HD DVDでゴーゴー

「次」次世代DVDの行く末を追い求め彷徨う処

【下記HD DVDソフトを探しています】

・Railway Story 〜新・世界鉄道ロマン紀行〜 中国・悠久のシルクロード天山南路を行く Part-1 [HD DVD]
・Railway Story 〜新・世界鉄道ロマン紀行〜 中国・悠久のシルクロード天山南路を行く Part-2 [HD DVD]
・HD DVD 店頭ディスク Vol.2 作品集&機能説明・比較映像編(2007年春版)

ドイツからの熱烈なHD DVDコレクターをご紹介、そしてお願い (Railway Story)
http://blog.livedoor.jp/hddvddegogo/archives/51983988.html

FF15のプラチナデモ画質を観た感じ、噂のPS4.5?PS4Kが待たれますね

遂にというかようやくというかファイナルファンタジー15の発売日が決まったようですね。最新体験版「PLATINUM DEMO FINAL FANTASY XV」なるものが配信されたので遊んでみましたが、グラフィックスは微妙な出来でした。「おっ!」と画質にトキめいたのは、タイトル画面のモフモフ君くらいでしょうか(笑)。

ff15-01


ルミナススタジオ品質の片鱗を感じさせてくれたのはこれくらいで、ゲームが開始されたとたん現実に戻されました。ついさっきまでふんわり艶々のモフモフ君だったのがパサパサ君ですよ。広大なオープンワールド設定ということですので、これが現行PS4性能の限界でしょうか。

ff15-03


ff15-02


ff15-04


なんというか、背景も人物も艶がないというかのっぺりというか実写感から程遠いまあよくあるゲーム画面って感じですよね。PS4世代としては特段良くも悪くもないレベル。FF15画質の期待値からすれば残念というのが個人的な感想です。

画質はあれでしたが、名曲スタンドバイミーが流れるPVには非常に惹かれるものがありました。FF15で青春ロードムービー的なゲームってのはどうかと思いますが嫌いじゃないです。むしろ大好物(笑)。

巷で噂というか規定路線的な話になってるくらい現実味がでてきたPS4.5(PS4K)なるアップグレード版PS4が
F15にも必要かもしれませんね。GPU性能が2倍になるとかかんとか。こいつが出ればモフモフ君がゲーム内でも、もっとモフモフしてくれるはず(笑)。買い換えちゃいますよもちろん。

これあれなんですかね?任天堂の新型機NXなるものが案外高性能になりそうなのもあるんですかね。PS4は一応画質が売りで支持されてる面も大きいですから負けるわけにはいきませんよね。あと4KのUltra HD Blu-ray再生対応するタイミング的にも丁度いいのかもしれません。もちろんAPUシュリンクのタイミングも揃ったのでしょう。タブレットとかスマホとかみたいに一年に一度ハードウェア更新してくれて構わないのですよ、ハイ。どんどんやってください(笑)。

ああ、GPU性能2倍ついでにコントローラのバッテリーも2〜3倍持つようにしておいてください。燃料切れるの速すぎです。もちろん性能2倍でも騒音は2倍にしなくて結構ですよ(笑)。

東芝製HD DVD修理受付は2016年3月31日まで

東芝、HD DVDレコーダ/プレーヤーの修理受付を3月31日で終了。事業終息8年

うちのRD-A301は未だ元気です。普段は通電しないで眠ってますけど(笑)。近年の録画ライフはTVに外付けHDD引っ付けて観て消しですね。あとNETFLIXに加入してるくらいでしょうか。実にさっぱりしたものです。

それにしても時の流れとは早いものですね。

日本版NETFLIXに3ヶ月加入してみたけど・・・(PS4アプリ)

ネットフリックスが日本でサービス開始してから約3ヶ月。一応、スタートからずっと加入してみましたが、一言でいえばがっかりコンテンツ(笑)。いやあ、全然品揃えが悪いです。スタート前は周りもやれ”黒船来襲”だの、”新型TVのリモコンに各社NETFLIXボタン標準搭載”だの煽りに煽りまくり。期待値をこれでもかってほど上げあるものですから、「いやぁさすが外圧!日本の権利関係も破壊しちゃうなんて素敵!」と浮かれに浮かれて待機するってもんでしょう(笑)。ところがいざ始まってみれば数えるほどしかないコンテンツにしょんぼり。

「無料期間の一ヶ月は出し惜しみしてるんでしょ?でしょ?もう人が悪いんだからぁ(笑)」と余裕こいていましたが、有料期間に移行してもさして作品数は増えず。そして現在に至るというところでしょうか。

特に日本国内作品が超貧弱。映画はもちろん、TVドラマやアニメなんかも全然ありません。ひと月に数本新作が追加されたかな?というレベル。じゃあ、海外映画の品揃えは良いのかというとそんなこともなく、売りのレコメンド機能の必要性は皆無。全作品から自分で探したほうがはやい(笑)。とりあえず劇中で描いた未来と同年を迎えたということで盛り上がったバックトゥーザフューチャーくらいは抑えておいて欲しかった。本編は用意しないでドキュメンタリーだけ置かれましても(笑)。結局、NETFLIXも他所と同じで日本では全く身動きとれずという感じですね、今のところは。

貧弱コンテンツは別としまして、PS4アプリでの使い勝手や画質については好印象であります。サクサク動作しますし、再生開始も速い。今のところ、再生途中で途切れたことはありません。画質も配信とは思えないほど高画質。これに慣れるとレンタル店にわざわざ出向くのも馬鹿らしくなります。だからこそ、貧弱コンテンツが実に惜しい。

あと、改善して欲しいところを挙げるとすれば、これはPS4アプリだけの問題かわかりませんが、設定で連続再生をオフにしてもエンディング画面が縮小され勝手にオススス動画を差し込んでくるのは止めて欲しい。ただ、ちゃんとエンディングが流れる場合もあるので、仕様なのかバグなのかはちょっと不明。

ラストの余韻に浸ってるところにブツっと画面が切り替わるとゲンナリします。萎え萎えです。映画館でもエンドロールが流れた途端、ざわついて帰り支度をして立ち上がっていくのは止めて欲しい人間です(笑)。

もうひとつ、再生直後の低解像映像から高解像映像へ切り替わるのが苦手ですので、7秒くらいまでは我慢しますんで、「NETFLIX」ロゴでも表示してバッファ稼いでから再生出来るオプション用意して欲しい。自分だけですか?こんな要望するの(笑)。

快適な瞬時再生と画質はトレードオフなのは重々承知してますが、無理を承知でどうにかして欲しいです。未だにあの画質のギャップには慣れません。まあ、映画とかですと配給会社の波しぶき映像(笑)とか最初に差し込まれますので、本編開始するころまでに画質が安定してることが多いんですけど、連続ドラマとかアニメとかだとそうもいかないので、ハイ。

そんな感じですか今回は。再生アプリの造りは悪くありませんので、品揃えさえマシになれば非常に魅力的なサービスかと思います。あともうちょっとだけ継続してみますので、NETFLIXさんはバリバリ仕入に励んでくださいね(笑)。

新型PS4(CUH-1200AB)は静音化されていて嬉し涙

ps4_CUH-1200AB_01


8ヶ月ぶりの更新で何を書くかと思いきやこんなことですいません。それにしても今年のE3は凄かったですね。FF7のリメイクにシェンムー3再始動ですか。発表時の海外ファンの反応動画を沢山観ましたが、胸が熱くなりました。ゼノギアスとクロノトリガーのPS4リメイクもお願いしたいところ(笑)。

この勢いでPS4の新型がE3で発表されるかと思いきや、スルーでしたので年末かなと落胆していた矢先の新型発売。買うしかないでしょということで買っちゃいました。若干の省電力化ですが静音に貢献してることを期待。

時間無くてあまり検証してませんが、幾つかのソフトで各1時間弱遊んでみた感じではかなり静音化されている印象です。龍が如く維新などは旧型ですと結構ファンが唸ってましたが、今のところ一度も耳障りな騒音に悩まされることもありません。旧型PS4の場合、ワットチェッカーで測ると消費電力が130W前後〜140Wあたり出てた記憶がありますが、新型は110W前後で推移してます。ドラゴンクエスト ヒーローズは105〜120Wあたり。The Order: 1886も同じくらい。

ちなみに旧型の場合、当方の環境ですと10Wずつ上がるごとに空冷ファン音が一段階上がる感じでした。120W以下ですと静かで、130W以下で堪えてくれると深夜にぎりぎり楽しめるファン音。140Wに近づくとかなり耳障りになり、150W付近は爆音に近いレベルという具合。

APUのシュリンクはまだですよね?ここまで新型が効果的に静音化されてるのは何のお陰なんでしょうか。どこぞかの分解記事がでればなんとなくわかるんですかね。もっとゲームをやりこんでいくとファンの唸りに遭遇する可能性も無きにしも非ずですが、今のところ良い感じです。

あとは、コントローラーのバッテリー持ちの悪さも改善していると文句なしなんですが、とりあえずPS4最大の不満点であった騒音が改善しているのは嬉しい限りです。

【追記】
例の動画にしてまでPS4の騒音っぷりを訴えたトゥームレイダーでも測定してみました。セーブデータのバックアップとってなかたので動画と同じ部分での測定はできませんでしたが、メニューとマップ画面は変わらないのでそこだけでも十分違いが分かるかと思います。

・旧型PS4
トゥームレイダーメニュー画面:153〜155W
マップ画面:100W

・新型PS4
トゥームレイダーメニュー画面:123〜125W
マップ画面:80W

トゥームレイダーはメニュー画面がリアルタイムレンダリングのムービーになってまして、一番負荷がかかるところです。いやあ測定してみてびっくりしました。あの爆音メニュー画面で120W前後とは!!通常ゲームシーンでは110W前後に収まってます。これで間違いなく静音化がなされてることが判明しました。あのトゥームレイダーを遊んでいても本当にフォオオオオオーといわなくなりました(笑)。新型PS4素晴らしい。

【2015/6/29 追記】
新型PS4のトゥームレイダー動画を作成してみました。ものすごいやっつけ仕事であれなんですけど、なんとなく違いが分かるんじゃないかと思います。視点がグリグリ動いて酔いそうな動画でごめんなさい。やりなおそうと2回目の撮影に挑んでいたら「55さ〜〜ん、佐川急便でーす!!ドンドンッ!55さーーーん」となりまして(笑)、もう面倒くさくなって最初のテイクを採用しました。録音レベルもちょっと低くて申し訳ありません。

とりあえずワットチェッカーと連動させてみました。何かのご参考になれば幸いです。そうそう、この動画撮影のあと、トゥームレイダーメニュー画面(旧型時150W相当)で30分放置してみましたが、ファンが唸ることはありませんでした。うちの室内環境ですと、余程のことがない限り騒音に悩まされることはなさそうです。

【新】 PS4 (Ver.2.0) 対 PS3 (DVDアプコン画質対決 / HQVベンチマーク)

PS4のシステムアップデート2.00を早速適用してみました。PS3もVer2.0でDVDアプコン画質が劇的に向上しましたので今回も期待に胸が膨らみます。結論から先に申しますと、期待通り見事進化を遂げておりました。前回の検証ではPS3に劣るDVD再生画質でしたが、アップデート後の今回はPS3と同等、もしくはそれ以上の性能になっておりました。お見事です。

前回同様インターレース動画をプログレッシブに変換する際の精度を測定するHQVテストを実施。代表的な項目だけチェック。PS4のシステムバージョンは1.71と2.00。


【JAGGIES PATTERN 1】
どの角度でも斜線がジャギらなければ高性能(水平に近付くほど高難度)

PS4 (Ver.1.71)
ps4-171-01ps4-171-02

PS4 (Ver.2.00)
ps4-200-01ps4-200-02

PS3
ps3-01ps3-02

PS3とPS4(2.0)はなかなか優秀。PS4(1.71)は水平に近づくほどジャギ目立ちます。


【JAGGIES PATTERN 2】
上から2本目までジャギらない場合は良好。 3本とも斜線がジャギらなければ超高性能。

左:PS4 (Ver.1.71) / 中央:PS4 (Ver.2.00) / 右:PS3
ps4-171-03ps4-200-03ps3-03

PS3とPS4(2.0)の3本目はやや歪んでますが優秀。PS4(1.71)はやや落ちて良好レベル。


【WAVING FLAG】
旗がジャギらなければ高性能

左:PS4 (Ver.1.71) / 中央:PS4 (Ver.2.00) / 右:PS3
ps4-171-04ps4-200-04ps3-04

PS3とPS4(2.0)は滑らかで優秀。PS4(1.71)はジャギが目立ちます。

HQVベンチは以上になります。PS4(2.0)にアップデート後はPS3と互角に張り合えています。旧バージョンの結果とは雲泥の差です。最後は実際のDVDソフトで画質比較。素材は恒例のアニメ『AIR』と実写『GSワンダーランド』。

PS4 (Ver.1.71)
ps4-171-05ps4-171-06ps4-171-07

PS4 (Ver.2.00)
ps4-200-05ps4-200-06ps4-200-07

PS3
ps3-05ps3-06ps3-07

PS4(1.71)も動きが少ないシーンはそこそこな画を出しますが、かなりの頻度でジャギります。PS3とPS4(2.0)はip変換のアルゴリズムは若干違うようで、PS3が上手く処理できたシーンでPS4(2.0)がいまいち、またその逆もありでどっこいどっこい。高難度のAIRに関しては両者完璧には処理できませんが、高いレベルでの争いに違いはありません。

個人的にはPS4(2.0)のほうが若干上手くip処理できてるように感じます。そして元々PS4のアプコンはPS3より輪郭をクッキリ描くことに関して長けていたので、ip変換ミスが大幅に減った今回、それが良い方向に発揮されメリハリのある気持ちの良い画を出してくれます。旧バージョンはip変換ミスりまくってジャギが発生してる状態にシャープネスが効いてるようでしたので、ジャギジャギ感がより強調されて悪影響が出てました。

左:PS4 (Ver.1.71) / 中央:PS4 (Ver.2.00) / 右:PS3
ps4-171-08ps4-200-08ps3-08

3者とも大差なし。3:2フラグの入った映画などのフィルム素材は旧PS4も安定してます。ただPS4、特に新バージョンはip変換ミスがほぼ解消されたので映画に関してもクッキリ見やすい画質かと思います。

という感じでしょうか。PS4 (Ver.2.00)は少なくともPS3と互角以上の画質までは引きあがったことは確かです。まあPS3もPS4も凄い高い性能レベルで拮抗してます。あとはPS3とPS4の問題というより元のDVD素材のフィールド処理がおかしいとか、そういうときくらいしか目だったip変換ミスは発生しないかとおもいます。

次のメジャーアップデートでは、そのおかしいDVDを再生してもスダレがでないように更に進化してくれると嬉しいです。例えば、「ふなのみくす」とか(笑)。それはおいときまして、とりあえずVer2.0のお陰でDVDアプコン性能は通常用途において申し分ないレベルになりました。

【追記】
簡単にですが検証動画もあげておきました。HQVベンチってこんな感じです。わかりやすいようにスローモーション再生にしてます。HD(720p)画質の全画面またはブラウザ全画面でシアターモードを推奨。ちゃんと拡大サイズかつ高画質再生されてることをご確認のうえ視聴してください。何かのご参考になれば幸いです。

最新コメント
youtube-01
funk-02

 
過去記事(月間)
当ブログ記事検索