皆様こんにちは。

前回は充電器のご案内でした。今回は、似て非なる、

HOGブースターポータブルバッテリーパック のご案内です。

IMG_1346

品番:66000147   価格:¥30,740-(消費税込) ※掲載時の価格です


こちらは、バッテリーの充電器ではありません。

ハーレーのバッテリーが、上がってしまいエンジンがかけられないよ・・・というお困りの時に活躍するアイテムでございます。

エンジン始動用のサブバッテリーパックです。付属のワニ口クリップをバッテリー端子に接続し、エンジン始動をサポートします。

遠方へのツーリング時などに、お持ちいただくと安心です。

フラッシュライトを装備していますので、暗い場所でも使えます。USB電源の取出しも備えていますので、携帯電話やカメラなどに電源を供給したり、充電することもできます。


前回ご紹介した、充電器 デュアルモードバッテリーテンダーと合わせてご準備いただきますと、万全です!
IMG_1340

宣伝です!

クロームコンサルタント 山崎 でした。
                    

皆様こんにちは。

HARLEY-DAVIDSON NUMAZU クロームコンサルタント 山崎です。

3月になりまして、そろそろ冬眠から愛車を目覚めさせようかという方も多いのではないでしょうか。

いや、寒くても乗っているよ!  という方にもおすすめの新商品が入荷しました。

IMG_1343

   800mA WEATHERPROOF DUAL MODE BATTERY TENDER

         部品番号:66000185     価格:¥12,949-(消費税込) (掲載時の価格です)


バッテリーの充電器です。

なんだ、充電器か。もう持ってるよ。使っているよ。と思われた方・・・いつもバッテリーを気遣っていただきありがとうございます。電装化が進み、バッテリーの電圧維持管理も日常メンテナンスの一つとなりましたね。

こちら、何が新しいのかと申しますと・・・H-Dより発売になりましたリチウムバッテリーの充電ができます。また、切り替えにより従来のバッテリーも充電できる優れものです。

近年のハーレーには、接続ハーネスが標準装備されてます。保管場所付近に100Vコンセントがあれば、接続してすぐ充電できます。

自分のハーレーには、そんな接続ハーネスだか、配線?付いていないよ・・・という方。接続ハーネスは充電器に付属していますので、バッテリー端子に取り付ければすぐお使いいただけます。ご自身で取付は不安という方はご依頼ください。ワニ口クリップも付属しておりますので、使いやすい方法でお使いいただけます。

従来の99820-09 バッテリーテンダーも併売しております。リチウムバッテリーは使う予定ないよ・・・という方はこちらもご利用ください。ただ、価格的には双方充電できるデュアルモードのほうがお求めやすい価格となっております。

H-Dリチウムバッテリーに関しましては、入荷次第ご紹介したいと思います。

皆様こんにちは。

HARLEY-DAVIDSON NUMAZU  クロームコンサルタント 山崎 です。

唐突ですが、ハーレーダビッドソンにはとんでもない数のパーツ&アクセサリーが存在します。

当店でも、お客様のご要望でいろんなカスタムをさせていただいております。既存のお客様、いつもありがとうございます。

すでにハーレーに乗られている方や、これからハーレーを購入、カスタムするよ 、という方の参考になれば!! とのことで、パーツ&アクセサリーの紹介をしていきます。


さて、記念すべき最初に紹介する商品は!


    Harley navi  

です。


ナビ画面

image2

店頭カスタムとして、2018 STREET GLIDE に装着いたしました。

Harley naviは、H-D純正品ではございません。社外品でございます。

image2-NAVI

image1

取り付けの際には、既存のステーを加工しますので、想像以上にフェアリング部を分解いたします。
施工するサービススタップも細心の注意を払って作業いたしました。

Harley naviは、数量限定商品です。防水処置も施されております。

ハンドル部の手元スイッチで、音量調整やラジオの選局に対応しております。NAVI操作はタッチパネルで行います。


2014~2018年モデルのフェアリング付きツーリングモデルにお乗りの方、いかがでしょうか?

 

注)標準装備のオーディオシステムで稼働、表示させるシステムは使えなくなります(ヘッドセット、CVO空気圧モニタリングシステムなど)


なお、新車の購入をご検討中の方へ・・・
  
2019年フェアリング付きのツーリングモデルでは、標準装備オーディオシステムが刷新され、iphoneをお使いの方は、NAVIもお使いいただけるようになっております。
今回ご紹介いたしましたHarley naviは2019年モデルには対応しておりません。


以上 クロームコンサルタント 山崎でした。
























↑このページのトップヘ