2019年02月19日

この話は2月10日(日)の事。この時期は毎週日曜日に仕事で兵庫県尼崎市に行っている。

楽しみの1つに、FM尼崎(周波数820)の午後2時から放送されている「イチロー先生と片山由美子の子供の世界」を聴く事だ。
いつもは南塚口町8丁目の公園の一角でウトウトしながら聴いているのだが、この日はいつもと違って音楽を流すコ―ナ―では、ポールモ―リア オ―ケストラの「シバの女王」。沢 たまきの「東京プレイマップ」新藤恵美の「美しきチャレンジャー」が流れた。沢たまきさんと言えば、この番組のDJの片山由美子さんとかつて人気テレビ番組の「プレイガール」に出演されていた方で、番組内では「オネエ」と呼ばれていた方だ。「オネエ」と言っても、今のオカマタレントの「オネエ」とは違って、「姉御さん」という意味合いの役柄だ。
その沢たまきさんの歌う「東京プレイマップ」のフルコ―ラスは今回初めて聴いた。ハスキーな声と大人の女性をたんまりと感じさせてくれるルックスを思い出した。沢たまきさんの世界に包まれてしまってもうウトウト気分は何処かに消えてしまい、その歌の上手さに聴き入ってしまった。
もう1曲の新藤恵美さんが主演された「美しきチャレンジャー」も数十年ぶりに聴いた。この「美しきチャレンジャー」は、1971年に放送されたボウリングを舞台にしたドラマだった。当時は空前のボウリングブームで、僕が住んでいた町でも歩いて20分くらいの所に「ボウル住之江」というボウリング場が出来た。まだその頃はボウリングの料金も高くて、10歳の僕にはとてもプレイなんて出来るはずも無く、せっせと客席に座ってはプレイしている人達を羨望の眼差しで見ていた。
その内に点数の付け方やルールも判るようになってきた。
「美しきチャレンジャー」を聴いていたら、何も無くて不自由していたのだが、結構楽しく毎日を過ごしていた子供の頃を思い出してしまった。しかし、こうして見ると新藤恵美さんは何処かエキゾチックでとても美人だなあ。と思う。
この番組は機峪匐,寮こΑ廚箸いΕ織ぅ肇襪付いているけど、決して子供向けの内容では無く、大人が聴いてもとても面白い。特に片山由美子さんの朗読コ―ナ―は絶品だと思う。
FB_IMG_1550205896384FB_IMG_1550205880667


 
  
Posted by hd1978 at 00:56Comments(0)その他

2019年02月06日

「お父さん、(もしくはパパ)お隣りのAさんの家はミニバンに買い替えたみたい、だからウチも次はミニバンにしましょ」

そんな家族会議の議題が連鎖した結果なのかも知れないようなミニバンが並ぶ尼崎市に在るマンションの駐車場。
ひと様の意見や価値観に意見を言うつもりは全く無いが、ミニバンブームという出現によって、失ってしまったモノの方が多かったのでは?とふと思ってしまった。
IMG_20190205_144813

  
Posted by hd1978 at 00:44Comments(0)

2019年02月04日

先週、右膝に溜まった水を抜いてもらったのだが、

また痛みが出てきていたので、今日も同じ松〇整形外科に行き、17ccの水を抜いてもらった。(左の画像)そして、ヒアロルン酸も注入してもらった。(右の画像)このヒアロルン酸とは、鶏のトサカに含まれている成分から作られているそうだ。
IMG_20190204_195405IMG_20190204_195234


  
Posted by hd1978 at 21:15Comments(0)その他

広島化成株式会社から発売されている、ドライビングシュ―ズ

「ベネトンフォ―ミュラ1」をたまに履いているのだが、いくつかの不満点が有るのだが少しだけ手を加えてみた。
ソ―ルの強度がフニャフニャなので、(左の画像)DIY店にて強度の有りそうな靴の中敷きを購入して(真ん中の画像)敷いてみた。
すると若干、フニャフニャ感が改善され、クルマを運転してみたら各ペダルの操作が少し向上した。(右の画像)
まだ他にもイマイチな部分が有るのだが、個人のユ―ザ―が出来るのはこの程度までだ。
このドライビングシュ―ズが発表されてから結構長い年月が経っているので、新製品を発売してもらいたいと思っている。その際、デザイナーの方は今以上にペダルワ―クや濡れたアスファルト上での歩行面も考慮して欲しいと思っている。
広島化成から発売されている、ライティングシュ―ズは割りと早い展開で新製品が発表されているみたいだが、ドライビングシュ―ズにもその意気込みを出して欲しい。
正しいドライビングポジション、正しいステアリングワ―ク、運転に適した正しい履き物を用いたら事故率も大幅に減ると思う。最近のクルマに備わっている過剰とも言える安全デバイスばかり付けても事故は起きてしまうものだ。
少し前からマツダ車のアクセルペダルがオルガン式に変更になった時に、マツダはしきりにオルガン式ペダルのメリットをPRしていた。僕はその時、マツダのあるセクションの方に「広島のマツダの近くには広島化成という良い製品を作っている会社が有るのだから、タイアップして何タイプ(ローカットやハイカット、バックスキンや革整)ドライビングシュ―ズを作り、ディーラーでも購入出来るようには出来ないのですか?」と提案してみたが、「貴重な御意見をありがとうございます」と言う決まり文句を言ってその場を終えてその後は何の音沙汰無しだった。
DSC_0662IMG_20190107_221022DSC_0664




  
Posted by hd1978 at 21:09Comments(0)クルマ

2019年01月28日

これは昨日の話。カレーのチェーン店「CoCo壱番屋・尼崎錦橋店」に行ってみたら、

2台のスバルのラリーカ―が駐車場に停まっていた。
バカ丸出しのワイドホイール、ワイドタイヤに変更したミニバンやVIPカ―に、太いハンドルカバーを装着したクルマ達を見たら、小馬鹿にして視線を逸らしてしまう僕でも、この2台のスバルの様にコンペティションなクルマを見たらワクワク、ドキドキして見入ってしまう。
話はさておき、CoCo壱番屋の店内には、どうしてあれほど、マンガの本を置いているのだろうか?食事中は本とかを読んではいけないというのが古くからの日本の風習だったはず。
手垢だらけのマンガの本を読みながらカレーを食べるのは、衛生面でもどうなのか?と思ってしまう。
IMG_20190128_095914IMG_20190128_100023



  
Posted by hd1978 at 23:13Comments(0)クルマ

これも昨日の話だけど、1月27日(日)の読売新聞の追悼抄というコラムに

昨年の7月14日にお亡くなりになられた我等がマサ斉藤さんに関する記事が載っていた。
読んでみると、マサ斉藤さんは、現役時代に金無垢のロレックスの腕時計を愛用されていたそうだ。マサ斉藤さんの太い腕には欠かせない相棒だったはず。
DSC_0729

  

先週の火曜日から、右膝が曲がり難くなり小さな段差でも痛みを感じ出した。

「また水が溜まったな」と、騙し騙し仕事をこなしていた。
そして本日、近所に住んでいる超大ベテランの松〇先生の医院にて、膝に溜まっていた水を26cc抜いてもらい、ヒアロルン酸とステロイドを注入してもらったら、スッカリと膝の動きが回復した。
DSC_0732DSC_0733


  
Posted by hd1978 at 21:29Comments(0)その他

三毛猫の店長さんを近くの動物病院に連れて行ってきた。

いつものように、歯肉炎の抗生物質の注射と点滴と爪切りと、マダニの予防薬を首筋に着けてもらってきた。
DSC_0723DSC_0726DSC_0725IMG_20190128_161420




  
Posted by hd1978 at 17:44Comments(0)猫(ボク)

2019年01月22日

このスズキ・アルトのボディカラ―を見ていたら、

バブル期にモ―タ―スポーツ界に一代旋風を巻き起こした、レイトンハウスをふと思い出してしまった。
IMG_20190122_161006

  
Posted by hd1978 at 16:14Comments(0)クルマ

尼崎市南武庫之荘にある

来〇寺の外壁に掲示している御言葉。
DSC_0705

  
Posted by hd1978 at 12:55Comments(0)その他

2019年01月03日

今年になって始めてバイクを走らせた。

各部の目視チェックを行い、少し減っていたタイヤの空気圧を足踏み式のショボいポンプで補充した。(前輪2.25Kg/cm3。後輪2.35Kg/cm3)そして簡単に車体を掃除して、SUキャブレターのティクラ―をゆっくり5回押し上げて、ミクスチャーのレバーを指で目一杯閉めてから、スタータ―を押した。バッテリーの電圧もさほど低下していなくて、少し長めのクランキングでエンジンが始動した。
(このくらい気温が下がれば、オイルクーラ―にカバーを付けるのだが、忘れていた。 )1分くらいオイルを回してから、ゆっくりと宥めすかしながら走行暖機を行いなう。ずっと停めたままの暖機だと、正月気分に浸っている御近所さんに申し訳ないと思うからだ。
各部が暖まってから少しペースを上げて走ってみた。心地好い振動に心地好い排気音。
今年もいっぱい思い出を作って欲しいと思いながら走らせた。
DSC_0648

  

2019年01月02日

去年の12月あたりから続いていた

左肩の痛みが少し和らいできたので、パソコンを見る合間にダンベルを用いてショルダープレスを再開した。
三日坊主にならないようにしないと。
DSC_0645

  
Posted by hd1978 at 19:28Comments(0)その他

2019年01月01日

明けましておめでとうございます!今年も宜しくお願いします。

年末はバタバタしていて更新まで気が回らなかったのです。(ToT)
元日の今日は、朝の内は三毛猫の店長さんと戯れてから、奈良市内にある「ゆららの湯 奈良店」にM2―1028で行き、何種類もの湯船に浸かり、その後は韓国式アカスリの50分コ―スを行ってから、また湯船に浸かってから、服を着替えてマッサージの1時間コ―スを行った。そして二階の畳の間に寝そべって、まだ読み切れていなかった「G スピリッツ」を読みながら暫く寝てしまった。小さいながらもそんな至福のひとときを過ごしてきた。
DSC_0643DSC_0642DSC_0641





  
Posted by hd1978 at 20:13Comments(0)M2−1028

2018年12月10日

約2週間ぶりにバイクに乗った。

先週あたりまでは、まだ気温が平年よりは高かったのだけど、土、日曜日から冬らしい気温になってきた。
ジェットヘルメットにバブルシ―ルドを取り付けてから走り出した。風は冷たいのだが、のどかなエンジンフィーリングを味わいながら走ってると妙に心地好かった。
DSC_0594DSC_0596


  

夜になってから、少しお疲れ気味の三毛猫の店長さんを、

近くの動物病院に連れて行って、歯肉炎の抗生物質の注射と点滴を注入してもらった。
その後は幾分か楽になったみたいで、御飯を食べてから、直ぐに爆睡していた。
DSC_0598

  
Posted by hd1978 at 21:41Comments(0)猫(ボク)

2018年11月26日

「DEAR ROAD CAFE」

同じ町内に在り、多くのバイカ―達に愛されていた「DEAR ROAD CAFE」が11月25日に突如、閉店した。
こちらのカフェは開店直後から行き出した。この店が気に入った僕は、ある日「AutoRoman」のステッカーを数枚、持参した。手に取ったマスターは、「懐かしいなぁ」と呟いていた。かつては、ポルシェ911(タイプ930)もマスターは愛用されていた。カ―グラフィック誌の読者だったマスターは、「AutoRoman」の広告のファンでもあった。
そしてマスターは、そのステッカーを店内に置かれているテレビの画像の左隅に「AutoRoman」のステッカーを貼って下さった。右隅には「DEAR ROAD CAFE」のステッカーが貼られていた。
次に替えたテレビにも同じ位置にステッカーを貼って下さっていた。ファンとして本当に嬉しかった。
25日の当日になって閉店を知らせたのも、マスターの美学なのだと思う。本当にこの店にはお世話になり感謝している。
DSC_0560DSC_0570


  

此処んとこ、オ―ダ―が続いて多忙中の

米田さんの工房「ザ・ワ―クマンズ ハンズ」に寄ってきた。あれこれと雑談を交わし、楽しいひと時を過ごしてきた。
DSC_0569DSC_0568


  

米田さんはアメリカに移住する際には、このバイクも連れて行き

このシビエ凸型H4ヘッドライト(145mm)も現地で使うと言ってくれているので、右側通行の時は左上がりのカットラインでは対向車に迷惑が掛かるので、画像の赤く塗った部分に黒いテープをきちんと貼るように伝えてきた。
IMG_20181126_185058

  

奈良市内を横切っている「ならやま通り」に少し前から気になっていた店舗が有ったので

今日行ってみた。英国を思わせる佇まいのその店の名は、「cafe mini」。
「ミニの好きな方が経営しているのかなぁ?」と思い店内に入ってみると、なんとなく見覚えの有るママさんがいた。ADO15関連の雑誌が然り気無く置いてあった。
少し話をしていたら、京都市精華町のミニ専門店「ユニオン」の奥さんだと記憶が戻った。「ユニオン」の社長は、ADO15、ADO16ではカリスマ的存在の方で、何度か店にもお邪魔した。
久しぶりに社長とも電話で話をした。とても元気そうな声だった。
明るい店内は禁煙で、トイレの中まで細かい心配りがされていた。きっとミニ乗り達の隠れ家みたいな店になってくれると思う。
DSC_0563DSC_0564DSC_0562DSC_0565




  
Posted by hd1978 at 20:20Comments(0)クルマ

尼崎市南塚口界隈に行っていたら、

数年ぶりに、VWビートル1303LSカブリオレ愛好家のAさんにお会いした。相変わらずベストコンディションに保たれたこのタイプ 気蓮普段は屋根付きシャッター付きの車庫に保管されている。
ヤナセ物のこのビートルのホイールはカブトムシの角をイメージさせる超レアなモノだ。
保管状況とメンテナンスが良いので、ソフトトップの外側も内側も信じられないくらいの綺麗さを保っている。家族ぐるみで愛されているこのビートルは幸せモノだ。(^_^)
IMG_20181126_190012DSC_0557


  
Posted by hd1978 at 19:33Comments(0)クルマ