メタラーのヘッドホンブログ

ヘッドホンやイヤホン集めが趣味のメタラーのブログです。

2011年11月

image X10が送料込み約8500円

http://www.amazon.com/Klipsch-Image-X10-Noise-Isolating-Earphone/dp/B000WAHFBK/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1322274485&sr=8-2 
滅茶苦茶安いです。アメリカアマゾンの販売なので本物でしょうし、日本にも送れる商品です。 
急げー

追記 11/26日19時に見てみたところ終了したようです。3時間以上は残ってたみたいなので結構物はあったみたいですね。

ファイナル、8mmドライバ採用イヤフォン「Adagio」3種を12月2日に発売

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20111125_493476.html 
http://finalaudiodesign.sakura.ne.jp/archives/64
ヘッドホン祭で視聴して、ステンレス筐体の物がかなり良かったので期待しています。
何やらヘッドホン祭りの頃からまた改良したと言っているので、音が変わってないか確かめるために、もう一度視聴はしますが、多分買うと思います。
ダイレクトショップで一万円以上の商品を買うと保障が1年延長されるらしいので、それで買おうかなー、イヤホンで延長保障は大きいですし。
というか、ダイレクトショップ何で12月5日オープンなんだよ、発売日に買わせてくれよ!むしろ早めにオープンして予約から発売日に届けてくれよ!
早く聴きたいなー、久しぶりにかなり期待している機種です。

Takstar PRO80のレビュー

404801706
takstarのPRO80です。私が購入した際は158ドルで現在はseabenで129ドルとかなり安くなりました。ali expressのセールでは二台購入の場合は一台105ドルくらいで羨ましいなーと思ったり。まあ人柱で突撃できたからいいんですがw
2012年1月20日追記 最近80ドルちょいで販売する業者がでてきましたね、私も80ドルジャストで二台目を購入してしまいました。今はここで88ドルになってますね。正直品質自体は中華にしては安定してるほうなので、この価格なら輸入出来る人は輸入をオススメします。不良とかあっても保障はできませんが(汗
特徴等
・造り自体はtakstar HI-2050の密閉でデザインはそっくり。
・写真にあるようにやたら立派なケースが付いてくるが、実際は結構安っぽく底面のゴム足の高さが合っていなく地面に置くとガタガタしてしまう等はこの造りは期待しないほうが良い(弄ってたら数時間で壊れました・・・)
・カールコードで多少邪魔
・装着感は良い、しっかり耳を覆ってくれるためズレたりもしない
・ただヘッドバンドが短くつけられない人も居るかもしれない、視聴してもらった人のうち数人はつけられないと言っていたし大抵の人はほぼ全開で使っている。
・遮音性はなかなか良い、電車等でも少し注意をすれば使えると思う
音質評価 □□□□
・音はかなり良い、正直この点数では足りないくらい良い。相当なコストパフォーマンスだと感じる。
・1万円という価格なら破格、実際3万程度のヘッドホンと比べても見劣りしない実力がある機種だと思う
・驚いたことにそれなりにモニターっぽい音がちゃんと鳴る。下手したら癖はZ1000より少ないのではないかと思う(癖の話でZ1000より好きという話ではない)
・音場は密閉のモニター機の割に広め、S-LOGICの人工的な感じやZ1000の後ろに回りこむような独特なタイプではなく、自然な音の広がりに感じる。
・音の傾向はほんの少し高音域寄りの少しドンシャリ
・全体的に明るめの音で高音域がシャキっと出る。
・音の濃さは少し薄めのスッキリ系
・高音域はかなり上まで綺麗に出ているし分離もとても良い。高速ドラムのシンバル音が一音一音しっかり聞き取れる。多少環境によっては刺さると感じる人も居るかもしれない、私はあまり気にならないレベルだが。
・中音域は一番バランス的には弱いが、極端に凹むことはなく、分離も良いためしっかり聞き取れる。
・低音域はなかなか硬い音を出す。トリガー付きのドラムのバスドラムの音がしっかり分離されて良い音で鳴ってくれる。そこそこキレのある音でメタル等の音楽に向くタイプの低音に感じる。逆に言えばジャズ等の低音とは相性はそこまで良くないかもしれない。
・合うジャンルはほぼ何でも卒なく鳴らしてくれるが、あえて言うならスピード感のある音楽、スラッシュメタルや速めのロック等だと思う。
合わないジャンルも強いて言うならジャズやR&B等沈み込むような重い低音が求められるような音楽には合わないかもしれない。 
音の量のバランス
高音域□□□□□
中音域□□□□
低音域□□□□■

オススメ度□□□□□
・かなりのコストパフォーマンスです。どうしてこの価格なの?と言いたくなるくらいの音質。
・評価を盛っているだろうと思われると思うのですが、実際HFI-780やATH-ESW9より私はこっちのほうが好きです。Z1000のほうがわずかに好きかなというくらい。
・ベタ褒めをしてしまうと信憑性が下がるとは思うのですが、正直ベタ褒めするしかない音質。 
・2万以下と言わず3万以下のリスニングにも使えるモニター機種でお勧めを選べといわれても、この機種をお勧めすると思います。そのくらいの音。
・輸入というのがハードルは高いですが、輸入が可能な人は是非試して欲しい一台。そして、これを最初に買ったら他のヘッドホンを買わないで満足して終わってしまいそうなので、初心者には何だかお勧めしたくない機種でもあったりしますwまぁそんな人はわざわざ輸入したりしないでしょうがね。

Rooth LS8のレビュー


RoothのLS8です。ドライバ8つで低、中、高、超高音に2ドライバづつ分けられています。
私はHFIの特価で78000円で購入(耳型料金別)今だと102000円(耳型料金別)のようです。
まずアンプとの相性がとんでも無く出る。冗談抜きで8割のアンプは変な音がすると思って良い。
T51直・・・実はこれが案外マシ、低音のボワつきもそこまで多くは無い、Longxi Q1を繋いだ時と比べれば圧倒的に劣るが、それでもかなりマシなほう(ただこの状態の音も比較的マシなだけでオススメはしたくない
pico・・・音が変に広がって変な音、イヤホンでよくあるグランドが切れたような、そのレベルの違和感。ちょっと使えないレベル
UHA-4・・・意外と悪くない、XM6と同等くらいの相性でトラペより少し下くらいの相性か、低音は多いが硬めに出てくれるのが良い
XM6・・・picoよりは相性はマシだが、それでも厳しい。低音に締まりがなくボワつくし、低音過多。75Ωの抵抗ボタンを押せばすっきりした音にはなるが、このボタンが誤って押されて通常の音量になると多分耳が死ぬ・・・
ビスパ・・・相性的にはXM6より少し悪くpicoよりはかなりマシといったところか、XM6より更に低音はボワついてしまうが、量自体は少し減っているか(ただそれでも相当な過多)
トラペジウム・・・悪くは無いが良くも無いという感じ、ビスパやさXM6よの多少良くlovely cubeより多少悪い程度か。
Locely cube・・・悪くない、イヤホンなのでlovely cubeに元からあるハムノイズが多少気になるが、音自体は良い。音の分離が大分良くなる。ただし低音は多め
headamp cosmic・・・意外だったのだが、これがなかなか悪くない、正直lovely cubeとの相性より良い、全体的に分離は良くなるし、低音の量も減り比較的スッキリした音で鳴る
longxi Q1(OPA2604入れた状態の物)・・・正直驚いた据え置きを含めてうちのアンプの中では圧倒的に相性が良い、低音少なめで硬い音になり、何より高音域の曇りが一気になくなる。

特徴等
・今回のレビューは一番相性の良かったLongxi Q1を繋いだ状態でのレビューとする。
・造りはなかなか良いシェルの透明度も高く綺麗。
・耳型は須山より小さめの作る印象。そのため須山より付け心地は軽いんだが、ちょっとした拍子に中で隙間が空いてしまうようで落ち着かない。写真はカスタムの状態だが、また耳型を取るのが嫌だったため現在私のはイヤーピースの付いたユニバーサルにしてもらってある。
音質評価 □□□□□
・かなり良い、 評価の最高点がこれなので、これ以上はつけられないが、もう一点くらい加えたいくらい
・78000円という価格ならかなり良いと思える、現在の10万円でも悪くない。個人的にはかなり満足している商品
・音が全体的に濃い、初めて10proを聴いた時濃いなぁと驚いたのだが、それを凌駕するレベルの濃さ。ただLongxi Q1に繋いだ場合はあまりしつこい濃さでは無い(逆に言えば大抵しつこい
・ちなみに相性がどうこうと散々言ったが、本当に相性で音が変わる。例えばT51直なら□□□□にするしpicoと合わせた状態なら□□□くらいの点数にする。
・音がとても濃く情報量も多いのだが、かなり音が分離して聞こえるため聴き難いということは無い。手数の多いテクニカルデスメタル等のドラムもしっかり一音一音聞き取ることが出来る。 
・高音域はなかなか綺麗に出る、あまり伸びる感じではないがシャキっとしたキレの良い音を鳴らす。ドラムのシンバル音がシャリついて刺さると感じる人も多そうだが、私はこのくらいのほうが好き。
・中音域は極端に凹んだりすることも無く良好、スネアの弾むような音がとても心地よい。
・低音域はとても締まりがありキレのある音。かなりの高速ドラムも聴き取る事が出来る。
・合うジャンルはスラッシュメタルや少し早めのロック等疾走感を求めるような音源に合うと思われる。とてもドラムの音が気持ちよく聞こえるためこういった音楽には本当に相性が良いと思う。
・合わないジャンルはクラシック等だろうか、良い機種ではあるがもう少し癖の無い音で聴きたくなるような気がする。ただ強いて言うならのレベル。
音の量のバランス
高音域□□□□■
中音域□□□□
低音域□□□□□

オススメ度□□□□
・音自体はかなり良く相性の良いアンプで聴いてあげれば本当にオススメ出来る商品なのだが、恐ろしくアンプを選ぶため、オススメしやすいかと言われたら正直微妙なところではある。ただ相性の良い物とあわせた際の音自体は本当にに素晴らしい。 
・物自体は良いのだが納期が遅いのと、代理店の対応がかなり雑。私は届くまで3ヶ月ちょいくらいかかったし、その間は連絡一切無し、耳型が届いた等の連絡も無し、細かいオプション等についても説明をしてくれないため初めてカスタムを買う人にはかなり不安だし、後からそんなこと出来たのかよっていうものも多々ある等、はっきり言って多少でも自分で輸入をした事がある人なら輸入のほうが楽に感じるレベルかと思う。せっかく良い物を扱っているのだから、もう少しどうにかしてもらいたいところ。
・相性は選ぶが物自体は大変良い物で評価出来る。色々なカスタムを視聴したりしたが、これの他に欲しいと思えたのは今のところUE18proくらい。
・人はかなり選ぶがハマる人には本当にハマる機種であると思う。 

YUIN OK1とMB Quart QP 400とTH-5Wを購入

IMG_0109IMG_0110IMG_0113
YUIN OK1はeイヤホンにて7980円
MB Quart QP 400はeイヤホンにて5990円
TH-5Wはヘッドホン祭にて2000円で購入。

YUIN OK1はかなり良い音。150オームと鳴らしにくいですが、とても開放的で綺麗な音を鳴らします。見た目で侮ってはいけない
MB Quartは調べてみたところ今のgerman maestroとほぼ同じところみたいですね、社名変更なのかOEMなのかとか詳しくはわかりません。しかしよくeイヤにこんな変なもの入ったな・・・音自体はとても良く知人に聞いてもらったところ「コンデンサヘッドホンみたいな音するね」と言われて、ああ確かに思いました。(もちろんただのダイナミックですが)ただ側圧の居様な弱さが問題。中古だからかと思ったのですが、新品でこのメーカーの物を購入した人に聞いたところ、新品の時点で側圧は弱いらしいです。
TH-5Wはヘッドホン祭で何かしら買って帰りたいと思い買いましたが、別にいらなかったかなw 音自体は1万以下としてはなかなかです。

レビューはまたいずれ
メールアドレス
ご意見ご要望等は
headphone.metal.blog
@gmail.comにお願いします

レビュー依頼等も受け付けておりますが、高評価を前提とするものは予めお断りします
アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
twitterアカウント
Finalお友達紹介割引ID
Finalダイレクトショップのお友達紹介割引を使いたい方は
私のIDの「masterplan」をお使いください。