今日は意識スクールの二日目(最終日)でした!

やっぱり良いスクールです(^^)

7年の集大成に相応しいスクールになったと、
感慨深さすら感じます。

宇宙人養成の学校です笑


運は100%実力です。

力を付けた者が
現実を圧倒的に書き換える。

それが気功の世界です。

理論があり、
それを学ぶことで、
着実に力を付けることができます。

例えば、

トランストークについて学ぶことで、
普段の会話の中で
相手を深い変性意識に入れることが
出来るようになります。

変性意識に入れることで、
相手を連れていきたい可能世界へと
移動させることができます。

変性意識とは、
臨場感が物理空間ではなく、
情報空間にある状態です。

会話(トーク)によって
相手を情報空間に浮上させて、
連れていきたい可能世界へと移動させます。

テキトーに会話をするのではなく、
理論に裏打ちされた話し方があります。

知ることで、
出来るようになります。


意識についても同じです。

意識の使い方を知ることで、
今まで奇跡と思われたことを
当たり前に実現できるようになります。


意識に関しては、
全く初めての感覚の世界に入ります。

第一の意識の芽生えは、
子供の頃に起こりますが、
このスクールで第二の意識の芽生えが起こります。

抽象度の高い意識の世界です。

制限がありません。

圧倒的に自由です。

最初は初めての感覚で
目が慣れない(脳が慣れない)かもしれません。

でも次第に感覚が現れてきます。

新しい意識の芽生えです(^^)

何となくの感覚ですが、
明らかに今までとは違った感覚が出てきます。

その意識を使うことで、
現実を高い自由度を持って
大きく動かすことができます。

チラッと意識を向けるだけで、
現実がみるみる様変わりしていきます。

奇跡も起こります。

新しい人類としての、
異次元の力が手に入ります。

確かな実力です。

今後の人類進化の
一つの方向になります。

意識体としての自覚と進化です。

超能力もこの方向にあります。


ちなみに新しい意識の世界においても、
煩悩はあります。

煩悩は否定する必要はありませんが、
ほどほどでOKです。

煩悩を全面に出しては、
熱で目の前が曇ったり、
足が浮いて底力が出なくなります。

現実を冷静に分析できなくなります。

理想は、
極めて冷徹で冷めた意識の視点を持つことです。

その冷え冷えな視点の中で、
「煩悩を飼う」くらいの感じがちょうど良いです。

煩悩全開で火を吹くのはNGです^^;

意識は抽象度を高く、
超冷静でいましょう。

そういう意識状態があります。

自分は超冷静だからこそ、
現状を分析できますし、
他者を幸せで満たしていくことも出来ます。

「現実的になれ」という話ではありません。

「冷静に場を分析しましょう」という話です。

煩悩があると目が曇ります。

見たいように見てしまいがちです。

意識の圧倒的なスペックをフル活用するためにも、
極めて冷徹な視点を持ちましょう。

そうすれば運もコントロールできますし、
奇跡も起こせます。

自分や他者を幸せに導くこともできます。

冷静な視点で、
新しい意識の世界を楽しんで行ってください。

意識スクールは、
11月以降にまた追加開催を実施します。

新しい進化を果たしましょう!


















今日は意識スクール追加開催の初日でした!

相変わらず、
非常に良いスクールでした!(^^)

気功の成長スピードが、
ちょっと異次元にレベルに突入しつつあります。

気功を初めて学ばれる方もいらっしゃいましたが、
メキメキと力を付けて行きました。

・情報空間とは何か?

・情報場の徹底理解!

・生命空間に触れる!

・視点の移動コントロール!

・秘伝の気のインストール!

などなど初日だけでも
盛りだくさんに学びました🍀

凄い宇宙人覚醒の場になっています。


ちなみに「運気アップ気功」についてもチラッと話しました。

運気とは「気が運んでくれている」ということです。

凄く上手く行っているときというのは、
何か流れに乗っている感じでスルスル物事が進んでいきますよね?

あの感覚が、
気の流れに上手く乗っている状態であり、
運気が高まっているときです。

その状態に持っていくことが気功ではできます。

風水ではよくやりますが、
風水も本質は気の話です。

運気の波に乗せるような
特別な気の送り方をすることで、
自分や相手の運気を上げることができます。

運気を上げて、
どこに向かいたいかはゴール次第になります。


あと今日は

「脂肪=生命エネルギー保存器官説」についても話しました。

脂肪はあまり良いイメージがありませんが、
実際はかなり良いヤツなのかもしれません。

脂肪は物理的にもエネルギーの保存をしていますが、
生命エネルギーという情報エネルギーの保存場でもあります。

だからおはマグロも脂が乗るほど、
美味しく感じます。

美味しく感じるということは、
生命エネルギーが多いということです。

赤身→中トロ→大トロと、
脂が多くなるほど生命エネルギーが高まります。

もちろん好みはありますが、
生命エネルギーの多さでいうと大トロが一番です。


力士を目の前で見ると、
その圧倒的なエネルギー感に感動しますが、
それも脂肪に生命エネルギーが保存されているからかと思います。

もちろんただ脂肪を増やせばいいというわけではなく、
生命エネルギーが上手く保存されるように脂肪を付けることが重要です。

既にある脂肪に後から
生命エネルギーを乗せて行くことも可能ではあります。

そこは研究の余地がまだまだあります。


まあ、
脂肪がないと生命エネルギーを貯められない
わけではありませんが、
脂肪にそういう役割があると知っていると、
脂肪の新しい可能性が見えてくるかなと思います。

新しい視点で脂肪と向き合えます。

男性と女性で脂肪の付き方が違うのも、
生命エネルギーという視点から捉えても面白いと思います。


ということで、
そんな話もした、
楽しいスクール初日でした!

あまりに良いスクールなので、
また11月に追加開催をしようと思っています。

このスクール1回でメッチャ成長できます(^^)

人生を自由な視点で、
自由に歩んでいく力が付きます。

エネルギーを高めて人生を謳歌しましょう!!!

スクール受講生は明日もお楽しみに!!!

今日は五合目くらいまで登りました。

明日一気に頂上まで行きます(*^^*)

















意識スクールを開催しておきながら、ブログでは「意識とは何か?」ということはほとんど書いていませんでした。

意識とは「意識している」という感覚そのものですが、もう少し別の切り口から考えて見たいと思います。

意識の機能的側面からの切り口です。

意識には
ただ「抽象度の移動」だけがあります。

言い換えると視点の移動です。

視点を移動して、
その視点から「ただ見ている」だけです。

意識にそのものに「こうであるべきだ」という
価値観はありません。

「こうであるべきだ」と思うのは、
人格や性格などのブリーフシステムであって、
意識そのものには「こうであるべきだ」という
思いはありません。

意識はただ見ているだけです。

そして意識は本来、
あらゆる視点を自由に移動できるものです。


だから日本にいながらでも、
ハワイに意識を向けたり、
イギリスに意識を向けたり、
月や火星に意識を向けることもできます。

隣の銀河に意識を向けることもできます。

そして現在だけでなく、
未来のあらゆる可能性に意識を向けることもできます。

映画の世界に飛び込んでみたり、
牛や猿の視点に移動してみることもできます。

自分の中に仏もいれば、卑しい心がある理由もここにあります。

意識は自由なので、
どんな人格の視点も持つことができるのです。


意識とは本来それくらい自由です。


ところが私たちはついつい、
意識を一つのポイントに縛ってしまうことがあります。

その典型的な対象が人格です。

もう少し広く捉えて
「自我」と言うこともできます。

意識と自分の人格はイコールではありません。

イコールではないのですが、
これまでの生まれ育ってきた経験で、
人格と意識がべったりくっつき
癒着してしまっていることが多いです。

こうなると意識は自由度を大きく失います。

目の前の現実に意識が縛られてしまい、
未来について意識することがしづらくなります。

鳥かごに入れられた鳥のような感じです。

人格というカゴに意識を押し込めてしまい、
自由に飛び回れなくなっています。

これでは非常に窮屈です。


さきほど、
「意識にはこうあるべきだ」という思いはない
と書きました。

善悪の判断が意識はありません。

ただ、意識にもある種の意図はあります。

それは「意識できる空間を広げたい」ということです。

言い換えるなら、
「進化したい」ということです。

意識できる範囲を広げることが、
意識におけるWant toです。

人間という枠から外れて、
動物の視点を持ってみたり、
地球の視点を持ってみたり、
太陽の視点や銀河の視点を持ちたいのが意識です。

今まで見えなかったこと、
分からなかったことが分かった瞬間が、
意識にとっては最高のご褒美です。

人間の好奇心や向上心は
ここから来ていると言えます。

意識が意識できる空間のことを、
僕は「意識空間」と呼んでいます。

今、意識に上がっているかどうかではなく、
「意識することができるかどうか?」がポイントです。

意識として統合された空間が意識空間です。

(「統合する」というのも意識の特徴の一つです。これも広い意味での「移動」になります。)

意識の届く空間が広ければ広いほど、
その意識は高いエネルギーを持っていると考えることができます。

高い意識エネルギーを持っていればいるほど、
現実の問題にちょっと意識を向けるだけで、
現実を大きく揺らがせて
どんどん好転させることができます。

チラっと意識を向けるだけでよくなります。


意識空間を広げる=意識エネルギーを高めることが、
現実を大きく変化させるためには重要です。

もちろんコーチングにも応用できる考え方です。

「現状の外側のゴール」に意識を向けることが大切なのは、
それによって意識エネルギーが高まり、
現実を様変わりさせることができるからです。

そしてコーチの仕事は
「クライアントの意識エネルギーを大きく高めて、
現状の外側にゴール設定していくような意識の使い方を教えていく」ということになります。

エフィカシーは、
意識エネルギーの一形態と考えることができます。

あくまでもコーチングに対する一つの見方ですが、
持っていて良い視点だと思います。


いつも同じところばっかり意識しているとエネルギーは上がりません。

自分の知らない世界に飛び出すことで意識エネルギーが高まり、
現実がどんどん動くようになります。

自分の人格と意識は切り分けて考えましょう。

慣れ親しんだ自分の人格としての
考え方や価値観はあってもいいですが、
それも意識の視点の一つに過ぎないという
一歩引いた感覚が重要です。

本当に「ただ見ているだけ」です。

意識はカメラみたいなものです。

その意識の感覚を掴むことで、
意識を圧倒的に自由な世界に飛び立たせることができます(^^)

未来のあらゆる可能世界に意識を向け、
ゴールが達成した世界に意識を向け、
遠く宇宙に住む生命に意識を向けましょう。

それが自由になるということです。


「意識コントロール徹底習熟マスタースクール」の追加開催は今週末の開催です!
http://blog.livedoor.jp/healer_uta2/archives/11758026.html

意識を圧倒的に自由にして、
現実を大きく変えられるようになるスクールです。

二日間であらゆる束縛から自由になりましょう!!!







↑このページのトップヘ