Blu-ray版「AIR」BOXが破格の値段(アニメ価格としては)だったのが
なんとなくわかりました。
この作品のBDデモをやってるっていうので、見てきたんですけど
ジャギジャギのアプコンもアプコンでした。
昨日見たアギトとは雲泥の差。比べるのも失礼ですよね。
さすがにこれで5〜6万あたりの値段はつけられないよなぁ。

もうちょっとHDかアプコンか判定に苦労するかと思ったんだけど、
そんな心配も必要なかった。
BDの国内初タイトルは当然これじゃないと思いますが、
この手の商品はHD素材タイトルが普及した後、出すべきじゃないのかな。
ちょっと、そんなことを思ったりして。

また、ウルトラバイオレットやらチキンリトルやらのデモもあり。
これらはソースがつるつる綺麗なのとビットレートも
それなりに振ってあるのか良い画を出していました。
その他の作品も画面ににじり寄って見ない限りは問題ないようです。
あくまで、デモ映像に限っての話ですが。

あとアニメの「イノセンス」なんかはHDで確かに綺麗なんですけど、
気持ち解像感が足らない気がしたのは気のせいかな。
まあ、あれだけ情報量があれば特に文句はないです。

とりあえず試作機BDプレーヤーのせいか、全体的に画が甘いという印象。
(某所で見たRD-A1の画が凄すぎたというのもあります)
BDプレーヤー自体も固まったりと動作も怪しかった。

それにしても銀座は久しぶりだったなぁ。
ここは僕の街ではないですね(笑)