前回記事の続きです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(感想)
本日の講習は、イベントに参加した女性を対象に

“***で●●●●”をするという講習でした。
そのために●●●●●●●●の情報を調べたり、

途中でお茶する場所として●●●●●の美味しい店を探したので、
色々と新しい情報収集も出来ました。
なかなかこういう機会がないと、自分から調べたりしないので

普段から流行を追う習慣をつけたいなと思いました。

今回の参加者は*月頃に開催したイベント**。
メモや●●●●の●●●を見ても全然記憶が無い女性です。
イベント前は***が**だから、

女性が気まずい思いをするんじゃないかと気にして、
あんまり行きたくないなという思いがありました。

河木さんと当日合流してその話をすると、

女性は●●の方が望ましいとのことでした。
●●●●だと会話が×××てしまい、

話を聞き取りにくくなるとのことでした。
それを聞いてなるほどなと気持ちが楽になりました。
また、女性が****でも参加者が楽しいと思ってもらえれば、

いい*だと感じるのではないかと思うと僕が言うと、
河木さんから、それが全てです、と言われました。

参加者が****であることを

言い訳するのに頭を使うのではなく、
女性に今日楽しんでもらうために、
どんな話をするか今すぐにでも考えよう
と言われました。
僕はどうも女性からの評価を気にしすぎるようで、

相手に嫌われるのが嫌で自分を守ろうとしてしまいます。
河木さんからは、女性はそんなに攻撃して来ないから、

もっと前に出て行って大丈夫ですよと言ってもらえました。

しばらく今日話すことを考えて、待ち合わせ時間が近づき、
*****女性に********を確認するために、●を●●に●●ました。
***女性は**でした。

●●に●●と緊張しましたが、

これを●●●●するのとしないのでは相手の評価が違ってくるので、
勇気を出して●●●に●●と、その**が****でした。
会っても全然思い出せないのですが、

*の*い目のぱっちりした黒髪の女性です。
*************しばらく待ち合わせ場所で話していると、
河木さんからもう行きましょうと言われ、慌てて外にでました。

外はだいぶ暗くなっていて、

***の********はとてもきれいです。
事前に話す内容を考えていたので、

それを元に話を進めて行きます。
それでもイベントの主催やデートから日が空いてしまったせいか、
とても緊張して××になったり、

焦って会話しなければという状態になってしまいました。
河木さんからそんなに焦らなくていいと言われて、

落ち着くことが出来ました。
また仕事の会話などをしたら、それは後でいい

まずは●●を褒めようと言われました。
********を褒めることも忘れていました。

****は意外と自分の考えをしっかりと持っていて、

好き嫌いがはっきりしており、
人ごみが好きでないようで、

クリスマスや年末年始の話題がほとんど盛り上がらず、
序盤のうちは会話が続かずに焦りました。

それでも相手の会話からさらに話題を広げていた

河木さんはすごいなと思いました。
沈黙の時間がたくさんできてしまい反省です。
何度か知識をひけらかすような話題や

×××××な話題が頭に浮かんだので、
それを打ち消して、

出来るだけ●●●で●●●話題を探しました。
●●●をしていると、

歩きながら会話をしないといけないので、

集中力が途切れてしまい、
座っている時よりも会話に集中できず、

これも慣れて行かないといけないと思いました。

**分くらい●●してから、

●●●●●●カフェに行きました。

ここは事前に少しだけ下見をしたので、

無事にたどり着けました。

近くですがあまり人ごみがないいい場所でした。
席もたくさん空いていて、

****もここに来てからは笑顔が増えてきました。
*****が売り切れていたのが予想外でしたが、

****を**ながら話しました。
途中「●●は●●●●●を●●●」という話題を出してみると、
「*の**を****」という話題になり、

その辺りから会話が盛り上がってきました。
相手の興味のあることに質問が繋がったのではないかと思います。
そこからは●●話や、●の●●●●の話なども聞けて、

僕も楽しい時間を過ごせました。

●●●●かなと思い、出ましょうかと切り出しましたが、

****の●●●●が●●ていたので、
河木さんからもう少しゆっくりしましょうと言われました。

●●などの枠組みにこだわりすぎだなと感じました。
それから**分ほどお話しをして、駅に向かいました。
駅に向かうまでは●●が●●●てもあまり気にならなくなりました。
電車に乗った時に****と**てしまい、

会話が無くなってしまった事が、
あとで河木さんからよくないと言われました。
女性の*に*るように注意しなければと感じました。

そして****してから、**河木さんと**して反省会です。
今回の講習で僕が感じたことは、

《イベントの新規主催》と《みんなで再会して遊びに行くこと》は別物

違った難しさ
があるということです。
《イベント》に慣れてきたので大丈夫だろうと思っていましたが、
一度会ったことのある女性と
さらに仲良くなるということは、
思っていたよりも難しくて

女性と楽しく会話をするということの重要性を認識しました。
これが出来ないと長期的な関係を気づくことはできないと実感しました。

今までの僕はどちらかというと、

自分が話したい事のみ関心を持って話したり

そもそも話したい事も話せていなかった気がしました。
女性がどういう話をしたいのか

という視点が抜けていたような気がしました。
そして自分が会話を楽しんでいなかったことを気づかされました。
なぜか学生時代に、初対面同士の頃は話が出来たのに、
仲良くなってくるとあまり会話が弾まなくなって、

グループの輪から外れて行った
ことを思い出しました。
周囲から変わっている人と思われていた過去のトラウマが浮かびました。
路上ストや《パーティー》ではこのようなことは感じなかったので、
あまり日常生活の出会いと関連して、

女性との会話を意識して来なかったのかもしれません。
このような事に気づけたのは非常に大きな発見でした。

また自分がこのような事を感じるせいか、

saiさんやブルースのような常に明るく見えるような人に憧れる、

と言う話になり、河木さんから

saiさんやブルースは魂輝とは違う人種の人たちだから、そのようにはなれないし、

自分にないものになろうと自分を演じると
本当の自分が分らなくなって苦しくなる

と言われました。
そして

saiさんやブルースみたいにはなれないけれど、
同じくらい女性を魅了することは出来る

と改めて教えてくれました。
自分に出来ること、出せる魅力を大切にするということを知れました。
どうしても自分を卑下しやすいので、全ては●●●だと教えてくれました。
そして河木さんから、僕の客観的な特徴を教えてくれました。
その特徴は●●●●の●と●●●の●が●●●があるので、

普段から●●で物事を捉える練習をするといいと教えてくれました。

僕の特徴はここでは大まかに言うと、

●●●●(昭和)、

●●●●●(固い)、

●●(自信ない)、
●●(傷つくのが怖い)、

●●●●●●(ギャルゲー)、

などです。

()内は●●●●●の特徴です。
イメージとしてはサッカー日本代表**の**が近いとのことでした。
確かにそのイメージだと、

saiさんやブルースのようなイメージとは異なります。
ただそれでも**は人気があるので、

女性を魅了することは出来ると思えるようになりました。
自分の出来ることを頑張ることが大切だなと思う事が出来ました。
自分の特徴は●●●●によると、●●だから●●た特徴であると言われて、
自分の●●●●●も大事に思えるようになって嬉しかったです。
ただ一方で、自分の事を演じることも多少は必要であると教わりました。

今回は全部で6時間にも渡る講習になりました。
講習前は女性**だとあまりよいイベントにならないだろうと思っていたのに、
実際に来てみるととても重要な気づきを得れたイベントになりましたので、
本当にやってみないと分からないなと思いました。
この所、ストや《イベント》が惰性になってきていたので、

新年に向けて新たな心構えで取り組めるよい機会になりました。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~ 以上 魂輝
街で声をかけた女の子に
「Hしてくれてありがとう」
と言われるようになるまでにしてきたこと
『15分〜1時間半だけナンパしてH』