2007年04月

2007年04月27日

不動産投資フェアの映像

シェアブログfxos0903に投稿

メルマガ登録・解除 ID: 0000200155
大家さんの満室経営実践術「修繕編」高利回りへの道
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 これを知らないと絶対損をする!!満室経営実践会「戦略的契約ノウハウ」セミナー

■みっちり6時間!1日でモノにする、知っていると間違いなく選べる物件の幅が広がる

「損をしない戦略的契約ノウハウ習得セミナー」はこちら、残席2です!

 ⇒ http://blog.livedoor.jp/hcsbrog/archives/50801747.html

知っているか知らないか、そこであなたと隣の不動産投資家との差がつく!

儲からない「競争激化」の賃貸経営の時代にまちがいなく必要不可欠なノウハウです!


今日も1票、励みになりますので宜しくお願いします(^^)

  ↓↓↓ カチッ!!

ブログランキングバナー

 

昨日東京出張でしたが、終電の新幹線に乗り遅れ、東京ドームのとなりの

ラクーアという大型スパにとまり10時ごろに名古屋に到着、

夕方に事務所に帰りPCをあけてメールを見ると

「日本ファイナンシャルアカデミー」の方からメールが、

先日行われた「不動産投資フェア」の映像の編集があらかた終了したとの事。

先日のフェアは「不動産投資」の間口を広げる為に参加費が大変「格安」でしたが、

その映像も「格安」でダウンロード販売で提供するそうです。

内容は私の事業の「コアコンピタンス」である「修繕コスト削減スキーム」の話ですが、

「映像」を確認し思ったことは私が「少し太ったなぁ」ということ。

正直4Kg太りました。(**)少し摂生せねば、

今比較的自宅に近いところでフィットネスクラブが建築されていますので、

完成したら通うつもりです。(^^)

ちょっと高校時代の運動部に戻った感じで

健康に気をつけて運動しようと思っています。(^^)

仕事をするためには心身ともによいコンディションが必要ですね。

ゴールデンウィークにはセミナーのレジメが完成、そして5月12日(土)は

定期借家契約セミナーと、セミナーが終了したら少し落ち着きますので

ドタバタモードから再度体制を立て直したいと思います。

しかし今回のセミナー参加者の方も全国津々浦々、

各地から「勉強熱心な大家さん」がこられます。

今回の定期借家契約セミナーの参加者の方の層を見てみますと、

思った以上に「上級大家さん」が多いです。

おそらく実際に賃貸経営をしている上で問題に直面しておられるのでしょう。

そしてこの契約による損失の大きさ、そしてこのセミナーで得られるリターンを

理解されているんでしょうね。

だから3万円という価格にもかかわらず参加されるんですね。

企画してみてわかったのですが、

まだまだ定期借家契約の認知度が低いということがわかりますね。

これ程家主側に有利で、儲からない賃貸経営において

お金を残す為に戦略的に使える契約はないので

「上級大家さん」だけでなくこれから「不動産投資」を始める方にも、

そしてまだはじめたばかりという人にも参加してほしいですね。

はっきりいってこの内容を知っていたら「物件購入時」に

選べる「選択肢の幅」が間違いなく広がります。

なぜなら「滞納リスク」、「原状回復リスク」、

そして「不良入居者」の「立ち退きリスク」がすべて「リスクヘッジ」できるのですから。。

わたしは本当の「ローコスト物件」(賃料が3万円とか)の「ローエンド層」が住むような

賃貸物件は上記のような「不良入居者」のリスクが大きいので

従来は一切手を出しませんでしたが、今回の「契約ノウハウ」を体系化し

「戦略的」に活用することにより、そのような物件も買い付けをいれる事が可能になりました。

このセミナーは参加費が3万円と価格だけ見れば高額に感じますが、

今回は2部構成、みっちり6時間の1日コース。その経済効果は計り知れません。

それも参加した方しかわかりませんが、絶対に「参加してよかった」と

思われるでしょう。

はっきりいってこのセミナーの内容だけで「賃貸契約のノウハウ」は事足りると思います。

残席はあと2席のみですが、迷っている方はぜひご参加ください。

「ノウハウ」や「知識」にお金を払えない人たちを尻目に、

どんどん不動産投資にドライブをかけていきましょう。

「物件獲得競争」も、「入居者獲得競争」も勝つか負けるかの競争です。

1日1日不動産価格が右肩上がりに上昇する局面において

1分1秒の価値は絶大です。

そのうち物件が「バブル」で一般人は「不動産投資」に参入できなくなりますから

時は金なりですね。

知っていて「リスク」が「マネジメント」できるか、知らないから「マネジメント」できないか、

最終的な結果は雲泥の差でしょう。

「不動産」を買える買えないか、そしてすでに賃貸経営をしていても

「お金」が残るか残らないか、は私はそこが一番の決め手だと思います。

不動産投資にいおいて自己投資ができない限り成功はありえません。

残席はあと2席、勝ち組大家さんへ一歩を踏み出して下さい。

満室経営実践会の定期借家契約セミナー

ここ ⇒ http://blog.livedoor.jp/hcsbrog/archives/50801747.html

 

セミナーが終了したら「岐阜県の案件の調査報告」と「一宮の新築案件」の融資交渉

最終フェーズをまとめて、ひとつひとつ仕事の進捗を進めて行きたいと思います。

人生マラソンですから、確実に進めたいですね。

より多くの学びはここに!さらに詳しいノウハウはここ!やっぱりブログランキングです!

  ↓↓↓ カチッ!!

ブログランキングバナー

 

 



hcsbrog at 02:41コメント(2) この記事をクリップ!

2007年04月24日

ミクシイのオフ会へ参加、しかし・・・

ブグランキン応援お願いします!

  ↓↓↓ カチッ!!

ブログランキングバナー

 

本日は久ぶりの私事、書こうかどうか迷ったけど書いちゃいます。

先日「ミクシイ」から突然メッセージがありました。

「このメールに縁を感じたら・・・・このままでは終わりたくないという若者であつまって語りましょう・・・」

のようなメール。

私のマイミクは基本的にくるもの拒まずであるが、あんまり胡散臭いのはちょっとこまる。

しかし、よくよくよんでみると

その内容は20代〜30代若手中心の「異業種交流会」のようなものだそうな。

40名近く集まるとの事で、当日一緒に打ち合わせしていたHCS事務局の○尾さんと2人で

急遽参加することに、

 

目的はHCSメンバーのスカウトです。(^^)

IT系、ファイナンス系、不動産系、に強くてわれわれと同世代で同じ志をもてる

イケメンを探しにでかけました。。(^^)

いまお願いしている設計士の○田さんにせよ○尾さんにせよ誰にせよ、

特に出会いを求めていたわけではないが、みんなめぐり合うべくしてであった気がする。

しかし法人成して業務拡張する(私の意思と反してになってしまった。。)現在のフェーズでは

優秀で気の合う同年代の人材がほしいところ。。

 

時間も少し遅刻で現地に到着すると、「代表」と名乗る「超イケメン男性」が対応してくれ、

名刺交換、しかし若い、「ロンゲ」に「」パーマ」で「麻のジャケット」、

ジャニーズ系だが若すぎ、

大学2年生くらいのときにタイムスリップした感じ。

私「何の集まりですか?」

代表「後で話します。」

この代表、めちゃめちゃ若く感じたが私と同じ30歳だそうな。。

本当に大学2年くらいに感じる。すくなくとも大学2年くらいのときは彼らの感覚にタメセンはれたが、

社会人8年目のおっちゃんにはさすがにエライ。。(話合わなそ〜)

会場はカフェでその奥の一区画が貸切になっておりビュッフェスタイル。

奥には「スクリーン」と「プロジェクター」があって何かプレゼンするらしい。

私「プレゼンするんですか?」

代表「後で話します。」

後で話すというからまぁいいっか、とりあえず食事だと○尾さんとビュッフェをとりに動いた。

しかしとにかく参加者が若い。。中には我々のようにスーツ姿もちらほらいる。

大学2年ときにサークルで主催したようなパーティーに参加した気分。。

この年になって「成長路線」の為のやるべきことがすべて決まっている今、

若い女の子などまったく興味はないがこの雰囲気、

「あのころは楽しかったな〜。」などと思いながら着席。。

○尾さんと二人「この雰囲気、若いね〜。俺たち年食ったな〜。」と

違和感を感じながら二人食事開始。

するとなにやら少し私より年上な感じの方が話しかけてきた。

話を聞くと33歳らしい。○尾さんと同じ年だ。

どうやらこの会に参加は6回目、何の集まりか聞くと「若手の異業種懇親会」とのこと、

「ふ〜ん」と思いながら聞いていたらなにやら雲行きが怪しくなってきた。

「○ュー○キンをやっている」と言い出したのである。

○尾さんと私「ネットワークか?」と顔を合わせたそのとき、

代表がプロジェクターでスクリーンに自分のプロフィールを投影しプレゼン開始、

また写真がかっこいいんだな。見ている女の子はキャーキャーもの、とまではいかないが

それに近い、あの甘いマスクで魅了している幹事だった。

趣旨は「交流会」だそうだが、でた、やたらと「夢」という言葉の繰り返し、

ありがちな「洗脳パターン」である。

そんなものははっきりいって私も○尾さんも大学1.2年のときに思いっきりやって卒業している。

なんでも研究好きな私は大学生の当時「マルチレベルマーケティング」の書籍を読み漁り、

時間とコストをかければそれなりの成果は出るが、結論は「製造メーカーが一番おいしい」ということ。

「販促費」や「リクルーティング」などの「営業コスト」はすべて会員もちだからである。

結構この「リクルーティング」面談時の飲食代が金がかかる。

なぜなら自分の配下、そして配下になろうとする人、へは飲食代はすべて自分もちだからである。

なぜならその勧誘する人が羽振りがよくなければ配下にはだれも入らないから当然のことなのだ。

そこに投下する時間とコストを総合したら成功するためには莫大な時間とコストが必要になる。

製造メーカーが儲かる物販を基軸とした普通の流通システムであり権利収入とは名ばかり

である。(※これはあくまで私個人の見解ですのであしからず。)

 

結構設備屋さんもやってたりするんだよな〜。

設備屋のおっさんに「副収入は持っていたほうがいいよ」

なんて言われたことがあるが、設備屋さんに言われなくてもございますって感じ。(笑)

はやくその副収入を生む部屋の工事完了してくださいなって感じでした。(大笑)

 

今の我々の頭の中は収益不動産の「コンサル」「コンサル」「コンサル」、

受けた案件をいかにして高パフォーマンスでもって遂行するか、がすべて、

ついでに私の頭の中はつぎのセミナーの「レジメ」がまだ半完成なので

「レジメ」「レジメ」「レジメ」である。

 

話を戻してこの代表と名のる超イケメン、

どうやら高校中退だかなんだかで「フリーター」の後いきなり起業して

「カフェ」を2件経営しているらしい。

社会人経験せずにちゃんと成り立ってるからすごい。相当優秀なのだろう。

社会に出てからなんだか型にはまったようで「○ュー○キン」をはじめたそうだ。

なるほど、「サラリーマン経験」してないからそんなに若いんだ。と納得。

しかも会場の後ろの方はやたらにそのスピーチにうなずき賛同する。

完全にグル。半分くらいはグルだろう。

しかも会場から出られないように後ろはみんなぎちぎちに立っている。

すると代表の弟分がでてきてスピーチ開始、こちらも超イケメン。

はっきりいってそこらの「安物ホストクラブ」よりグレードは数段高い。

どうやら彼は29歳で看板屋の社長らしい。代表を兄のように慕っているとのこと。

従業員は12人雇って年収は1000万、しかし社員の「退職金」が払えないから、

誰のために働いているのかわからなくなった。

「1000万なんて大して多くないなぁ」と私と○尾さんは心の中でつぶやく。

「不動産コンサル」していると家賃収入5千万だとか1億だとか、

私と変わらない年齢で不労所得を築きあげている「上級大家さん」がごろごろいるからだ。

話を戻して、その看板屋の社長、は自分の夢である「サーフィン」をして生活するために

「○ュー○キン」をがんばってやっているそうだ。

そして「夢」「夢」「夢」、

ちょっとまって、サーフィンしている割には色白くない?って感じであった。

大学2年のころは私も人のこといえませんでしたが、それ、「丘サーファー」っていうんだよ。(笑)

僕なんて板、2枚持ってます!(昔もあんまり、いまはまったくやりませんが。)(笑)

神奈川県の大学に通っていたのでよく平塚に本物のサーファーの友達につれられて

浜に行ったもんだが、本物はみんな真っ黒です。冬であろうがやってますから。。

○尾さんと「しょーもない会に参加してしまったなぁ〜。。」と二人顔を合わす。

どうやら「ネットワークビジネス」の勧誘の会だったようだ。

会場の後ろを見るとわざとらしくうなずいたり、声を上げてスピーチに賛同するグルたちでぎっしり、

スピーチが終わるまで出れそうにない。

若い子だったら簡単に洗脳されてしまいそうなくらいグルが多い。

しか〜し、そんなくだらんことに時間を使う暇がない私と○尾さんでそのグルたちをかき分け、

さくっと会場を後にして次の店へ、さらばじゃ〜!

くだらない会とはおさらばです。(私たちにとってですので誤解のないよーに。。)

その後二人で行きつけのバーにいき「事業戦略」と今後の「スケジュール」を

あーでもないこーでもないと電車がなくなる寸前まで話したのはいうまでもない。

異業種懇親会とは名ばかりのネットワーク勧誘の会へ参加した感想は、

その人たちに「不動産投資」を教えたいくらいでした。

「賃貸経営」のほうがよっぽど報われるのに。

そんなところで「ネットワークビジネス」に勧誘されるとは、いやはや勉強になった一日でした。

 

役に立つ不動産投資ブログが多数!!

  ↓↓↓ カチッ!!

ブログランキングバナー

2007年04月20日

失敗から何を学ぶか?

シェアブログfxos0903に投稿

メルマガ登録・解除 ID: 0000200155
大家さんの満室経営実践術「修繕編」高利回りへの道
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

■みっちり6時間!1日でモノにする、知っていると間違いなく選べる物件の幅が広がる

「損をしない戦略的契約ノウハウ習得セミナー」はこちら、残席少です!

 ⇒ http://blog.livedoor.jp/hcsbrog/archives/50801747.html


より多くの学びがあります!ブログランキング!

  ↓↓↓ カチッ!!

ブログランキングバナー

 

今日は久しぶりに「修繕工事」のお話をします。

しかも今日は失敗談です。

ちょっとお恥ずかしいですが「修繕工事」においてどのような失敗をし、

どのようにリカバリーしたか?をお話します。(^^)

 

「リフォーム工事」においては一般的に「施工図面」や「建築図面」は当てになりません。

特に築15年以上のものは大体結構な確立で当てになりませんね。。

特に「設備工事」、図面通りに施工されていないケースが本当に多いです。

もっと築古になって躯体の中に「給水給湯管」が走っている場合何かは最悪です。

私の場合すべてやり直します。

「開けてみないと分からない」それが「リフォーム工事」です。

しかしこの失敗、そのような物件の問題ではありませんでした。

私のミスからの失敗です。(**)

その一部始終をお話しましょう。。

給湯器パイプシャフト

 

←その工事とはコレです。

 「給湯器交換工事」、

 これがえらいことになってしまうんです。。  (**)

 

 

 

この工事、「給湯器」を通常の「給湯器」から「追炊給湯器」へ変更する予定でした。

この「給湯器交換工事」、実は大変なことになってしまったのです。。

改造前の状況は「築古物件」ということもあり、えらく大きな「給湯器」がついていました。

 

あまりにも大きいので、「一般的な規格だろう」と思っていたのですが、

この「●●だろう」という考えが大変なことになってしまうのです。

 

私はお家芸の「コスト削減スキーム」で「給湯器」を「メーカー」もしくは

「一次代理店」から「競争原理」の元「超激安価格」で調達をしました。

 

新しい給湯器を7台一括発注です。

設備屋納品で手配を取り、いざ現場へ、すると予想だにできない自体が・・・

なんと「パイプスペース」よりも「給湯器」が両サイド約1センチ、上部約1センチと、

「パイプスペース」よりも給湯器が大きいのです。

 

パイプシャフト

 「なっ、何〜!!」

←何度図っても間違いなく給湯器のほうが大きいです。

 やっても〜た〜。。(ーー)

設備屋の社長も「う〜んこれははいらんなぁ〜。」

 

いや〜正直かなりあせりましたね〜。今だからさらっといえますけど。。(^^)

既設のものがあんまりにも大きい「給湯器」だったので

新調する「給湯器」も「同一規格」だろうと考え、しっかり採寸せず、

そして給湯器カタログの有効寸法もきっちり確認していなかったのです。

 

100%私の確認ミス、やってしまいました〜。。(**)

 

この状況を打開するには

・「給湯器」を「返品交換」する、という策がまず思いつきます。

しかし昔はそうではなかったのですが、

昨今は製造メーカーが品質管理のISOを取得している為、一度出荷したものは

梱包開封に関わらず一度工場で梱包開封し、品質チェック作業の元、再度梱包、出荷と

チェック作業を行うメーカーが殆どです。

 

そのため、返品するにあたり1台につき1万円〜2万円のコストがかかるのです。

1万円として7台ですから交換手数料が7万円、

さらにスリムタイプの「追炊給湯器」に変更すると1台1万円のコストアップ×7台で7万円、

しかもコレだけでは終わりません。

 

「スリムタイプ」にするとパイプスペースに隙間が空いてしまいます。

通常はこの隙間を覆い隠す「化粧プレート」というオプションがありそれを使います。

それが大体1万円〜2万円程度、しか〜し、通常のオプションでは完全に隙間が

隠せるタイプはありません。板金屋に作らせて、塗装屋に塗らしたら

だいたい1セット多目に見て2万円として×7台で14万です。。

 

しめて合計コストが

手数料「7万円」+「スリムタイプ」へ変更「7万円」

+「化粧プレート」が「14万円」=28万円の出費!!

痛いですね〜。。こんなところで30万円も使うわけにはいきません。。

 

そこで最後の手段、

「パイプスペース」の枠にグラインダーでラインをいれ、

「給湯器」とあたる部分のモルタルをはつり、給湯器に当らないように

スペースを確保し、はつった部分を再度モルタルで補修する

をという選択をしました。

 

これ、「枠」が「鉄」で「枠」の中に「モルタル」が埋まっているので

グランダーもままなりません。

「金属を削る刃」と「モルタルを削る刃」は違うのです。。

(ちょっとマニアックになってきましたね。。)

給湯器採寸

 

←給湯器が当る部分、約1センチ、枠をケガきます。

 

 

 

パイプシャフト

 

←これはパイプスペースの内側です。

 盛り上がっているモルタルもはつります。

 

 

給湯器採寸◆

 

←パイプスペース枠の上部の裏側もケガきます。

  ここはグラインダーが入れにくいなぁ〜。

 

 

とりあえず原理的にはできますが、グラインダーの刃が利くか、

うまく削りたいところにあたるかどうか確認する為に試しにひとつ自分でやってみました。。

試行錯誤の上、午前中かかって1室、できました。うん、これはいける!

 

そして次の日にハツリ屋さんを呼んで残りの6室作業開始!

なぜ自分でやったかというと効率的に作業が進むように指示がするためです。

これ、コスト削減の為の工期短縮には実は超重要です。

給湯器

 

←そしてこれが完成!いやはやなんとか治まりました。

 たすかった。(^^)

 

 

 

 

 

給湯器

 

←仕上がりはこんな感じ。。ばっちりです。

 今後給湯器が壊れたときでも現行の規格品が

 入りますので安価な給湯器が使えます。

 

 

 

 

給湯器

 

 

←上はこんな感じ、

 

 

 

 

給湯器

 

←横からの収まりも完璧ですね。

  どんぴしゃです!

 

 

 

 

 

この一件で学んだことは「●●だろう」と感覚で物事を判断してはいけないということです。

私はこの一見以来どのようなことでも確実に「寸法」を測り、メモし、「カタログ」の

「有効寸法」を確認し「メーカー」にもその「有効寸法」に「余裕」を見ているかどうかの

確認をしています。(^^)

 

自分で招いてしまったトラブルですが本当にいい勉強になりました。。

二度どこのような間違いは起こさないでしょう。ホントにあせりましたから。(^^)

 

今日の高利回りキーワードは

「給湯器メーカー、各社の製造の実態」です。

高利回りキーワードはメルマガでくわしく説明します。

■メルマガはこちら↓↓↓

メルマガはこちら ⇒ http://www.mag2.com/m/0000200155.html

 

ブログランキング!役に立ったと思ったら1票お願いします!

  ↓↓↓ カチッ!!

ブログランキングバナー

2007年04月16日

岐阜県●●市、市場調査

シェアブログfxos0903に投稿

メルマガ登録・解除 ID: 0000200155
大家さんの満室経営実践術「修繕編」高利回りへの道
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

市場調査の極意はここに!ブログランキング!

  ↓↓↓ カチッ!!

ブログランキングバナー

 


■みっちり6時間!1日でモノにする、知っていると間違いなく選べる物件の幅が広がる

「損をしない戦略的契約ノウハウ習得セミナー」はこちら、残席少です!

 ⇒ http://blog.livedoor.jp/hcsbrog/archives/50801747.html


 

先週はあるオーナーさんから依頼いただいている案件の「周辺調査」にでかけてきました。

この案件は既存物件の「リノベーション」案件です。

調査はもうあらかた済んでいたのですが、あと確認事項が数点あり、再度現地へいってきました。

このオーナーさんがお持ちのエリアは愛知県と隣接する県である岐阜県です。

岐阜県といえば「縦に長い県」で有名ですね。静岡県は「横に長い」ですが。。(^^)

岐阜は実は名古屋からJRで20分でついてしまいますので結構近いのですが、

「支店経済」の名古屋ですが、「転勤」で名古屋に訪れた「転勤族」は

名古屋市以外に住むことはあまりありません。

どちらかというと実家が●●でとか、その地域に何かゆかりがある方以外は

いくら「通勤圏」とはいえ名古屋市意外に住むことはありません。

これは西側のお隣である三重県も同じことが言えます。

ということは必然的にその「エリア」、いわば地元に住む人たちが「ターゲット層」となるわけです。

さてその結果ですが、市場自体の需要はいまだかつてないほどの好景気でした。

岐阜は過去に「繊維産業」で栄えましたが、ご存知の通り産業の空洞化で

中国などへ製造拠点としての役割が移行し、右肩下がりの一方でした。

しかし、ここ数年の「製造業」の好景気に連動して活況を取り戻している様子でした。

愛知県といえば「自動車産業」が好調というイメージですが

「自動車産業」だけでなくそれにまつわる企業が沢山あります。

例えば「シート」の素材を製造する「化学素材」メーカー、

自動車に乗せる「コンピューター」や「センサー」などの電子部品を製造しているメーカーなど、

「製造業」が活況を取り戻すことで「人口」が増えます。

するとその「人口」の購買力を求め「流通系」がそのエリアに参入してきます。

「イオン」などの「大型流通系店舗」ですね。昨今では「コンプレックス」という形態で

人の流れを大きく変える力を持っています。

まさにこのオーナーさんがお持ちのエリアはそのような流れの真っ只中、

賃貸需要は旺盛で物件が足らないという状況でした。。(^^)

ただしコレは「特需」ですから気をつける必要がありますね。つづきはまた明日。

 

本日の高利回りキーワードは「ターゲット層」です。

高利回りキーワードはメルマガで詳しく解説します。

メルマガはこちら ⇒ http://www.mag2.com/m/0000200155.html

 

好景気なエリアはここに!ブログランキング、

  ↓↓↓ カチッ!!

ブログランキングバナー

2007年04月10日

「不動産投資フェア」での講演ありがとうございました。

ベテラン大家が沢山居ます!!

  ↓↓↓ カチッ!!

ブログランキングバナー

 


■みっちり6時間!1日でモノにする「損をしない戦略的契約ノウハウ習得セミナー」はこちら

 ⇒ http://blog.livedoor.jp/hcsbrog/archives/50801747.html


日本ファイナンシャルアカデミー主催の不動産投資フェアin渋谷にて講演をしてきました。

場所は渋谷、渋谷に降り立つのは5年ぶりなんて講演でいいましたが、

よくよく後で考えてみると9年ぶりくらいでした。。(^^)

とにかく人が多い!さすが首都東京という感じです。

印象的だったのは「渋谷センター街」の「シンボリック」なアーチがアーチでなくなっていたこと、

確か数年前に台風かなんかで倒壊したんですよね。

あとその日は忠犬ハチ公の慰霊祭が開催されていました。

シダックスホール

 

← ここが「不動産投資フェア」の会場である

  「シダックススホール」です。

  「カラオケか?」とおもったらシダックスの本社で

  ちゃんと「大型ホール」がビルの中にありました。。(^^)

 

 

不動産投資フェア看板

 

←このように看板が!やはりここ、間違いないようです。(笑)

 

 

小林後方左

 

←コレが会場です。演台に居る私が見えませんね〜、

 申し込みベースでなんと「500名」、その時点で募集を

 ストップしたそうです。

会場収用は「約400名」という大型イベントでした。(^^)とにかく凄い人!、凄い熱気です!

小林後方右

 

内容は私を含めた5人の「実践不動産投資家」が講演する

というもので私は移動の関係で「2時」からの講演に

していただきました。プロのアナウンサーの方の司会進行で

「講師プロフィール」を説明していただき会場が一気に静まります。

そして私の講演が始まりました。

しかし凄い人、演台にいるのは私ですがほぼ判別不可能ですね(笑)

小林後方左

 

←「大型ディスプレイ」が合計5台、

 みなさん食い入るように講演を聞いておられました。

 私は最高「800人」を前にプレゼンをやったことがある

のですが、今回は皆さん真剣で食い入るように講演を聞いておられたので本当にやり易い

セミナーで、私も楽しんで講演できました。「笑い」あり、「うなづき」ありの約1時間、

会場の皆さんと大変有意義な時間を共有できたと思います。とにかく皆さんの

一言一句もらさず自分の物にしようという真剣な「眼差し」が凄い!!

演台に立っていながらひしひしと感じました!

小林演台

 

←この写真はなんとか私と判別が付きますね。(笑)

 講演も架橋に入り、どんどん「核心部分」に触れていきます。

 

小林演台

 

←そして約1時間にわたる講演が無事講演終了。

 思いのほか盛大な拍手をいただくことができました。

 みなさん、ほんとうにありがとうございました。

 

講演終了後、わざわざ私のところに多くの方がご挨拶に来ていただけました。

「ミクシイの●●です。きょうは小林さんに会いに会場に居一番に入り

一番前で講演を聞きました。」といううれしいことをいっていただける方、

「ブログ見ています!」という方や、「メルマが読んでます!」という方、

本当にありがとうございました。

中にはなんと名古屋で1月に開催した「修繕コスト削減セミナー」に参加された

「上級大家」さんも!

「小林さん!」と声をかけられ振り向くと、なんとそこには■■さんが!

「あっ、■■さん、なんでいるんですか?」という感じでした。(笑)

なぜならこの「上級大家さん」、資産規模5億以上を利回り15%以上で運用する

ツワモノです。。(^^)

講演終了後、その名古屋での「修繕コスト削減セミナー」にご参加いただいた

上級大家さんとその仲間の方と飲みにいきました。

そこには群馬県で大家さんの勉強会を主催されている方や、

あの有名な「サラリーマンでも大家になれる46の秘訣」の著者「藤山勇司さん」の

会社で働き、藤山さんから直接指南を受けておられた方も後から合流し

楽しい時間を過ごせ、本当に有意義な一日となりました。

しかし「約400人」という多くの方々が食い入るように「一言一句」もらさずに

聞こうという「眼差し」で私の講演を聞いてくださり、ありがとうございました。

この場を借りてご参加いただいた方々にお礼を申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました。

 

さて、来る5月12日(土)に名古屋にて私が主催する

満室経営実践会のセミナーがで開催されます。

この内容は「不動産投資」、いわば「賃貸経営」を始めるときには

必ず必要な「賃貸契約ノウハウの話」です。

当セミナーの内容は私小林大祐の折り紙つきです。費用対効果は計り知れません。

この内容を押さえていないと「大損する可能性」がありますので

「不動産投資」、「賃貸経営」で「損をしたくない方」は必ず抑えてくださいね。

残りの席も少なくなってきましたので「お金を残す戦略的契約ノウハウ」

をたった1日で自分のモノにしたい方はご参加下さい。

セミナー終了後懇親会も予定しています。

■セミナー詳細はこちら↓↓↓

http://blog.livedoor.jp/hcsbrog/archives/50801747.html

みなさん、次は名古屋でお会いしましょう!

 

応援宜しくお願いします! ワンクリックで1票!

↓↓↓ カチッ!!
ブログランキングバナー

 

 



2007年04月01日

久しぶりの上京

シェアブログfxos0903に投稿

メルマガ登録・解除 ID: 0000200155
大家さんの満室経営実践術「修繕編」高利回りへの道
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

大家さんの為の満室経営実践会  賃貸経営セミナー 2007年 5月12日(土)

超お得な「2時間30分×2講演」の2部構成!

■第一部

「不良入居者にはこう挑め!

   家賃滞納、原状回復で損をしない定期借家契約活用術、ノウハウ公開」

                           講師 満室経営実践会 小林大祐

■第二部

「誰も知らなかった!

  普通借家契約を定期借家契約へ合法的に手間なく更新するノウハウ公開」
 
                          講師 大友不動産(有) 大友哲哉 氏

 

■詳細はこちら↓↓↓

   http://blog.livedoor.jp/hcsbrog/archives/50801747.html


■お申し込みはこちら↓↓↓

   http://my.formman.com/form/pc/5Cwltr4rpSJNH1B8/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■応援よろしくお願いします!!

↓↓↓ カチッ!!

ブログランキングバナー

 

今日は久しぶりに東京でセミナーに参加してきました。

浦田さんの「競売セミナー」です。

名古屋ではすでに東京、大阪同様、競売は高騰しすぎてうまみがありませんが、

競売関係で働いていた中村さんのお話に興味があったのと

他の方のセミナーに「受講者」として参加しすることで「自身の講演」に生かせればと思い

参加しました。

 

現地に到着して会場に着くとFPコンサルタント同期の奈良県で工務店を経営されている

井上さんと遭遇、久しぶりにお会いしたので近況報告していると、

浦田さんと本日講演される中村さん、そして金持ち大家塾板橋校の大友さんが

会場到着され、講演開始までの時間少し談笑しました。

 

中村さんは31歳でありながら、知識ゼロから競売事業や分譲事業を軌道に乗せられ、

自身でも家賃収入4100万円とかなりの経歴の持ち主です。

 

浦田さんから「小林君、賃貸住宅新聞でまくりだね〜」とからかわれつつ立ち話の後、

セミナー開始、あっというまにセミナー終了時刻、私が講演しているときも

「あっという間」なのですが、「受講者側も同じなんだな〜」と

再度、時間の流れの感覚を確認できました。

 

本日のセミナー受講者として気付いた点は、「用語」など細かく解説しているという点です。

私が講演をするテーマは「工事」や「修繕」、「リフォーム」など、結構専門的なことが多いので、

「専門用語」も多数使用します。

そのような用語は詳しく説明するほうが受講者側には分かり易いということが実感できました。

次回のセミナーに今回の気付きはぜひ生かしたいとおもいます。

 

セミナー終了後、「不動産投資フェスティバル」で講演された鈴木よし子さんを交え、

大友さん、井上さん、東京三鷹で大家塾を主催されている大川さんと

各地の「コンサルタント」ばかりで集まって、東京駅の居酒屋で情報交換がてら飲んで

先ほど帰宅しました。

しかし鈴木よし子さん、気さくな肝っ玉かあちゃんという感じなのですが凄いツワモノ、

浦田さんの「不動産フェスティバル」によれば「総資産5億円」、「家賃収入1億円以上」、

「経営規模200室」、「運用利回り」は「20%以上」のスーパー大家さん、

その「経営の極意」など、いろいろと勉強になるお話を伺うことができました。

名古屋での「満室経営実践会の講師にも改めて来ていただけることになりました。

改めて機会を作りたいと思います。

やはり「圧倒的な規模」での大家さんのお話はこれから「不動産投資」をされる方や

実際にされている方にとっても大変参考になるお話が多いと思います。

 

私の知る限り四国のうっちゃんも年末に沢さんの忘年会でお会いしたときにそのパワーに

圧倒されましたが、うっちゃんと埼玉の鈴木よし子さん、このお二人は「スーパー主婦」です。。(^^)

いやはや世の中凄い方がいるものです。しかし本当に価値ある上京になりました。

 

■家賃1億円級の方はこちらにも沢山います!⇒「ブログランキング

■応援宜しくお願いします!!

  ↓↓↓ カチッ!!

ブログランキングバナー

 

 

 

 



hcsbrog at 02:22コメント(3) この記事をクリップ!
livedoor プロフィール

hcsbrog

執筆しました!!
本ブログパーツの提供を終了しました
最新コメント
最新トラックバック
10年10月30日建築コスト削減戦略セミナー基礎編満員御礼ありがとうございました! (大家さんの為の満室経営実践術「修繕編」利回り15%への道)
私の結論
敷金 特約 (定期保険特約付終身保険のコレ、見逃してませんか?)
11月29(土)日原状回復費用負担リスク管理セミナー募集開始です!!
AQL抜き取り検査による品質管理方法 (AQL抜き取り検査による品質管理方法)
工事の品質
livedoor Readerに登録
Syndicate this site
livedoor Blog(ブログ)