2006年03月11日

講演会@茗渓学園

共同代表の大和田野陽子です!

今日は、共同代表の母校である、
茗渓学園 (茨城県つくば市)
で、高校1年生を対象とした講演会を行って参りました!!


講師は、
田中弁護士と、原告8番さん★

‥鎮羸萓犬らC型肝炎・訴訟についてのお話
原告8番さんのお話
3慇犬硫颪両匆

という、盛りだくさんな内容での講演会でした。

講演時間が45分ほどしかなく、
急ぎ足になってしまったのが、とても残念でしたが

田中先生のわかりやすいお話、
8番さんの熱いメッセージ
のお陰で、大変充実した講演会となりました!

生徒の皆さんも、とても熱心にきいてくれましたよ★
中には、田中先生に質問にくる生徒もいました!
アンケートが楽しみです…♪♪


実は、茗渓学園での講演会は、去年に引き続き2回目なんです!
あの時、私はまだ高校生でした・・・(トオイメ

あの時から、
いったいどれくらいの人が「薬害C型肝炎」を知ったのか、

あの時から、
自分の活動が、何かの役に立てているのか

いまいちピンときませんが、
自分がこの活動を続けていることで、
卒業しても、こうして講演会に呼んで頂けて、
後輩にお話することができ、
多くの人にこの問題を知ってもらうことができるのは、嬉しいことです。
毎年恒例の行事になってほしいものですね☆


いやぁ、個人的には、
久しぶりに高校時代の先生に会ったり、
食堂で給食をごちそうになったり・・・
懐かしかったぁ!!!!

そして、高校生は若い!
何だろう、あの目の輝きは・・・(苦笑)

1年前、高校生だった自分を思い出し、
なんだか気の引き締まる思いで、東京に帰ってきました。

今日の講演会が、広い世代で
薬害の問題を考えるきっかけになれば良いな、と思います。

これからも、活動がんばっていきましょう!!!



HEARTS 薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会

hearts_hcv_tokyo at 01:39│Comments(2)TrackBack(1)H18−March 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. つくばの学園で  [ 肝臓のなかまたち ]   2006年03月17日 08:38
 14日、東京地裁で薬害肝炎訴訟の原告本人尋問が行われました。一度傍聴にと思って

この記事へのコメント

1. Posted by 原告8番   2006年03月12日 17:14
茗渓学園の講演は2回目だったのですが、またつたない話になってしまいました…

でも皆さんちゃんと聞いてくれて嬉しかったです☆

これからも活動がんばりましょうね〜
2. Posted by まぃ   2006年03月12日 23:15
茗渓学園で今年も講演会ができてよかったね
メールをわざわざくれる子とかもいて、なんていうか『伝わるモノ』があったってことがうれしいよ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔