メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

Binary Acoustics EP-1、Brainwavz B200、Cayin N3が届きました。

IMG_20170324_191450IMG_20170324_191601IMG_20170324_191750IMG_20170324_194706IMG_20170324_194841IMG_20170324_195048IMG_20170322_174835
Binary Acoustics EP-1、Brainwavz B200、Cayin N3が届きました。
Binary Acoustics EP-1はいつも通りHCKからで通常価格146ドルと強気な価格のシングルBAイヤホンです。価格は聞いていませんがいつも通り合言葉METALにて割引が可能だと思います。 
販売サイトはこちら 割引方法はこちら
Brainwavz B200は以前レビューしたB150の上位機種にあたる2BAイヤホンです。現在直販サイトにて179ドルにて販売されています。 販売サイトはこちら
Cayin N3はたまたま中古が出てきたので拾ってみました。 

Binary Acoustics EP-1はなかなか良いですね。シングルBA筐体が小さく耳の奥まで入れる事により音質の向上を図ろうとしている製品ですが、同じ発想の製品のFinal F7100やAAW Qの音が私はとても苦手だったので少し不安でしたが、ちゃんと良い音が鳴っています。音としては少し丸みのある良い意味でシングルBAらしい耳触りの優しい音です。シングルBAの割には音のレンジは広く感じられますし、しっかりと耳の奥まで入れると音場が広く感じられるのでなかなか好印象です。 

Brainwavz B200は音はデュアルBAらしい、少し高音域のキラキラ感が目立つ派手めな音造りで楽しく聴けるイヤホンだと思います。イメージとしてはATH-CK10をもう少し落ち着いた音にして全体のバランスを取ったような音かなと。音は良いのですが、筐体が同社のB150と全く同じものなので装着感が良く使い勝手は良いのですが、本体に型番の記載が無く見分ける手段がほぼ無いのが少し困りものw(音響フィルターの色がB150は白、B200がピンクなのでここで見分けるしかない)
 
Cayin N3はなかなか良いですね。単体での音は少し丸みを帯びた優しい音で、個人的には同価格帯のXduoo X10のような少し派手で迫力のある音のほうが好きなのですが2万円を切る価格のDAPとしては頑張っている製品だと思います。そして、この製品は何といってもShanling M1のようにUSB OTGでUSB DACを使用する事が出来ます。筐体の形的にM1よりもDACと重ねて使いやすいですし、内臓のバッテリー容量が多いのでUSBバスパワーのDACを繋いでもM1よりバッテリーが持ってくれるのが非常に好印象です。

レビューはまたいずれ 

BAB-3-JE、ALO the international、Go vibe Sharpsとケーブル類色々購入

IMG_20170318_202402IMG_20170318_202952IMG_20170319_183151IMG_20170319_183141
BAB-3-JE、ALO the international、Go vibe Sharpsとケーブル類色々購入しました。

BAB-3-JEは発売当時は凄い人気で中古が新品とほぼ変わらない金額で売られるくらいの物でしたが、ポタアン自体がブームとして下火なためか8,400円で購入できました。
ALO the internationalとGo vibe Sharpsはジャンク扱いでどちらも2,000円で購入。
ケーブル類はbeataudioのSilver Sonic MKVが1本3000円、あとのケーブルはジャンクケーブル詰め合わせセットとかで5000円でした。(1000円の袋5個くらい)
全てEイヤホンの中古やジャンクです。年度末だからかやけにオイシイ物が多く有難い限りでした。 

BAB-3-JEはかなり音が良いですね。発売当時も良いと思っていたのですが、今聴いても小型ポータブルアンプとしてはトップクラスに良い音だと思います。ホワイトノイズが大きいのが気になりますが非常に高い解像度と、しっかりと余裕をもった駆動力により全体的に制動の取れたカッチリとした音が鳴るのが好印象です。
ALO the internationalとGo vibe Sharpsはどちらもまだ動作確認しただけで音はまともに聴いていないのですが、どちらも昔試聴した記憶の通りなかなか良い音だと思います。
ケーブル類はまだ試聴出来ていませんがbeataudioのSilver Sonic MKVが安く手に入ったのはありがたいですね。ジャンクのケーブル詰め合わせ系のほうもMDR-Z1000のケーブル、オーグラインのウォークマンドックケーブル、フルテックのusbケーブル等かなり当たりも混ざっててラッキーでした。

レビューはそのうち、、、手持ち機種は大量にあるのでレビューは書こうと思えば何個でも書けるのですが、最近は私のやる気の無さからサボり気味です。
まぁそのうち何か書くよ(´・ω・`)

Koss KDE/250が届きました。

IMG_20170225_215145IMG_20170225_215305 (1)
Koss KDE/250が届きました。バーチカルでデュアルダイナミックという何というか強烈にニッチな構成のイヤホンです。バーチカル方式のイヤホンって一時期少しだけ流行りましたが、最近はごく一部のスポーツ向けイヤホンで採用されているだけで本当に見なくなってしまいました。慣れれば周りの音は聴こえつつ音楽もしっかり聴き取れる使い勝手の良い物なんですけどね。
今回はMassdropにて99ドル+送料10ドルの109ドルにて販売されていたので輸入してみました。まだ今週末まではこの価格で販売しているようなので気になられた方は買ってみてください。 販売サイトはこちら 

音はなかなか良いです。昔試聴した時は正直かなりビミョーな音に感じていたのですが、今聴くと普通に良い音ですね、もう10年近く売られている製品なので、もしかしたらマイナーチェンジしているのかもしれません。単純に私の記憶違いとかの可能性も高いですけどね、、、w音質はバーチカルにしてはしっかりと低音の量感があり、それでいてバーチカルらしいスッキリとした高音域や自然な音場がとても好印象です。
ただ装着感はあまり良くありません。耳かけ方式で画像のように金属の棒の部分を耳にかけて使用するのですが、どうも安定してくれず歩きながらの使用ではズレが気になりそうです。バーチカルはSennheiser px10やSony MDR-A44のようにカチューシャのように頭にかけるタイプだと装着感は良いのですが、こういった耳かけタイプの場合は安定し難いものが多いような気がします。

レビューはまたいずれ

Easy SuperAudio 7BAのレビュー 2016/03/07修正

IMG_20170302_201134IMG_20170302_201346IMG_20170302_201059
Easy SuperAudio 7BAです。価格は322ドルですが、多分交渉すればある程度安くなるんじゃないかな?(Easyとは特に親交が無いので個別に問い合わせてください)
販売サイトはこちら  

特徴等
・BAドライバを7個搭載
・使用しているBAドライバはTWFK-30017+ED-29689+DTECx2とのこと
・今回はこちらの銀線ケーブルを使用した音でのレビュー 
・本体プラグはMMCXと2pinのどちらかを選択可能
・恐らくケーブルは付属していないと思われるため別途ケーブルを購入する必要アリ(私は中古で購入したので詳しくは解らず)
・シェルの造りは中々良い、透明度が高くしっかりと内部のドライバや配線までよく見える。
・遮音性や音漏れ防止はなかなか優秀。ダイナミックと違い音を逃がす穴が必要無いので遮音性や音漏れ防止は比較的優秀

音質評価 □□□□□

・音は非常に良い、300ドル程度のイヤホンとしては満足度は高め。
・音の大まかな印象は「少し低音域寄りで多BAらしい濃く濃密な音。濃密な音でありながらも音のバランスが良く、高音域はしっかりと鮮明な音を鳴らし、低音域はしっかりと厚みや芯のある音を鳴らす。少し音が低音寄り以外なところ以外は良い意味で癖が少なく、濃密で分離の良い音が印象的」
・BAを多く積んだイヤホンはな高音域の曇っていたり、音のバランスがチグハグに感じる物が多く正直あまり苦手意識があるのだが、このイヤホンは非常に良くバランスの取れた音だと感じる。
・高音域はなかなか明瞭な音を鳴らす。低音域の量感や厚みがかなりあるのだが、音の分離が良いため高音域はしっかりと邪魔される事なく鮮やかな音を鳴らす。質としてはシンバル音等の少し耳に痛い音もしっかりと聴こえてくるのだが、あまり主張は強くなく耳当たりの優しい音で再生される。そして、BAイヤホンにありがちな高音域の寸詰まり感が感じられず、しっかりと綺麗に音が伸びていくのがとても好印象。 
・中音域は特に凹まず再生される。低音域の厚みがあるので凹んで再生されるのかと思いきや、分離の良さと中音域自体も結構濃い音で再生されるのでボーカルが埋もれるという事は無い。こちらも音の伸びが良く、ボーカルのハイトーン等も刺さりが無く、それでいて音の余韻までしっかりと再現してくれる。
・低音域はとても濃密で厚みのある音を鳴らす。音のバランス的には低音域が一番多く、かつ音自体がとても濃密なのだが、意外なくらいに音に強調感が無く聴きやすい音が鳴る。音自体は濃密なのだが出音自体は癖の少ない音なので楽曲も特に選ばずに聴くことが出来る。流石にダイナミックのように沈み込むような深みのある重低音は望めないが、それでもしっかりと深みがあり芯のある音を鳴らしてくれるのが好印象で、こういった音の刺激は少ないものの濃密な低音域というのは多BAならではの音かなと感じる。
・音の分離は比較的良好でデスメタル等の音源も問題なく聴くことが出来るが、テクニカルデスメタル等の音源は流石に分が悪く音の重なりが気になる。(Cryptopsy Shag Harbour's Visitorにて確認)
・相性の良い音源はポップス、明るめのアニソン等。少し明るめの音楽のほうが、こういった濃い音のイヤホンでは楽しく聴けるように思う。
・相性の悪い音源は、テクニカルデスメタル、スラッシュメタル等。スラッシュメタルは音の分離的には聴けない事は無いのだが、全体的に耳当たりの優しい音であるので、音の疾走感や音のエッジを求める音源とはあまり相性が良くない。
音のバランス
高音域□□□■
中音域□□□□
低音域□□□□□

オススメ度□□□□□
・300ドルくらいでこれだけの音が出るなら文句はないと思う。正直私はこういった多くのBAドライバを積んだ機種は好きになれない事が多いのだが、このイヤホンは上手い具合に濃い音でありながら音の不自然さや高音域の曇りを感じさせない絶妙なバランスに感じる。
・メタルを聴くのにはあまり相性が良いとは言い難いが、それでも300ドル程度でこれだけ濃い音でありながら癖の少ない音が出てくれるのであれば欲しいという人も多いのではないだろうか。 私は基本的にドライバはダイナミックのほうが好きだしスッキリした音のイヤホンのほうが好きなので好みの音かと言われたら少し違うのだが、これはこれでとても良くバランスの取れた音で楽しく聴けるイヤホンだと思う。
 

Easy SuperAudio 7BAとNintendo Switchが届きました

IMG_20170302_201134IMG_20170303_184607
Easy SuperAudio 7BAとNintendo Switchを購入しました。
Easy SuperAudio 7BAはたまたま安く中古が出てきたのでEイヤにて購入、Nintendo Switchはヨドバシカメラにて予約していた物です。
Easy SuperAudio 7BAの販売サイトはこちら 

Easy SuperAudio 7BAはなかなか良いですね。7BAくらいBAが多くなってくると高域が曇ったり、全体的に音のバランスが取れていないチグハグな音になっているものが多いですが、これは非常にバランスの取れた音で多BA特有の音の濃さは持ちつつも音の分離が良く、それでいて音の誇張感も無いとても癖の少ないバランスだと思います。これが新品300ドルちょいで買えるならなかなかのアタリじゃないかなーと。

Nintendo Switchは本体のギミックに惹かれて買ったのですが、やはりなかなかワクワク出来るハードですね。任天堂のゲーム機はポータブル機は購入した事があったものの据え置き型は今まで買ったことが無かったのですが、今回は「据え置きにもポータブルにもなる」という珍しいコンセプトの製品だったので凄く興味があったんですよね。正直任天堂のハードはスペック面では他社に劣ってしまうのはどうしても仕方ないので、それならスペック面で妥協してポータブルも兼ねてしまえという発想は個人的にはアリだと思っています。とりあえず近いところだとマリオカートの発売が待ち遠しい、、、

レビューはまたいずれ? 
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、評価の変更を求める方は予めお断りします
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
twitterアカウント