり」
 しているように見せているだけで
 腕の振り は スイング動作のオマケ と言っても良い程です。



で、すごく長い前置きの上での 本題 ですが、
ですので 打撃準備 としての 右向き
 テークアウェイ、トップをもう一度考えて欲しい
 のです。

弊社では オジサンおばさん向きに
股関節を境にした、骨盤よりの上の胴体そのものを
足を中心に向きを変えるコト を薦めていますが、
肩で廻っても 反対は出来ません。
✊胴体を捻りますので 高齢者向けではない です。
また、誰しもが高齢者になることを考慮すると
慣れれば、忌避感の少ない 胴体ゴトの方が良いと思いますが、
例え 肩を廻す であったとしても
⇩⇩⇩ こうではない ⇩⇩⇩ というコトです。
スナップショット 2 (2015-03-12 14-57)スナップショット 4 (2015-03-12 14-58)














これは 単に腕を振っているだけ…
 腕を下げるための 腕をあげているだけ
 腕を振るための準備をしているだけ

肩であったとしても、胴体であったとしても
 
✋右向きがありません。
右向きが無い のが 問題なのではなく、
スイング動作を 腕を振るコト と言う感覚(イメージ)が
この テークアウェイ を造っています。
👹素振りなどで 形だけの右向きを造った、練習したとしても
いざ ボールを打つ となると
 自分のボールを打つ行為の主に 腕の振り、腕の上げ下げ
 がある限り、必ず この準備に戻る というコト です。
    mixiチェック

『からだの回転で!』という言葉が
多くの方に スイングに悪い魔法をかけてしまう…
 カラダで、カラダで、と思うほど
 「結果」として 手で振るコトになってしまう…呪縛
という 木乃伊取りが木乃伊になる のが
少なくない……と思います。
 とは言え 手で振るのに良いことは多くありません…。
 クラブの機能が活きて来ません…から。
ee6bd45f

私達 オジサンおばさんは訓練は苦手^^ですから
感覚、イメージ、よい思い込みでなんとかしてしまいましょうー 
良い思い込みで 劇的にスイングが改善することは多くはないですが
間違った」思い込みはかなり大きく影響を、
 望ましくないクラブ扱いを形成してしまうのは確か
、です。

(モノ凄く何度も書いたテーマですが、
 それほど このイメージが悪影響を与えている と思っています)

からだの回転でクラブを動かすイメージを持つと
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)
右向いた自分が左を向くと
クラブも 180度反転するモノ と思い込んでいる人が多いと思います、
が、クラブは長さもあり、先端に特出した重さのヘッドがあり、
それが運動、移動によって 速度の二乗分、重くなるので
実際、事前のイメージはこうであったとしても
結果、としては その重さ分 こうなります。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




 
ボールを打って以降、インパクト以降
 スイング動作は収束に向け、減速、停止に入りますが、
 クラブやヘッドには 慣性、惰性が残っているので
 打った後、手を追い抜くような形にはなります。
 が、それはショットのオマケ、インパクトの惰性 です。

ゴルフスイングという 回転する動きが入る
「ややこしさ」ではありますが、
事前のイメージ通り クラブを180度反転させる、
コトを実際に行うと
93e9da7e-s6423ac38-s81b16761-s





こうせざるを得なくなり、
これをするには 本来、動きに対し 一番遅れる、
その重さ分 あとからついて来るモノを
動きの先頭に出さなくてはならなくなりますから
「カラダ」「左サイド」「左グリップ」を止めざるを得ません

打ち終わった後、確かに グリップ・手は
慣性の付いたヘッド・クラブに追い抜かれますが、
それはオマケであって、(ここがややこしいよね)
ボールを打つ 行為 とは直接関係にない、
その 追い追い抜くコト、追い抜かれるコトでボールは打たない のです。

ゴルフのスイングで言う回転、
カラダの向きを変える動きは
ヘッドの付いたゴルフクラブの
 グリップ部を多く、出来るだけ速く移動させることで
 それにヘッドがつながっているに過ぎません。
 からだの回転による グリップの移動よりも
 「距離」としては 重さ分 ヘッドの方が少なく動く
 と考え スイングを、クラブの動かし方を考えるべき、です。
MVI_0667Trim(2)Trim(2)_Moment(3)MVI_0668Trim(2)(2)_Moment(3)








ソコのイメージミスはかなり決定的に
 クラブの動かし方に影響を与えるを思います
    mixiチェック






    mixiチェック

店長「一般的に スイングを造る、スイングを覚える、
 にあたって、ボールを『ゴルフクラブでつかまえる』を前提に
 スイングを造ろうとしている人が少ない気がします。」

受講生「どういうコトです❓」

店長「ボールを打つ、ボールを移動させる は
 つま先でボールを蹴っても、
 野球のバットやテニスラケットでボールを打っても可能です。
IMG_0526

 『ゴルフクラブ』でボールを打つ というのは
 当然ですけれど、ゴルフクラブの機能を活かして打たない
 意味がない訳で、
 ゴルフクラブの 長さ と ロフト は
 基礎的なゴルフクラブの機能です。

 ボールをつかまえる は そのクラブの長さとロフトを活かし、
 個々のクラブの長さなり、ロフトなり にボールを打つコト です。

達人のココから盗め_Moment(5)

 逆に言えば、ボールをこすって打つ 方法は
 クラブの個々の長さを無視し、ロフトも無視して
 打ってしまっているので とても勿体ない 訳です。

 一般的には ロングアイアンよりも ユーティリティクラブ、
 ユーティリティ よりも フェアウェイウッドの方がやさしい、
 ボールを上げ易い とされるのは
 重心位置が深く、インパクトロフトが付けやすい のと
 入射角度が緩くなり易い が理由なのですが、
 こすって打つ打ち方では 必要以上に緩い入射角度 にして
 しまうので 入射角度がなくなり、あおり気味、しゃくり気味に
 ボールに入ってしまうので
 その重心深度を形成している ソールの奥行きが
 地面に干渉してしまう という パラドックスな訳です。」
411BK-5

受講生「フェアウェイウッドがあまり好きでないアマチュアは
 多いと思います。」


店長「ドライバーに比べ フェアウェイウッドの方が
 シャフトが硬い場合が多い と言うのも要因の一つだと思いますけどね。

(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)

 アプローチの場合 なんかは
 『スピンを掛けよう』として
 元々 ロフトの大きなウエッジを
 より丸く振ろうとして、緩く入射させてしまい
 打ち出しは高くなるけど 逆にスピンは減る という
 こすり打ちをワザとしてしまう というギャグのような話し です。」

受講生「あるある、ですね。」
    mixiチェック

ゴルフショット・・・
確かにボールは地面に置かれていて
視覚的な印象、ではヘッドの一番高いところ 2mを超える高さから
地面に入ってきます。

スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)


上がったものを下げなければ
地面にあるボールは打てそうもない・・・
 もっともな話です。

しかし、高くなっただけのヘッド。
傾きがあって、右を向くことによって
上げた訳でなく、高くなっただけのヘッド  は
傾きが維持され(ある意味、自動的に) 右向きが解け
正面を向けば(左を向いていく過程としての正面)
ボールにヘッドは届く! のです。
スナップショット 3 (2012-11-23 12-01)

ちょっとややこしい話ではあるのですが、
左サイド  左の股関節の前傾が残れば、
存在すれば、必ずボールにヘッドは届きます。

しかし、ヘッドを、シャフトを、クラブを、
地面に有るボールに届かせようと、下に振れば
反応として…多分、防衛反応だと思うのですが、
必ず前傾姿勢は失います。
(多分、地面に下がるヘッドの量の経験的調整でしょうね)

前傾姿勢を失うから、下に振らなければいけないのか
下に振るから、前傾姿勢が失われてしまうのか
それは その人、その時それぞれだと思いますが、
兎も角、左股関節の前傾さえ残れば、ボールには届きます。

ヘッドやシャフトを下に振る動きをせず、最低限
傾きなりな(テークアウェイ~ダウンスイングは左サイドが低い)
シャットが存在すれば、クラブの重さが
左下に懸かりやすく、前傾は意識しなくとも
維持されやすくなります。

しかし、下に振れば 前傾は消えます。
下に振る意識のあるゴルファーは
それをするために、下に振る為のテークアウェイを
取りますから、その時点で前傾を失う準備をしているとも言えます。

上から打つ
と言う気持ちは分かります。
しかし、ボールに当たるのはフェースです。
ご自分の下振り、下に向かって振っている
それを直ぐに取り止める と言うのはやさしくない
かも知れませんが、せめて、フェース面が下に向かっている時
にボールと当たるイメージを持たないと
今の状態では、重力に対して
ソールでボールを打つために下に動かしているのと
同じになってしまいますから
下に振っている分 プラス ロフト角度 の影響が
ボールに加わってしまい、距離には成りません。

前傾がある限り、ボールはベルト~股関節の高さ
に有るのです。前傾が維持されるような
特に左股関節の前傾がインパクト時期付近まで維持されるような
クラブ使いをすれば、下に振らなくとも
地面に有るボールをさらうことが出来るのです。

そして、誤解を招きそうなので 付け加えておきますが
こんな解説をすると、インパクトを作ろう
正面を作ろうと 手先に意識が集中してしまう
と思うのですが、基本、地面に有るボールは回転するから
拾う、というか さらうことが出来るのです。
視覚的にヘッドの高さが上下に動くコトの
主エンジンは回転することに有るのです。
    mixiチェック


細かいトコロを除けば
 🔴スイングは クラブを持った自分が向きを変える
  クラブを振りまわして 円を描くのでは無い
 🔴打った後、クラブの慣性をリリースするけど
  それが 打撃のメインエンジンでは無いですヨ
 🔴ボールはロフトで円の外に打ち出す/弾き出すんで
  円の中にかき込んでは 飛ばなくて、難しくなる

そのポイントを押さえる、のなら
 それを手でやるのもない訳では無いです。

ショットの科学 を考えると
 クラブと腕は概ね固定し、からだで廻った方がベター
なのは確か…なんですが…
【イメージ】倉本昌弘 スイング集_Moment

ある年齢
(人によってそれぞれですが)を超えると
 からだをねじるのが本能的怖くなります。
 からだが硬くなる と言ったらいいでしょうか…。
そういう意味でも 若者と呼べない年齢の私たちは
 足中心で、胴体 だけでなく
 からだ、自分自身ソノモノの向きを変えちゃった方が楽です。

手で振る、多少はいいですけど
 その量が大きくなると 胴体を捩じる必要性が強くなり
 テークアウェイの右向き、以前に
 テークアウェイそのものが取れない程 からだを捻じれなくなります。
 硬い、怖い、痛い なんです。

また 手で振るには 腰を先行して、胴体のねじれを作る
 ダウンスイングが必要になります。
 これも やはり怖い、特に速い動きが怖くなります。
 本能的に拒否するトコロがあるんだと思います。
ゴルフスイングの場合、好き嫌いに関わらず、
 ダウンスイングで胴体のねじれはあるのですが、
 それを極力減らし、無くした方が 加齢による飛距離ダウンは
 防げると思います。

距離を出す、方向を安定させる、ミスの確率を減らす、
これ等を両立するのには
特に 🔴ボールはロフトで円の外に打ち出す/弾き出すんで
  円の中にかき込んでは 飛ばなくて、難しくなる

この部分に関しては アプローチやハーフショットで
 みっちりやった方が良いと思います。
 
 ✋✋ロフトの大きいクラブの その見た目に騙されないように。
この 円の外に弾き出す、円の外に打つ 感覚が掴める
 そのものが アプローチの向上になると思います。
2021-04-17_15-32-27_Moment(2)

ゴルフクラブのロフトは 推進力、
 この場合はボールスピードになりますが、
 この推進力をロフト角度によって 意図的にロスさせています。
 打ち出し角度や回転に化けさせています。

 ロフト角度が大きくなる程、勿論 ロス率は増えるのですが、
 相手が球体であるが故に あるロフト、だいたい45度を超えると
 そのロスは角度なりに倍というより、二乗倍になるような感じです。
 例えば 40度のクラブの飛距離と 80度のロフトのクラブは
 単純に半分か というと
 ロフトが80度(超難しいですが)になると ロス率が大きすぎて
 当たっても 40度のクラブの 1/10も飛ばない可能性も出てきます。

🔴ボールはロフトで円の外に打ち出す/弾き出す
 の感覚が掴めると バンカーなどで
 逆に わざと ロス率の増える 円の中にボールを掻き込む
 そういう感じも同時に掴めてくる可能性が高いです。
 👉無理にやる必要はないですがね。
    mixiチェック

店長「話は こすりとつかまり からは
 少し離れてしまうのですが、
  クラブを短く握る、握れ、というのがあります。
ドライバー入射角度

 単純に考えると 短く握る~クラブが短くなる
 は ヘッドスピードが落ちて 飛距離が落ちる、
 と思われがちですが
 1インチ 2.5cm短くなって 変わるヘッドスピードは
 0.6㎳強です。 1㎳は変りません✋
 グリップで言うと 指2本分位です。
 2インチ 5センチ 指4本、手のひら分 で
 1.5㎳弱です。
 コンスタントに「当たる」と仮定して
 ドライバーの飛距離で言うと 7~8ヤード、
 アイアンであれば 5ヤード以下、
✋短く握るコトが ヘッドスピードに影響がない
 とまでは言いませんが
 当たりによるズレ の範疇-程度です。
 『ヘッドスピード』による 距離への影響は大きくありません



 で、なにが「クラブを短く握った」時 なにが作用するか、
 というと ヘッドの進入角度、入射角度 です。


 例えば ドライバー ですが、
 まったく 同じヘッドスピードでボールに当たった、
 と仮定して
 ドライバーの場合、 『フェースのどこに当たった』
 で 良し悪しを判定しがち ですが、
 自分にとっての 理想的な入射 と インパクトロフト
 によって 飛距離はかなり差が出ます。
 例え フェース面状の打点がほぼ同じ だった としても、です。
 平均ヘッドスピード 37㎳ 位の方で
 20ヤード以上の差がある と言って良いです。

 現代の市販のドライバーは 長尺 45in以上が多め です。
 フェースローテーションの強いゴルファーは
 元々、入射角度がゆるめ、
 場合によっては やや強めのアッパー…
 ですので あまり相性はよくありません。
 👉それが より強調されてしまうから です。

 ドライバーは 縦のスピンが少な目、
 多くて3000cpm 少ないと三桁の回転になってしまい、
 ちょっとした 横回転に過敏に反応します。
 ロフトの多くないドライバーを アッパーに振り過ぎる と
 (打ち出しが高く/スピンが少ない)
 本来は 曲がらない程度の横スピンでも
 大きく曲がるようになってしまうのを防ぐため、
 少し短めに持ち、アッパー度合いを緩める
  と言う対処を取られる方もいます。
 
クラブ別スペック
 フェアウェイウッドが苦手、長物が苦手
 としている方の多くが、
 長いモノになると 煽って、しゃくって、
 入射角度とすると アッパー気味に入ってきてしまう点で、
 特に フェアウェイウッドのように
 ヘッドに奥行きがある場合に
 そのアッパーの加減にもよりますが、
 ソールの後ろ側、アイアンで言うとバンスのような部分 が
 地面と干渉し易いので ダフリ、やダフリチョロ、トップ に
 なってしまうことが多々あります。
BlogPaint
 短く握りますと アッパーであったとしても
 その度合いは薄れ、ヘッドの尻もちを回避出来たり
 する訳です。


 これは ウエッジを使った アプローチでも言えます。

 その対処は 経験の多い方ほど理解されていたり しますが、
 現在は 弾道計測器などにより 簡単に判別が可能ですので
 自分の 入射角度『傾向』を知っておくのは
 実は良い スコアメイク、現場での対処法になります。

 多くの方が ヘッドの軌道 というと
 インサイドアウト とか、アウトサイドイン とか
 ざっくり言えば 横方向の軌道ばかりを気にしていますが、
 コト スコア、アマチュアのスコアに関して言えば、
 トップ、ダフリ、チョロ、
 距離で言えば オーバー、ショートなど
 ヘッドとボールの縦のミス、 距離の縦のミス、
 の方が 影響は大きい
 と思います。」
    mixiチェック

店長「重複するテーマになっちゃうんですが、
 こすり打ち と つかまえる の差は
 イコール 手打ち / からだの回転で
 とは限らないんですが、
 似た部分はあります。

 細かく言えば こすり打ちは総じて手打ちが多く、
 つかまえる側は からだの回転が多くなりますから
 この部分のスイング改造
 当然 こすり ⇒⇒⇒ つかまえ になるんですが、
 アマチュアの目指した方が良い スイング改造の根幹
 なのだと感じます。 」

受講生「動画で見ると ものすごく大きな差は
 見えないような気がします。」


店長「ですねー。
 インパクト付近の ボールのさらい方、拾い方の違い
 と言えば良いんですかねぇ。
 こする方は フェース、ロフトでボールの底を打つような
 感じになります。
 別な言い方をすれば ボールを自分の方に掻き込む
 ような感じになります。
 一方、つかまえる方は フェース、ロフトを円の外に向けたまま
 からだを廻すような…
 その感じが掴めないと 見た目と言葉『つかまえる』
 逆に感じるんじゃないでしょうか・・・。」
葛谷2022816_Moment

受講生「ですね。
 ボールを自分の方に掻き込む、フェースでボールの底を打った方が
 ボールが「つかまえる」感じ、 しなくもない気がします。」


店長「見た目の部分 で言うと
 同じように動いていても
 ダウンスイング後半、インパクト前になると
 ヘッド、クラブ、シャフトを下、ボールの方に振るようになる、
(ぶ厚い当たり 上から打つ~ボールをつぶす_Momentつかまえる の方は
極端に言えば ←この状態 のまま
からだを廻してしまえば良く、
遠心力によって 曲がった右腕が『伸ばされる』
のですが、
(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)こするショットの場合、
そこから 右腕を伸ばすことで
ボールを拾いに行く というか
インパクト直前の円を
その腕さばき、『リリース』と言えば良いのか
で描いてしまっています。
ここが 最大の、鍵になる違い です。
 ですので そこ以外に違いは見られませんが、
 一般的に、ですが、
 こするショットは その右腕の伸ばし『リリース』が
 打撃のメインエンジンになるので
 その動きをするための テークアウェイやトップに
 なり易い傾向があります。

 また イコール ではないですが、
 腕のリリース をするには
 からだの回転を止めざるを得ず、
 止めないと リリースできませんから、
 この際、伸び上がり などが
「自動的に」付いてきたりもします。」
 ですので 結果的、にですけれど
 ボールを打つ 一番肝心な部分を
 腕とクラブを 半ばロックした状態で 向きを変えるのと
 逆に からだの向きを止め リリースで打つ
 ソコが 手打ちとからだの回転 の差
 に見えたりもします。」
 
    mixiチェック

✅L型ブリストル ㊧あります✋
IMG_0576




Q:ヘッド重量480gと聞いていますが、
L字型特有の厚みのない形状 なのでしょうか
 全体のサイズ感を教えてください。


A:ヘッド素材は S15C 軟鉄の中でも柔らかい素材ですが、
 比重はごくごく普通の鉄 と変わりません。
 その素材で 通常のパターヘッドの 1.6倍 の重さを造るには
 厚く、高く、大きなものにするしかありませんが、
 ネックの高さにはルール的な制約があります。
 
 パターの形状は 心理にとても大きく影響しやすいので
 落ち着いた 安定した形状が必要ですが、
 だから と言って 大き過ぎるのは 格好悪いでしょう。
 (1986年マスターズ優勝時の ジャックのパターには吹きました)
 全体のバランスを考え 形状を造りました。
IMG_0571
 まあ パターの形状を比較すると
 このパターの特徴が良くわかるかも知れません。

 ボールが良く飛ぶ、良く転がるのは
 確かに  300g強の一般パターヘッドと 480gの重量差
 そして シャフトの柔らかさ もあると思いますが、
 一般のパターは パターヘッド下部に重量を集め過ぎています
 俗に言う 低重心化 ですが、
 ボールを上げる必要のない パッティングに 低重心化 深重心化 する
 意味合いが私には見えません。

 重くする為、ヘッドがでかい! はスマートではないですし
 より良い転がり、より良いライナーを求めるのなら
 許せる限り 高重心化 するべきではないか と思い
 高重心になり易い ネック部に重量を重点的に…と
 この形状にしました。
IMG_0567


 好みの問題もある とは思いますが、
 最近のマレットの 低重心化、深重心化したパターは
 その重心の意図は 設計者になにがしかの考えが有ってのこととは思いますが
 構えた時に どこにヘッドの引かせるのかイメージしにくい
 パターストロークの動きが把握し辛いデザインに感じます

 引く、動かす、移動させるイメージをさせやすい
 パッティング、ストロークに迷いが出てしまいにくい形状にこだわりました。
IMG_0568
 『転がす』にこだわった重心配分、重量、シャフト
 構えやすい、安心できる形状
 既にロングセラーになっているだけのコトはありますよ。


Q:グラファイト(カーボン)シャフトを採用していますが なぜ ですか?


A:ハミングバードでは 特に スチール/グラファイト に対する
  こだわりはありません。

 パターだから だけでなく、アイアンやウッドに関しても
 オジサンゴルファーによって 楽! 簡単! スイング覚えやすい!
 モノであれが どの素材でも良いと思います。

 日本のゴルファーの特徴なのか、どうかは調査のしようもありませんが、
 素材に対するこだわりがとても強い気がします。

 スチールだから どう・・・ とか、 カーボンだから どう・・・だとか
 この二つにシャフトとしての性能差はありません。
006
 素材としての特徴 ですが、
 スチール素材の最大の利点は 工業生産性が高いコト!
 つまり 同じモノが大量に安価で作り易いコト です。
 そして 最大の弱点は 単一素材であるが故にレパートリーが多くないコト です。

 ✋意外に思うかも知れませんが、
 スチールとカーボンでは 圧倒的にカーボンの方が「強く作れます」
 ですので 軽く造る限界も 柔らかく造る限界も スチールの方がすぐそこに…。
 造れない というコトです。

 一方、カーボン素材のシャフトは 形状の制約、外径内径の制約 以外
 かなりの自由度があります。 カーボン自体 元々アクリルを焼いたモノなので
 軽いですから 逆に重くする時 内径が取れない という制約の為
 重くする限界が有ったりします。

 ブリストルパターでは パッティングもショットと考えの元、
 出来るだけ小さく、出来るだけ少なく、出来るだけゆっくり であっても
 必要な距離を打てるようにする方が 簡単、 楽 と考え
 より転がりの良い、より遠くに飛ぶパッティング になるような
 シャフトの柔らかさを求めた結果、グラファイトに行き着いたに過ぎません。
 (カラーは傷の目立ちにくい ガンメタリック 黒に近い灰色のメタリックです)

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

    mixiチェック

Rさん「手で振らない感じを教えて貰いたいのですが…。」
会田20210701_Moment

店長「そうですねー。
 手で振っても大丈夫なのは
 やっぱり 若い時だけですからね、
 私たちの年齢だと 腕立て伏せとか、懸垂とか
 出来ても 回数とか、長時間とか もちません。
 
 歩くこと に関連する脚力は
 腕力に比べると 耐久性もありますので
 出来るだけ そちらにシフトしたいですよね。」

Rさん「はい。
 中途半端な からだの回転 って
 ヘッドを返していない分、つかまりが悪く、
 スライスになって 飛ばないので 悩みます。
 手でヘッドを返せば 飛ぶのですが、
 持続性は乏しいですし…。」


店長「あと 最近のゴルフクラブ、
 そして ボールは 低スピン嗜好が強いですので
 ロフトも減ってしまう ヘッドターン は
 飛距離につながり難いですし、
 昔のスライスと同じように 大きなミスになります。」
Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

Rさん「ほんと…ソレ…。」

店長「悶絶クラブ使用者は 耳タコ かも知れませんが、
 まずは 基礎概念として
 『ヘッドはグリップを追い越さない』という
 意識はとても大切だと思います。」

Rさん「最近、分かり始めてきました。」

店長「スイング動作って
 当然、終わらなければなりません。
 回転するにしても 永遠にくるくる回る訳にはいかない、
 ですので スイングの終了に伴って
 動作の減速、停止、するんですが、
 その際に、速度の上がっていた クラブ、そしてヘッドには
 まだ 運動の慣性が付いていますから、
 結果、グリップ を追い越すコト になるんですが、
 そこは 『打った後』の話し で
 それは 『打つコト』そのもの ではないんですね。」

Rさん「はい…。」

店長「ですので 打った後、打った間際 で
 ヘッドが先にいく  のは構いません。
 無理に止めると 手首や肘を傷める可能性があるので
 そこは 自然に流してしまうべきでしょう。

 蛇足ですけど、硬いシャフトだったり
 軽いヘッドだったり すると
 フォローが出ない、フィニッシュに行き着かない、
 って言うのがありますけれど、
 悶絶クラブですと それは無い、
 良くても 悪くても 無理やり フィニッシュに行かされます。
 それを止めたら 痛めちゃいます。

 笑い話ですが、実際、過去に
 それをデモンストレーションしようとして
 痛めた方がいらっしゃいます。


 ですので 『ヘッドを走らせよう』
 なんて言葉に踊らされないようにしないとイケマセン。」 
    mixiチェック

IMG_0075

IMG_0078
 #3.4.5. 中空モデル
 素材 SC25C
 ロフト角度 22/25/28
 重心距離 36.3~36.8㎜
 重心高  18.7㎜
 重心深度  6.4㎜
 👉#3 ソール幅 26㎜
 (参考 ゼクシオ-11 25㎜/#5)
IMG_0077
 #6.7.8.9.PW. マッスルバックモデル
 素材 SC20C
 ロフト角度 31/35/39/43/47
 重心距離  37.7㎜~
 重心高   20.6㎜
 重心深度   4.1㎜
 👉#6 ソール幅 23㎜
IMG_0079

IMG_0076
IMG_0084
IMG_0082
    mixiチェック


店長「手首で弾くタイプのパッティングは
 門外漢なので なにも解説できませんけれど、
 弊社推奨の刷毛塗 であっても
 ごく一般的な ショルダーストローク
 であっても パターが得意、好きか、
 苦手、嫌いか の分かれ目 は
 まさに スイングの悩みと同じなんですが、
 左手の止まり にある と思います。

Jさん「左手の止まり ですか❓」
店長「はい。ショルダーストローク、振り子でもそうですが
 分かり易いので 右腕の伸ばしの『押す』で考えてみましょう。

 本来、パターは転がす のでなく
 ボールを移動、水平移動させるコトなので
 球体のボールを弾いて打つ必要はありません。
 パターヘッドで押せば良い訳ですね。

 ですので
〇パターを持った 左手を右手の伸ばしで押したい、
〇もしくは 左腕の移動が主エンジンでパターを動かしたい、

 やや 斜め上気味から 直線で押す形 になるのですが、
IMG_0031_Moment

 右手の動作に対し、左腕、左手が止まってしまうと
 右手の押しやショルダーの動きが
 クラブを持った左手を動かすのではなく
 クラブを動かす事になり、
 ヘッドが急上昇、場合によっては左に切り込む、
 ヘッドの弧が縦にあがってしまいます。

 ショルダーストローク、振り子の場合、
 とても良くあるコト、プロの試合でも見かけますが、
 ショルダーストロークそのものでボールを打つ終わらず、
 結局、手首の返し、跳ねで打ってしまう、
 手首の跳ねを使う時には
 左サイドは『既に』ボールから遠ざかっているので
 止めておかないと 届かなくなってしまう
 自分では ショルダーストロークしているつもり なのに
 結局は手さばきでうつ典型的な例です。
IMG_0030_Moment(2)
 それでは ボールが跳ねてしまったり、
 良い回転にならないばかりか
 狙ったラインにも乗りません。

 とは言うモノの プロのように
 パターの練習を毎日30分以上なんて やると
 我々では 直ぐに腰など壊れてしまう…
 👉プロの故障もココが原因多い程ですから。

 ですので グリップで治しましょう。

Jさん「パターのグリップ(握り)ですか❓」

店長「はい。
 通常のショットに比べ、運動と言うほどの行為
 ではないので 違和感も少なく、
 グリップだけを慣れるのは比較的、楽かと思います。」

Jさん「クロスハンドグリップですか❓」

店長「いえ、クロスハンドグリップでは
 どこで距離感を作るか、にやはり練習が必要ですので
 今となって クロスハンド に変えるのは
 かなり無理がありますから 除外します。
(((逆オーバーラップ_Moment

 おそらく…ですが、
 多くの方は 普通のクラブを持つ握り、グリップのまま
 パターを持っている と思うのですが、
 その握りが パッティングをかなり大きく左右する、
 と言っても過言では無いと思います。」
    mixiチェック

店長「すごく 基礎的なトコロに戻って
 テークアウェイを考えてみましょう。」

Kさん「はい。」

店長「スイング用語として
 テークアウェイ、テークバックを『上げる』
 ダウンスイングを『降ろす』と言いますが
 その 『上げる』に囚われているコトが少なくありません。

 アドレスのクラブや腕の状態のまま、
 からだを廻しても
 クラブや腕が長いまま、なので
 上手く周れない、速く周れません。
 IMG_0294_Moment(3)
 ですので テークアウェイでは
 実は『上げている』、クラブを上げる ではなく
 腕も含めたクラブを 回り易いように 短くする、たたむ
 と考える位で十分で
 要は クラブは『意識的に』上げなくても良いんです。
 
 実際、からだを向きに向けるだけ で
 ある程度、必要最低の ヘッドの高さは確保出来ます。

 上げる意識は 兎角、ヘッドに行きがちで
 ヘッドや、グリップを動かしたくなる。

 でも 簡単で、重圧の中でもやり易いのは
 フットワーク、、、 この場合は
 左右の膝の位置の入れ替え、移動 と考えても良いかも知れませんが
 フットワークで からだ、おなか、秀二を
 右に向ければ良いだけです。

 アプローチなんかは 膝の入れ替え みたいな感じで
 十分打てると思います。

 遠くに飛ばすには たくさん上げたくなる気持ちは
 とてもよく分かるのですが、
 クラブを捻じって、開いて上げてしまうと
 速度をあげても 距離にならず、
 距離も安定しない、一定に成り難い、
 スピンや高さになってしまったり
 ミスの確率も増えてしまいます。
IMG_0294_Moment(4)
 原則的には からだの傾き分のシャット、フェースの下向き、
 ヘッドは上げているのではなく
 からだの回転をし易くするために
 クラブを収納、格納、短くしているに過ぎない、
 と考えて良いと思います。」

Kさん「肩を廻す意識は要らないのですか❓」

店長「足、ひざの向きや両膝の位置関係の変更 で
 右を向けば その上に乗っかっているモノは
 すべて (右打ちの場合)右を向きます。

 肩を廻す は 悪くは無いんですけど
 その意識が強いと 頑張ろうとして
 腕を振って、肩を廻そうとする、
 本末転倒、反対になっちゃう訳ですよ。
 コレって ものすごく多いんじゃないですかね…。
 
 また 肩を廻す限界って 背中のひっつれ感 というか
 張りですよね、  それも 腕を横に動かせば
 早く感じられてしまいますから 間違いに走り易い。

 ですので フットワークで
 お尻、骨盤を廻す方が良いと思います。
 
 短い距離で 感覚的にヘッドは上げない、
 膝の入れ替えだけで 打って実感してみるといいかも です。」

Kさん「アプローチはこれで 行けるかも知れません。」

店長「ロフトやヘッド姿勢変化が少ないので
 慣れれば 同じ距離を打つのに適していると思います。」
(キャスト_Moment

 コレ あまり知られていないんですけど、
 。。。。ちょっと下品な話し…ですが……
 スリムな人はいいんですけど 少し太り気味、
 まあ 私たちの年齢だと多くの人がそうかもですけど、
 男性プロだけだと思いますけど
 夏の暑い盛りは 股 に ワセリンを塗るんですね。
 全員じゃないでしょうけど 太っている人は多いですね。
 でないと 汗で引っかかって 自分の 〇玉を 股で挟んで
 大変なコトになったりするんですよ。
 その位 股関節 を締める
 そんな感じなんですね。」
    mixiチェック

店長「ちょっと 今回のテーマから横道 に逸れるのですが
 このデータから 色々と面白いことが見えてきます。
クラブ別スペック
 一般的に フェアウェイウッドははらって打って
 アイアンは上から打つ
 みたいに言われる訳ですが
 3番ウッドは 43インチ 幾ら欧米の選手が含まれる とは言っても
 女性の身長からするとかなり長尺に相当しますから
 こうなるのは仕方ない ですが
 →入射角度 -0.9 ほぼレベル ですね


〇41.5~42.0インチクラスの 7番ウッドの入射角度が -3.0 度で
〇37.5~38.0インチクラスの 5番アイアンの入射角が -1.9

 両方とも マイナス 上から入っていますが
 あえて言うのならば
 👉5番アイアンの方が はらって打っています。

 雑誌などの大嘘 というコトになります。

 全員の『平均』データなので 推測によるところが大きいですが、
 フェアウェイウッド の方が 重心深度も深く
 長さもあるので ボールを浮かせる能力が高い、
 しっかり つかまえて打っても ボールが浮く。
 一方、プロとは言え 女性にとっては
 ロング・ミドルアイアンの方が上げにくく、
 本能的にか、感覚的にか、 つかまえ切れていない、
 上がるように振ってしまっているのではないかと思います。
IMG_0496


 また この表には乗せきれませんでしたが、
 8番アイアンから サンドウエッジ まで
 徐々に入射角度が緩くなって来ます。

 と、同時に スピンの量の変化も少なくなってきています。

 ゴルフクラブは ロフトとライ角度 の兼ね合い が
 実質的なフェースの向きで
 同じ ライ角度の推移、ロフト角度の推移 でも
 ロフト40度超えると フェースが右打ちにとっての左向き、
 その度合いが強くなるので
 左へ行くのを避けるため やや こすり気味に打っている
 と考えて良いかと思います。

001002







 私個人の意見としては
 ドライバーから アプローチまで
 同じやり方を通す方が良い と考えていますが、
 つかまえる を理解出来れば、
 同時に こする も理解出来るので
 場面によって 意図的に「こする」も出来るようになる
 とも考えています。」

    mixiチェック


スイングのイメージで

間違いを生み出し易いのが
ゴルフの中でも最大の不可抗力「遠心力」
関係する部分だと思います。

回転、向きを変える、円、ローテーションなど
それに付随するような言葉が多いのも
悪い意味で、それを"後押し"している気もします。

ゴルフクラブは 平均して1ⅿと言う長さがあり、
その先端に 総重量の半分を超える重さの塊、
ヘッドが付いているため、
意図的にそれを発生させようとしなくとも
 簡単に「遠心力」は生み出されてしまいます。

o0800059811463136818
棒状のヘッドスピード測定器のようなモノは
実際には遠心力を測るモノで
 ヘッドスピードを測るモノ❓と微妙に異なります。
 …間違いとは言えないトコロが困るトコロです。


✋その不可抗力である「遠心力」に関する
 最大の勘違いがコレ(クラブの向き)でしょう。
(グリップの移動 ~先端は振りません_Moment(グリップの移動 ~先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 ~先端は振りません_Moment(3)




ボールを打つコトを除外し、
ヘッドの付いていない棒であれば
カラダの向きを変えれば ほぼそれと同等に
棒の向き(クラブ)の向き は変るでしょう。

しかし、ボールを打つ、遠くに飛ばすには
先端の重さは必須で その重さは長さ、運動が加わるので
何キロ~十何キロもの重さになります。


ですので 腕と胸で作る三角形の向きは
カラダの向き通りにはなり難く、
まして クラブの向き 棒の指す向きは
持ち主であるカラダが180度向きを変えても
 90~120度程度しか 向きを変えません。


仮に カラダが180度、クラブの向きは90度としましょう。
 ⚠ ⚠ ⚠ …にもかかわらず
クラブの向きは180度ターンする
 もしくは
カラダの向き通りに180度ターンする
  とイメージすると
足らない、本来は要らない筈の90度を加える、
もしくは 物理的にはからだのターンと合わない筈の
 クラブのターンを加えるため からだを止めるコト
に成り得ます。

先端に重さ(ヘッド)の無い状態 と
先端に重さ(ヘッド)の有る状態 が
同じになる筈がありません。
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

ボールを打つ と言う目標を達したのち、
スイング動作を終わらせるため 停止に向け、
減速を始めた動き に対し、
重さ(クラブやヘッド)には勢い(慣性)が付いているので
インパクト後、フォローではグリップを支点とした動き、
クラブが円を描くような動きが 『おまけ』 
 として付いてくる のですが、

その視覚的な印象から それ自身、おまけの部分を
打撃ソノモノ、スイングそのもの と思い込んでいる人が
少なくない気がします。

    mixiチェック

多くのゴルファーは新しいゴルフクラブを購入するのに
その購入するクラブの試し打ちばかりしてしまう。

その購入する「1本」のクラブが
試し打ちではそこそこの結果が出たとしても
それが自分のゴルフバッグに入って使われるとき、
一本のクラブを打ち続けている時とは
違った環境で使われることになると気付いている人は少ない。
IMG_0361

実際にゴルフクラブは
ドライバー → アイアン → ウエッヂ → パター
ドライバー → フェアウェイウッド → ウエッヂ
アイアン → ウエッヂ → パター
のように ミスショットが絡むとき以外
実際にコースで使用されるときは
別のクラブと交互交互に打つことになる。

パターも含めた 12本なり、14本のクラブが
似たような流れの、似たような感触の
似たようなコンセプトであればまだしも
それぞれが 全く違う性格、特性、感触であれば
ミスショットの頻度も自ずと上がってしまうだろう。

☆同じゴルフクラブを続けて打つのと
☆違う性格等のクラブを交互に打つ
 のとでは
当然違ったものになる。

現在、市販の主流となっているクラブは
総じてヘッドが軽くて、シャフトが硬い。

その中でもグラファイトの装着されている
ドライバーは 軽量スチールシャフトが装着されている
ものと比べると、柔らかいと言える。(それでも十分硬いが)

シャフトの長い、大きなヘッド(重心がシャフトから離れた)
軽量スチールシャフトの比べると柔らかいシャフトの
装着されてドライバーを打った後で
シャフトの短い、小さなヘッド(重心がシャフトに近い)
ドライバーに比べると硬いシャフトの装着されたアイアンを
打てば、当然なにがしかの影響はある。

単純に、出やすいミスショットを回避する行動を
取らなければ、多くのゴルファーが目指す
オンプレーンスイングであれば
ドライバーの方がよりダフり易く、右に出やすく
右回転がかかりやすい ハイボールになり易い。
アイアンの方がよりトップになり易く、左に引っ掛けやすく
左回転がかかりやすく、ローボールになり易い。

そしてその中間に位置するような
フェアウエイウッドであれば、別な記事で書いているが
ロフトを寝かして、煽り打つようなショットをすることに
なるので、そのヘッドの大きさ、奥行きが
どうしても地面に干渉してしまい
上手くいかないから嫌われてしまう結果になる。

それらのミスショットを練習で埋めていくため
ドライバーは左に置き、アイアンは右めに
ボールを置いて打つことになっていく…。

同じようなフィーリングのクラブを
同じようなボールの位置でショットするのと
クラブによって、ボールの位置を変えていくのとでは
どちらが安定して 似たような球を打てるかは
想像に難しくないと思う。
IMG_0590

違うフィーリングのクラブを練習すれば
ドライバーを特訓すれば、アイアンがダメになり
アイアンを特訓すれば、ドライバーがダメになる
可能性が非常に高くなるわけだ。
そのどっちに合わせて 自分のスイング、クラブ扱いを
決めていくのか なんだか歪な練習になってしまうだろう。

軽いヘッドの硬いシャフトのウエッジは
基本的にラフからやバンカーショットなどの
ボール以外の質量までどかさなければいけないショットに
ものすごく弱い。
上手く打てなくて普通な筈なのに…
 まぁ 手でボールを叩くのは痛いし、
足で蹴っても 大して飛ばないから…程度のモノでは
余りに勿体なさ過ぎる。
    mixiチェック

PGAが公表している パッティングのデータ です
 ‥‥フィート表示ですが アバウト30㎝(30.48)とします

1feet-30㎝ 99.96%
2feet-60㎝ 99%
3feet-90㎝ 96%
4feet-120㎝  88%
 (1m20㎝)
    
 …99.96% は 一万回に4回失敗する というコトです。
 …88% は 100回に12回外している というコトになります。
IMG_1422
続けてみましょう

5feet-150㎝(1ⅿ50㎝) 77%
  ...100回に23回外す
6feet-180㎝(1m80cm) 66%
  ...100回に34回外す
7feet-210㎝(2m10cm) 58%
  ...100回に42回外す
8feet-240㎝(2m40cm) 50%
  …半分の確率
9feet-270cm(2m70cm) 45%
10feet-3m(300cm)   40%

一般的に ワンピンと呼ばれる 旗の長さは
コースによって差がありますが 2m13㎝ 以上です。
ですので 試合中…ではありますが、
 だいたい ①ピンの距離から入る確率は 半分強、
おそらく 想像より低いのではないでしょうか😊

ちなみに…ですが 2019年のデータ ですが、
あのタイガーウッズ選手の 2m40cmから
 沈める確率は 44% でした。
IMG_1386

そして それ以上の距離・・・
 多分 アマチュアの我々が注目するポイント になると思うのですが

15feet-457㎝(4m57cm) 23%
  ...100回に77回外す
20feet-6m(609cm)   15%
  ...100回に85回外す
30feet-914㎝(9m14cm) 7%
  ...100回に93回外す

試合中とは言え PGAのプロのパッティングで
4m50 の距離は 4回に一回は入らないのです。
それが 6ⅿを超えると ほぼ入らない、
 野球で言えば 下位打線の確率 
9mになると もう偶然レベルの確率 なのです。

これを見ると どうパッティングして良いか、
どういう選択、狙いにするのが 良いのか、
見えてくるのではないでしょうか❓
    mixiチェック


KOちゃんの憂鬱 前編 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
KOちゃんの憂鬱 後編 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

御本人談「ブログでの解説ありがとうございました。

まず解説内容の件ですが、
全くご指摘の通りで、
最近そこそこ距離は出ていて、失敗は左回転のもの、
ラウンドが深まるとテイクアウェイが浅くなって、
手で動かすことに起因する手痛いミスが発生、
…とこの点も何とかしたいと考えていました。

 池田康二202520_Moment池田康二202520_Moment(2)






さて、アドバイスを自分なりに咀嚼して昨日レンジにいってみました。

再度動画送りますが、見た目あんまり変わらないものの、
インパクト前のグリップがほんの気持ちズレが少なくなっていませんかね。

左肩から意識して動かしてるつもりです。

以前送った時以上に気持ち良く打っています。

 

後半で解説のあったグリップを通す ですが、
こちらは動画撮ってないもののアプローチで試しました。

すごく雰囲気良かったのですが、掴んだかどうかが、
よく分からないのが悩みどころです。」



【店主】
KOちゃんに ステップアップの為に
次の テーマをトライをしてみて下さい。

『体重移動を少し控えめに』
 もう十分に体重移動の感覚は染みついているので
 今度はあまり意識せず、控えめにしてみましょう。

 先ず、アドレスから その場で
 「弓を引くように」右半身を引いてみましょう。

 ✋ダウンスイング、切り返しでは
 「体重移動」を優先させず
 その場で 左サイド主体に回ってみましょう。
 体が開くのを恐れずに😊
 コチラは次のテーマと絡みます
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







『クラブ、腕はロックのまま』
 ダウンスイングからインパクトまでに
 右腕を伸ばそうと意識せず
 トップの位置で作った 右手のスナップロック
 👉これを保持したまま
 からだの回転 打てるところにグリップを移動させる感じ
 ✋自分の意識主体で伸ばそうとすると
  スナップロック(ハンドファースト)も解け易くなりま
す。

 少なくとも グリップエンドがボールを追い越す位まで
 スナップロック、腕とクラブを半固定した状態のまま
 からだの向きを変える。
  そのためには ➀のダウンでの体重移動は意識しない
  結果として 体重移動が成される と考えて下さい。


 どう からだの向きを変える(からだを廻す)と
 ボールを打てる位置にグリップが来るのか❓
 その回転によって 自然に右腕が伸びる、
 伸ばされることは拒否はしないけれど
  廻るコトによって ナチュラルに伸ばされる感じ が良いです。
 (コレは蛇足 ですが、右腕を伸ばす感覚よりも
  左サイド主体の回転に対し、右サイドの高さの意識 が
  結果、として 右腕を伸ばします)

 右腕を伸ばすコトより スナップロックの維持の方が優先です。

 からだの向きは
 トップの位置と対になる位置まで
 グリップを『一気❓』、途中で止めるコト無く
 動かす感じに 廻ってみて下さい。

 そのグリップの位置は 思っているより ㊧奥です。

    mixiチェック

店長「ダウンスイングから 右打ちでの
 右腕を伸ばす、長くするポイント なのですが、
 実際には 遠心力によるモノも含まれている ので
 伸ばすんだ! と言う実感は薄いのですが…。」
Mさん「遠心力はソコで使われるのですね❓」
店長「そうですね、ボールを打つ前の段階で
 リリースをして クラブを長くしてしまうと
 ヘッドに遠心力が強くかかります。
 出来れば クラブの重さも利用しつつ、
 グリップに遠心力を掛けたいのです。
 そうすることによって
 腕の付け根である肩から グリップは離れようとします。
 似ているのですが、時機 の違い
 と言っても良いかも知れません。

 その遠心力の利用の仕方 にもつながる と思いますが、
 手さばきによる クラブターン、クラブリリースを
 している方は 右打ちで言う右手、右腕、を
 左グリップよりも外に出そうとするのではないでしょうか
❓」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

Mさん「フェースターンをしようとしている訳ですから
 当然、そうするつもり…ですが。」

店長「右腕を伸ばすコトによって
 左グリップが自分の方に寄る、
 右グリップの方がボール側というか、
 円の外側に行く動きは
 左グリップの進行を止めてしまいます。

 これでは あまりに早い段階で
 クラブが長くなり過ぎ、
 必要以上の遠心力がかかってしまいますから
 グリップが浮いたり、いろいろな障害が生まれます。

 右手で押す というのは正しくない表現ですが、
 右腕が伸びる のであれば
 右グリップの方が自分側、
 左グリップを円の外に(押す)ような関係性

 良いと思います。」

Mさん「右グリップが自分側、左グリップがボール側…
 ボールが打てなそう。。。空振りしそうですけど…。」

店長「ですよね。
 ですので カラダの向きを変える必要が生まれますし、
 押す というのは正しい表現ではないですが、
 左グリップを円の外に向かって押す から
 左サイドが逃げていく、回転してい
のです。

 左グリップを自分の方寄せてしまう 押し は
 左グリップの移動を強制的に止めてしまう為 👉手振り
 左サイドが逃げられません。」
    mixiチェック


今日のお題は 意外に忘れられてる(知られていない?) と思われる
スイング全般に対しても 結構、大切なコト。


ゴルフのスイング
その構えの アドレスには
一般的に『ディッシュアングル』呼ばれるモノがあります。
  …今のスイング論では、あまり使われる言葉ではないのかも…。

それは かまえた時、
この場合、分かり易いので 左腕 としますが、
その左腕を シャフト(クラブ) は 一直線 の関係ではなく
スープ皿の底のような 薄~い角度が付いています。
2020-07-28_18-05-56_Moment2020-07-28_18-05-56_Moment(2)








その角度は アバウト で 特に何度 なんてのは
 気にする必要はありませんが、
その角度は存在する のは重要です。

ゴルフスイングのややこしい トコロ ではありますが、20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット
アドレスには 前傾姿勢(骨盤と大腿骨の前に倒れる角度差)があるので
グリップとヘッドの関係で、ヘッドの方が低い位置がありますが、
実際には グリップとヘッドの上下関係は
左腕とクラブの角度 があるので
 ヘッドの方が ㊤ にあるのです。

腕を地面と平行まで上げた時、
その角度 によって
 ヘッドの方がグリップよりも上、高い位置になります。
アドレスは、 その腕を下げ、前傾しているので
 感覚的にはヘッドの方が ㊦ になるだけ です。



🏴🏴🏴10ヤードや20ヤード、グリーン周りのアプローチ
などをする場合、グリップもヘッドも上げず、
からだの回転だけ で打つような場面が訪れます。
 (もしくは 刷毛塗で)

そう言った場面で陥り易いのが、
  ヘッドを下げてしまうコト です。

分かり易いので からだの回転を主に で考えてみると
打ちたい分、からだは右を向きます。
これは からだの回転を股関節を境に正しくするのも
肩周りだけでする時も 基本は一緒 です。

前傾姿勢があるので 動かしてはいない、上げてはいなくても
グリップの位置は アドレスよりも 若干、ほんの少しですが、高くなります。
2020-07-28_18-05-56_Moment(4)2020-07-28_18-05-56_Moment(3)








にもかかわらず ヘッドを下げてしまう…。
✋アドレス時は
クラブの重さ、ヘッドの重さを 地面に預けていますが、
グリップが高くなる → ヘッドが地面から離れる
その分、アドレス時には無かった クラブ、ヘッドの重さが
 腕にかかります。
●手で振ってはイケナイ
●クラブを持ちあげてはイケナイ

そんなイメージがあるので
 その重さ分、ヘッドが下方向に取り残されてしまう という
アプローチをとても良く見かけるのです。

上げた訳ではないですが、
比較して頂くと分かりますが、
アドレス時の「ディッシュアングル」を維持すると
アプローチのテークアウェイやトップ時では
グリップとヘッドの上下関係はこんな感じになります。
2020-07-28_18-05-56_Moment(2)2020-07-28_18-05-56_Moment(4)







ところが ヘッドを下げてしまう、
ヘッドの重さが掛かった分、ヘッドを下に置き去り にしてしまうと
2020-07-28_18-05-56_Moment(2)2020-07-28_18-05-56_Moment(3)








こうなってしまう訳です。

これはアドレス時、ディッシュアングルが無い状態と同じ。
2020-07-28_18-05-56_Moment2020-07-28_18-05-56_Moment(3)








さて、問題はこれから起こります。
ダウンスイング~インパクト に入ろうとすると
からだを正面、ボールの方に向け戻す、
回転し戻す(からだの向きを変更し戻し)ますから
グリップの位置は 下げてはいなくとも 低くなります。
そうなると ヘッドはアドレス時よりも下がってしまっていますから
選択は二つ。
●からだ等を起こし、ヘッドの高さvs地面の関係に合わせ
グリップの位置を アドレス時よりも高めの位置にする
●ダウンスイング~インパクトに合わせ ヘッドを元に位置にあげる

コレ、レッスンなども含め 誰も提唱しません。

おそらく 殆どの方が
無意識での調整を行っていると思われます。

グリーン周りのアプローチなど
本当に目の前、足で蹴っても、手で放っても…なんとかなる距離
にもかかわらず、トップしたり、ざっくりしたり、
主に ヘッドの上下の問題が多いと思うのですが、
こんなトコロに ミスの原因が隠れている のです。

アドレス時、地面に預けたクラブ、ヘッドの重さ、
それを 上げる訳ではありませんが、「持たない」と
当然、その重さ、そして多少ですが運動分、
ヘッドは下方向に取り残され、下がってしまいます。

自分のアプローチ、ちょっと注意してみて下さい。
    mixiチェック


これが「アプローチから始まる」のか、
ショットで「フォローを大きく取る」のか、
「クラブはからだの向き通り 180度ターンするモノ
 と言う思い込み」
から始まるのか は
それぞれ だと思います。


適当な距離…のアプローチで考えてみましょう。

アプローチであれば
クラブには 不可抗力、大きな遠心力は発生しません。
その距離、速度にもよりますが、
ヘッドの重さ、クラブ、シャフトを
ある程度、管理できる可能性があります。
2021-07-03_01-20-29_Moment
上の この写真を見ると
インパクト以降、フォローで
手を伸ばした、もしくは
ボールの飛ぶ方向に手を伸ばした、
 手を出した「ように」見えます…が
ふたつを比較してみて下さい。
2021-07-03_01-20-29_Moment(2)2021-07-03_01-20-29_Moment








実際には
手を出した訳でも、手を伸ばした訳でも なく
⚠カラダの向きを左にしただけ
⚠カラダを廻した、向きを変えただけ
 です。

スイングによって 発生した遠心力によって
グリップが「その方向」に引っ張られている のは
あるとは思いますが、
それを拒否していないだけで、
手を伸ばしたのでも、手を出したのでもありません

フォローを出そう、大きくしよう、
手を無理に伸ばそう、飛球線の方に出そう、

と 自分の意志でグリップを送り出してしまうには
からだの回転の止まり、向きの変更の抑止 が必要になります。
✋クラブの動きとからだの回転の切り離しが必要です。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

そうなると フェースの回転も伴ってしまう 為、
ロフト姿勢や入射角度だけでなく フェースの向きも
安定し辛くなります。

また スイングの特性上、
 意図的にフォローを出す
 グリップを飛球線の方に出す というのは
右打ちの人の場合、右手を伸ばすコトになりますので
その結果、左腕は不自然にたたまれ、
写真や動画で 妙に縮こまったフォローの腕(左腕)を
 目にすることになる訳です。
意図的にするのは  ですが
あえて 言語化するのであれば
フォローを出す は からだの向きを変え
 左腕が飛球線の方に伸びた、伸ばしたではなく
 不可抗力によって伸ばされた というコトを指すのでしょう。



実際には 振っていない腕 を
振らなければならなくなりますから
その前準備として からだの回転に対する
腕、グリップの「意図的な遅れ」が必要になります。
これがそのまま フルショットとなれば、
手を返す為に ロフトやフェースを開く、
本来の意図とは全く反対の……🙀🙀🙀
言うなれば 『スライスにならないように手を返す為に
スライスになるように ロフトやフェースを開かなくてならない』

と言う意味不明な動作を覚えることになります。
    …火を消すために 自分で放火するような…。

遠心力を含めた 不可抗力 とは
その言葉の通り、ヒトには逆らい切れないチカラ。
そして ゴルフクラブはいざ運動させる と
その不可抗力を多く生み出してしまう構造 です。
故に クラブを持っていない時 の 素振り と
クラブを持った素振り、
そして 実際の打撃が同じになり難い のです。

フォローの大きさを含め
インパクト以降、はその不可抗力が最大になる部分です。
自分でやらなくて良いコト、
それは 必ず発生する上に
逆らい切れないのですから
それに任せた方が当然、 簡単✋

確かに…フォローは 俗に言われる
「低く、長く、大きく出た(出したでは無く出た)」方が
 弾道は安定し易く、飛距離も出し易くなります。
その為に からだの向きを変え続け、
 逆らい切れない遠心力、不可抗力を利用して、
 左腕を飛球線の方に引っ張らせる、のであって、
遠心力そのモノで打とうとしたり、
遠心力の解釈を間違えてしまったり、
フォローを自分で出す、大きく取ろう としてしまうと
 自分で放火した火事に苦しむ可能性が…十分あります🥶
    mixiチェック

    mixiチェック


この素振りの中に
 多くのゴルファーの悩みが隠れています。
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)



自分では からだの回転は使っているつもり… です。
とは言え からだの回転でリニアに、ダイレクトに
 クラブが動いている訳ではなく
「手打ち」と言われて、反論の余地のない状態です。
【からだで振るとアウトサイドイン、インサイドから振ると手打ち案件】
しかし、ダウンスイング時
 からだの回転通り、リニアに腕やクラブを動かすと
 見た目の「アウトサイドイン」が顔を出し
 どスライスになってしまい、
 「アウトサイドから振るから 👉スライス」と言う言葉が
 頭の中にこだまします。

スイングの溜め と言う言葉もあるので
 切り返しの体の動きに対し、腕やクラブを遅らせる、
 結果、としては 寝かしを増やすスイングになります。
【スイングの溜めってなんなの案件】
元々、スライス 自称:溜め
(遅れ)を作り、見た目のインサイドから入れても
 やっぱりスライス、フェースローテーションという
 打ってみないとどんな球が出るか、分からない新たな課題に直面

【ラウンドの後半 疲れてくるとローテーション上手く行かない案件】
(Rさん 大変身か?_Moment

【しならないシャフトをしならせて使う矛盾にモヤモヤ案件】
硬いシャフトの方がスライスが出にくい…とみんなの言葉を信じ
 硬いシャフトを使っている…けれど
 それを しならせて、しなり戻して使う と言う矛盾を
 いつも抱えている…なんだか 納得がいかない。
 とは言うものの 柔らかいシャフトを使うと スライスがひどくなる…。

ダウンスイング時、 自称:溜め
(遅れ)を作るコトによって
重さが右にかかり、右側が下がり、左があがる『おまけ付き』
【体重移動が出来ない案件】
また、そのコトによって 体重が右に残り
 素振りでは出来ても、ボールを打つと体重移動が出来ません。
 ダウンスイング時の 右への屈曲 と 腕やクラブの重さ残り
 を考えると 物理的に不可能に近い課題。
 前は腰だったけど、最近、ちょっと首が痛い…。

【前門のスライス、後門の腰の開き案件】
フェースローテーションを強く意識すると
 腕を振り、クラブを回転させる為の空間が必要になるので
 どうしても 腰を開かなければならなくなる。
 先輩から スライスは 「腰を開くからだ!」と言われるが
 スライスさせないため フェースローテーションをするには
 腰を開かなければならず 前門の虎、後門の狼状態…。
 冬の練習は左ひじのサポーターは必須…。

【フェースローテーションをすると 真ん中を避ける球ばかり案件】
だいぶ スライスは解消されてきたけれど
 憧れのハワイ航路…ドローボールは 左に飛び出て、左に曲がる し
 タイミングをミスると 右に出て 右に曲がる、
 まるで 真ん中を避けるような球ばかり出る
 仕方がないので 少し右を向いて ややひっかけ気味の球で攻める。
 持ち球は「ドローボール」と言いたい🤣
 
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)




【もしかしたら 難しいアプローチばかりトライしている案件】
打てるようになってくると 今度はスコアの問題…。
 バンカーは苦手ではないけれど、
 アプローチが上がる球ばかりで
 ランニングって言うのが上手く行かず
 トップとダフリのミスの確率が改善されない…。
 ウエッジの歯をボールと地面の間に入れるのって…無理❓
 上手く当たると必ずショートする問題 勃発
 サービスホールとか、ロングホールで 花道から
 寄せさえすれば あわよくばバーディ、もしくはパー の場面で
 手で転がしたくなる距離やシチュエーションで
 毎度のように ダボやトリになってしまう のは何故 ❓
    mixiチェック

このページのトップヘ