15分〜1時間半だけナンパしてH

10日だけナンパして6人の清楚系・真面目系女子を新規即&準即ゲットした時にやったこと。

タグ:オープンマインド

件名:  近況報告(5/1+)
差出人:  魂輝 <++@++.++.++.jp>
日付:  2013年 5月 1+日(*)09:57
宛先:  河木 <++@nanpajuku.com>

河木さん、魂輝です。

先日は電話通信教育ありがとうございました。
話を聞いて頂き、アドバイスを頂けて気持ちがだいぶ楽になりました。

ただあの後**に、自分の気持ちが楽になりたい一心で、
**で「**」と余計なコメントをしてしまい、
「**」と返事をされてしまいました。
「**」と返し、「**」と返事がありました。
それ以降********。余計なコメントしないでそのまま放置しておけばよかったと思いました。

やはりまだ精神的に不安というか小心さから、いつもより心が落ち着きがないと思いました。
河木さんの「●●●●●●●●●●言わない」、という言葉を思い返し反省しました。
****なのに****ると落ち着かないです。
今後はもし****の*****する場合は、河木さんに教えて頂いた、
・*には****ない ・*****しない ・*******を買う を徹底したいと思います。

その後オープンさんと川崎さんと合流してストをして、
18歳小柄原宿系っぽい専門学生を**に連れだして、途中までペッティングしました。
***で****らないと出来ないというのが本気っぽかったので、途中でやめました。
相手の時間もあったので、そこで解散しました。******と向こうから言われました。
新しい子と関係が進んだので、**のことに対する不安も少し落ち着きました。
やはり行動しないで家で考えすぎると、精神的にもよくないと思いました。

以上

魂輝

差出人: ++@++.++.jp

日時: 2013年4月2+日 1+:43:47 JST

宛先: ++@++.++.jp

件名: Re: 追加参加者



分かりました!



> うっかり言いそうなので*の話先にしておきます


> 2013/04/2+ 1+:36、++@++.++.jp のメッセージ:


>> ちなみに僕の*******は、今は**です。河木さん、前回**と言っていましたので、念のために。

>> 

>> 

>>> %%%%%は****からのオープンマインドさん●●●●にも申し込んでます。

>>> 

>>> 誰が誰か知りたいので、大きな声で●●●●●●●の確認をしてくださいますようお願いします〓

>>> 

>>> 2013/04/2+ 9:31、++@++.++.jp のメッセージ:

>>> 

>>>> 河木さん、

>>>>> 

>>>> 追加の参加者の男性です

>>>> 

>>>> (略)

件名:  明日の●●●●参加者+近況報告
差出人:  魂輝 <++@++.++.++.jp>
日付:  2013年 4月 2+日(+)22:45
宛先:  河木 <++++@+++++++++.+++>

河木さん、こんばんは。
明日の●●●●の、現在の参加者リストです。

女性

(略)

女性参加者*人と●●●●●なのですが、*人以上の場合は河木さんに来てもらった方がいいですか?


@近況
今週は肉体的な疲労が抜けず、デスクワークがほとんど進んでいません。
昨日、今日と学生彼女と泊まりアポでした。一緒に●●●●●●●●●●●ました。
今日自由人さん、オープンさんと路上ストしました。2+歳の保育士をカラオケ→*でHゲットしました。

以上

魂輝 

件名:  Re: 仲間ナンパネームのブログ掲載
差出人:  魂輝 <**@**.**.**.jp>
日付:  2013年 4月 18日(木)23:35
宛先:  河木 <****@nanpajuku.com>

河木さん

2013/04/1* (**) 15:02, "河木" <****@nanpajuku.com> wrote:
> 魂輝さん
> ブログに合流したナンパ仲間のナンパネームは掲載して大丈夫です。
> 掲載してください。

了解しました。
ナンパネーム(塾生のことですよね?)に関しては、河木さんに相談したいと思っていました。
これからはナンパネームを掲載します。

ちなみに、塾生との合流とのことで質問なのですが、
河木さんからは出来るだけ**で合流するようにと言われているのですが、
オープンさんなどは**に家があるので、毎回**に来てもらうのは申し訳ないような気になってしまいます。
たまには他の塾生にとってメリットのある場所で合流した方がいい気がしたのですが、どうでしょうか?

あとギラモテ王子さんからはメールの返信がないです。

以上

魂輝 

このページのトップヘ