部材調達

2010年02月20日

10年1月23日(土)「調達戦略セミナー2in東京」満員御礼ありがとうございました!

みなさんこんにちは、あっという間に今年も1/4が過ぎました。

この調子でゴールデンウィークまっしぐらというところでしょうか。

さて、本日は2010年1月23日(土)に東京渋谷で開催されました

あなたは無駄なコストを払い続けますか?
部材調達コストを大幅削減するための調達戦略セミナー

               
(ユニットバス・給湯器・衛生陶器編)

前回に引き続き「レジメページ数約100ページ3時間にわたり

「リフォームコスト」の大半を占める「水回り設備機器」の

「調達コスト削減」を実現する為の「コスト削減ロジック」と

最も重要な「相場観」をしっかり養って頂くという当セミナー、

その会場の熱気をお伝えいたしましょう。会場は前回と同じTs渋谷フラッグ

です。開会時刻の前にスタッフと現地入り、着々と会場設営が始まります。

開会時間になるとあっという間に満席です。

今回も会場拡張の上で全国各地から60名以上の勉強熱心な大家さんが

渋谷に集まりました。今回の参加者の方は東京、神奈川、埼玉、千葉、

満員御礼2

茨城県、群馬県の首都圏、関東圏

だけでなく、愛知県、三重県、なんと

山形県、香川県、広島県、北海道から

多くの大家さんがご参加いただきました

みなさん本当に遠方からのご参加お疲れ

さまでした。まずは満室経営実践会事務局西尾から

当講演のスケジュールについての説明があります。

実は彼、一次代理店でキャリア十数年以上、

開演の挨拶(西尾)

あらゆる設備機器メーカーの部材を

扱い年間取引五億円以上を販売する

愛知県の「地場大手管材設備系メガ

ディーラー」に勤めていた最強の「相場観」

を持つ業界人です。彼の説明の後、


 講演開始

小林大祐の講演が始まりました。

「リフォームコスト」の「工事費用」を分析

しますと半分は「材料費」、残り半分は

「手間代」ですが「リフォーム工事費」の

中でも特に高額になるのが「水回り設備

機器」、その大半を占める「設備機器部材」を「戦略的」に「コスト削減」を図る

為の「実践的セミナー」です

満員御礼3

講演の進捗に従い参加者へ質問が

度々投げかけられます。今回も「約90%」

の参加者が複数棟経営者の方でした。

しかし残り「約10%」の方が「これから不動産

投資を始めたい」、という方で、より利回りの高い、

利益の残る不動産投資を実現する為には

「水回り設備機器のコスト削減が不可欠」、ひいては「リフォームコスト削減力」を

自ら身につけなくては「利益が残る投資が実現できない」という

非常に本質を突いた考えの方々もご参加されていました。

その考え方、戦略的で非常に素晴らしいですね。

満員御礼4

さて、どんどん講演は進みます。

各「製造メーカーの特徴と利点」、

「販売戦略」、「エリア戦略の考え方」、

実際に営業現場にいないと、そしてその

「商流に介在」してみないと知り得ない話

ばかりです。実はあるメーカーの方がおっしゃって

いましたがメーカーの方は「自社の情報」には精通していますが

「他社の情報」は収集できません。

やはりあらゆる「製造メーカー」及び「メガディーラー」と調達ルートを

持っている我々だからこそ知りえる内容ですしお伝えできる内容です。

小林大祐2

そして参加者の度肝を抜く「ポジション別

掛率表」、単一メーカーではなく各メジャー

メーカー、マイナーメーカーの「商流ポジション

別手離価格」を計9品目、「1台ロット」と

「10台ロット」でレクチャーします。



小林大祐


そして「OEMメーカーの実態」とその具体的活用法など、

「最強の相場観」を3時間に渡り余すところなくお伝え

致しました。ご参加いただきましたみなさん、本当に

遠方よりご参加お疲れさまでした。

さて、お待ちかねのセミナー参加者肉筆アンケートです。

満室経営実践会のセミナーに参加を迷われている方々へ

ぜひ実際の参加者の方々の声を参考にしてください。

【セミナーの全体的感想】 ※(クリックするとすべて拡大します。)

00_東京都世田谷区TK

素晴らしいセミナーだった。このセミナーが開催されるまで
バスリフォームを待って良かった

東京都世田谷区 T.Kさん

00_神奈川県藤沢市中村






このようなセミナー初めて参加しました。非常に参考になるとともに行動する
意欲がわいてきました

神奈川県藤沢市 中村壽光さん

00_東京都中央区井戸

 

 

 



「調達セミナー機廚癸庁孱弔杷匕しましたが、参加費以上の価値が
今回もあったと思います

東京都中央区 井戸正義さん

00_東京都国立市TY




業者さんのマージンを取っていく構造を知った上で価格交渉していくという
ノウハウは衝撃的でした

東京都国立市 T.Yさん

00_東京都新宿区KN

 

 

 


聴いて不愉快になる「自慢話」に終始するセミナーが多いなかで、
実践的で参考になる(実行に移せる)話題がもり沢山で良かった
東京都新宿区 K.Nさん


00_神奈川県横浜市【匿名希望】

具体的な実践ノウハウに裏付けられ「使える」ナレッジを取得できた気がします。
ありがとうございました。
神奈川県横浜市 匿名希望

00_東京都世田谷区匿名






極めて合理的な戦略戦術に感銘を受けました
。こちらの実力が問われますが、
エネルギーと時間の制約の中で最大限実践していきたいと思います。
東京都世田谷区  匿名希望

00_福岡県福岡市F.Sさん

 

 



かなり為になりました。リフォームが発生した時には役立てたいと思います。
福岡県福岡市 F.Sさん

00_茨城県つくば市YK

 


 


小林さんの説明がうまく、最後まで集中できた
茨城県つくば市 Y.Kさん

00_東京都台東区TY

 

 

 


前半は1回目の復習になり良かった。施工の方法も知ることが出来て良かった
業界のしくみもわかって良かった
東京都台東区 T.Kさん

00_東京都大田区HE

 






ユニットバス等、調達コスト削減方法を知ることができ、大変参考になりました
東京都大田区 H.Eさん

00_東京都中野区OM




空室になった後リフォームをいかに安くあげるか今まで具体的な方法が
分からなかったが、これからは不安なくできる

東京都中野区 O.Mさん

00_東京都世田谷区菅田




とてもわかりやすく、他では聞けない重要な点をいくつも説明していて
ためになるセミナーだった

東京都世田谷区 菅田博文さん

00_東京都墨田区佐藤







講師のプレゼンテーション能力が高く、内容も充実したものであった
東京都墨田区 佐藤広さん

00_千葉県柏市竹越





より具体性があって良かった。大変参考になったので必ず使って
いきたいと思う。
千葉県柏市 竹越優さん

00_静岡県駿東郡鈴木





物件基本戦略を明確にし、コスト削減の方法などがわかりやすく説明して
頂けて良かったと思います

静岡県駿東郡 鈴木隆さん

00_埼玉県春日部市両角





小林先生のプレゼンテーションが素晴らしかったです。業界の不透明な部分が
クリアになりました

埼玉県春日部市 両角崇さん

00_埼玉県さいたま市橋本





前回セミナーにも参加しているので、より理解が深められた。機会ある時に
是非ノウハウを活用したい。
埼玉県さいたま市 橋本学さん

00_神奈川県藤沢市YK






ポジション別掛率表など、通常では解り得ない数字を教えてもらったり、
物件基本戦略が大事だという事など、幅広く参考になりました
神奈川県藤沢市 Y.Kさん

00_神奈川県高座郡中村






前回も参加したので「耳タコ」的な話ももちろんあったが、セミナーの
流れとしては必要なので無駄という話ではなかった。
業界相関図やポジション別掛率表はやはり驚きの内容でした
雑談的なところが非常に為になるのはありがたいです。
神奈川県高座郡 中村紀明さん

00_埼玉県さいたま市武田




再認識するとともに、コスト削減に関するモチベーションが高くなりました
埼玉県さいたま市 武田快紹さん

00_大阪府大阪市HH





他のセミナーで「知りたいのに話してくれないノウハウ」を学ぶことが
できたので本当に満足しています

大阪府大阪市 H.Hさん

00_東京都江戸川区松井





安さのあまり驚きました。良い施工店と巡り合う事が重要だと思いました。
東京都江戸川区 松井幸子さん

00_東京都東久留米市EK





常に具体的で大変参考になりました。セミナーで学んだ内容を
活用したいと思います。
東京都東久留米市 E.Kさん

00_東京都大田区山本





近いうちに大規模修繕を予定している為、大変参考になりました。
東京都大田区 山本圭介さん

00_東京都杉並区徳永






当ゼミのノウハウなしでは生き残れないとわかった

東京都杉並区 徳永孝さん

00_山形県東根市OR






具体的にこういう風に聞けばいいと、明確に教えていただいたので
自分でもできそうです

山形県東根市 O.Rさん

00_東京都世田谷区匿名希望





前回の調達戦略セミナーに続き、参加致しましたが、非常に有意な内容でした
是非、次のセミナーも参加したいと思います。
東京都世田谷区 匿名希望

【調達戦略セミナー4つのフェーズについてどう思われましたか?】

01_福岡県福岡市FSさん

 



極めてシンプルだが実用的実践的に思う

福岡県福岡市 FSさん

01_山形県東根市ORさん





わかりやすい。必ず実行します
山形県東根市 O.Rさん

01_東京都台東区TKさん


 



段階的に進める事が大切と思った。具体的な進め方が分かった
東京都台東区 T.Kさん

01_東京都世田谷区菅田さん

 




ロジックがしっかりしていて自分でも順を追って実行できると思う
東京都世田谷区 菅田博文さん

01_東京都目黒区匿名希望さん

 



このような視点で考えたことがなかった

東京都目黒区 匿名希望

01_東京都新宿区KNさん

 

 

自分の戦略策定が今まで少し甘かったと再認識できた
東京都新宿区 K.Nさん

01_埼玉県さいたま市橋本さん

理論的な構成になっており、分かりやすいと思う
埼玉県さいたま市 橋本学さん

01_埼玉県上尾市HTさん

 

 

詳細に説明されていて分かり易かった。
埼玉県上尾市 H.Tさん

気になる当セミナー内容の「感想」や「評価金額」は
続きをご覧ください。

続きを読む

hcsbrog at 23:22コメント(0) この記事をクリップ!

2010年01月04日

09年10月17日(土)「調達戦略セミナーin東京」満員御礼ありがとうございました!

投資の達人がズラリ!!
 ↓↓↓ カチッ!!
人気ブログランキングへ

みなさんこんにちは、あっという間に年が明けてしまいました。

本年度もよろしくお願いいたします。今年も私の会社のコアコンピタンスである

リフォーム、新築に関するの「コスト削減系」の話を中心に、物理的、時間的に

できるところから始めたいと思います。さて、本日は09年10月17日(土)に

東京渋谷で開催されました

あなたは無駄なコストを払い続けますか?
部材調達コストを大幅削減するための調達戦略セミナー
                    (キッチン洗面化粧台編)


レジメページ数114ページ3時間にわたり「リフォームコスト」の大半を占める

水回り設備機器」の調達コスト削減を実現する為のコスト削減ロジックと

最も重要な「相場観」をしっかり養っていただきました。その会場の熱気を

お伝えいたしましょう。

cyoutatu_tokyo-01-05会場はあのH&Mが1Fに入っているビル、

渋谷駅徒歩5分程度の会場でした。

開場と共に参加者の方がなだれ込みます。

今回も
満室経営実践会二回目の東京開催に

もかかわらず東京都、神奈川県、千葉県、



cyoutatu_tokyo-01-02埼玉県、だけでなく栃木県、群馬県、山梨県、

そしてなんと北は青森県、南は愛知県、

大阪府、京都府から、開場拡張を重ね、

最終的に60名以上の勉強熱心な大家さんが



cyoutatu_tokyo-01-13全国各地からご参加されました。

はい、セミナー開始です。当セミナーは

「知識蓄積」「戦略策定」、「準備」、「実行」の

4つのフェーズで構成されています。



cyoutatu_tokyo-01-04

 

さらに参加型セミナーですのタイミングに応じ

セミナー参加者へ質問が投げかけられます。

どんどんセミナーが進みます。

業界相関図を理解した上で、各メーカーの

販売戦略、そして実際に商流に介在


cyoutatu_tokyo-01-14


しないとわからない実際の「川上流通価格」、

そして最後に「戦略型番」と
「OEM」の存在

と、知らなければ絶対に活用できない

 


リフォームコストの割合を大きく占める

水回り設備機器、今回のセミナーは

キッチン、洗面化粧台にクローズアップし

コスト削減ロジックを整理、体系化しています。


2006年人口動向が減少へ転じる中、毎年新築着
工件数が増加を続け、

過剰供給の一途をたどるこの業界ですが、勝つ為の原理は簡単です。

良いものを安く作ればよいのです。築年数を重ねた物件は年々空室が

目立ち始めます。しかし競合物件にできない価格で「水回り」を低コストに

「リニューアル」することができれば「比較の世界」の賃貸経営では簡単に

競合物件の空室を横目に自分の物件に行列ができ、且つ利益の残る

満室経営が実践できるのです。非常にシンプルですね。

cyoutatu_tokyo-01-08
さてお話は戻ります。セミナー終了後懇親会へ、

26名の大家さんが参加され、セミナー以上に濃いお話が

繰り広げられました。もつ鍋最高でした。(^^)

参加者の皆さん、遠方より本当にお疲れさまでした。

次回は1月23日(土)、東京渋谷にて

あなたはまだ無駄なコストを払い続けるのですか?
部材調達コストを大幅削減するための調達戦略セミナーⅡ

                
(ユニットバス、給湯器、衛生陶器編)


も一般募集開始、残りの席は限られています。

◆詳細はこちら⇒ http://www.kachigumiooya.com/seminar-s015-0/

 さて、さて、お待ちかねの「参加者の方々の声」です。(肉筆アンケート)

【当セミナーの全体的な感想はいかがでしたでしょうか?】

【全体感想】福岡県福岡市FSさん




メチャメチャ参考になりました。次回のセミナーも参加させて頂きます。
ありがとうございました。
                            
 福岡県福岡市 F.Sさん

【全体感想】愛知県名古屋市志水紀美江さん

 

 



内容が充実していて大変参考になりました。
                                   愛知県名古屋市  志水紀美江さん

【全体感想】愛知県名古屋市長谷川誠さん

 

 



知らない事ばかりで非常に勉強になりました
。実践に役立てたいと思います。
まずは物件基本戦略を明確にしたい。
                           愛知県名古屋市 長谷川誠さん

【全体感想】群馬県吾妻群杉浦龍之介さん

 

 



安価に購入する為の考え方が良くわかりました。また指値する指標となる
値段がわかった事、業界のことが良くわかってよかったです。
                           群馬県吾妻郡 杉浦龍之介さん

【全体感想】群馬県高崎市U.Tさん

 

 



通常知り得ない業界の状況を教えていただき得した気分です

                           群馬県高崎市 匿名希望

【全体感想】埼玉県さいたま市橋本学さん

 

 



知っているか、知らないかで大きく差が出ることを強く感じさせられた内容
でした
。まずは実践を試みたいと思います。ありがとうございました。
                                                    埼玉県さいたま市 橋本学さん

【全体感想】埼玉県上尾市早川隆さん

 

 



具体的に判り易く説明してくださいまして大変参考になりました。
業界の様子が理解できました。
                           埼玉県上尾市 早川隆さん

【全体感想】神奈川県横浜市TMさん

 

 



業界のしくみ
値段設定がよくわかった。   神奈川県横浜市 TMさん

【全体感想】神奈川県横浜市河原進さん

 

 



全く知らなかった情報
を得ることができ大変有意義でした。
                                                    神奈川県横浜市 河原進さん

【全体感想】神奈川県横浜市三浦秀樹さん

 

 



洗練されている、という印象
。大家さんが気にしているテーマに対しちょうど
いいボリュームにまとまっていた為判り易かった。 
                                                    神奈川県横浜市 三浦秀樹さん

【全体感想】神奈川県高座郡中村紀明さん

 

 



リフォームについての適正な相場観がなかなか身に付かず迷っていましたが
今回のセミナーで目の前がパッと明るくなった感じがします

                                                      神奈川県高座郡 中村紀明さん

【全体感想】杉並区徳永孝さん

 

 



古い体制の業界に革命を起こすゼミナールでした。
                                                        東京都杉並区 徳永孝さん

【全体感想】青森県青森市UTさん

 

 



とても詳しく判り易く為になりました。先生の調査の徹底度が良くわかりました。
                                                          青森県青森市 UTさん

【全体感想】千葉県柏市竹越優さん

 

 



これほど具体的な手法や戦略があることに驚きました。これからの経営に
絶対的に生かしていきたい
と思います。
                                                           千葉県柏市 竹越 優さん

【全体感想】東京都世田谷区菅田博文さん

 



入念な準備、調査と豊富なデータに基づいた判りやすい説明が大変役に
立ちました。
                                                           東京都世田谷区 菅田博文さん

【全体感想】東京都台東区高木和恵さん

 

 



個人では絶対に知ることができない情報が得られて良かった
。                                                                     東京都台東区 高木和恵さん

【全体感想】東京都大田区針谷英一さん

 

 



リフォームコスト削減方法が具体的にわかり大変良かった
と思います。
                                                             東京都大田区 針谷英一さん

【全体感想】東京都中野区小幡正夫さん

 

 



あまり知識がない自分でも理解できる内容
に細かく説明してもらえた。
                                                            東京都中野区 小幡正夫さん

【全体感想】東京都調布市直塚俊介さん

 

 



非常に実践的かつ具体的な内容であやふやな点が明確になったと思います。
                                                             東京都調布市 直塚俊介さん

【全体感想】東京都日野市IHさん

 

 



かなり内容の濃いセミナーであった。大変参考になった。
                                                             東京都日野市 I.Hさん

【全体感想】東京都豊島区岡元幹夫さん

 

 

 

直接セミナーでお話を聞くと本、DVD以上に自分のコスト削減モチベーション
が高まります。開催ありがとうございました。
                                              東京都豊島区 岡元幹夫さん

嬉しいお声を多数ありがとうございます。満室経営実践会ですから
実践的なんですね。


【調達戦略セミナー4つのフェーズ構成についてはいかがでしたか?】

【フェーズ構成】高座郡中村紀明さん

 



 


なるほど→では具体的にどうすればよいのか?→なるほど、の繰り返しでした。
段階的に理解が深まりしっかりした構成だったと思います。
                          神奈川県高座郡 中村紀明さん

【フェーズ構成】大田区針谷英一さん

 

 




調達コスト削減を実現する為のフェーズと手順を明確に認識するのに
役立つ
と思います。
                          東京都大田区 針谷英一さん

【フェーズ構成】中野区小幡正夫さん

 

 

 


予備知識がいかに必要か
、実際に注文するまでにどのような話の進め方を
するのかが理解できました。
                          東京都中野区 小幡正夫さん

【フェーズ構成】福岡市FSさん

 

 

 


いきあたりばったりではなく戦略を立ててやることが大事だと思いました。
                           福岡県福岡市 F.Sさん 

さらに詳しい参加者の生の声は続きをクリックして下しさい。

続きを読む

hcsbrog at 11:29コメント(0) この記事をクリップ!

2006年11月06日

「同じ規格のドアでも「建材メーカーで価格が違うのはなぜか?」

シェアブログfxos0903に投稿

メルマガ登録・解除 ID: 0000200155
大家さんの満室経営実践術「修繕編」高利回りへの道
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

 

不動産投資ブログはこちら!!

  ↓↓↓

ブログランキングバナー

 


きょうは「同じドアでも建材メーカーで価格が違うのはなぜか?」


の話をしたいと思います。

 

「建材メーカー」は多数存在しますが、

みなさんは「建材メーカー」といえばどこをイメージされますか?


例えば「松下電工」、「大建工業」、などでしょうか?

 


他にもたくさんありますね、

 


永大産業」だとか、「東洋プライウッド」、

南海プライウッド」、「ノダ」、「パル」、

そして「ハイテクウッド」、

 


木質系建具をイメージしても上記のように沢山あります。


大手メーカーは「ユニットバス」や「洗面台」なども

「総合的」にラインナップしています。

 


一方で「ノーリツ」等の「給湯器」メーカーも

「ユニットバス」などの水周りを取り揃え、


「トステム」、「三協立山アルミ」なども「サッシ」が

「メイン事業」でありながら、「木質系建具」などや、

メーカーによっては「ユニットバス」、「洗面台」も

商品として持っています。

 


メーカーは沢山あるが、何が違うか?

 


当然「デザイン」や「価格帯」も違いますが、大きく違うのは

 

 


やはり「ネームバリュー」でしょうか。

 

 


いまどき「ドア」の寸法や製品の精度、

製品の寿命なんてそう変わりません。(^^)

 

 


例えば「松下電工」、このメーカーは知らない方がほとんどいないくらい


「認知度」が高いので工務店などの間では

 

「施主に受ける」メーカーのひとつ

 

として認識されています。

 

当然「材料ディーラー」も

 

「施主に受ける」=「値引きしない」という

 

図式が成り立ちます。

 

はっきいりいって「松下電工」、「大建工業」は高いですね。。(^^)

 

その代わり前にも書いた「防音部材」などの「特殊材料」までラインナップしています。

 

ただしその「特殊な商品」を製造しているメーカーは他のメーカーが多いということを

付け加えておきます。

 

(※その詳細内容はメルマガでお伝えします!!)

 


我々大家として何が必要か?(大家ポジションで話します。)

 

建材メーカーの「ネームバリュー」は正直必要ありませんね。。

 

例えば「ドア」であればちゃんと「ドア」の機能を果たし、


故障がなく、なるだけ「デザイン性」の高い「ドア」であればあとは「価格的」に


「低コスト」の物がよいと思うのは


「賃貸経営」を「投資」としての捕らえ「事業」として


取り組んでいる方であれば皆さんそう思うはずです。

 

「木質系建具」ひとつとっても「多種多様」なメーカーがあり


「得手不得手」が存在する、

 

そして「同じ規格」の「ドア」一つとっても「機能」は変わらないが

「価格」は「ピンからキリ」まである、

それは「市場認知度」が「大きく影響」する


ということです。

 

比較検討はしっかりしてください。。

 


思わぬところで大きく損も大きくとくもすることが沢山あります。(^^)


より詳しい詳細はメルマガにてお伝えしようと思います。

 


今日は「同じ規格のドアでも建材メーカーで価格が違うのはなぜか?」のお話でした。

 


 役に立ったと思ったら、(^^)、カチッとお願いします。。

  ↓↓↓ カチッ!!

ブログランキングバナー

hcsbrog at 00:04コメント(3) この記事をクリップ!

2006年10月14日

ある工務店向けセミナーにて、「建築原価」の話

シェアブログfxos0903に投稿

メルマガ登録・解除 ID: 0000200155
大家さんの満室経営実践術「修繕編」高利回りへの道
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

 

先日ある工務店向けコンサル会社のセミナーを聞く機会がありました。

 

そのセミナーは中小、零細工務店向けの経営改善セミナーなるもので、

業界ではかなり有名な会社のセミナーです。

 

大家さんの為の「満室経営実践会」に協賛している

私が代表を勤めます「ホームコンサルティングソリューションズ」でも

「リフォーム」など「修繕」の工事案件をお受けする場合があるので、

工事業者として参加してきました。。

 

その内容は「工務店」が「戸建て」を受注するための

「営業」「商品」「集客」の3本柱をシステム化し、

少ないリソースでマーケティング工学の観点の元、

高い確率で受注へつなげるというものでした。

 

その中で「面白いな〜」とおもったのが「コスト削減」について、

全国の「加盟工務店」の実際に購入した「実行予算」を

毎月加盟工務店へ配信するシステムです。

 

以前に名古屋セミナーで触れたとおり、「中小、零細工務店」の実態は、

「見積もり合わせ」や「コスト削減」とは縁遠い存在、

どちらかというと「材料屋からある程度の価格でかったらんと」という材料屋よりの発想が多いです。

「うちは安く買っている」と思っている工務店さんも本当に安いのかどうかわからない、

そんな実態が当たり前のようにあります。

 

このシステムは全国レベルでの購入価格、実勢価格を見えるようにする、

いわば「実勢下限価格可視化」サービスでした。

 

加盟工務店はその実勢下限価格を知った上で交渉するわけです。

 

私がいつも口をすっぱくしていっている

「知っていて交渉するのと知らないで交渉するのとでは出てくる結果は大違い」

をまささに地でいっているものでした。。(^^)

 

そのセミナーを聞いた感想は・・・

 

おもしろい!!!

 

につきました。。(^^)

 

そのセミナー講師の工務店の社長さんもまだ加盟されて数年でしたが、

その「実勢下限価格」をもとに調達元と交渉され、

全国下限価格に近いコストで物品の調達を実現、

木造戸建「坪30万円」という低コストで戸建を販売されていました。

 

「坪30万」で家が建つなんて激安ですね。。

 

激安だけではありません。。

 

その工務店の粗利が「25%」あるというのです。。

 

う〜ん。。坪30万で25%粗利、

 

ということは「木造戸建」の「建築原価」は「坪23万円」前後!!

 

激安ですね。。(坪数にもよりますが。。念のため。。)

 

以前お付き合いのあった工務店の社長がよく言っていたことを思い出しました。。

 

その社長は昔ながらの大工社長でしたが、

 

「新築は坪50万くらいもらわないいとあわん。。そんなもうかるもんじゃないよ。。」

 

とよくいっていました。

 

たしかに現場を見ると「標準化」のかけらもなく、すべて手作業の一点加工が多数。

 

柱も凄い太い柱で、「そりゃたかくなるわな〜」と思ったもんです。。

 

このセミナーでもいっていたのは

 

■「ターゲットの明確化」

■「集客の効率化」

■「成約率の最大化」

■「商品の明確化」

■「建築原価の低コスト化」

■「規格と作業の標準化」

と大変わかりやすく、

 

さらに一番のメリットとして

 

■向上心のある「工務店社長のネットワーク」

 

に参加できるという点でした。

 

かなり魅力的なセミナーで、私自身、本気で加入を検討するほど、価値ある内容でした。。

 

浦田さんの戸建賃貸の本もうれていますし。。。

 

木造は減価償却上沢山経費かできていいですし。。。

 

本気で工務店の領域に力をいれていこうかとHCSのメンバーと相談をしているところです。。

 

 

そのセミナーの中でその工務店の社長が「多数の事例」や「エピソード」を話していたのですが、

実際に交渉をして下がった単価も詳しくお話してらっしゃいました。

 

以前大家さんの為の「満室経営実践会」で開催した名古屋でのセミナーで

暴露した当会での「購入価格」、例えば「足場」や「ユニットバス」、「壁紙」の価格など、

そのセミナーで講師を務めた工務店の社長がいっていた「削減後の価格」とほぼ同じでした。。

 

少し安心。。いい買い物をしていたということなんですね。。(^^)

 

この価格は年間400棟戸建を販売するスーパービルダーと同じ購買力だそうです。。

 

なるほど。。

 

しかし「修繕」で発生する「工種」と

「新築」で発生する「工種」、

当然数も違いますのでまだまだ開拓する分野は沢山あります。。

 

いやはや、木造戸建が「坪30万」で立つ原理、よく理解できました。。

 

そして「建築原価」、

オーナー側も「知った上で交渉」したいものです。。

 

勉強は怠らない、

 

思いったたら「即行動」

 

そして「プロ」や「活用できる外部ノウハウ」も積極的に活用する。

 

成功の為には必要な選択肢ですね。。

 

ある工務店向けセミナーにて、「建築原価」の話でした。。

 

ブログランキングよろしかったらカッチッとお願いします。。

  ↓↓↓ カチッ!!

ブログランキングバナー

hcsbrog at 01:00コメント(0) この記事をクリップ!

2006年09月07日

防音部材は高い!!

シェアブログfxos0903に投稿

メルマガ登録・解除 ID: 0000200155
大家さんの満室経営実践術「修繕編」高利回りへの道
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

先日、コンサル依頼を受けた店舗改装の件での話です。

今回の案件は「ドッグサロン」を作るというものでした。

 ドッグサロンの中には「ホテル」も併設するというものです。

 そのテナントは集合住宅の中にあり、住居併設型の為 「防音設備」も

しっかり備えなくてはいけませんでした。

 今日はその防音部材のお話です。

 

 大家さんの為の満室経営実践会は部材はメーカー直接、

もしくは一次代理店から調達をするのですが、

 ドアやクローゼットなどの「木質系部材」は

メーカーやラインナップにも よりますが集成材のタイプのドア

大体「3掛」程度で調達します。

 ですから通常のリビングなどに使う扉、1枚タイプで1万5千円くらいの為、

部材自体の価格はたいしたことがないのですが、

 ところが、「防音室」には「防音扉」なるものが必要になります。

 出しているメーカーは松下電工大建などの 総合メーカーが一部ラインナップしているものか、

もしくは ヤマハ などの音響専門メーカーがラインナップしているものになります。

 びっくりするのがその価格、なんと1セット40万円くらいするんです。。

 

 ドア一枚40万円ですよ!!40万!!!

 

 しかも掛率が高いのなんの、松下、大建はもともとブランドがあるため掛率が高く、

且つ特殊商品の為、生産効率が悪い為、せいぜい「5掛」程度でしたが、

 ヤマハの防音扉、

 

何と「8掛」!!

 

 激高!!

 

 びっくりです。。

 

ヤマハ丸儲けやな〜って感じです。。。。(++)

 

 結局今回お願いした職人さんは百貨店関係を主にやってきた

頼れる 超ベテランの方なんですが「絶対ヤマハがいい!!」と

 度重なる打ち合わせんの中で引かなかったので そちらを採用しました。。

 

 あらゆるルートから情報をとりましたが やはり音響専門メーカーならではのノウハウがあるようです。。

 

 結局1セット30万位したと思います。。

 

 通常の扉が1セット1万5千円くらい、 何と20枚買えますね。。(**)

 

 商品が取り付けられた感じは確かにずっしりした感じで パッキンもしっかりしています。。

 

なるほど、価格と品質は比例するんだな。。

 

と思いながらも結局その「防音室」には 日東紡のソーラトンやら

 ニチアスのMGボードという防音部材やら、

 さらには防音効果が一番高く室内と室外の

温度変化を最小限にできる熱交換ユニット換気扇やら、

 かなりの費用を費やしてできました。。

 

 でもクライアントさんはかなり満足とのことでよかったです。。

 

 しかし特殊な部材は高いですね。。

 

数量もまとまりませんしよい値が出ませんでした。。(**)

 

 しかたないか。。

 

ブログランキングよろしかったらカッチッとお願いします。。

  ↓↓↓ カチッ!!

ブログランキングバナー

hcsbrog at 03:27コメント(0) この記事をクリップ!
livedoor プロフィール

hcsbrog

執筆しました!!
本ブログパーツの提供を終了しました
最新コメント
最新トラックバック
10年10月30日建築コスト削減戦略セミナー基礎編満員御礼ありがとうございました! (大家さんの為の満室経営実践術「修繕編」利回り15%への道)
私の結論
敷金 特約 (定期保険特約付終身保険のコレ、見逃してませんか?)
11月29(土)日原状回復費用負担リスク管理セミナー募集開始です!!
AQL抜き取り検査による品質管理方法 (AQL抜き取り検査による品質管理方法)
工事の品質
livedoor Readerに登録
Syndicate this site
livedoor Blog(ブログ)