言葉遊びのようですが、
『クラブを振る』 と 『体を回す』
を別な行為だと思っている人が多いように思えます。
hiraki

ダウンスイングを取ってみれば
体を先に回してから クラブを振る
というイメージを描いている人は少なく無いのでしょう。

✋練習場でも、コースでもそうですが
多くの人の素振りをご覧ください。
本来、ボールは足と足の間にあります。
ところが 素振りではボールを過ぎてから
スタンスの左側にある空間で
上に向かって振っているのに気づくでしょうか?
正に『振り遅れ』です。
腰(骨盤)が正面(ボールと正対)してから
振っている人が殆どに見えます。

dohiraki

プロもそうですが、
まだボールを打っていないのに
体そのものは 立っていられる最後の場所に
到達してしまっています。〜〜〜回り切っている
ここからでは もう手先でボールを打つほかありません。
体が止まる という表現を使われますが
体が終わる が正しいのでしょう。
yjimage4NR1MAL3

このイメージは 胴体/ボディ を
腰とへそから上、胴体を二分し捻る動作の象徴です。
肩と腰
(骨盤)は別物 と考えています。

スイングの軌道の話 で言えば
前傾をしており 右を向いているから
上から下、右上方から左下方 への空間がある筈 なのに
腰が正面を向いてから「クラブを振れば」
その空間は消えてしまいます。

フェアウェイウッドやドライバーなど
長いクラブをあまり得意としていない人の典型
なのではないでしょうか。

骨盤(腰)の回転通り(正しくは回転そのもので!)
クラブがボールに入って来れば
ボールから離れたところ(インサイドから)
ボールよりも斜め上方から(上から)
自動的に入ってきますが
腰が回ってから 肩なり、腕で振ると
空間は消え、その動きなりに入って来れば
上から、インサイドからは、入って来れません。
俗に言う アウトサイドイン になります。
軌道だけを インサイドに修正すれば
よりクラブをひねることになりますから
軌道はインになっても、その分ロフトは寝てクラブは開きます。
18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n

長くて ヘッドの大きなウッド系は
自分の動作に対し、ヘッドの反応は鈍い です。
それを短時間で一旦捻り さらに捻り戻す
という行為は 似たようなショットを必要とする
とは相反した関係です。

体の回転を先に、あとから肩を回す という
二重な回転を作ってボールを打とうとする人は
自ら作った 狭い空間〜急がなくてはいけない時間
に苦しむことになります。

体の回転通り、回転そのものでクラブを動かせば
ボール・インパクトに対し
非常に大きなもの・重いものが動いていきますから
ボールという重さ・負荷に対し
当然 強い・耐性の高いモノに出来ます。
体の故障も少なくなります。

関節の存在しない背骨を捻り
小手先で重さに耐えなくてはいけないショットは
若者に任せましょう。