このブログ、1ヶ月半前のこと書いております






夫の腫瘍が増大し腸閉塞を起こして緊急入院して、



主治医から年は越せないだろうと言われた頃のことです。






OH93_nichirin_TP_V






余命宣告を受け、色々考え、



子供たちの担任の先生にも夫の病気のことを話すことにしました。






再発がわかった時にも一度話したことはあるのですが、



あれから学年も担任も変わったので、改めて。






長女は大学生なのでまだ置いといて



中学生の長男と次男の担任の先生を両方呼び出し、



説明する事にしました。






一番気がかりなのが子供たちの精神的ケアと学費!!!

(私立なので)






子供たち3人は、幼稚園から大学まである私立の学校に中学から通ってます。






ここの学校の特殊な教育を私達夫婦はこよなく愛しているので、



何が何でも全員大学まで卒業させることを目標に考えています。






その為に使えるものは全て使いたい。



その相談をしに行きました。






自分で調べることも出来るのですが、



この時点では夫の病気について考える方が大変で



力を借りたいとお願いしに行ったのでした。






話しを聞いた先生方、とても驚かれていました。






何しろ夫はこの学校が大好きすぎて、



学校整備のボランティアに積極的に入りまくり、



元理事長・現理事長とも顔見知り






この時丁度余命宣告されたばかりで、



先生方に話している時に泣いてしまい、つーか号泣してしまい






先生方の脳内には、夫は映画で観るような



末期状態になってしまったと思われた模様






その数週間後に、もう一度先生方とお話しすることになり、



その席には両担任の他に中等科の部長とカウンセラー3人も同席。






教師全員で情報を共有し、子供たちのケアにあたってくれることになりました






この時には泣かないよう頑張りました



私、人に夫のこと話すと泣けてくるので、あまり人に会いたくないんです






学費の事も、公的なものから学校独自のものまで、



使える助成金全て調べ上げてくださり、



申し込み方からその時期まで一覧にして説明してくれました






一応夫の保険金などもあるのですが、



生活含めてギリギリすぎるかもしれないし、



そうすると苦しくなるので助成金なるべく使いたいです






息子たちの大学費用は奨学金も視野に入れ・・・。






先生たちの話を総合すると、



何とかなりそうな感じです






先生方が山ほど調べて沢山心配してくれて、



本当に感謝感激です






そんな話の3日後に学校の保護者会がありました。



来年度役員を引き受けていたので、現役員さんに事情を説明し・・・。






色々知恵をしぼって、役員をもう一人増やす方向になりました






あともう一点。



カウンセラーの方も仰っていたのですが、



やはり子供たちにもう一度現在の状況を話した方が良いのでは、と。






子供たちの成長や心のケアのためにも、と言われました。






夫と話し合い、近々子供たちに話そうか、と・・・。



私は上手に話すのが苦手ですが、夫は上手なので、



その点は夫から話してもらう事にしました。






夫はこの学校の卒業者ではないのですが、



この学校が大好きで大好きで






PTA役員の番が回ってきたら会長に立候補したいと言っているのです



最初私は止めてくれと言ったのですが



でも学校に関わる事が歓びになるのなら、いいかな、と






ただ病気の事があるので、ある程度オープンにしないと



その為にも、まずは子供たちに話さないとな~。






夫がもしPTAの会長になっちゃって、在任中病気で倒れたりしたら・・・



その尻拭い私がするんじゃんorz






絶対倒れるな!!!!






私、人前で演説したりとか人をまとめたりとか、



苦手なんですよぉぉぉぉ






あーあ






   にほんブログ村 病気ブログ 腹膜播種へ

   にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ