◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎電話 046-804-1480 080-6785-5571           ✉メールアドレス hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに振らされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております


実際のスイングやショットをする前に
「体の回転」
 特にトップオブザスイングフォローについて
マメ知識として知っておいて欲しいことがあります。


体の回転にはゴルフクラブだけでなく
腕や体の重さも回転・向きを変えることによって
重さを増し、好き嫌い、意図的・無意識にかかわらず
遠心力の影響を受けます。

IMG_0607

ゴルフのショットは止まったボール
動かない定点をクラブヘッドによって
当てる・打つ・打ち抜く・通過せねばならず
運動中にかかる負荷に
その定点を正確に、繰り返し打つのには
あまり有りがたいものではありません。

遠心力は ダウンスイング中、ボールへの方向
そして ボールを打ちたい方向とは立体的に90度以上異なり
方向だけでなく、その重さも常時移り変わる
大変厄介なものですが、
人間の反応力・演算力はとても優れたもので
その不可抗力に対し 常時計算して定点のボールを打とうとします。

よって 体の回転をした時
背骨を軸にしていようが、いまいが
回転の外へと膨らむチカラに対し
必ず 逆の補正をかける動きを入れがち です。
da454685

ですので 体への負担をできるだけ少なくするため
背骨を軸として回転するのには
常時 遠心力も頭に入れておかなくてはなりません。
✋もちろん 積極的に遠心力を増やそうとする動きは
 ゴルフスイングには良い動きではなく、お薦めしませんが。
スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)

人間の体は 背骨を軸とした時
頭も含め、体の重たい部分は 胸〜腹側
前側にあります。
ですので 体の向きを右向きにすれば
 その重さは右足に多くかかり
左に向きにすれば左足に多くかかります。

最終的には 体の回転と体重移動は同意語とは言えないまでも
とても似た、同一に近い動作になります。

回転無しで正面を向いたまま
 体重移動をすると、直立の状態から
頭も含めた胴体を 右の骨盤に載せれば 右体重
左に移せば 左体重になります。
スナップショット 3 (2012-03-02 19-53)スナップショット 5 (2012-03-02 19-54)







その際、右体重では右腕は右足よりも外(右)に位置し
左体重の時は左腕は左足よりも外(左)に位置します。

両方の腕が脚よりも中、体の中に位置している場合
体重は移り切っておらず、必ず体は傾いて
左体重願望状態では 右に体は倒れ(傾き)、
右体重願望状態では 左に体は倒れます。
腰の部分だけが その願望する体重の方向の足にずれる状態です。
多くの人が ちゃんと用語を知らずに使っていますが
これを スウェイ と言います。

腰だけが 移動させたい足の方にズレて
気分だけ体重移動した状態の事です。


この動きは 前傾姿勢が必ず消え
その分 体が横に傾く姿勢です。
最近のプロにはとても多いですね。


この回転方法、この打撃方法では
ショットのも複雑になるだけでなく
潰れた腰に常時体重がかかる時間が長く、
筋力や運動性能、若さで補う部分が多く
長く楽しみたい方やおじさんにはかなり苦痛が伴います。

ゴルフで腰痛、もしくは首を痛めている人の
とても多いパターンです。
4f49c81d

体は回転させる しかし 体重は移さない
という最近ある幾つかのスイング理論がそうですね。

まして 実際のショットになれば
体や腕、クラブなどの重さ・遠心力を補正する動きが
入るので、意識として大袈裟に体重移動しようとしても
実際には半分程度の動作に修まります。

最終的に 背骨を軸にして
その場でくるりと回る と実現するには
かなり大きく 頭も含め胴体を動かしておく意識が必要です。
始めから その場でくるりと回る意識で
実際のショットを行うと 補正動作分
必ず体には 必要ですが、不必要な横の傾きが生まれてしまいます。

ここが体の回転のトリックとも言えますね。



体の回転の一番重要なポイントは
スイングの動作基盤は 斜めに傾いている
という事です。
スナップショット 1 (2017-07-10 15-54)

水平でも、垂直でもありません。

そして、その傾きは ❶アドレス時の前傾姿勢
によってもたらされます。

スイングにおける前傾姿勢とは
❷胴体(骨盤より上)と足の角度差
部位で言うと ❷´骨盤と軸足大腿骨の角度差 です。
股関節の角度 とも言えます。
MVI_0478_Moment(2)

スイング中にこの前傾姿勢が保持されることによって
スイングにおいて ゴルフクラブの重さ
ゴルフクラブの構造・機能が有効に使えるように
なっています。

この前傾姿勢を失ってしまうと
本来、しなくて済むことを 動作として
技巧として打ち手がしなくてはならなくなり
スイングはより複雑になり難易度があがり
苦労するばかりか、体を痛める動きになり易くなります。

何度も書いていますが、
スイングに前傾姿勢が保持されていると
トップの位置からインパクトにかけて
進行方向である左サイドが低くなり
重さを利用しやすくなるばかりか
ボールを上から、インサイドから打てるようになるので
飛距離と安定を保つ規則性を保ち易くなります。

逆に言えば 前傾姿勢が保持されていないと
インサイドから打つ、
 には開いたフェースを閉じるがついて回り
上から打つ、
 には ヘッドを下げても
 体を上に向けない無理やりが必要が生まれます。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

それらは 前傾姿勢を維持していれば
それだけで 排除できる のです。

それを大前提に考えると
準備としてのテークバック時に
骨盤ソノモノが右を向けないと
その時点で前傾姿勢を失うことになります。

上半身を捩じり、骨盤を正面に向けたまま
肩だけを捻ると 前傾姿勢による左右の位置関係が作れず
ダウンスイングに入った途端
左サイドは上がり、左サイドは開く ので
(特に骨盤周り)
それを無理やり 筋力体力で押さえつけるか
その不規則な状態の中でも
強く、安定したインパクトを造る超人的な訓練が必要になります。

インパクトを ボールと正対する状態で
絶対に迎えられないため
ゴルフクラブの持っている距離性能や方向性能は
オリジナル状態で発揮されないため
各人独自のモノになります。

☆テークバック時の最も重要なことは
 骨盤をしっかり右に向けることです。

千人

それによって ダウンスイング時の
上から打てる時間の確保
インサイドから打てる時間の確保
が出来ますから、
出来るだけ たくさん右を向けることです。

肩だけ回しても その時間は増えないばかりか
インパクト時に正面を向けにくくなります。
(より高速な復元が必要になります)


多くの人は
✊体の回転で打つ
✊ボディターンで打つ

というと 腰というか、足さばきによる体の回転リードで
腕やクラブを引っ張る
というイメージを抱くでしょう。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

しかし、これが結局 あとから腕で振る
事を導き出すことになります。
体でクラブを引っ張ると
イメージでは ヘッドも含めた丸ごとっ引っ張る…ですが
結果としては グリップだけが回転についてきて
ヘッドの重量(運動で増えた分も含め)の分
遅れたり・留まったり するので ヘッドの遅れの分
シャフトを振らなくてはいけなくなります。
もう体の回転では出来ないので 腕で振るしかなくなるわけです。




骨盤...股関節の中でも
へそから上にはかなりの重量があります。
ダウン時、腰を回しても その重量物は留まろう としますから
腰が正面を向いても 上はまだ右を向いたままです。
体でクラブを引きずる・引っ張ろうとすると
重さの分 ヘッドが留まろう とするのと同じで
体も重さの分、上半身の上側は留まろうとするのです。

73f7bdaf-s




言葉では 体の回転そのもので打つ とは言いますが、
まずは へそから上とへそから下を同期
させるところから始める必要があります。


人間は自分の体の姿勢を安全に保つための
防衛本能があります。
背骨を軸として 体を綺麗に負担なく回すには
体重移動が必須になります。
体重移動が回転そのもの とは言い切れませんが
少なくとも 背骨軸の回転 となると
体重移動と体の回転は 同意語に近い存在です。

しかし 動作の感覚として背骨は意識し辛いですから
その回転を覚えるには まずは体重移動でしょう。

0e363453-s


そのためには両方の上腕・肘使いが大切になります

低速動作ですし 打つことそのものから離れていますから
テークバックの右向き・右への体重移動は
決して難しくない筈です。
✊しっかり 骨盤を右に向ける、
✊飛球線後方の人に左ポケットまで見せる、
✊右のお尻ポケットを後ろに下げる、

という動作です。

後々の為に 左ひざは出来るだけ右ひざに近づけておく
ボールの方に左ひざを出すのではなく
骨盤を回すために 右ひざに寄せておくような感じです。

クラブを持たない動作 では
アドレスから 右上腕・右ひじを
飛球線後方に膨らませず
その場で 後ろ(背中側)に引くような
肘鉄するような動作が必要です。

左腕を伸ばすような 左肩を入れるような動作
をしてしまうと 背中が引っ張られてしまい
かなり早い段階で 肉体限界が来てしまい
体が十分に右向きすることが出来ません。注意です。
千人

右の上腕・右の肘を
飛球線後方に膨らませず、アドレス時の後方(背中側)に
動かすことによって 左半身を引きづる 付いてこさせる
ような感じになり、左上半身の積極的な動きは厳禁です。

アドレス時に比べ 両方の肘の間隔・距離を取るように
しておくと良いかも知れません。

背中やみぞおちにひねり・張りが感じられるような
動作ではイケマセン。
右向きでキツクなるので
お尻も含めた右股関節周りだけです。
背中が張るのはひねっている証です。


ゴルフの魅力の一つに『飛距離』があります。

多くのゴルファーは
飛距離➡ヘッドスピードと直結してると思っていますが
それは間違いです。


色々な条件がイコールであるのなら
それはヘッドスピード次第となりますが
多くの人はヘッドスピード自体を出すためのヘッドスピード
飛距離を出すためのヘッドスピードになっていません。

そして重要なことは
本当の意味での飛距離を目指したクラブの使い方は
同時、安定性、方向性も両立しやすい
ということなのです。
裏を返せば ヘッドスピードだけの向上を目指すだけの
スイングは 飛距離も得られず、安定性も得られない
ということです。


413445







この二つのクラブの使い方を見て下さい
少々オーバーではありますが
左側は多くの人がイメージしている
支点のあるクラブ使い
右はヘッドとグリップの移動の量が等しい(似ている)
クラブの使い方です。

同じような始発点からスタートしても
ヘッドを回す方のクラブの扱い方は
グリップに比べて 極端に  …1/4円×長さ×3.14
ヘッドの方が多く動いています。
これを作り出すのには
ヘッドの進行方向と反対に
グリップを動かす作用があるので
ヘッドを移動させている量(労力)なりに
ヘッドの移動速度は稼げません。

✴ショットをする時に忘れてはいけないのは当たり前ですが
ボールを打つことです
ボールを打つ 飛ばす 移動させる というのは
質量との対決です。
より遠くへ飛ばすには より重い力が掛かりますし
早くヘッドを動かせば、
インパクト時の衝突質量は高くなります。
グリップを止めてヘッドだけを動かす方法だと
クラブヘッドだけが進行方向に進んでいて
クラブ全体は進行方向に進んでいません。

故に クラブや腕などの慣性力が低く
インパクト時に受ける重さの『逃げ』が出来てしまいます。
右のクラブの扱いだと
クラブ全体が進行方向に進んでおり
それは同時に腕という質量も伴ないますから
インパクト時の質量に対し慣性力が強いので
質量負けし難くなります。
002

想像できると思いますが
ヘッドだけが大きく動く振り方だと
ロフトや向き、ヘッドの立体的な位置などが
ほんの少しの移動で大きく変わるので
それぞれが理想的なインパクトに収まるのは
非常にレアな確率になります。

クラブそのものの違いも乗っかってきます。
ヘッドを振るスイングをする人は
その行為がしやすいクラブ≒軽いヘッドを好みますから
それもインパクト時の慣性力の低下につながります。

クラブを下に振れば
その遠心力分、上に体を引いていないと
ボールよりもはるか手前をダフルことになりますから
ヘッド以外はいつも違う方向、
反対の方向に動いていることが少なくありません。
001

一方 クラブごとインパクトに入ってくる場合は
野球などでも言われる言葉ですが
体も含めて 動作がほぼ同じ方向に移動しているので
インパクトに体重が乗せやすくなります。

ヘッドを振るスイングは
冒頭で書いた通り
重さをどかす という事を忘れてしまい
ただ単にヘッドスピードを上げるためだけの
無意味な罠にはまってしまっているのです。



そして このイメージで忘れられてしまうことは
ゴルフショットでは 角度が重要 です。
支点運動をイメージで振る方法では
あまりに 角度の変化が激しすぎます。
上下の角度であれば 隣の番手とは 4度程度の違い
しかありません。
左右の角度にしても 150ヤードのショートホールで
許される左右の角度は 左右10度程度です。
どちらも(上下左右) 5度もぶれる可能性の高い
ショット方法は 偶然待ち のようになってしまいます。

飛ばしたい という気持ちはとても大切ですが、
✊繰り返せること
✊同じ方向・同じ距離が打ち易いこと
✊そして体の自然な動きで飛ばせること

というのを両立させる必要がある ということを
念頭に置くべきです。



実験してみて下さい。

ビンタ みたいな行為をするのに
『体を止め 腕だけを振る』のと
それと同じように動くように
『腕を止め 体を回す』のとでは
腕の重さ感が違うと思います。

体を止め、腕だけを振れば 腕の重さが実感できますが
腕を止め、体を回す行為は腕の重さが実感できません。
imgs

体の回転そのもので打つ
という行為をするのに
とても大切なことは
動作中に クラブの重さを増やさない ことです。



体の回転によって クラブが動いていれば
体という数十キロ、おそらく40前幣紊離皀里紡个
長さやその構造はあったとしても重さ で言えば
 ゴルフクラブはたかだか 1/100 400gです。
ゴルフクラブが確固たる存在感を示す割合ではありません。

片腕でも 5キロ はあるのです。

多くのゴルファーのスイングは
クラブの存在、その実感を味わうために
クラブの重さ感を増やそうとしています。
「振る」という行為そのものもそうでしょう。

スイングの原点は
クラブが動く のではなく、その逆で
クラブを持った自分が動く ことです。
imagesCARZT6DK

ゴルフショットは 角度が大切 です。
その角度は 左右だけでなく、上下 も問題で
打つ距離と打つ方向は
どちらかが重要と呼べるものではなく、
一つのユニットです。

クラブの重さが感じられるほど
クラブを動かす ということは
その上下左右の角度を確定させず 不確定なモノにします。

幾ら長さやその構造があるとは言え
自分の重量の 1/100の存在のゴルフクラブの重さ に
自分の動作や姿勢まで左右されてしまうのは
その使い方として間違っています。

✊角度が不確定、
✊その重さによって自分の姿勢や動作まで不安定

もうこの時点で安定したショットは打てません。


クラブは長さがあります。
その長さを長く使えば より速度が上がるような
間違った錯覚がありますが、
それは 速度が上がったのではなく労力が増えただけです。
速度が上がったとしても道のりが長くなれば
実質の意味はありません。

体の回転そのもので打てない段階であっても
ボールを飛ばす という事に対しては
時間・時期があります。期限があるのです。
道のりが長くなればなるほど その期限に間に合いません。

クラブの重さ感が増す
ということは その分その重さのかかった『方向』に
引っ張られるという事です。
ボールの位置は固定 ですから
運動中に そのような負荷がかかれば
人間は瞬時に補正をかけます。
姿勢や動作が変わっていく、影響を受ける という事です。
特に遠心力、ボールを打つまでの遠心力は
ボールへの方向、ボールを打つ方向とは
大きく異なる、動作に対しては邪魔な
実質ブレーキになるような方向です。
スイングをした! ショットをした! という実感を
満たすためだけの 重量の増量は無意味、徒労に過ぎません。

腕やクラブの重さを実感できるような
その重さを増やすような使い方をしてはイケマセン。


ゴルフスイングで、「からだ」と呼ばれる部位は
骨盤も含めた胴体〜上半身 である。
股関節から上のこと。
b440d398

頭でわかっているとは思うけれど
この胴体〜上半身には横方向に向きを変えられるような
関節などの機能が存在しない。
各部分の遊びなどを集結させて少しだけ捩じることは出来るが
捩じりは縦横の混じった動きであることと
各部分の遊びは体の機能を壊さないためのクッションであること。

ゴルフスイングで「体を回す」とは
フットワークを主にして、骨盤、そして骨盤から上の
上半身を動かすことを指す。


スナップショット 1 (2014-01-17 0-17)

一般的なゴルフスイングを見ていると
へその辺りを分かれ目に
上半身の上の部分(主に肩)と骨盤(腰)
に回転差、ねじり差を付けようとしている
これでは安定しない上に、故障の原因になる。
体を回す動きと呼ばれてい疑似回転(捻転と呼ばれる)は
肩甲骨を動かしているだけなので
肩甲骨を動かすことによって両腕の長さが都合が付かず
苦労が絶えないこと。


⇒出来れば 股関節から上の上半身を一体に動かしたい

そこで・・・。
多くのゴルファーは
先に腰の部分を捻り、
腕やクラブ、クラブヘッドの重さを使って手抜き、他力本願で
後から肩の部分を回そうとする。
それを逆にしてみよう。

テークバックは、
その進行方向にある右ひじ
ダウンスイングは
その進行方向にある左ひじ
それを先に動かし「始める」
先に動かすイメージを持ってみよう。

それによって今まで体で覚えた上半身のねじり
上半身の肩部分の遅れ を相殺し
上半身が一体で動くようになるかも知れない。
スナップショット 3 (2013-12-05 18-39)

両方とも進行方向の目標方向に対し
先に肘を動かす
それをあとから回転が後追い していくようなイメージを
持つといいんじゃないかな。


『今まで 腰(骨盤)をまわしてから
肩を回してボールを打ったいた人』
 が
『腰・胴体・骨盤を回す ことをショットそのもの』
 としていくのはかなり大変です。

今まで二重の回転を造っていた人が
一つの回転、統一化、シンプル化 するので
技術的には簡単になる筈です。

しかし、感覚的に 腰とは関係なく肩を回し、手で振った
ボールとヘッドそのもの激突 という感覚は
✊そのインパクト時の衝撃
✊クラブという重量物を動かした実感

『振った!』「打った!」 実感が記憶しやすく
それそのものが 自分の打撃です。
スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)
スナップショット 6 (2017-06-28 19-07)







体の回転そのもので打つ というのは
それとはほど遠い 骨盤/胴体 という鈍い部分での
ショットや動作になりますから
『自分の打撃』『自分のショット感』が存在しません。

自分の打撃の感触を追い求めている限り
それそのものが存在しない動作には移行できません。

クラブを振ってしまうと
殆どの場合、持っているそのクラブのロフトよりも
大きなロフトで、寝たロフトで
インパクトを迎えることになります。
そして 多くの場合、上から下 ではなく
下から上に しゃくった、煽った軌道になります。
上から打てないので
 腕も含めたクラブヘッドの重量が有効利用できません。
腕とクラブ程度の重量物した動いていませんから
ボールに対する重量にも強く無い上、
捻るスイングになりますから
腰・首・肘・手首にも故障をし易くなります。
hiraki

胴体/腰/骨盤 の回転そのものでボールを打てる と
軌道は安定しやすくなります。
ヘッド操作が無いですから 作業も少なく
当然 ヘッド姿勢も安定し易くなります。
体全体が動いていますから インパクト時のボール質量にも
負けにくくなりますし、ロフトも製品なり に立ちます。
作業も少なく、故障を生みにくいので
デメリットは全く無いのです。

ところが 打った実感 振った実感 という
最大の障害が待っています。
         それが無いのです。
私が多く見てきた 悶絶・悩み多き人は
 この部分から抜け出られません。

今までとは全く異なった
作業の少ないスイング・ショットです。
始めは上手く行かないでしょうし
慣れるまでに時間もかかるでしょう。
勿論、成功体験も必要でしょう。
そこの部分を乗り越えないで
上手く行かないから
👉すぐに元の実感に戻ってしまう
を繰り返している限り
変わっていくことはありません。



言葉遊びのようですが、
『クラブを振る』 と 『体を回す』
を別な行為だと思っている人が多いように思えます。
hiraki

ダウンスイングを取ってみれば
体を先に回してから クラブを振る
というイメージを描いている人は少なく無いのでしょう。

✋練習場でも、コースでもそうですが
多くの人の素振りをご覧ください。
本来、ボールは足と足の間にあります。
ところが 素振りではボールを過ぎてから
スタンスの左側にある空間で
上に向かって振っているのに気づくでしょうか?
正に『振り遅れ』です。
腰(骨盤)が正面(ボールと正対)してから
振っている人が殆どに見えます。

dohiraki

プロもそうですが、
まだボールを打っていないのに
体そのものは 立っていられる最後の場所に
到達してしまっています。〜〜〜回り切っている
ここからでは もう手先でボールを打つほかありません。
体が止まる という表現を使われますが
体が終わる が正しいのでしょう。
yjimage4NR1MAL3

このイメージは 胴体/ボディ を
腰とへそから上、胴体を二分し捻る動作の象徴です。
肩と腰
(骨盤)は別物 と考えています。

スイングの軌道の話 で言えば
前傾をしており 右を向いているから
上から下、右上方から左下方 への空間がある筈 なのに
腰が正面を向いてから「クラブを振れば」
その空間は消えてしまいます。

フェアウェイウッドやドライバーなど
長いクラブをあまり得意としていない人の典型
なのではないでしょうか。

骨盤(腰)の回転通り(正しくは回転そのもので!)
クラブがボールに入って来れば
ボールから離れたところ(インサイドから)
ボールよりも斜め上方から(上から)
自動的に入ってきますが
腰が回ってから 肩なり、腕で振ると
空間は消え、その動きなりに入って来れば
上から、インサイドからは、入って来れません。
俗に言う アウトサイドイン になります。
軌道だけを インサイドに修正すれば
よりクラブをひねることになりますから
軌道はインになっても、その分ロフトは寝てクラブは開きます。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

長くて ヘッドの大きなウッド系は
自分の動作に対し、ヘッドの反応は鈍い です。
それを短時間で一旦捻り さらに捻り戻す
という行為は 似たようなショットを必要とする
とは相反した関係です。

体の回転を先に、あとから肩を回す という
二重な回転を作ってボールを打とうとする人は
自ら作った 狭い空間〜急がなくてはいけない時間
に苦しむことになります。

体の回転通り、回転そのものでクラブを動かせば
ボール・インパクトに対し
非常に大きなもの・重いものが動いていきますから
ボールという重さ・負荷に対し
当然 強い・耐性の高いモノに出来ます。
体の故障も少なくなります。

関節の存在しない背骨を捻り
小手先で重さに耐えなくてはいけないショットは
若者に任せましょう。


振り易いクラブ というのはどういうクラブでしょう…。

一般的には「軽い」というのが振り易いクラブに
  該当するのでしょうか…。

ここの部分、勘違いしなくてはいけないのは
 ゴルフクラブの役割として重要なのは
やや言葉遊びになってしまいますが
「打ち易い」ことであって「振り易い」ことではありません。

少ない労力・体力で 出来るだけ遠くへ飛ばす
ということを考えれば
振り易いクラブ…
般的な振り易い(軽いクラブ)は
打ち手にとって速い動きがしやすい
 というだけで
打ち易いとは違う意味合いです。

自分の動きがしやすいという意味で
振り易い というのはあるとは思いますが
軽いクラブは ボールをどかす ボールを移動させる
ということをするのに、クラブ自身にその力が
多くない ということを指します。

自分が力がないから、非力だから
軽いクラブを選ぶというのは 
一見すると正解なように思えますが、
その実 軽いクラブで自分が速く動かなくては「飛ばない」
ということを見落としがちです。


私自身もそういう年齢になってきましたが、
若い…とは言えなくなってくると
「速く」動く行為はとても苦手になります。
怖い・・・が付いて回ります。
何かを落としたりして 反応、反射で
素早く体を動かした時 痛めたりし易くなります。



と同時に忘れてはいけないのは
ゴルフというゲームは ショットの連続性
ということの方が重要なのです。
一発、単発打つ というのではなく
ある程度時間は置いたとしても
数十回のショットの積み重ねです。
ですので コンボとして 安定的な連続性と創りだすには
出来るだけ 似たような感触のゴルフクラブを
バックの中にいれ 流れを統一化しておいた方が
それを具現化しやすいでしょう。


先端に重さの無いもので
もしも打撃をしようとした時
繰り返す…ということを前提にすると
当てることそのものが最優先になり
同じような方向や同じような距離を打つのは
二の次、三の次になってしまうでしょう。
人間は感覚の生き物ですから
動作中に何かの目安になる感覚というのに
重さは大変役に立ち、それが繰り返しの元になると思います。
→ まあ クラブを正しく使うと
  重いヘッドのクラブを軽く感じるように扱う
  重く扱わない ということにはなるですが…。

クラブヘッドには重心位置と言って
握る棒(シャフト・グリップ)の延長線上には実質的な
重さは無く、ズレたところに位置しています。
それが故に クラブ全体の姿勢や位置
ヘッドの姿勢や位置が把握しやすく、感覚として掴みやすく
同じことをしやすくなっているのです。

多くの人が勘違いしている ゴルフクラブの扱い方
ショットの概念
 ➡遠心力を増やして 破壊力をたくさん作る
(な訳ないんですが)
というのは 
多分、
軽いクラブを重くして使う方法
軽いクラブを長くして重く使う方法
 だと思います。
クラブを作る側、売る側の人の考え不足も深刻ですが
軽いクラブを重くして使う のは
結果、打ち手の労力や故障として問題が多いです。
ケガのしにくい、いろいろ柔軟で筋力のある若い人向けの
クラブであり、スイング論ばかりが流行り
でも、ゴルフを実際にプレイする年齢は
どんどん上がっている 若い人が減っている という
洒落にならない 現状が進んでいます。



私は どのゴルフクラブであっても どのスイングであっても
ゴルフを楽しんでいる人は皆ゴルフ仲間だと思っています。
う〜ん 言葉は悪いですが
こと ゴルフにとって「悪い」は
ゴルフに興味をもたない人やゴルフをあきらめてしまった人で
(体や家庭の事情などいろいろな理由はあるとは思いますが)
ゴルフ仲間を批判するつもりも、非難するつもりもありません。

一般的に流通しているゴルフクラブや
一般的に言われているゴルフスイングに
自分の活路の見いだせない、矛盾から抜け出せない方
是非 弊社の悶絶クラブと対話してみて下さい。
きっと 今までとは真逆な、正反対の何かが見え
ゴルフやゴルフクラブ、ゴルフスイングを
違う角度からの視点で見れるようになると思います。

 


お手紙有難うございます。

ハミングバード 野澤でございます。

 

私、個人の意見ではございますが、

世の中にあるスイング論やクラブ論は

少々残念な方向に進んでいるように思います。

道具を扱う遊び、ですので 
プレイヤーの体力や筋力などの体力中心の勝負ではなく

知恵や経験、正しい認識などが優先・反映されてこそ然りだと思うのです。

そういった意味でゴルフは大人の遊び と思っているのですが…。

 

 

早速お問合せ頂きました件ですが

お答えさせていただきます。

 

 

001


○レンタルクラブ(試打用)等を送って頂く事は出来るでしょうか?

 

 レンタルクラブをお送りすることは可能です。

ただ どのような仕様がよろしいか、事前に相談させて頂きませんと

市販の一般的なスペックに比べ、振動数も100cpm以上も低く

ヘッド重量も70gも重いという かなり大きな幅を持っております。

つかみにくいところではあるとは存じますが、ヘッドは重くてよいと思います。

シャフトの硬さ/柔らかさは真ん中の数値(100cpmの離れの)を目安に

それよりも一般スペックは近いセッティングは

クラブ扱い等をあまり考えず、できるだけ素早く結果を出し

重さや柔らかさを楽しむ実践的なものになると思います。

真ん中よりもより柔らかいセッティングとなりますと

少々クラブの扱い方も考えなければなりません。

すぐに! 結果を出す というよりも

ゴルフクラブを先生にして、クラブの扱い方を相談しあいながら

ゆっくりと楽しんでいくセッティングと言えると思います。

 

 想像は難しいかもしれませんが、

重いヘッド&柔らかいシャフトに慣れていただきますと

このクラブで打てる弾道は独特です。

市販の軽いヘッド・硬いシャフトでは絶対に出ない球質だと思います。

私は個人的には これが「強い球」と呼べるものだと思っています。

高さも市販のクラブを打つのとは異なり 中から低弾道目になります。

そういった『弾道のこだわり』

というのをハミングバードは目指しています。

重ければ重いヘッドほど 筋力に頼らず飛ばせるようになりますし、

柔らかければ柔らかいほど、スイング動作をクラブに任せられます。

 


とは言え、持てば魔法のようにすぐ出来るわけではないですから

段階を踏んで より重く柔らかいものにしていくか

それとも少しチャレンジ精神をもって最初から、

″激しい″ 重さと柔らかさに挑むか

はそれぞれの方の考え方次第だと思います。

 

 

○アイアンの単品販売も行っておりますでしょうか?

 はい。本数に限定はございません。

どちらにしましても ヘッドはお客様より注文をいただいてからの製造になりますから

納期はかかりますが、いろいろな自由度がございます。

アイアンですと ロフト・ライばかりでなく

メッキの仕上げも数種類用意しておりますのでお好みでお選びください。

 

 

ぜひご検討くださいませ。

また 遠慮なくメールなり、お電話でお問い合わせください。

 


 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10

  株)ハミングバードスポルテ   野澤 亨

    ☎ 046-804-1480 


006

このページのトップヘ