2017年07月15日

バイクで走っていたら、あまりにもお腹が空き過ぎて力が入らなくなってしまった。

3b01d047.jpg

ff5ea1eb.jpg

そこで奈良の一条高校の角っこに店を構えている「秘伝の味・ジャンたこ」に寄ってきた。
ここは何度か来ているのだが、何故か「ベスト カ―」が数冊、店内に置かれている。また、禁煙なのも気に入っているし、味もとても良い。
  

2017年07月14日

三毛猫は、この猛暑の中でもとても元気にしている。

58f5d754.jpg
昼間は涼しい日陰に潜んでいる様子で、僕のクルマやバイクの気配を感じると、何処からともなく姿を現してくれる。
ちゃんと新鮮な水を用意しているのだが、野良猫の習性なのかメダカの入っている水瓶の水を何故か好んで飲んでいる。
  
Posted by hd1978 at 21:02Comments(0)TrackBack(0)猫(ボク)

2017年07月13日

ブログの更新には、このスマホ(SHARP AQUOS SHV 32)を使用しているのだが、

4ef257c5.jpg
Wi―Fiの拾い方がどうも良くなくて、イライラしていた。
ついひと月ほど前にもクレ―ムで、同機種の新品に替えてもらったばかりなのに、またしても不具合が生じてしまった。(画像は交換前のSHAPE AQUOS SHV32)今日の夕方にまたまた同機種を送って貰って、やっとこさデ―タ等を取り込み終えたところ。
  
Posted by hd1978 at 22:41Comments(0)TrackBack(0)その他

2017年07月03日

M2ー1028のワイパーアームの錆びが酷くなってきて

51f09f82.jpg

7ab91db0.jpg

e5a15b14.jpg

余りにも見窄らしくなった。かと言って新品をわざわざ買うのも馬鹿らしく、黒の艶消しスプレーが有ったので、外して塗装する事にした。(上の画像)
まず12mmのナットを外してマイナスドライバーでアームを外した。
ここで気を付けないといけない事は、アームには左右の形状が若干違うので、間違わないようにしないといけない。「NPR」の刻印は左側で、「NDR」の刻印は右側だ。外したら、クリーニング屋さんの付属品の安物のハンガーにワイパーアームを引っ掛けて(中の画像)、パーツクリナーで脂っ気を取り除き、スプレーする。
そして暫く乾燥させて、ブレードを付けてセットする(下の画像)。これで見栄えが少しは良くなった。
  

2017年07月02日

ヒロコオイル(広島鉱潤)の鉱物油シングル50番を使用しだして

7a958d11.jpg
9ヶ月が経過した。バイクはこの暑さの中でもいたって快調だ。乗り手の方が暑さでギブアップしそうだ。
  

2017年06月30日

M2ー1028の

b3a05142.jpg

8cdaae82.jpg

ドアロックとインナーハンドルを交換して、手動式のウインドレギュレターのガイドローラーが割れていて、窓の開閉が固くて困難だったので、奈〇マツダのサービスフロントマンのアドバイスにより、ルーチェ(絶版車)のガイドローラーを加工して取り付けたら、とれも軽く窓の開閉操作か行えるようになった。
  

2017年06月26日

奈良公園の近くの猿沢池界隈を走っていたら

6a3023ea.jpg

c33e8982.jpg

なんとなく懐かしく、ちょこっとCOOLな「ホンダCB750F」を見掛けた。リヤの短いサスペンションにホワイトリボンタイヤ、ちょっと雑な造りの 4in1のメッキのマフラー、深いサポートのシート、小さなヘッドライトにウインカー、フロントのみのキャストホイール。
どんな持ち主なのか少し気になった。
  
Posted by hd1978 at 21:35Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月25日

またまた今日も「KONI」に関して・・・。

f2fd1e4a.jpg
素人の憶測なのだが、「KONI」の産地のオランダには、バッとしたクルマのメーカーなんて頭に浮かんでこない。
せいぜい現在のCVTトランスミッションの基礎を作った「DAF」というメーカーくらいしか思い浮かばない。
そのような国にどうして「KONI」のような素晴らしいパーツを作り出せるのか?なんとなく不思議な気分だ。
オランダと言えば、アントニオ猪木と戦ったウィリアム・ルスカや、東京オリンピックの重量級金メダリストのアントン・ヘーシンク、極真空手を広めたジョン・ブルミンの各氏くらいしか僕には馴染みが無い。
話は変わって今日も「KONI」スポーツショックアブソーバーは快適な走りを提供してくれた。
どこのショックアブソーバーにしようか迷っているロードスター愛好家には自信を持ってお薦めしたいパーツだと言える。

  

2017年06月24日

M2ー1028に「KONI」スポーツショックを装着した。

accfa6bf.jpg
約40Km近くを走ってみた。走り出して最初の曲がり角をクリアしかけたら「???」と思った。ステアリングを回した時のクルマの反応が少し違っていたからだ。以前の「KYB ニューSRスペシャル」では激しい突き上げに心を傷めていたセブラゾーンのペイントも実に軽くいなしてくれて、気分が晴れていた。
信号からのスタートでは、テールスクウォットが少なくて加速の乗りも若干、早くなっていた。
しかもクルマの挙動はとても安定していて、ウソのようにしなやかに走っている。凄く大人の味わいのするショックアブソーバーだ。以前のショックアブソーバーだと、タイヤとスプリングだけで走っているみたいで、コーナリング中では、ステアリングの保舵力の変化が激しくとても疲れたものだった。
ブレーキング時の姿勢も全く乱れない。拍子抜けしてしまうほどだ。
これで以前のショックアブソーバーでは失ってしまっていた、M2ー1028をドライブする楽しみが復活した。
  

2017年06月23日

M2ー1028に装着してから約7000Km走行した

824c93f7.jpg

6f065f9f.jpg

「KYB ニューSRスペシャル」ショックアブソーバーのフィーリングの余りの酷さに、我慢の限界が来てしまい、ショックアブソーバーを交換する事を決めた。
M2ー1028に乗り始めてから「ショーワ」(純正品)「ビルシュタイン」(阿倍商会仕様)「KYB スーパースペシャル フォー ストリート」「KYB ニューSRスペシャル」等のショックアブソーバーを試してきた。
今の「KYBニューSRスペシャル」は、小さな凸凹やマンホールの蓋を通過する際の「ドシン!ドシン!」と突き上げてくる不快感や、コーナリング中の不安定な挙動や横風を受けた時の収束感の悪さ etc・・・。減衰力の低下の早さも含めて本当にロクなモノでは無かった。
「もう二度とKYBの商品は買わない!」と心に決めて、次のショックアブソーバーは何にしようかと考えた。
数日間、考えた末に今回は「KONI」に望みを掛けて、大分県にある「カーショップ・ヒグチ」さんから取り寄せた。ヒグチさんの実体験に基づく話も大いに参考になった。
僕と「KONI」の接点は、かつての愛車、ヤマハSR400に乗っていた時が始まりだった。純正品のリヤサスを1万Kmほど使用して、物足りなさを感じて、イタリア製の「マルゾッキ」のリヤサスに交換したのだが、1万Kmを越えたあたりでテキメンにフィーリングが悪化してしまった。五段切り替えの硬さ調整を行っても直ぐに減衰力が落ちてしまった。
そこで「KONI」をダメ元で付けてみたら、眼からウロコが落ちるくらいの激変ぶりだった。「KONI」の硬さ調整は三段なのだが、ずっと「最弱」の位置でも充分だった。
バイク用の「KONI」はその後「ikon」(アイコン)とブランド名が変わったようだが、「KONI」の名を見ると、約40年近く前の事まで思い出してしまった。
景品として、ロゴ入りのLED懐中電灯も同封されていた。(下の画像)
  

2017年06月17日

来週の火曜日(20日)から約1ヶ月間、

b32ad19b.jpg
アメリカに行く「ザ・ワークマンズ ハンズ」の米田正雄さんの工房に久しぶりに寄ってきた。
米田さんはKBSラジオの土曜日の夕方4時半から放送している「つボイノリオのつボからボイン」のヘビーリスナーで、来週からこの放送が暫く聴けない事をとても残念がっていた。
  
Posted by hd1978 at 21:08Comments(0)TrackBack(0)その他

2017年06月16日

夜になると、アライグマが出没したりしているので

94194b57.jpg
三毛猫を家の中に入れてあげる事にした。(^_^)
  
Posted by hd1978 at 23:49Comments(0)TrackBack(0)猫(ボク)

2017年06月14日

コンビニエンスストアーに寄った時には、ちょくちょく

28b85ce6.jpg

1bda08b0.jpg

9e7ea503.jpg

この手の雑誌を立ち読みしながら「よくこんな事を書いてるな〜」とか「アホやなぁ〜」とか思っている雑誌の1つに「実話BUNKAタブー」が有る。
なんと、Vol. 22には元クールスのベーシストの大久保喜市さんが、「人間コク宝」のコーナーで吉田 豪さんの鋭いインタビューに出ている事を知って、この号を探しまくったのだが、何故かどこのコンビニにも、こんな時に限って見当たらなかった。
そこで隣町の本屋さんに取り寄せて貰って、やっとこさ入手が出来た。内容的には、大久保喜市さんの近著「ストレンジ・ブルー・プラス」に記されていない部分の事も載っていた。
だが、ファンとしては、ホンダCB750F以降のカワサキW1や、メグロ、クールスロカビリークラブの後半あたりから乗っていたハーレーに付いても語って欲しかった気もした。
しかし、インタビュアーとしての吉田 豪さんのテクニックは本当に素晴らしいモノが有ると感じた。
是非とも誌面には載せにくかった部分を単行本化された時には、惜しみ無く載せて欲しいと強く願っている。
古くからのクールスのファンとしての願望だが、大久保喜市さんには、もっともっと色んな媒体に出てもらい、またハーレーにも乗って欲しいと思っている。
  
Posted by hd1978 at 22:21Comments(0)TrackBack(0)その他

2017年06月13日

三毛猫が避妊手術を終えて戻ってきた。

1888a472.jpg

7b3f2f7b.jpg

丸一日、飲まず食わずの状態だったので、少し痩せていた。御飯を与えたらバクバク食べていた。
昨日から全く違う環境にいたので、さぞかし不安だったはずだ。手術済みの印として、右耳の先っぽに「V」のカットが入っている。(下の画像の緑の線の真ん中あたり)
  
Posted by hd1978 at 00:03Comments(0)TrackBack(0)猫(ボク)

2017年06月10日

夕方からバイクに乗って久しぶりに

1f81276c.jpg
奈良公園の若草山に行ってきた。
この時間帯になると、観光客も殆どいなくてリラックスして走れる。鹿たちも、心なしかノンビリと自分たちの時間を過ごしている様子だ。
  

2017年06月04日

所属している「神戸MGカ―グラブ」が制作したブルゾンのファスナーの修理で1ヶ月近く

cb27c0cb.jpg

3f9676c6.jpg

c46be774.jpg

山田川駅の近くの店に預けていたのが仕上がったので引き取りに行ってきた。
すると「けいはんなプラザ」方面に多くのヒストリック スポーツカ―が走って行くのを見た。
「コッパ ディ 京都2017」というイベントの最終ゴ―ルが「けいはんなプラザ」だったそうだ。
行ってみたら既に表彰式は終わっていて極上の「ディ―ノ246」が留まっていた。本当にスタイリッシュなスポーツカ―だ。オ―ナ―の方は、バックレストが固定されていて、独特の手長猿ポジションに若干苦労されているみたいで、少しでもトルソ―角を起こす為の簡易バックレストを装着してあった。
  
Posted by hd1978 at 23:36Comments(0)TrackBack(0)クルマ

昨日の夕方から気温が少し低くなって

dafb94e8.jpg

8e151195.jpg

隙間だらけのス―パ―のカゴでは猫達もさぞかし寒い思いをするだろうと思い、段ボール箱を寝床にした。
今朝は朝から「限りなくブルーに近いブルー」だった。夕方の4時に里親探しのボランティアさんに引き渡す予定だったのだが、刻一刻と時間が迫るにつれて親猫も気配を感じたのか、いつも以上に子猫を可愛がっているのが判った。
奈良市在住のそのボランティアさん達の方針は、「室内飼い」をしてくれる里親さんにしか引き渡さないそうで、数件の獣医さんとタイアップされているそうだ。
きっと、ここにいるよりも遥かに明るい未来が待ってくれているはずだ。
親猫は夜になっても子猫を探して鳴いていたのだが、今は段ボール箱に入ってジッとしてくれている。

  
Posted by hd1978 at 00:03Comments(0)TrackBack(0)猫(ボク)

2017年06月01日

夜の11時前から竜巻注意報が発令された。

3b1a22e2.jpg
三毛猫と子猫達は強風と雷に怯えていたので、普段の寝床のス―パ―のカゴごと事務所に入れた。
誰もいない事務所に三毛猫がとても不安がっていたので、僕も今夜は事務所の床にゴザと簡易のクッションを敷いて一緒にお泊まりする事にした。
土曜日の昼からは子猫を里親探しをされている、奈良市のボランティアさんに引き渡す予定だ。
  
Posted by hd1978 at 23:26Comments(0)TrackBack(0)猫(ボク)

2017年05月31日

やっとNDロ―ドスタ―に試乗した。

75bdb807.jpg
乗り込む時の膝回りの狭さに驚いた。脚の短い僕でも困ったくらいたから、脚の長い外国人ならもっと大変な思いをしてしまうはずだ。
屋根を閉めてエアコンを作動させ、屋根を閉めて走ってみたら意外な程、ノイズが侵入してくる。加速感はとても良く、クロスした各ギヤの繋がりはとても良い。
若干、荒れた路面ではサスペンションが軽くドタバタしている。オ―バ―サイズのホイールとタイヤの仕業た。僕がこのクルマを買ったならホイールとタイヤサイズを、インチダウンするだろう。
パワーステアリングの感触は完璧では無いが、まあまあ電動パワーステアリングとしては良いタッチだと思う。
ブレーキはオ―バ―サ―ボだと思う。もっと踏力を使える方がハ―ドに走るドライバーには喜ばれると思う。エアコンを作動させても、NAみたいな大きなパワーロスはさほど感じずに済む。
しかし、見事な出来映えでNCに乗っている人達が気の毒に思えてしまう位にNDのまとまりは素晴らしいと思う。
見事に原点に帰ったモデルと言いたい。
今日の状況では、かつてNAの時代には存在していた「パワーステアリング無し」「パワーウインドウ無し」といった標準車みたいなグレードの登場は無理なんだろうな。もはやアマチュアが手を入れられる箇所もほとんど無いくらいのスキの無いくらいの仕上がりだと思う。排気音も程好く耳に入ってきて本当に楽しく走れる近年稀に見る傑作車だと強く思う。

  
Posted by hd1978 at 00:12Comments(0)TrackBack(0)クルマ

2017年05月28日

M2―1028の油圧計の針の動きが悪化していたので

13d57f09.jpg
オイルプレッシャー スイッチを交換した。すると効果テキメンで、針の動きが
とてもスピーディーになった。