------------------------------------------------------------
前回のつづきです。
▼前回「人を責めると、人生が滞る11
------------------------------------------------------------

▼人を責めると、人生が滞る 12
 

投影は「エゴ」のごまかしです。

私たちはいつも、エゴにごまかされて人を責めてしまい、幸せから離れてしまいます。


◆ありのままの自分がわかると、変えられる

本来は、物事をありのままに認識していれば、相手のことも、ありのままにわかるし自分のことも、ありのままにわかります。

ありのままに生きるのが自然になります。

ありのままに生きるのがむずかしいのは、自分や、相手のことを認識するときに、必ず「エゴ」の検閲が入って、ありのままに認識させてもらえないか らです。

A子さんは「夫が指図をするので、腹が立つ」と言います。

よく話を聞いてみると、A子さんの夫は決して強引に命令をするタイプではなく、「○○をしてくれる?」という言い方なのですが、彼女は「私に指図 をしないで!」と怒りを感じてしまうそうです。

セラピーをしていくうちに彼女は「私のいうことを聞いて!」という強い気持ちが、自分の心の中にあるのに気づきました。

でも彼女は、人に指図をするのは悪いことだ、と思っているので、この気持ちは、無意識のうちに自分から切り離されます。

行き場のなくなった気持ちは、夫に投げ込まれます。

すると、「私のいうことを聞いて!」という激しい気持ちを夫が持っているように感じられます。

これが投影です。

エゴは正しくない気持ち(正確には、『エゴが“正しくない”と判断している気持ち』)を、自分が持っていることに気づくと「自分はダメだなぁ」と 感じてしまうので、この場合で言うと、「指図したい気持ち」を無意識のうちに検閲して、相手のせいにするのです。

投影された側(夫)は、3つのケースがあります。
_燭皸いところがないのに、投影されて悪い人に見える。
△發箸發醗いところがあるので、投影をされやすい。
2燭皸いところがないのに、投影されることによって、
投げ込まれた気持ちの影響を受けて、悪い言動をしてしまう(逆転移)。
▼逆転移は、ブログ「二極に分離した心」を参照ください。「二極に分離した心


△痢△發箸發醗いところを持っている相手には、こちらも投影をしやすいし、自分が持っている悪いところに気づきにくくなります。

自分の正しさをより強く感じられる相手です。

ダメな相手や悪者には投影しやすいので、エゴはこういう相手を求めます。

自分は正しい。でも周りにはダメな相手や悪者ばかりが引き寄せられ、人生が滞ります。

どの場合も、エゴの検閲にごまかされて、ありのままの自分がわからなくなるので、自分を変えることができません。

A子さんは、本当は自分に、「指図したい気持ち」があることには気づかず、逆に夫が自分に対して指図しているように思えるので、夫に怒りを感じま す。

「自分は正しい、夫は改めるべきだ」と思っていれば、正しい自分は変わらなくても済むのですが、本当は、自分が変わるチャンスを失っているので す。

ありのままの自分を認識することができないと、自分のどこを変えれば幸せになるのか、わからないので変われません。

引き続きセラピーをしていくと、ありのままのA子さんには「指図したい気持ち」があり、それは「私のいうことを聞いて!」という強い思いから来て います。

ありのままの自分に気づいたA子さんは、さらにその下にある、「みんな私のことなんか、どうでもいいのよ」という、深い悲しみを感じられるように なりました。

子供の頃から何十年もずっと、この悲しみに沈んでいたのですが、悲しみとして経験する方がつらいので、怒りに変えていたのです。

普段、「私に対して、偉そうに指図しないで!」と夫を責めているA子さんですが、それは「エゴ」に何重にもごまかされているに過ぎません。

本当のA子さんは、受け入れてもらえなかった悲しみを、夫と出会う前から、ずっと抱えていたのです。

ありのままの彼女は、「私の価値を認めて、受け入れてほしい」と、悲しみの中でずっと伝え続けています。

彼女は夫に「私のことを受け入れてほしい」と思っているのですが、エゴにごまかされて「夫が悪い」と感じてしまうので、相手を打ち負かすような結 果になってしまいます。

誰かを責めると、自分も責められるような気持ちになるので余計に腹が立ち、彼女の怒りは何年たってもなくなりません。

さらに夫以外の人にも投影は起きるので、PTAのお母さん方や、町内会で出会う人達にも「私に指図をしないで!」と怒りを感じてしまいます。

もしあなたが、「私は正しい」と相手を責めているとき、ちょっと立ち止まって、自分を振り返ってみてください。

心のどこかで「自分は正しいけれど、ちっとも幸せでない…」という感じがしたら、ありのままの自分が幸せを求めています。

幸せに向かって何かを変えるべきです。

相手に変わってもらおうとするよりも、自分が変わればよいのです。

でも、エゴにごまかされたままでは、彼女はここから変われません。

≪次回に続く≫



本サイトの著作権は中島勇一に帰属します。
本サイト内に掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。

◆中島勇一のサイト
中島勇一のグループセッションH・E・A・R・T 公式サイト