名古屋市中区の歯科医 田島陽介のブログ・・・明るい老後への道・・・

 現役歯科医が贈る 『 日々の悪戦苦闘物語 』 です。このブログは、毎週月曜日に更新して                             います。 ご意見、ご感想、ご質問は、hdo21@nifty.com  までお願いします。

234 衝動ハーフマラソン

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

9月下旬から始まった股関節の違和感がなかなか治まらなかったので、10月5日を最後に練習を中断しました。

そのため、10月17日鈴鹿山麓かもしかハーフマラソンで予定していた今シーズンの初陣は、キャンセルするつもりでした。

ところが、17日朝5時30分にぱっちりと目が覚めてしまったのです。そうなると、体がうずきます。すでにエントリー費も払ってあるので、急遽、出走することにしました。

衝動買いならぬ衝動ハーフマラソンです。
234 3
約2週間まったく練習せず、体調も万全ではなくて、スタート直後はすごく体が重たかったのですが、なんとか21.0975kmを完走できました。

その後、数回だけ練習を積んで、ほぼ、ぶっつけ本番で11月14日いびがわマラソンにトライしました。3年連続のチャレンジです。
234 1
前半は、なんとか頑張りましたが、
23km地点で力尽きました。フルマラソン挑戦5回目で、初の途中棄権です。救護センターからバスに乗せていただき戻ってきました。

ハーフは、少々無理すればなんとかなりますが、メタボ中年にとってフル本当に過酷です。心技体のすべてがそろわなければ完走できません。

これで、僕のフルマラソンの通算成績は、2勝(完走)、1敗(途中棄権)、2引き分け(完歩)となりました。
234 2
この1年間の総走行距離は、1236kmになりました。まだ、来年の目標を立てる気分にはならないので、また、走りたくなる日まで、ちょっと休憩します。

さて、本日が、今年最後のブログになります。一年間、拙いブログにお付き合い下さり、ありがとうございました。

来年は、いい年になりますように! と、申し上げたいところですが、残念ながら、今の日本の財政状態を考えると、さらに厳しい世の中になることは避けられないでしょう。

しかし、ピンチチャンスです。来年もプラス思考チャレンジしようと思います。

それでは、皆様、よいお年をお迎えください。

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

12・0・0・0・0・0・0・・・12・・・1226

233 マラソン修行 

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

本日は、久しぶりにマラソンについてお話します。

2月東京マラソンに出場後は、充電期間として、暫らくのんびり過ごしました。3月〜7月までの5ヶ月間で走った距離は、わずか98kmです。

心に火が灯り、立ち上がったのは8月1日でした。8月・9月は、ほぼ毎朝10km走りました。11月14日のいびがわマラソンでの自己ベストを目指して、充実したトレーニングを続けました。
233 2
記録的な酷暑で、シャツと短パンは、すぐにびしょ濡れになりました。さらに1時間も走ると、汗が足を伝って流れ、シューズまでバケツの水に浸かった様な状態になります。

シューズは、中2日間干さなければ乾かず3足を使い回しました。

少し危険な経験もしました。外気温が28℃を超える中で水分補給をしないで10km程走った後、ヘトヘトになり体に力が入らなくなったので、歩いて帰ろうとした時、気持ち悪くなったのです。

すぐに、軽い熱中症だと気がつきました。日陰伝いに近くの自販機まで慎重に歩き、スポーツドリンクをゆっくり飲んで回復しましたが、一瞬 “ヒヤッ” としました。

もちろん、初日から無茶をした訳ではありません。毎日少しずつ体を慣らして、10kmぐらいまでなら無補給で問題なく走ることができる状態になってから、数日後の出来事でした。

毎夏、熱中症で亡くなる方がいますが、人ごとではありませんね!

そして、この夏は、ランニング中に嬉しいサプライズもありました。ホームコースの山崎川カワセミを見てしまったのです。
233 4
都会の川にも生息していることは知っていましたが、まさか、本当に出会えるとは思ってもいませんでした。(写真はYAHOOより)

縄張りがあるようで、同じ場所で何度も見かけました。実物は、写真で見るより美しく感動的です。まさに、動く宝石ですね。

さて、8月201km9月240kmと順調に走行距離を延ばしていったのですが、9月下旬に、股関節に違和感を感じるようになってしまったのです。

なかなか、思い通りにはなりません・・・・・       つづく

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

10・0・0・0・0・0・0・・・10・・・1214

232 吉例 顔見世

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

10月21日(木)、先輩方にお誘いいただき、妻と一緒に、御園座第四十六回 吉例 顔見世を観てきました。
232 1232 2
 歌舞伎は、学生時代に祖母のお供で、運転手として付き添って以来の20数年ぶりです。

当時の僕に歌舞伎の面白さなど解かる訳はなく、小遣い欲しさで付いていきました。懐かしい思い出です。
232 3232 5
 今回も、ほとんど期待はしていませんでした。しかし、せっかくお声を掛けていただいたので、 いつもの “興味のないことにトライすることが大切だ!” の精神で出かけました。

話題の市川海老蔵と中村獅童ぐらいしか歌舞伎役者を知らない僕でしたが・・・ 予想外に面白かったです。 

ただ、私が人間的に成長して、歌舞伎の良さを理解できるようになった訳ではありません。秘密兵器のおかげです。
232 7
左のイヤホンガイドです。これでタイムリーに解説を聞きながら鑑賞したので、各場面の意味がよく解かりました。

この夏、イタリアのウッフィツィ美術館やヴァティカン美術館で、イヤホンガイドすごい効果を実感してきましたが、御園座にあることは、場内で初めて知りました。

一人650円ですが、僕にとっては必需品です。とてもお勧めです。

当日は、坂田藤十郎、尾上菊五郎、尾上松緑、尾上菊之介、市川段四郎、澤村田之助、等が出演していました。
232 6
子役だけは女の子が演じていましたが、歌舞伎男の世界宝塚の男版なんですね!こんなことも知らなかったなんて、冷や汗がでます。

上は、幕間に食べた弁当です。
歌舞伎、たまにはいいですね! いつか、また、行きたいです。

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

0・0・0・0・0・0・0・・・0・・・1204

231 応援感謝パレード

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

11月20日(土)に久屋歯科室の目の前で、セリーグ優勝したドラゴンズの応援感謝パレード2010が開催されました。
231 1231 2
 9時30分から始まる優勝報告会の入場整理券は、朝8時過ぎに配布終了する程の人気でした。上右は、診療室の窓から見えた勢揃いした選手達です。
231 3231 4
 先頭のオープンカーに乗っているのは、落合監督森野選手です。その後ろに選手達を乗せた4台のパレードカーが続きます。上右のトラックには、山本昌投手岩瀬投手が乗っています。
231 5231 7
 診療中でしたが、一時中断してゲストと一緒に手を振りました。久屋歯科室は2階にあり選手と目線が同じなので、数人の選手がこちらに気づいて指をさしてくれました。
231 8231 9
 僕は、2007年11月1日の伝説の試合を自分の目で観てからは、野球にはほとんど関心をなくしていました。

ところが、今年の9月22日、天王山の阪神戦のチケットを、友人のI君が譲ってくれたので、3年ぶりにナゴヤドームに足を運びました。

バックネットすぐ後ろのスペシャルチケットです。I君いつもありがとう。そして3年ぶりに、目の前で優勝パレード見ることが出来ました。不思議な縁を感じます。

72 優勝報告会のブログに書いたを、予想外に早く達成することが出来ました。

ドラゴンズファンの皆様!おめでとうございます。良かったですね!

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

0・0・0・0・0・0・0・・・0・・・1204

2010/11 = 83

230 大人の遠足

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

少し前のことになりますが、この秋、友人に誘われて航空自衛隊浜松基地の見学に出かけてきました。
IMG_1253IMG_1273
 自衛隊の基地は初体験です。入口ゲートでセキュリティーチェックを受けてから、バスで基地内を巡りました。

敷地があまりにも広大なので驚きました。2600名が勤務し、それとは別に800名の隊員が、基地内の学校で研修を受けています。

上左は、パイロット学生の練習機T−4です。小型ですが、垂直上昇できる馬力があるそうです。上右は、主力戦闘機のF−15です。
IMG_1271IMG_1269
 左は、F−15を真後ろから見たところです。ここからものすごい勢いでジェット噴射され、東京ー大阪間10分で飛ぶことができます。右は、弾丸の発射口です。発射中はすぐに超高温になるので、連続発射は数秒しかできないそうです。

1機の値段は、約100億円と教えていただきました。

最も若い隊員は、24歳で一人前のパイロットになり、有事の時はスクランブル発進するのです。

最近、領土問題で中国やロシアと揉めていることが、思わず頭を過ぎります。日々の平和な生活を守るために、陰ながら努力してくださる人達がいることを実感させられました。
IMG_1279IMG_1294
 帰りは、舘山寺温泉ホテル九重で食事をいただき、温泉に浸かってきました。
IMG_1284
このエリア屈指の高級ホテルなので、宿泊するとそれなりの予算が必要になりますが、日帰りプランなのでお値打ちに楽しむことができました。

たまには、大人の遠足、いいですね!

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

0・0・0・0・0・0・0・・・0・・・1204

229 アンコール・ワット

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

せっかくカンボジアまで来たので、プノンペンからの帰りにシェムリアップに寄って、少しだけ、アンコール遺跡群を見物してきました。
229 1229 2
 上右は、天空の楽園、世界遺産のアンコール・ワットです。湖面に逆さアンコールが写っています。

12世紀に創られた宗教施設とのことですが、重機械が一切ない時代に、熱帯の密林を切り開き、これだけの施設を建てた先人達の知恵や統制力はすごいですね。
229 3229 4
 上左は、天国と言われる第3回廊へ登る階段ですが、手すりもなく、すごい急傾斜なので、3年前に韓国人の旅行者が落ちて亡くなったそうです。

そのため、現在は裏側に別の階段が作られていて、そこから昇りました。上右は、第3回廊(展望台部分)から見えた景色です。

これで、僕の中での世界4大遺産のうち、エジプト・ギザピラミッド、インドタージ・マハル、に次いで3ヶ所目を訪れることができました。残りは、南米ペルーマチュピチュですが、いつの日にか実現できることを願っています。
229 5229 7
 街中では、人力車バイクで引くようなタクシーにも乗りました。日本の道交法では考えられませんね。暑い中、風は気持ちよいのですが、それなりにスリルもありました。
229 6
観光施設には、子供の物売りがいます。学校にも行かないで、一日中働く姿はすごくけなげです。この国には義務教育がありません。

チップを渡して一緒に写真を撮ると、子供らしい笑顔を見せてくれました。

同行者の一人は、「お金の使い方を、考え直さないといけない。」 と言っていました。カンボジア、皆様も一度いかがですか?

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

23・0・0・0・0・0・0・・・23・・・1204

228 カンボジア 3

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

カンボジアは、1993年国連の監視下で民主選挙が実施されるまで内戦状態が続いていたため、国の発展が遅れています。
228 2228 1
 上左は、ホテルの部屋から見た首都プノンペンの街並みです。高層建築物は皆無です。右は、カンボジアの通貨リエルです。100リエル札2円500リエル札10円の価値しかありません。

あまりにも価値が低いので、リエルはチップぐらいにしか利用できません。売買には米ドルが使われます。ベトナムもそうでしたが、世界には、自国通貨より米ドルが流通の中心を占めている国が、まだまだたくさんあります。
228 3228 4
 上は、ドライブ途中に寄ったレストランのトイレです。用を足した後、水槽から桶で水を汲んで自分で流します。もちろん便座はありませんトイレットペーパーを流すこともできません。紙類はゴミ箱に捨てるのです。

慣れていない方は、ちょっと大変だと思われるかもしれませんが、欧米以外ではこれが普通です。日本が恵まれすぎているのです。イタリアでさえ便座のないトイレを何度か見かけました。
228 5228 6
 プノンペンでは、庶民の足はオートバイです。一台のバイクに2〜3人はあたりまえ、5人で乗っていることもあります。

上左の写真を拡大してください。右から3台目のバイクには、小さな子供も含めて4人が乗っています。日本では考えられない光景ですが、少し微笑ましいですね。

上右は、現地の旅行会社の社長で、お世話になったMIURAさんです。彼には、30年前19歳の時にポル・ポト政権下での内乱から逃れるため、陸路で国境を超えタイに渡り、日本に亡命した経歴があります。

日本で8年間暮らし、日本国籍を取得して、その後カンボジアに戻り事業を起こされたそうです。平和ボケした僕達には、想像もつかない過酷な経験です。

海外から日本を見ると、日本人は幸せすぎです。

P.S.
昨日、いびがわマラソン(42.195km)チャレンジしてきました。僕は、練習不足がたたり途中棄権という情けない結果に終わりましたが、久屋歯科室のゲスト、杉江さん(45歳)が、見事に4時間台で完走されました。
228 7
杉江さんメタボ中年でしたが、1年半前からトレーニングを始て結果を残されました。おめでとうございます。そして、ありがとうございます。

自分のゴールより嬉しく思います。

このブログをご覧のメタボ中年の貴方、フルマラソンいかがですか!

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

16・0・0・0・22・0・0・・・38・・・1181

227 カンボジア 2

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

村の学校は生徒数600名で、約20名の先生方によって支えられています。
227 1227 3
 左は、校長先生、右は勢揃いした先生達です。若い先生の月給は、約50ドル(4250円)程とのことです。

村の中ではエリートの先生の給料が4250円。これでは先生方ご自身が、海外に出かけて広い視野を身につけることは、まったく不可能ですね。考えさせられます。
227 2227 4
 上は、建てさせていただいた診療所と寄付した医薬品です。ここに先週ご紹介したテック医師が、月に1回往診に来てくださいます。村でたった一つの医療施設です。
227 5227 6
 一人の生徒の家と、校長先生のご自宅も訪問させていただきました。上左の写真を拡大してご覧ください。家の右下に大きながあります。

村には、電気、ガス、水道がないので、このの中に溜める雨水で、炊事、洗濯、風呂と生活のすべてを賄います。上右のバケツは飲み水ですが、少し濁っています。

普通の家庭にトイレはありません。家の周りの草むらで用を足します。
227 7左は、校長先生宅のキッチンです。小枝を燃やして料理を創ります。

この現実を、日本の子供達に見せてあげたいです。中学校の修学旅行先をこの村にして、各家庭にホームステイさせていただくのです。

東京ディズニーランドとは、比較にならない衝撃を受けることでしょう。大人の方にも、欧米ばかりに目を向けないで、世界の現実を知っていただきたいです。

日本人、いくらなんでも贅沢すぎます。

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

16・0・0・22・0・0・0・・・38・・・1143

226 カンボジア 1

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

昨年末、“2010年に楽しみにしていることが3つある” と、申し上げましたが、先月、ついに3番目のを実現することができました。カンボジア訪問です。

僕の所属しているボランティアクラブでは、数年前から、カンボジアの田舎にある小さな村を支援しています。毎年、数名のメンバーが交代で現地を訪問しているのですが、今年は、僕にもその順番が回ってきたのです。
226 7226 1
 上は、プノンペン国際空港です。アンコールワットのあるシュムリアップを訪れる人はたくさんいますが、首都のプノンペンまで足を延ばす日本人はほとんどいないでしょう。

上右は、現地で僕達に協力してくださるカンボジア人のドクター、
テック医師
と、村の学校に寄付する文房具です。
226 3226 4
 村までは、プノンペンからさらに車で3時間以上かかります。最後は舗装されていない悪路を走らなければたどり着けません。当日は強い雨が降っていましたが、子供達は、傘もささずにボロボロの自転車を一生懸命に漕いでいました。

上右は小学生の教室です。村には電気がないので照明器具はありません。薄暗い中で勉強しています。
226 6226 5
226 7
上は、中学生の教室校舎です。学校は、午前の部午後の部に分かれていて、半日は農作業等で働きます。

それでも、貧しい家庭の子供は、家の手伝いのために小3ぐらいから学校に来なくなるそうです。

ここでは、一本の鉛筆が貴重品です。一人ひとりに手渡すと、両手を合わせて感謝してくれます。言葉は通じませんが、彼らの澄んだ心が、表情や声から伝わってきました。

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

0・0・0・0・0・0・0・・・0・・・1105

2010/10 = 80

225 また、来年!

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

先月、市内13ヶ所の児童養護施設に入所している小学生たちと、一日を楽しく遊ぶボランティアに参加してきました。
225 1225 2
 毎年開催されていますが、昨年は、新型インフルエンザの影響で中止になったので、2年ぶりです。

当日は、約190名の子供たちが集まってくれました。 最高気温は32℃で少し暑かったけど、本当に楽しい時間を過ごしました。

カレーライス、マスのつかみ取り&塩焼き、焼き鳥、ホットドック、どら焼きなど、食事も豊富に準備されて、お腹もいっぱいです。

我が家の子供達は中学生になってしまったので、低学年の子はすごくかわいく感じます。連れて帰りたくなります。
225 5225 7
 今回も、スタッフ仲間が応援に来てくれました。ありがとう!

僕は、当日だけ参加する腰掛ボランティアです。しかし、幹事の方々は、半年以上かけて膨大な準備をしてくれています。頭が下がります。

また、毎年、ボランティアとは縁のなさそうな意外な知人がいたりして、驚かされることも楽しみの一つです。(僕のことも、そう思われているのかな・・・)
225 6225 4
 そして、別れるときは、少し胸が熱くなります。事情は様々でも、親の愛情を直接受けることができない彼らの幸せを、願わずにはいられません。 「また、来年、会おうね!」 

最後に一言!女の子たちが 「めっちゃ、うめー」 と、テレビのバカタレントと、同じ言葉遣いをしていました。

自分の娘なら絶対に許しません。けれど、彼女たちには、周りに叱ってくれる大人がいないのです。

その言葉遣いが、品格を創り、人格を創り、人生を創っていくわけですから、一番の被害者は彼女達です。

バカタレント
はともかく、テレビ局の経営陣は、もう少しを持って番組を制作できないのでしょうか? 日本の一部の民放、経営者のレベルが低すぎます。

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

21・0・0・10・0・0・0・・・31・・・1105

224 キャニオニング

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

少し前の話ですが、恐ろしいような残暑が続いていた9月5日(日)、子供達のリクエストで、長良川の支流の支流にある片知渓谷で、キャニオニングを初体験してきました。
224 1224 2
 キャニオニングって? なんかかっこいい名前が付いていますが、ようするにただの川遊びです。

一昔前の、地元の子供たちの日常の遊びを、業者にお金を払い、ウエットスーツ、ライフジャケット、ヘルメットを借りてインストラクター? のアドバイスを受けながらやるのです。

僕達以外は、皆、20歳代の若者グループでした。20代なら、この程度の遊びは、「自分達で企画をして、自力でトライするエネルギーはないのかな?」 と、思いました。

先月の中日新聞に、「 『地球の歩き方』 を片手に、個人で海外旅行をしたがるのは、今や、50代のおじさんたちで、若い人の多くは、観光場所が決まっているパック旅行が主流」 との記事が載っていました。

実は、イタリアでも、白人のバックパッカーはたくさんいましたが、日本人の若者は、一度も見かけませんでした。日本の若者たち、ちょっと心配です。

それはさておき、当日の名古屋の最高気温は36.1℃でしたが、暫く水に浸かっていると寒いぐらいで、とても気持ち良かったです。片知渓谷は穴場ですね。次は、自分達で挑戦したいと思います。

帰りは、長良川沿いの 高原ヤナ鮎の里 で鮎料理を堪能してきました。
224 3224 4
 オープンエアで、少々暑かったですが、 煮つけ、フライ、塩焼、田楽、刺身、雑炊と、鮎のフルコースをいただきました。
224 6224 5
 鮎の刺身フライは初体験でした。特別に美味しいとは感じた訳ではありませんが、なんでも経験ですね。

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

0・0・0・0・0・0・0・・・0・・・1074

223 リッチなおじ様   

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

ベネチアフィレンツェ、を旅して、ローマに着く頃には、“もうイタリアは制覇した。” ぐらいの気分になっていました。
223 2223 1
 それにしても、8月イタリア暑かったー。特にローマは堪えました。名古屋ほどではありませんが、連日、動き回るのでヘトヘトです。幸か不幸か、天気にも恵まれ、雨はもちろん、雲さえほとんど見えない青空が続きました。

ローマには2泊しましたが、ガイドブックを読む気力も薄れてきて、相棒Mのリクエストを中心に、名所だけを観て回りました。ローマのことを詳しく知りたい方は、こちらのブログをどうぞ。
223 6223 3
 左は、ヴァチカン市国の教会のてっぺんから観たローマの中心部方面です。景観を守るためでしょうか? 高層建築物はまったくありません。

右は、帰国する日の夕方、すべての観光を終えて、パンテオン近くのピザ屋で、“ほっ!” と、ビールで乾杯しているところです。

イタリアは、想像していたよりずっといい国でした。人は優しく、嫌な思いや、危険は、ほとんど感じませんでした。

少しは、リッチなおじ様に見られるように、頑張って見栄を張ったつもりですが、プロのスリには、たいしたお金を持っていないことを、見破られていたのでしょうか? 

皆様には、夏のイタリアは暑いので、季節のいい時に行かれることをお勧めします。来年は、ビーチリゾートのプールサイドでビールを飲みながら、ダイビングやシュノーケリングを楽しめるような所に出かけたいなー。

さて、多くの方に、「Mさんとの人間関係は大丈夫でしたか?」 と、ご心配いただきましたが、さすがのMも、頼れる人間が僕一人だからなのか、日本では考えられないほど素直だったことを、報告させていただきます。
223 5
←これは、マクドナルドのモッツアレラチーズ入りのサラダです。

オリーブオイル、塩、胡椒、が付いてきます。これを全部入れてふたをして、激しく振ってから食べます。結構、美味しかったですよ。

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

23・0・10・0・0・0・0・・・33・・・1074

222 フィレンツェ

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

フィレンツェ一泊だけの短い滞在でしたが、ニ階建バスに乗ったり、街のシンボルの巨大な教会に登ったりして、行動的過ごしました。
222 2222 4
 歴史を感じさせる趣のある街並みで、優しい人が多かったです。詳しく知りたい方は、このお方のブログがとてもよく書かれているので、参考にしてください。
222 5222 1
 街中は、上左のように、車のCMの舞台になりそうな石畳の細い路地が続きます。上右は街の中央を流れるアルノ川です。
222 3222 6
 今回、イタリアで泊まったホテルは、すべて朝食付でした。どこも同じようなメニューですが、サラミが美味しくて、朝からついつい食べ過ぎてしまいます。

さらに、ランチでも、ワインパンパスタメインディッシュコーヒーすごい量がでてきます。相棒のMと頑張っても食べきれません。お腹が空かず、夕食を食べられなかった日もありました。

フィレンツェで入った2軒のレストランでは、ワインを頼むと、何の迷いもなくにも注いでくれたので驚きました。は年相応(12歳)の外見で、日本では考えられないことです。

どうやらイタリア人は、アジア人の歳がよく分からないみたいです。異人種の方の年齢をなかなか推測できないのは、世界共通のことなんですね。
222 7そして、2日目の夕方には、再びユーロスターイタリアに乗って、最終目的地のローマに向かいました。

ベネチア
については、出発前や飛行機の中で少しは勉強しました。フィレンツェのことは列車の中でちょっぴり。 しかし、ローマに向かう車内では、旅の疲れと、昼食のワインの効果でぐっすりでした。

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

6・0・0・10・0・0・0・・・10・・・1041

2010/09 = 240

221 ユーロスターイタリア

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

ベネチア3泊した後、ES(ユーロスターイタリア)と呼ばれるイタリア新幹線フィレンツェへ向かいました。ガイドブックに 「車内での盗難が多い」 と書かれていたので、座席は1等にしました。
221 1221 2
 ヨーロッパで列車に乗るのは、学生時代にイギリスを放浪して以来です。少々、緊張しながら乗り込むと・・・ あらっ、すごく清潔で、おしゃれで、静かで、機能的です。読書灯までついています。

日本の新幹線よりはるかに快適です。途中、ワゴンサービスの女性がきたので、日本の感覚で無視? していると、しつこく 「飲み物はいらないのか?」 と、聞いてきます。

「いらない!」 と、わざわざ断りました。相棒のMと、「まるで押し売りだね!」 と話しながら観察していると、後ろの客は注文してもお金を払っていません。

ガーン! 「そうか、飛行機と同じで無料サービスなんだ。」 ガイドがいないと一つ一つ失敗しながら経験です。
221 4221 3
 ちょっと恥ずかしかったけど、無料なので、戻ってきた時にワインジュースをオーダーしたら、おしぼり、おつまみ、お菓子までついてきました。右は、車内で夏休みの宿題に励むです。
221 5221 6
 さて、フィレンツェまで来た以上、芸術をこよなく愛する草食系男子の私としては、イタリアを代表するUFFIZI(ウッフィツィ)美術館は外せません。真っ先に訪れました。上左の写真です。

ここでは、日本語音声ガイドという頼もしい装置をレンタルして鑑賞したら・・・ いやー、絵画を見るポイントがよく解っちゃいました。装置がなければ15分で出てきたと思いますが、2時間以上芸術に浸ってしまいました。ちょっぴり感動です。

私のような教養をお持ちでない方でも、もし、訪れる機会がありましたら、ボッティチェッリ“ヴィーナス誕生”“春”だけは、是非ご覧ください。(日本語音声ガイド必須です。見栄を張らないで借りることをお勧めします。)

・・・夢はにげない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

10・20・10・10・10・6・0・・・60・・・1031

220 観ちゃった・・・

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

220 2ベネチアには、のんびりと丸2日間滞在しました。何の予定もない個人旅行なので、すべての行動は行き当たりばったりです。

とても暑く、朝から歩きまわって疲れると、2時ごろホテルに戻って、ビールを飲んで、シャワーを浴びて、昼寝をして、そして、また夜出かけるなんて贅沢な時間を過ごしました。
220 1220 4
 ベネチアを代表するものといえばゴンドラです。もちろんトライしてきました。昔は移動の足に使われていて、最盛期には1万艘あったものが、現在は観光用に約500艘しかないそうです。

運河よりも、細い水路を進む時の方が風情があってよかったです。船頭は、1艘の製造費は約600万円と言っていました。
 
そして、偶然通りかかった路上で、オペラのチケットを販売していました。せっかくのチャンスと、本格的なオペラも観ちゃいました。
220 3
ベネチアには、左のフェニーチェ劇場というイタリアを代表するオペラハウスがあります。しかし、8月の上演はなく、ハウスの見学だけしてきました。

ここで開催されるオペラは、世界のトップクラスですが、僕たちが観たのは、もう少し庶民的なものでした。
220 5220 6
 僕は、オペラのことは何も知りません。ミュージカルとの違いさえよく分かりません。しかし、先輩にオペラファンの方がいて、ご夫婦でオーストリアイタリアへ、オペラのためだけに毎年お出かけになるので、僕も一度は、と考えていました。

感想は・・・ 歌手?役者?の声量には驚きました。マイクを使わないのにすごい迫力です。ウトウトしかけたところを何度も起こされました???

これが、僕の人生で最初最後オペラになると思われますが、実は、つまらなくて途中で出てきちゃいました。それでも、本場のイタリアで体験できて満足です。

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

12・10・10・10・16・10・12・・・80・・・971

219 水の都

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

“旅”の初日は、セントレア北京ローマベネチア、と大移動でした。水の都ベネチアに着いたのは、深夜12時頃です。そして、夜の街を数分歩くと、あることに気が付きました。

街の景色が 『ディズニー シー』 にそっくりなのです。『シー』ベネチアをモデルにして創られていたのですね。いきなり少し感動しました
219 1219 6
 翌朝、朝食前に、相棒のMと散歩に出かけました。20分で戻る予定が、楽しくて、楽しくて・・・ 結局、2時間近く歩き回って、最後は水上バスで帰ってきました。

運河や、水路沿いの細い迷路のような道を、ただ歩くだけでワクワクしてきます。どこを見ても絵葉書になるような風景ばかりです。

ベネチア本島は、海に浮かぶ東西7km南北2km程の島で、約7万5千人が生活しています。ところが、バイクの通行はもちろん自転車さえ禁止されています。バスタクシーパトカーそのすべてがなのです。
219 4219 3
 上左が、公共交通機関の水上バス。右が、いたるところにあるバス乗り場です。
219 5219 2
 上左は、右の写真の塔から見た夕暮れ時の街並みです。この規模の都会に、一切、車両がないことを信じられますか?地球には、こんな不思議な街も存在するんですね。

ディズニーシー
ラスベガスベネチアンホテルマカオベネチアンリゾート、名古屋港にあったイタリア村など、世界中に、この街をモチーフにして創られた施設は、いったいいくつあるのでしょうか?

それだけの強烈な輝きを放っているベェネッチア、僕にとって、インドバラナシに次いで、2番目の記憶に残る街になりました。

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

0・10・10・10・12+8・0・10・・・60・・・891

218 旅

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

9月に入ってからも酷暑が続く熱い夏ですね!  僕は、この夏、知人女性と二人で、20数年ぶり“旅”をしてきました。

僕にとっての“旅”とは、出発前の楽しみよりも、不安の方が大きい旅行のことを意味します。こんな旅行は学生時代以来です。

いい歳してなにが不安だったかといいますと、その99%は、旅”の相棒で知人のMさんのことでした。
218 1
←こちらが、妙齢のMさん(以下敬称略)です。

最近の朝日新聞に反抗期の特集があり、あらゆる年代で、もっとも扱いにくいのが小6〜中2の女子と書かれていました。Mはその真っ只中の12歳(中1)なのです。

少し前にケンカした時は、1週間、口をききませんでした。それなら自分のことは何でもできるかというと、未だに、夜寝る時は、“部屋の電気をつけていないと怖い” という何とも中途半端な方なのです。

ちょっとした事情があり、こんな難しい人と二人だけで、イタリア個人旅行をすることになってしまったのです。

一歩間違うと、口もきかない状態で出発する可能性さえあります。さらに、現地でケンカ別れでもしたら、監督責任の法に引っかかって警察のお世話になるかも・・・ 

不安要素の残りの1%は、初めてのイタリアであること、スリが多くて治安が良くないとガイドブックに書かれていること、そして、僕の貧弱な英語力でした。

それでも、何事にもトライすることが、私の信条の一つです。インターネットで、エアーチケットとホテルだけを予約して、思い切って飛行機に飛び乗りました。
218 2
普段は、妻が、ネットで詳細に調べることが多いのですが、事前準備ほぼゼロのドタバタ出発です。

飛行機のベルトサインが消えてから、ビールを片手に情報収集です。

いつもの旅行ですと、僕は、この時間がたまらなく好きです。ワクワクしながらガイドブックを開きます。しかし、今回はきちんと勉強しなければ・・・

と、思いつつ、前日も、休み前で遅くまで雑務があり、気が付くと深い眠りに落ちていました。

どうなることやら・・・。トホホホ・・・。

・・・夢は逃げない。逃げるのは、いつも自分だ・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

10・10・8・10・0・10・10・・・58・・831

2010/08 = 201

217 パソコン

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

少し前のことですが、6月の中旬、長らく使用してきた医院のパソコンが壊れました。
208 6
左が、なんと、2001年3月から、9年3ヶ月、働き続けてくれた富士通のFMVです。院内で、初めてインターネットに接続したパソコンでもあります。

HD40GB、テレビも見られて、録画もできる最高の機種でしたが、結局、テレビは、2002年のワールドカップ日韓大会を見たぐらいで、録画は、1〜2度試しただけでした。

当時は、ADSLの創生期で、どうやってネットに繋ぐかで悩みました。NTTの担当者からは、工事をして、天井裏から配線を通すことを勧められたこともありました。

最終的には、新興企業の ”名古屋めたりっく通信” と契約して、BUFFALO(株式会社メルコ)Air Stationを利用して無線LANで接続しました。うーん。懐かしい。

この無線LANの設定が曲者で、本当に苦労しました。詳しい人に手伝ってもらっても、解らないことばかりで、さらに、メルコのお客様センターにTELしても、100回のうち99回は話し中の状態です。どれだけイライラさせられたか・・・ 2度と経験したくない思い出です。

OSも Windows Me で、さすがにこの1〜2年は、調子が悪いことも多く、「そろそろ買い換えなくては!」 と、考えていましたが、無線LANのことがトラウマになり、なかなか踏み出せずにいました。
208 5
しかし、壊れた以上、そんなことは言ってられません。その日の夜、閉店間際のエイデンに駆け込み10分で購入したのが、左のVAIOです。

選んだ理由は、すぐに持ち帰ることができる適当な機種がこれしかなかったからです。(超〜いいかげん)

翌朝、車に積んで早めに家を出ました。無線LANも最新のものに換えて接続に挑戦したら・・・ あらっ、簡単に繋がってしまいました。

上級機種なので、デジタルTVが綺麗に映ります。大切なデータは外付けHDにも保存していたので、特に困ることはありません。性能も格段にアップしてとても快適です。もはや、パソコンは家電ですね。

もっと早く、買い換えればよかった・・・

・・・今日は、昨日亡くなった方が、どうしても生きたかった一日・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

0・0・0・0・0・0・0・・・0・・・773

216 加子母

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

8月8日(日)は、高校の同級生で、トマト農家H君の畑を、ちょっとだけ見せてもらいに加子母に出かけてきました。

この辺りは、学生の頃、スキーや高山へ行くために何十回も通過しました。当時は、何もない田舎道だと思っていましたが、H君のおかげで随分詳しくなりました。
216 1216 2
 初めに、加子母のイタリアンレストラン イル フィオーレで昼食をいただきました。驚くことに、都心部でも十分通用するような実力です。

内装のセンスがとてもよく、厨房もピカピカです。片隅に薪ストーブが置かれていました。思わず、僕の彼女のエリンちゃんと、どっちが美人か比較してしまいました。

ちなみに、イル フィオーレさんのトマトは、H君が納入しています。
216 3216 6
 次に、かしも産直市に立ち寄り、地元野菜の購入です。ここは我が家の定番ルートです。

そして、トマト畑の視察です。20棟栽培ハウスが並んでいます。青々と葉が茂り、圧巻ですね。
216 5
トマト栽培
に挑戦して3シーズン目H君です。昨年は、天候不順でかなりの苦戦を強いられましたが、今年は、順調だと喜んでいました。

松坂屋本店の野菜売り場に納入できるような高級トマトの育成にも成功して、少し、自信が芽生えてきたみたいです。

今の時期はとても忙しく、朝、日の出と同時に働き始め、夜の11時頃まで仕事が続き、睡眠時間は4時間ぐらいだそうです。もちろん休日なんてありません。

40歳を過ぎてから、裸一貫で、未経験のことにチャレンジするH君からは、いつも大きな刺激を受けています。ありがとう。

お土産に、トマトをたくさんいただいて帰ってきました。今度は、シーズンオフにゆっくりお邪魔させてくださいね。

・・・今日は、昨日亡くなった方が、どうしても生きたかった一日・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

10・9・10・10・0・0・0・・・39・・・773

215 三種の神器

こんにちは!名古屋市中区の歯科医
久屋歯科室 院長の田島陽介です。

僕が生まれる少し前、三種の神器と言われた電気製品がありました。白黒テレビ、冷蔵庫、洗濯機です。庶民の憧れでした。

その後、昭和40年頃には、それがカラーテレビ、クーラー、カー(車)に変わりました。

そして、現代、都会で働くシティーボーイにとって、必須アイテムと言えば、パソコン、デジカメ、携帯でしょう。
215 7
先月、そのうちの一つ、デジカメを新しく買い換えました。4台目です。一番右のSONYはもう動きませんが、後は現役です。

我が家では、右から2つ目のIXYを長らく愛用してきました。ところが、ブログを書くようになり、ビジネスバッグの中に入れて、絶えず持ち歩くようになると、家庭用にもう一台必要になり、買い足しました。

さらに最近は、子供達が、修学旅行キャンプに持って行きたいと言い始めたので、子供用に、壊れてもいい安いデジカメを求めてエイデンで買ってきたのが、一番左のIXYです。

他の3台は4万円前後で購入したと思いますが、なんと、特別セールで14.800円でした。

安くても、性能は悪くなく、携帯並みに薄くて軽く、胸のポケットに入れても気になりません。結局、僕が使うことにしました。

さて、先月下旬、三重県のモクモク手づくりファームで、ボランティアの仲間とバーベキューを楽しんできました。写真を撮ろうとシャッターを押すと、SDカードを入れ忘れていました。
215 2215 5
 この2枚は、緊急的に携帯で撮ったものです。ブログに携帯の写真を載せるのは初めてです。予想外に綺麗に写っているので驚きました。

以前の携帯は、ピントが合わなかったり、画像が荒いことが多く、まともな写真は撮れないと思い込んでいました。

知らない間に、携帯のカメラも、随分、進歩していたんですね。もちろん上のデジカメの写真も携帯で撮りました。

これからも、時代に取り残されることなく、必須アイテムを使いこなして、残された人生をスマートに歩いて行きたいです。

・・・今日は、昨日亡くなった方が、どうしても生きたかった一日・・・

久屋歯科室のHPはこちらから

10・10・10・10・10・10・10・・・70・・・734
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ