良書

2009年04月25日

「全国どこでもアパート経営」の寺尾さんとお会いしました。

良書の著者が多数ノウハウ公開しています ⇒ ブログランキング

みなさこんにちは!3か月ぶりのブログ更新、ご無沙汰しています。

「近隣住民反対運動」が起こっていた愛知県の「新築コンサル案件」もようやく先週着工開始、

現場内覧会のスケジュールをそろそろくまなくてはいけない今日この頃ですが

みなさんいかがおすごしでしょうか?

実は先日品川で行われた不動産ジャンボリーというイベントに増山大さんからのお誘いで

来賓席で参加してきました。

寺尾さん書籍

そのイベントで、以前私のメルマガでもご紹介した

「全国どこでもアパート経営」の著者

寺尾恵介さんに初めてお会いしました。

寺尾さんの書籍にも書いてあるのですが

寺尾さんの経歴が早稲田大学を卒業後、

大手損害保険会社へ入社、

その後家賃収入を5000万円以上に成長させ退職し、

今は悠々自適の生活を送っておられるという経歴の持ち主です。

私と「年齢が近い」ということと「大手企業へ勤めていた」という点で

「見える景色や視点が近いのでは?」ということでお会いするのを楽しみにしていました。

 寺尾さんは寺尾さんのブログのマンガのキャラクターような方かと勝手に想像していましたが

お会いした印象はマンガのキャラクターとは全く違い非常に冷静な方でした。(^^)

しかも頭の回転がずば抜けて早い。。

さすが、一流企業で営業をされていたなという感じです。

実は私は寺尾さんの「全国どこでもアパート経営」

2回読ませていただきましたが、非常に興味深かった点があります。

それは「自身の賃貸経営戦略に過去に経験していた商売柄がでる」

ということです。

書籍にも細かく書いてあるのですがどちらかというと寺尾さんの戦略は

「物件設備的に通常のもの」で「家賃は相場より若干安く設定」し、

管理会社や不動産業者等、周りの賃貸経営に関連する業者の中で

「自分自身のプライオリティをあげ優先的に客付けしてもらう」

言い換えれば、自身の賃貸経営において、いかに

「関わりあいのある人達の中で自分自身のプライオリティを上げる」

という点に重きを置いていらっしゃいます。

その「いかにしてプライオリティを上げるか」の具体的な施策が

書籍に詳細に記載してあるのですが、その内容はとにかく感服です。

特に私が興味深かったのは

「オンとオフの切り替え」、「いい大家を演じる」という表現です。

不器用な私にはそんなことができる寺尾さんを尊敬してしまいます。

「損害保険」という業界は金融庁の規制にがっちり縛られ、東京海上だろうが三井住友だろうが

商品的には全く変わらない商品を販売しています。

しいて言えば各社から出てくる保険の「プランニングシート」のレイアウトは違うものの

中身は全く同じ、そのような中で受注していく為には「いかに営業マン個人を気に入ってもらうか」、

「お前から買うよ」といってもらうかという厳しい世界です。

だから元々務めていた本業で培ってきた「人を扱う力」、そして「自らを売り込む力」、

いわば「人間力」が非常に長けていらっしゃるのですね。

やっぱりビジネスは初めから終わりまで「人対人」ですので、

「自分を優先的に対応してもらう関係を構築することができれば、

結果的に安定した満室経営が実現する」ということを252ぺージに渡り

詳細にノウハウを公開されています。。

いや〜正直、寺尾さんのような技は私にはできない。。(苦笑)

いや、出来るもんならやりたいが、そんなことができるなんてうらやましぃ〜

私はどちらかというと言いたいこともビシャっと言っちゃうしな〜。

本当に好き嫌いが激しいですから。。(大苦笑)

私の経営戦略はどちらかというと

「人対人」で「自分自身の個人的なプライオリティをあげる」というよりも

「ハードやソフトにいかに競争力を持たせるか」に重きを置いています。

簡単に言うと「近隣にはないとてつもない物件」を、

誰も出来ないような「超低コスト」に作り上げ、

「提供価格」よりも「提供価値」を「圧倒的に上回る状態」を作ることで、

管理会社や不動産業者にプライオリティを上げてもらう、

いや上げてもらうというよりも「どこにもない物件」ですので、

ほっといてもプライオリティがあがって

自動的に満室経営を実現するというものです。

「設備はだれでも真似できる」という考え方もありますが、

それは「誰もが買う金額で工事をしたり設備を導入したりする場合」です。

しかし「誰もができない金額で工事をしたり設備を超低価格に実行する」ことで

「募集家賃」も誰もができない金額で出すことができる、

ひいては誰もができない採算性を実現することができ、利益を上げることができる

という経営戦略を展開しています。

これは元々私の務めていた業界が「ソリューション営業」や「コンサルティング営業」を

大手法人向けに展開するという業種についていたというところが大きいと思います。

とにかく「商品やサービスに競合他社と圧倒的な差別化ができれば行列ができる」という

製造メーカー的な発想なんですね。

よく会社入社したてのころは「そんな商品やサービスがあればなぁ」と憧れたものです。

だから「誰もできない製造原価で最高のものを作れば飛ぶように売れる」という

発想になるんですね。

それを具現化したのが私の物件であり、新築物件や大規模修繕ののコンサルティング

だったりします。

市場が求めているものリサーチし、誰もができないグレードのものを品質をより上げて

コストを大幅に削減する。

そういえば後輩からよく織田信長だっていわれます。(苦笑)

「鳴かぬなら鳴かせて見せようホトトギス」ってね。

ビジネスも所詮は遊び、気に入った仲間としたいですし

気に入らない人とは付き合う必要ないですからね。。

寺尾さんも同じようなことを書籍の最後の方で書いておられます。

「自分を大事にしてくれない人とは付き合う必要はない」と

そこでも「山登りの入口は違うけど頂上は同じなんだな」

という気づきをもらいました。

寺尾さんの「全国どこでもアパート経営」

さすが書き下ろし、中身が濃い、

本屋で10冊買っても1〜2冊程度しか出てこない「良書」です。

ぜひ熟読を

◆「全国どこでもアパート経営」

 ⇒ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480863885


◆音声ファイル特典も継続されています。

 ⇒ http://manshitsu-team.com/

今日はこの辺で、またお会いしましょう。

賃貸経営戦略は三者三様です。詳細はこちら ⇒ ブログランキング

不動産投資家の物権獲得競争はこちら ⇒ ブログランキング

 



hcsbrog at 22:29コメント(0) この記事をクリップ!
livedoor プロフィール

hcsbrog

執筆しました!!
本ブログパーツの提供を終了しました
最新コメント
最新トラックバック
10年10月30日建築コスト削減戦略セミナー基礎編満員御礼ありがとうございました! (大家さんの為の満室経営実践術「修繕編」利回り15%への道)
私の結論
敷金 特約 (定期保険特約付終身保険のコレ、見逃してませんか?)
11月29(土)日原状回復費用負担リスク管理セミナー募集開始です!!
AQL抜き取り検査による品質管理方法 (AQL抜き取り検査による品質管理方法)
工事の品質
livedoor Readerに登録
Syndicate this site
livedoor Blog(ブログ)