2008年03月03日

アレキサンダー

「プラトーン」などで有名な巨匠オリバー・ストーンが、総制作費200億円をかけてマケドニアの英雄アレキサンダー大王の生涯を描く歴史スペクタクル巨編。
主演のアレキサンダーにコリン・ファレル、語り部のプトレマイオス一世にアンソニー・ホプキンス、他アンジェリーナ・ジョリー、ヴァル・キルマーと蒼々たる顔ぶれ。

話は大王の死後から40年後、彼の後継者であるプトレマイオス一世がアレキサンダーについて語るところからスタートする。
序盤は幼年期から青年期までの成長、大王になるまでが描かれる。
そして序盤の見せ所、ガウガメラの戦いは血肉が飛び散り、敵味方入り乱れる壮大な戦場として描かれている。
騎馬隊を率いてデイドロス大王に突撃をかけるアレキサンダーは返り血を浴びて顔や鎧が真っ赤に染まる。これが古代の戦場だと言わんばかりのシーンである。
中盤からは侵攻の模様をプトレマイオス一世の語りだけで進めるので、激しい戦闘シーンもないのでつまらない。
終盤にはインドで像を相手にプラトーンばりの凄まじい戦闘が繰り広げられる。
以後、衰弱していくアレキサンダーの末路が描かれる。
問題なのは、アレキサンダー大王が側近の男性を愛していたり、インドの美少年とキスしたりと、バイセクシャルな描写。
アレキサンダーをゲイ扱いして何の意味があるのかわからなかった。

戦闘シーンも2回だけ、アレキサンダーの人物像を掘り下げるだけの映画。
アレキサンダーの偉大さを知るような作品でもない。
上映時間が3時間と長い上に冗長すぎるのも欠点。
古代戦士のぶつかり合いなら「トロイ」や「300(スリーハンドレット)」の方が楽しめる。

headshot at 07:19│Comments(0)TrackBack(0) 映画 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔