メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

LZ-A4のレビュー

IMG_20161202_152407IMG_20161202_152440IMG_20161202_152144CzNoNciUoAA4V44IMG_20161202_152241IMG_20161202_153252
LZ-A4という2BA1D構成のイヤホンです。こちらは現在195ドルで販売されています。残念ながら価格規制がかかっているため割引などは出来ないそうで、いつも通り合言葉のMetalを入れて注文して頂いても問題はありませんが多分何も起きませんw 販売サイトはこちら 

特徴等
・ノズルと背面のフィルタが交換出来るようになっており音質の調整が可能。6枚目の画像のように組み合わせごとの再生周波数が説明書に記載されている。ノズル部分が高音域、背面が低音域の調整らしい。
・本来の使い方ではないと思うが2枚目の写真のように背面のフィルタを外してフルオープンイヤホンのように使用する事も出来る。
・MMCXリケーブル対応、標準で付属しているケーブルはしなやかで癖も付きにくそうな取り回しの良い物
・装着感はなかなか良い。LZ-A3、A3Sと比べてここは格段に良くなっている。SHUREかけで使用してもLZ-A3、A3Sより装着感は良い。
・音漏れは一般的なカナルより少し多いか同等かという印象。背面に派手に音抜け穴があるものの背面にもフィルタがあるおかげで音漏れは意外と多くない。遮音性も同様で電車等での使用も全く問題ない印象 

音質評価 □□□□□

・音は文句無く良い、200ドル以下はMeeAudioのPinnacle P1を一番推してきたが、それと双璧を成す機種が出てきたいという印象である。
・音は一番良く感じた背面は黒、ノズルは青のフィルタでの音を基本としてレビューを書く。この組み合わせは開封時のデフォルトのフィルタ構成であり、この時の再生周波数帯域は20~35,000Hzとなっている。
・LZ-A3とA3Sのどちらに似てるかと言われるとノーマルのA3のほうが近い印象がある。A3の音場をもっと広くして、音の抜けや高音域の鮮明さを増した音という印象。音の鮮明さではA3Sとも近い印象があるが、A3Sは良くも悪くも全体的に音がシャープで音のエッジが立つ印象があったが、A4は明瞭でありながら音のエッジが立つような強調感が無く純粋に明瞭な音が鳴る。
・音の大まかな印象は「カナルのイヤホンとは思えない程の開放的で透き通った高音域が特徴的なイヤホン。高音域は非常に明瞭でかつ音抜けが非常に良く、それでいて音の抜けの良さから聴き疲れのしない音が鳴る。カナルイヤホンの音に閉塞感を感じてしまう人や、伸びが良く自然な音を求めている人にお勧めしたいイヤホン」
・音のバランスは比較的フラット、厳密に言えば少し低音寄りか(背面は黒、ノズルは青のフィルタ)
・音場は非常に広くイヤホンで聴いているのを忘れるような魅力がある。Pinnacle P1のような金属の響きから作る音場では良くも悪くも小ホールのような少し小さめの音場になるが、このイヤホンの音場は音の抜けから作られる音場であるのでオープンのヘッドホンで聴いているような自然で広大な音場が広がる。
・高音域は非常に明瞭でありながら伸びの良い音を鳴らす。個人的にこのイヤホンで一番魅力的に感じたのはこの音域で、イヤホンにありがちな高音域の寸詰まり感や閉塞感が無い伸びの良い音が鳴る。音自体は少し派手目でドラムのハイハットの音等がキラキラとしっかりと主張してくるのだが、音の抜けの良さから全く耳に付く印象が無く聴き疲れしない。これだけ明るい音でありながら音に強調感を感じず純粋に綺麗な音であると感じられるイヤホンはそう無いと感じる。ここはLZ-A3やLZ-A3Sと比較しても断然優れていると言える。
・中音域は特に凹む事無く鳴る。特に癖の無い至って自然な音が鳴り、音の抜けの良さや解像度の高さからからボーカルの音の消え際の余韻や発声法によるアクセントの付け方まで感じられる。
・低音域は非常にスッキリとした明瞭な音を鳴らす。音の分離はこの帯域でも非常に良くテクニカルデスメタルのような音源でも全く問題なく分離する。非常に抜けの良い音でありデスメタル等の音源ではトリガー付きのカチカチとした音のドラムもしっかりと明瞭に鳴らしつつ音のエッジが立ちすぎない自然な音で鳴らしてくれる。SenhiserのHD25のようにこの帯域の音のエッジを立てる事で疾走感を増させるような音とは違い、あくまで自然に明瞭な
音であるため非常に明るい音であるのに聴き疲れはしにくい。ゆったりとした音で聴き疲れがしにくいイヤホンはいくらでもあるが、これだけ明瞭な音で聴き疲れのしない自然な音が鳴るイヤホンはかなり少ないのではないかと思う。
・音場が広く、音の伸びが良いというと過去にレビューしたPinnacle P1と殆ど変わらない内容なのだかPinnacle P1は金属筐体の響きの聞かせ方が上手いイヤホンであり音場や音の抜けもそこから来る物であった。そのためある程度の残響感があるため小ホールで聴いているような美しい音ではあるが少し小じんまりとした音となっていたが、A4は音の抜けから演出する音のため音場に制約が無く非常に自然で広大な音が鳴る。Pinnacle P1はイヤホン的な音で非常に上手い鳴らし方をする物で、LZ-A4はオープンヘッドホンのような音に近づけたイヤホンという印象である。
・相性の良い音源は明瞭な音である事があらJPOP、明るめのアニソン、メロディックデスメタル等だろうか。非常に明るく見通しの良い音であるので、少し明るめの元気な音調の音源と合わせると楽しい印象がある。CHAGE&ASKAの音源では目立つところよりもCHAGEのハモりの上手さを再確認出来るような非常にクリアで解像度の高い音が鳴る。
・比較的相性の悪い音源は、正直殆ど無いしフィルタの交換によりいくらでも合わせる事が出来るのだが古い録音の悪い音源等は音源の粗が目立ち過ぎてしまうので少し合わないかもしれない。
・フィルタごとの音質にも少し言及するが、背面フィルタは低音の量の調整が出来るのが低音の量と一緒に音場の広さも変わってくる。そのため一番厚いフィルタが張られている青のフィルタをつけると音場が狭くなり一般的なカナルイヤホンと同等の閉塞感を感じてしまうため好みではない。赤のフィルタは一番音場が広くなるのだが、黒フィルタのほうが全体的に音が締まるになる印象があったので、メタルをよく聴く私は背面は黒フィルタが気に入っている。
・ノズル部は青フィルタが一番薄いフィルタであり、一番明瞭な印象があるので気に入っている。私のように明瞭な音が好きであれば青のフィルタを使えばいいと思うし、青のフィルタで音の刺さりを感じる人はもう少し厚めのフィルタに交換することで調整が可能である。フィルタの厚みごとの色が背面と前面で同じ順でなく少し分かりにくいので説明書にあるフィルタの組み合わせごとの再生周波数帯を見ながら調整するといいと思う。

音のバランス (背面は黒、ノズルは青のフィルタ)
高音域□□□□
中音域□□□□
低音域□□□□■

オススメ度□□□□□
・文句なくお勧め出来るイヤホンであり、カナルでここまで明瞭な音を鳴らすイヤホンはかなり貴重ではないかと思う。
・フィルタの交換が可能になったことでデザイン等からイロモノっぽさがあり敬遠していた人が多い思うのだが(実際現状あまり売れてないしw) 音自体は手放しで良いと言える実力のある機種でカナルにありがちな音の閉塞感に悩んでいた人や、明瞭で広大な音場のイヤホンを探していた人には是非試してほしいイヤホン。
・カナルよりもインナーイヤー等のオープンイヤホンのほうを好む人にも是非試してほしいイヤホンである。それだけカナルにありがちな音の閉塞感を感じさせず、それでいて音漏れはそんな多くない非常に使い勝手の良いイヤホンである。
・正直私も見た目等からそんなに期待をしていなかったイヤホンなのだが、見た目とかで先入観持っちゃいけないなと痛感したイヤホンであるw    

Brainwavz M100とED-PH0N3Sが届きました

IMG_20161205_111853IMG_20161205_112009IMG_20161205_112248_1IMG_20161201_162012IMG_20161201_162240_1
Brainwavz M100とED-PH0N3Sが届きました
Brainwavz M100はメーカー直販で89ドルで販売されている物になります。メーカーサイトはこちら
Iron maidenヘッドホンのED-PH0N3Sはメルカリで安く出てきたので購入しました。

Brainwavz M100はBeainwavzの新作という事で期待していたのですが、正直鳴らし始めの時点では音がこもり気味で少し不安です。ですがBrainwavzの機種は過去にも鳴らし始めは微妙でエージングで劇的に良くなった機種もありましたので期待してエージングしたいと思います。
ED-PH0N3Sはなかなか良い音ですね。IronMaidenの音源に合わせてチューニングされていますので、それなりに癖は強く重低音とかはかなり割り切って諦めてるなとか感じるのですが、それでも高音域は非常に軽快で鮮やかですし、全体的にクッキリハッキリとしたメリハリのある音が鳴ります。

レビューはまたいずれ

LZ-A4が届きました

IMG_20161202_152407IMG_20161202_152144IMG_20161202_153206IMG_20161202_153252
LZ-A4が届きました。こちらは現在195ドルで販売されています。残念ながら価格規制がかかっているため割引などは出来ないそうで、いつも通り合言葉のMetalを入れて注文して頂いても問題はありませんが多分何も起きませんw 販売サイトはこちら 

LZ-A4の音ですが、正直鳴らし始めの時点でLZ-A3、A3Sより好印象な音が出ています。大まかにはA3に音の伸びの良さを付加し、全体的に明瞭でありながら聴き疲れのしない綺麗な音の鳴るイヤホンという印象です。カナル型のイヤホンでありながら音に閉塞感が無くとても伸びやかな音が鳴るのが好印象。
このイヤホンは背面の開口部を見て音漏れを心配されている方が多いと思いますが、A3と比べても音漏れは大佐無い印象でしたので外使いでも特に問題は無いと思います。また装着感もA3より断然良くなっていますのでなかなか使い勝手の良さそうなイヤホンですね。

このLZ-A4ですがオーダー数を見てもらえればわかるように、head-fi等で凄い人気のあったLZのイヤホンとは思えないくらい現状売れていないです(笑)デザイン等から少しイロモノ臭のあったイヤホンですが、音は鳴らし始めから手放しでお勧め出来るくらいには良いと思います。エージングしつつフィルタとっかえひっかえして遊ぼう、、、w

レビューはまたそのうち。 
レビューはこちら 

TFZ balance 2Mのレビュー

IMG_20161117_145947IMG_20161117_150407_1IMG_20161117_145418IMG_20161117_145150
TFZ balance 2Mというダイナミック1発のイヤホンです。いつも通り合言葉の「METAL」を伝えて頂くと表示金額から少し減額されます。今回は価格をあまり公に出来ないそうなので表示より少し安くなるという表現にとどめさせていただきます。
販売サイトはこちら  割引方法の詳細はこちら


特徴等
・かなりしっかりと重みのある金属筐体
・MMCXリケーブル対応
・装着感はなかなか良好で長時間の使用も私は問題無さそうなのだが、それなりに筐体は大き目なので耳に当たって痛いと感じる人も居そうな印象
・遮音性は音抜け穴が少ない影響かなかなか良い、音漏れも一般的なカナルより少な目ではないかと思う  
音質評価 □□□□■
・音はなかなか良い、200ドル以下のイヤホンでは合格といっていい音質。
・メーカーにて200時間以上のエージングを推奨しており、実際最初は低音がかなり強いのだが100時間を超えたあたりでかなりバランスの整った音になってくる。今回は200時間を少し超えたくらいエージングをした機体でのレビュー。
・今回は1枚目の標準ケーブルを使用しての音のレビュー。
・音のおおまかな印象は「低音域の力感がしっかりとあるロック等を楽しく聴けるイヤホン。低音域は量的には多めなのだが歯切れの良い軽快な音を鳴らす。全体的に明瞭でノリの良い楽しい音を鳴らしてくれるのだが、派手めな音なので正直聴き疲れはしやすい印象」  
・音のバランスは軽く低音域に寄ったドンシャリ
・音場は特別広くも狭くもなくと言った印象
・金属筐体を使用しているが音の広がりや伸びよりも、歯切れの良い音と全体的に少し鋭利な音である所に金属筐体の特徴が出ているのかなという印象がある。
・高音域はかなり明るい音を鳴らす。とても明瞭で音の篭る感じは全然無いのだが全体的に派手な音で金属筐体特有の少しキラキラとした音が乗る事もあり、少し聴き疲れのしやすい音という印象がある。
・中音域は少しだけ凹み、ボーカルは半歩後ろで歌っているような感覚になる。ボーカルの音のなり方自体に特に癖は感じられないのだがほんの高めの音域では少し刺さりを気にする人はいるかと思う。 
・低音域はとても軽快でノリの良い音を鳴らす。音自体はしっかりと重低音まで再現された深みのある低音域を鳴らすのであるが、それでいて分離が非常に良く音のエッジも際立つ音なので不思議なくらいしつこさが無いノリの良い音が鳴る。
・音の分離はデスメタル等は全く問題なく分離してくれるのだが、テクニカルデスメタル等の音源は少し分が悪い印象がある。ドライバの出音自体は恐らく余裕で分離していると思うのだが、金属筐体の響きが乗る事で少し音が混ざる印象がある。(Cryptopsy Shag Harbour's Visitorsにて確認)
・相性の良い音源はハードロックやパワーメタル、ポップス等だろうか、極端に音源を選ぶ印象は無いが低音域の力感が必要とされる音源のほうがこのイヤホンの軽快で楽しい音を感じやすいのではないかと思う。
・相性の悪い音源はテクニカルデスメタル、メロディックデスメタル等だろうか。高音域の明るい音は確かに明瞭で気持ち良いのだがメロディックデスメタル等のような元から高音域が強調される音源では少し聴き疲れが強くなる印象がある。
音のバランス
高音域□□□□
中音域□□□■
低音域□□□□□ 

オススメ度□□□■
・悪くはない、決して悪くはないイヤホンであり200ドル以下のイヤホンとしてコストバフォーマンスも悪くはないのだが、正直な事を言えばTFZの低価格機の出来が凄く良かっただけに期待し過ぎた感は否めない。 
・ここまでエッジの立った音はダイナミックのイヤホンにしか出せない音であると思うし、面白い音作りでもあると思うが、間違いなく好みの分かれるイヤホンであるとは思う。 
・とてもノリの良い軽快な音であり、ハードロック等の音源を聴くのには非常に楽しめるイヤホンである。  

Shozy BKとShozy Alienが届きました 2016/11/30更新

IMG_20161126_203224IMG_20161126_202836IMG_20161126_205949
Shozy BKをShozyから直接、Shozy AlienをEイヤホンにて中古で購入しました。 
 
Shozy BKはメーカーから直接買ったのですが、今だとどこで買えるのかな?penon audioもカートに入れるボタンが出てこなかったりよくわからないんですよね。penon audioの在庫復活しました。価格は165ドルで一応限定数のある商品らしいので買うなら少し急いだほうがいいかもです。penon audioの商品ページはこちら  
音はまだ鳴らしはじめたばかりですが同社のShozy Cygnusの高音域のキラキラ感を少し減らして中低域を豊かにした音という印象です。高音域のキラキラとした煌びやかな音は少し抑えられましたが、高音域の綺麗さは流石Shozyといったところでとても伸びのあり聴きごたえのある上質な音が鳴ります。鳴らし始めから結構好印象ですが、エージングでまだまだ良くなりそうなので期待。

Shozy AlienはEイヤホンさんに中古が出てきたので購入しました。penon audioの商品ページはこちら 
見た目通り操作性はあまり良くありませんがXduoo X1とかと違ってフォルダスキップモードがあり、Micro SDカードが使えるので少し工夫すればそんなにストレス無く使えそうです。音はこちらもShozyらしいスッキリとした音で、全体的に音の明瞭さが印象的です。かなり割り切りが必要な製品ではありますが、音だけで見れば同価格帯ではかなり良い線行っているDAPだと思います。

レビューはまたいずれ。

あと反応するのも負けかなと思ったのですが、Shozy BKの件でゴタゴタ言われて非常に不快だったので今回は敢えて反応したいと思います。Shozy BKは今月頭に注文していた物であり、どこかに反応して買ったものではありません。何で知りもしない不愉快な奴に反応して160ドルもする物買わなあかんねん。

当方のブログは完全な個人の趣味によるブログであり、商業サイトでも何でもありません。うちで付けているインナーイヤーイヤホンのEarbuds RankingもHead-fiのEarbuds Round-Upに触発されたものでありますが、完全に私個人の好みや偏見で付けていますし、私の「現在所持している機種」と「過去に所持していた機種」のみでやっています。ただの個人の趣味のブログですので、別にこのリストを充実させるために何かをしようとかそういう気持ちは一切ありませんし、完璧なランキングを目指しているわけではありません。

当方資金力はありませんのでリクエストに応じてイヤホンを購入したりする事は出来ませんし、そもそも個人の趣味のブログなのでリクエストに応えて何かを買おうという気持ちも元々ありません。たまたま中古で安く出てくれば買ってリストに加える事もあるだろうし、有難い事にどっかからサンプルを頂ければリストに加える事もあるでしょう。ただあくまで成り行きで私の手元に来た物がリストに載るだけであり、積極的に充実したリストを作ろうなんて気持ちは一切ありません。
完璧なリストを作れって、そんなもん私はやる気一切無いし、自分で勝手にやってくれとだけ言っておきたいと思います。

うちのブログを見て色々感想を頂けるのは非常に有難いと思っていますが、完全に私の自己満足で更新しているブログですので、そこはハッキリ言っておこうと思います。
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、評価の変更を求める方は予めお断りします
最新コメント
記事検索
twitterアカウント