2013年01月21日

1/21(月)リカバリー 三本ローラー

Bike 1:00' 30.5km cad92rpm data

今日はノンビリとTV観ながら三本ローラーでリカバリー。
軽いギアで心拍あまり上げずに90rpmキープ。ラストに130rpmを2回。
45分で止めようかと思ったけど あのジジイが50分した!って言いそうな気がして無理矢理延長(笑)

まさにマラソンの楽しさを表現した記事
日経Web刊 「短距離走が速くなれば、マラソンだって…」より
実はフルマラソンを走る楽しみは、計画づくりと、その実行にこそある。
プランに沿って日々、走るのが楽しいのだ。

マラソンは42.195キロの戦いではなく、3〜4カ月の戦いである。
そして、3〜4カ月にわたる楽しみでもある。
私の今年の別大マラソンはすでにほとんど終わっていると言ってもいい。
レース当日は最後の仕上げのときにすぎない。

どれだけ質の高いトレーニングを積んだかによってマラソンの結果は決まる。
体調を崩したりしない限り、3〜4カ月に積み重ねたものがタイムに表れる。
だから、もう結果は決まっているのだ。

篠山まであと1カ月半。 頑張る。

R228B315S0  

Posted by hdk3791 at 22:17Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月09日

4/9(金)完全休養

会社関係の通夜の為、完全休養日。

明日は午前中に渋川方面でバイクに乗って午後から葬儀参列。

先日録画しておいたNHK放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」を観た。
キングカズこと三浦知良の巻き。

Jリーグの顔からW杯直前での代表落選、戦力外通告を経験し40歳を過ぎ、衰えを感じながらも徹底的に身体を鍛え練習も常に全力を尽くす姿は凄い。
「試合でいいプレーをするためには、何かで苦しまなければ楽しみは得られない。物事いいかげんにやったら全然楽しくないし、何でも真剣にやるから楽しい(三浦知良)」すげえ!

R31B257S2  
Posted by hdk3791 at 23:31Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月24日

2/24(火)完全休養日

今日は予定通り完全休養日。

100均で篠山スペシャル用ボトル(調味料入れ)を購入。

明日にでも旗を立てるかな。

東京マラソンの「ラカタンバナナ」に関心 疲労回復も(産経新聞)
通常品種に比べ、クエン酸が多く含まれ、疲労回復効果がある(高い?)らしい。
ロングのトラのエイドでは食べますよね。
一方「ランナーズ4月号」に「バナナはとってはいけない? バナナを食べると脚が攣る?」の記事。
バナナに多く含まれるカリウムが云々と難しい話で良く分からないけど結局「過剰に心配する必要はありませんチャンチャン」でしめられてた・・・
記事にもあるけど食べることでバナナにはクエン酸が多く含まれて疲労回復効果があるという安心感を得られる事の方が大きいんだろう。

R235B0S2.8 U-21  
Posted by hdk3791 at 23:17Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月12日

2/12(木)ラン

Run 10km 児島駅周辺

ユルユルペースから初めてラストは4分/kmまで上げて走る。
さすがにラストはマスクを外して走った。

走っている時はあまり気にならないけど右股関節に相変わらず違和感あり。

土曜日は仕事なので明日最終追い切り予定。
スイムレッスンはバタフライか背泳ぎメインのようなので・・・

TJ2007年7月号より
「コーラ・ターボの使い方」
補給に関する特集の中でのコラム
終盤に血糖値を急激に上げてくれるコーラを飲むのが元気が出て効果絶大。
ただしレースの早い時期から飲み続けると血糖値が上がり過ぎ、インシュリンが出てしまい最後までもたなくなる。 伝家の宝刀はむやみに抜くものではない。

コーラ大好きの私は皆生でもバイクパート、ランでもコーラをよく補給する。
やっぱりむやみに飲むのは良くないんだろうか?
ツールでもレース中にコーラを補給するって話もあるけど。
要研究。

ちゅうことでBURUさんエイドにコーラをリクエストです。

R133B0S0.9 U-9  
Posted by hdk3791 at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月09日

2/9(月)完全休養

ええ感じに脚は疲労バリバリ。
軽く走りたかったけど雨のため完全休養。

TJ2007年10月号より
「ストレッチ不要論」
怪我の予防、筋肉痛の軽減、パフォーマンスの向上のために習慣的なストレッチは重要と考えられているがこれには科学的根拠が欠如している。
研究報告では
 ̄親袷阿離好肇譽奪舛砲茲蟒斉霎が高まったとしても障害の予防に有効性はなく逆に筋の柔軟性が高いと障害の確率が高くなりパフォーマンスも低下する。
運動前後にストレッチをしても柔軟性には違いがなく効果がない。
ストレッチによりパワー系のパフォーマンスは低下する。
け親宛紊糧莽回復ではストレッチは効果がない。⇒ 軽運動では効果が見られる。
ヌ詰に筋肉を伸ばすことで筋繊維損傷の可能性もある。

身体をほぐす程度の軽運動(それがストレッチちゃうん?)の方がウォームアップやクールダウンには効果がある。

とのこと
なんか極端な記事に思えるけど。
まあ身体が硬過ぎても競技に必要なパフォーマンスを発揮することもできないだろうし、目標とするレベルに必要最低限な可動域(その程度については良く分からないけど)を確保する必要はあるだろう。
まあ気休めだとしても痛くない程度のストレッチなら気持も良いし問題ないわな。
いきなりグイグイストレッチじゃなくてウォーキング等で筋肉を温めてから軽めにストレッチって言うのが良いってことで。

R106.5B0S0.9 U-7  
Posted by hdk3791 at 21:01Comments(1)TrackBack(0)