メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

QingYin-20のレビュー

IMG_20160519_153216IMG_20160519_153152_1IMG_20160519_153056IMG_20160519_152315
QingYin-20という1D1BAのハイブリッドイヤホンです。通常価格は58ドルですが、いつもの通り当ブログの合言葉「METAL」をHCKに伝えて頂くと49ドルで販売して頂けるそうです。販売サイトはこちら 
 特徴等
・1D1BAのハイブリッド構成イヤホン
・BAドライバにはED29689というER-4Sなどに使用されているドライバを使用。
・エージングにより音の変化の大きいイヤホンなため、なるべく長めのエージングを推奨する(どのイヤホンではエージングは大切ではあるが。)
・遮音性や音漏れは一般的なカナルイヤホンレベルで良くも悪くも無い印象。  
音質評価 □□□□
・音はなかなか良い、49ドルという価格ならなかなか良いのではないかと感じる。 
・音の大まかな印象は「見通しの良い高音域が鳴りつつ低音域が結構主張してくる少し珍しいイヤホン。高音域は明瞭で伸びの良い見通しの良い音を鳴らしつつ、低音域は少し膨らみがありつつ低いところから沈み込む深みのある低音域を鳴らす。」
・音の傾向は少し低音寄りか
・高音域は見通しの良く伸びの良い音が鳴るが低音域の多い場面では少し曇る印象もある。基本的にはとても明瞭で伸びの良い音を鳴らしてくれ、ドラムのハイハット音等もしっかりと鮮やかに再現をしてくれるのだが、重低音の多いような音源だとその良さが少し隠れてしまう印象がある。スラッシュメタルやデスラッシュのような低音は多いけど重低音はそこまで含まれないような音源とはとても相性が良くとても鮮やかでノリの良い音を鳴らしてくれる。
・中音域は特に凹む印象なく鳴る。少し膨らみのある音で女性ボーカルの表現が上手く包まれるような広がりのあるボーカル帯域を鳴らしてくれる。
・低音域は少し膨らみがあり、とても沈み込みの良い音を鳴らす。ドラムのバスドラムの音がとても特徴的で「ドンドン」という音が「ドゥンドゥン」と少し膨らみつつ芯があり低いとこまで再現された音が鳴る。(trysail コバルトにて確認)こういう言い方をすると飽和気味の低音域を想像されそうだが、膨らみがあるといっても音に味付けとして膨らみを持たせているというよりは、重低音域が再現された事により低音域の本来の膨らみ方を再現してくれているという印象であり音の分離自体は悪くない。
・低音域の分離はテクニカルデスメタル等は少し分が悪いが、一般的なデスメタル、デスラッシュ等の音源では全く問題なくドラムの音数を追うことができる。
・相性の良いジャンルはロック、少し明るめのアニソン、デスラッシュ等か。高音域の見通しの良さからポップスや少し明るめのアニソンではノリが良く 楽しく鳴らしてくれ、低音域の圧力感からデスラッシュ等の音源は迫力をもって鳴らしてくれる。
・相性の悪い音源はクラブミュージックや重低音が連発するようなゲームミュージック等だろうか。低音域の沈み込みがとてもよく深みのある低音域を鳴らしてくれるのだが、あくまでアクセントとしては良いのだがこの音域が主体となるような音源だと高音域を邪魔する事が増えてくる印象があり、電子音で重低音を連発してくるような音源とは相性は良くない。
音のバランス
高音域□□□□
中音域□□□■
低音域□□□□□

オススメ度□□□□
・音としてはなかなか良いのだが、せっかくとても鮮やかな高音域を持っているだけに、もう少し低音は少な目のほうがその良さが分かりやすかったなぁという思いからこの点数。
・この価格帯だとBOSSHIFI B3ととても良い勝負をする機種で、BOSSHIFI B3でもう少し高音域に鮮やかさが欲しいと思った人に是非検討してほしいイヤホン。
・この芯がありしっかりと沈み込む深みのある低音域は結構クセになる人が多いのではないかと思う。 

Sudio VASA BLÅと上海問屋ハイブリッドイヤホンDN-13578と

IMG_20160523_163301_1IMG_20160524_202811 
Sudio VASA BLÅと上海問屋ハイブリッドイヤホンDN-13578です。
Sudio VASA BLÅはSudio様よりサンプルを提供して頂きました。メーカーサイトはこちら
上海問屋ハイブリッドイヤホンDN-13578は帰り際に何となく衝動買い。販売サイトはこちら

Sudio VASA BLÅは利便性は良くこういうの1台あると便利だなーと思いつつも、音は高音域の曇りがどうも気になるのでエージングに期待ですね。Bluetooth製品は長時間エージングをするのが大変w
上海問屋ハイブリッドイヤホンDN-13578は鳴らし始めからかなり良いです。とてもスカッと明瞭に音で5000円程度のカナルイヤホンでこれだけ見通しの良い音が鳴るのは凄いんじゃないかなと思っています。

レビューはまたもう少し先に 

Ayre V3とClear Image Audio T-4が届きました

IMG_20160519_182907IMG_20160415_115513
Ayre V3とClearImageAudio T-4です。
Ayre V3はヤフオクでClearImageAudio T-4はハイファイ堂でそれぞれ購入しました。

Ayre V3はNuforceのReference18を売却して購入しました。NuforceのReference18は音は気に入っていたのですがタッチパネルの誤動作により勝手に電源が切れるようになって、その後完全にパワーアンプ部がいかれたりして修理していたんですよね。修理費は代理店のフューレンコーディネートさんがかなり安い金額でやってくれたりして助かったのですが、故障した時に「この価格帯の製品は私には分不相応だな」と感じて修理歴アリ表記をして売却をしました。家でスピーカーを鳴らせる機会もそんなに多く無いので丁度よかったと思ってます。 
Ayre V3の音はなかなか良いです。Reference18と比較して高音域の鮮やかさとかは減りましたが低音域のしっかりとした下支え感があり、中低域が結構味のある音を鳴らしてくれて好印象です。Reference18はかなりカッチリとした音を鳴らしていたのに対しAyre V3は良くも悪くもオーディオ的な鳴り方がするなぁというのが今の印象ですね。

ClearImageAudio T-4はPSEマークが付けられない製品であるという理由でハイファイ堂で安く購入出来ました。所謂アイソレーショントランス電源なのですが2枚目の画像にあるように中身はかなり豪華です。元々どのくらいの価格帯の製品だったのか良く分からないですが、多分安く買えただろう、、、うんw
音はこの電源に繋ぐとかなりスッキリとした音になります。 pioneerのN-50とnuforce DAC-9をこの電源に繋いでいますがかなりシャープになる印象です。それでいて音の力感は意外と落ちず純粋に解像度を高めたような音になった印象があります。実はクリーン電源系は過去にも試した事があり、そちらは音がゆったりとしてしまい私には合わず手放してしまったのですが、今回の電源はかなり私の好きな傾向に近そうで長く付き合えそうに思っています。

システムをかなり入れ換えたせいで色々ケーブルの組み合わせとかもやり直しているところなので、徐々にまた自分の好きな音を作っていこうと思います。前の環境で相性の良かったケーブルやコンセントが本当に悉く合わなくてオーディオって難しいなと痛感しているところですw

Qian25のレビュー

IMG_20160507_145934 
Qian25です。送料込み5.99ドルにて販売されているインナーイヤーイヤホンです。販売サイトはこちら 
特徴等
・写真のように金属缶のケースに入って届く。
・イヤーパッドは通常の物と穴空きの物が黒、赤、白1ペアずつ付属している。
・本体カラーは黒、白、青っぽい色の3種類がある。青っぽいものはもうモロにゼンハイザーのMX500を思い出すよね、、、w
音質評価 □□□■
・音はなかなか良い、送料込み5.99ドルでこの音なら相当良い選択肢になるだろう。
・イヤーパッドが無いと低音が軽くなってしまう印象があったため、今回のレビューは穴あきイヤーパッドを使用した音を書いている。
・音のおおまかな印象は「解像度の高いスッキリ、シャキッとした明るい音のイヤホンで、VE MONKよりも少し音の広がりを増して聴きやすくしたような音の印象。少し音に広がりがあるおかげで少し録音の悪いような音源にも寛容で聴きやすい音になっているが、MONKのようにカッチリとした解像度感は無く一長一短」
・この価格帯のインナーイヤーは他にもとても良い機種が沢山あるが、この機種の強みは自然に広がりのある広めの音場と、シャキッとした解像度の高い音でありつつも音の広がりから聞き疲れしないしない音になっているところ。
・音のバランスは少しだけ高音域寄りか
・高音域はとても明瞭な音を鳴らす。この5.99ドルという価格帯でありながらこの全く曇り感の無い明瞭な高音域が出せるのはインナーイヤー ならではという印象。高音域はとても明瞭でありながら少しゆったりとした鳴らし方をするため耳につく印象やピーキーな感じが無くとても聴きやすいのだが、メタル聴きとしてはシンバル音等はもう少しシャキッと鮮やかな音を鳴らしてほしいという印象もある。
・中音域は特に凹む事なく鳴る。この帯域にも音場の自然な広がりが生きており、ボーカル帯域が神経質にならずスッと広がりのある聴きやすい音で再生される。音の伸びも比較的良いためnightwishのstargazerではボーカルのターヤの声の伸びやかな声がしっかりと表現されて聴きごたえがある。
・低音域はタイトで分離の良い音を鳴らしてくれているのだが、少し音として軽い印象もある。イヤーパッド無しの状態だと本当に軽くなってしまう帯域なので、付属の穴あきのイヤーパッドか完全に覆うタイプのイヤーパッドを使用してほしい。イヤーパッド有りの状態では低音の量的にはなり改善されるのだが、どうも低音域の低いところがあまり再現されていないようで量的には問題無く出ているのに低音の軽さを感じる場面がある。普通のポップスやロック等ではあまり気になる事は無いし、スラッシュメタル等の音源ではむしろ疾走感が出て良い場面もあるのだが、デスメタル音源等を聴くとどうも音の軽さが気になってしまう。
・相性の良い音源はポップス、明るい音調のアニソン、スラッシュメタル等だろうか。少し広がりのある音場のおかげで神経質にならず色々な音源を聞きやすい音で鳴らしてくれるため、そんなにジャンルを選ぶ印象は無い。
・比較的相性の悪い音源はデスメタル、デスラッシュ、クラブミュージック等、低音域が軽めなため重低音を要求するような音源は基本的に相性が悪い。
音のバランス
高音域□□□□■
中音域□□□■
低音域□□□□

オススメ度□□□□
・5.99ドルという価格を考えれば文句なく素晴らしいと言えるイヤホンなのだが、10ドル以下という価格帯にはVE MONK+という強い対抗機がある事と音の軽さからこの点数。
・VE MONK+は旧MONKより少し暗めの音調になったため旧MONKのほうが好きだったという人には試してほしいイヤホン、MONKほどカッチリとした解像感は無いが、明るめの音調で少し広がりのある音でとても聴きやすい良いイヤホンである。
・中華系の低価格インナーイヤーは本当にアタリが多く、もしかして自分の感覚が狂ってきてるんじゃないかと思ってゼンハイザーのMX500とか久しぶりに出して聴いてみたが、困った事にMX500とかと比較しても普通にイイと言えてしまうほどの音である、、、10ドル以下のくせに、、、w

zhiyin qt5、ZhiYin Z2000 、QingYin-20、musicmaker to300

IMG_20160519_153624_1IMG_20160519_155132IMG_20160519_153114IMG_20160519_153352

 zhiyin qt5
ZhiYin Z2000QingYin-20musicmaker TO300がHCKさんから届きました。相変わらず安くしてくれるもんだから、、、w

zhiyin qt5は鳴らし始めはモヤモヤした音でやらかしたかな?と思いましたが暫くエージングしてみたところ濃い音でありながらとても整理された分離の良い音で鳴ってくれるようになり好印象です。これは100時間くらいエージングした時の音に期待。
ZhiYin Z2000は悪くはないんですが今のところは音の軽さが気になりますね。高域は結構明瞭何だけど、どうも低音域が安っぽいというか何か。まぁ安っぽいも何も20ドル程度と実際に安いイヤホンなので色々求めすぎかな。
QingYin-20も鳴らし始めは??と思いましたが、段々高音域の見通しが良くなってきており、現時点ではなかなか良い音で鳴ってくれています。ハイブリッドの2ドライバ構成のイヤホンですが、2ドライバってハイブリッドでもBAオンリーでも自然な音になりやすくていいですねw 見通しの良い高音域と全体的に引き締まった音が好印象です。
musicmaker TO300はかなり良いです。正直同社のTingよりこのTO300のほうがずっと好きw tingと違い少しゆったりとした音であり、裏面の音抜け穴のおかげか音の広がりや伸びがとも良く聞いていて気持ちのいい音です。tingと同様に解像度は申し分無いですし、このフワッと広がって伸びていく音はかなり好印象。

レビューはもう少しエージングが進んだ頃に。 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします。
最新コメント
記事検索






twitterアカウント
final audio design紹介割引
final audio designのお友達紹介割引を使いたい方は、私のIDのmasterplanをお使いください。