さくやこのはな

まんがやアニメの元ネタっていうか、作品世界に織り込まれた神話・伝説・古典をゆるい感じで考察するよー。 いまのところ『咲―saki―』重点。忍殺もあるよ(予定)。

 こんにちは。お久しぶりです。前回の更新から半年以上過ぎていました。ほんとうにすみません。

 更新をサボっていたあいだの生活ですが、

 対木もこちゃんのお誕生日に覚王山でケーキを買い、



 透華が牌譜の分析を頼んだ機関がある街で生まれたバームクーヘンを食べ、


 酒を飲み、『咲』を読み、『シノハユ』に涙し、『咲日和』で笑い、『怜』の竜華ママの胸部装甲とバッグの値段に絶句していました。ちょっと見てください。竜華ママのバッグはおそらくシャネルのこちらの商品と思われます。色はさすがにピンクじゃないと思うけど。中古でお値段1,698,000円 (税込)。もう一度いいます。1,698,000円 (税込)。眩暈がしますネ!

 子どもにはお金をかけるわりに自分の身なりには無頓着な怜ママと好対照だと思いますし、怜ママをオシャレに変身させてくれそうですし、幾久しく母娘二代で親しくしていただければと思います。以上が前置きとなります。

 さて、今回取り上げるのは本編最新話、第181局です。五決もはや副将戦、キャラの魅力がさらに開花しまくっていますが、ここではその表紙に注目したいと思います。すごく久しぶりのような気がする咲和。やっぱりこのふたりはかわいいですね。しかしカーディガンを着ているということは冬服でしょうか。もしかして未来?これは未来?インハイの先にこの咲さんの笑顔があるの?その横には和ちゃんが立っているの?!えーーーーーーー!!!!!!尊いーーーーーーーーーー!!!!!!


 ただちょっと気になるのが、和ちゃんの髪型がツインテールだということ。県大会終了後、和ちゃんは髪型を変えています。だから彼女のツインテールは、この絵がいつごろの二人を描いたものなのか、という問題に対しての大きなヒントとなるわけです。インハイ終了後に和ちゃんが髪型を戻したのでない限り、これは県大会以前、二人がまだ冬服(あるいは中間服)を着ていたころの、ちょっと肌寒い日の一枚ということになるわけですね。そういえば咲さんのスカートも短いですね。 だとするとやっぱり県大会以前じゃないですか…未来はまだわからないんですね。

 『咲』一巻の第一話は「それは彼女の高校生活最初の初夏だった――」と始まっており、初夏とは旧暦四月(太陽暦で四月末~六月上旬)のこと。そして咲さん和ちゃんは長袖セーラー、京太郎は学ランと、冬服を着用しています。高校の制服が夏服にかわるのはだいたい六月一日前後ですから、咲和の出会いはだいたい五月ごろのことと見てよいでしょう。そのころの急に寒くなった日のひとこまということになるでしょうか。

 そのことを念頭に置いたうえで注目したいのが、咲さんの座るベンチの後ろに生えている植物です。






 これをさらに拡大し切り出してみると、こう。



写真 2017-10-20 0 52 22





 ひょろりとした茎の先に丸い花っぽいものがついているこの植物、ヒガンバナ科のノビル(鱗茎は食べられる。『美味しんぼ』で山岡・栗田の絆を見せつけるエピソードに利用されたことで有名)に見えます。ノビルは初夏、五月ごろに花をつけるのですが、殖える方法は種ではなくムカゴ。花の下にはちいさく丸いムカゴがびっちりとついています。その写真をネット上で探してみると、こういう感じです。→  
 どうでしょうか。似て…ますでしょうか。ちなみに「ノビル 花言葉」で検索したら一番上に「胸の高まり」「タフなあなたのことが好き」と出てきました。

 他にもキク科のブタナあたりがそれっぽい気もするのですが、ブタナは茎が途中で分岐するらしいのでちょっと違うような。

 『咲』の背景が現実の場所に基づいているというのは有名な話で、だからこそ聖地探訪・巡礼などの文化が盛んなジャンルになっているわけですが、背景の元になっている写真も作中の季節と合致していることがあったら面白いですよね。ちょっとしたこだわりという感じで。
 まあ、すべての背景の季節が登場人物たちと合わせてあるかは不明ですし、この推論も間違っているかもしれません…。なにかありましたらコメント欄でご教示いただきたく存じます。

 あ、咲さんのスカーフが羽衣や領巾みたいで素敵なのですが、貧乳の人がダンまちのあの紐を装備するとこういうことになるんだなあ、と思いました。石を投げないでください。

 以上です。


 こんにちは。あおいです。


 結論からいいます。『咲―Saki―』第170局[菓子]に登場したあのお菓子。菫がファンからプレゼントされた差し入れのお菓子のモデルが判明しました。
 今年のバレンタインデーや照の誕生日には間に合いませんでしたが、ホワイトデーのお返し、イベントの差し入れ、白糸台探訪のお土産などにご利用いただければと思います。宜しくお願いいたします。

 お店の名前は「エスプリ・ドゥ・パリ(パリの精神、くらいの意味)」。場所は三鷹です。武蔵野市役所のすぐちかく。

 公式サイトはこちら

 地図。

 では以下に、ここのお菓子が「照が食べていたお菓子」のモデルだと判断した根拠を示してゆきたいと思います。お菓子の写真が大量に出てくるので注意してくださいね。

①ホットチョコスプーン

 まず前回の記事でも言及した「ホットチョコスプーン」。ホットミルクの中でくるくる回して溶かし、ホットチョコレートを作るためのアイテム。
 ただし照の前にあったものは、スプーンの先に刺さったチョコレートが円柱形で、花のようなかたちの透明なケースに入っていました。対して前回の記事で示したものは立方体にちかい形。チョコレート部分は袋の中で剥き出しになっています。

2017-02-09-14-40-23


2017-02-09-14-40-31




 ところが、エスプリ・ドゥ・パリの同名商品を見てください!(九州で行われた去年のバレンタインフェア関係のツイートですね)


 なんと形状が一致するんだぜ。
 そして、いろいろ調べたりデパートのバレンタインフェアに足を運んだりしたのですが、同じような形のホットチョコスプーンを他に見つけることはできませんでした。



②焼き菓子の包装

 まず、照がモックモックむさぼっていた焼き菓子群。

image



 そしてこれがエスプリ・ドゥ・パリの焼き菓子。

2017-02-27-18-17-14


2017-02-27-18-17-35


 クッキーの袋に貼られたシールの模様や、フィナンシェやダコワーズの袋のシールの位置などが共通していることがわかるでしょうか。
 
 それと、ホットチョコスプーンの右にあるのはこのへんのマカロンかな。なんか下の方にトマト味のマカロンが見えますね。リチャードソンには悪いけどこれならカレーに合うかもしれないのよー。

image



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 いかがでしょうか。完全に同じとはいえないかもしれませんが、照が食べていたお菓子にかなり似た感じの包装だということがわかっていただけたと思います。…ファンの子が三鷹あたりに住んでいる、という設定なんでしょうか。

 というわけで本日は、「モックモックという擬音のせいで照がヨックモックのクッキーを食べている気がしていたが、特にそんなことはなかったぜ!」というお話でした。

 あとちょっとだけ追記。『シノハユ』最新話で慕ちゃんが大感激して食べていたのは「オペラ」というケーキです。洋酒を沁みこませたスポンジとコーヒークリーム、チョコレートクリームを何層にも重ねたちょっと大人な味のケーキ。こないだ食べたものの画像を載せておきます。
2017-02-25-14-37-50


2017-02-25-14-38-13





 幼かった少女は日々大人になり、髪が伸び、心も体も味覚も変化してゆく。大人の味のスイーツが理解できるようになった慕ちゃんが、おじさんや大好きなお母さんとお酒を酌み交わせるようになる日も近い…のかもしれません。


 以上です。 

 実写版の興奮冷めやらない今日この頃、みなさまお元気でしょうか。
 考察のネタがないとはいえ、ずっとブログを更新しないで放置しておくのってどうなの…という気持ちになったので、白糸台の話でもしようと思います。


◆白糸台の寄せ集めチーム

 好きです。
 みんなまだあまり仲良くなっていないようなので、とりあえず水着などを持ってどこかに行くところからはじめませんか。


・渡辺琉音(3年)
 ギャルっぽい外見なのにスクールバッグも盛らずスマホを剥き出しのまま使っている、そこはかとなくアウトローな感じの渡辺先輩。でもきっと根はいい子。
 名前が「るね」であるところもいいですね。DQNネームなのか、デカルトやマグリットを意識した高尚な名前なのか。ただ本人は絶対この名前が嫌いだと思いますし、宇野沢さんがプリクラに「しお&るねセンパイ♡」って書くとすごく機嫌が悪くなると思います。

・宇野沢栞(2年)
  高身長、おもち、ぱっちりした目、長くカールした睫毛、八重歯、ミニスカから伸びる素敵な太腿、という非の打ち所がない宇野沢さん。ヴァンプ系の魅力。ボーダーのビキニを着ないで何を着る。ビーチボールも持ってください。合宿回やプール回で無駄に活躍しそうです。

・沖土居蘭(3年)
 ボーイッシュな外見とは裏腹に気弱でしょっちゅう涙目になる沖土居さん。しかし意外に水着は大胆なのでは(憶測)。チャラいリゾートに競泳水着で来てしまうような、謎の空気の読めなさを発揮してもいいと思います。
 あと、渡辺と学年が同じなのでもっと仲良くなってほしいですね。たぶんこれまで「同じ部活」であること以外に接点はなく、クラスが同じになってもほぼ会話することもなかったと思うんですが。渡辺は沖土居さんに対して「ったく、オドオドしやがって」「そんなんだから貧乏くじばっか引くんだよ」などと思っていて、沖土居さんは渡辺のことを怖がっていそうです。
 ただ今回のことで少しは自信がついたでしょうし、渡辺の人間性も理解できたでしょうから、頑張って仲良くしてみればいいと思うんだ!!!!!!

・棚橋菜月(2年)
  前の三人と比べると全体的に地味で控えめな子。ただ、その地味なかわいさがボディブローのようにじわじわ効いてきます。
  感情を表面に出すことは少ないのですが、スカウトされたときに少しだけ頬に赤みがさしていました。また、寄せ集めチームが圧勝したときに他のメンバーが全身で喜びを表現しているのに対し、彼女は小さくガッツポーズ。感情を表出することに慣れていないのかもしれません。そこがかわいい。…かわいくない?
 しかし彼女はいったい心の中でどんなことを思い巡らせているのでしょうか。彼女の視点から描かれた、宮永照の物語を読んでみたいなあ…と思ったりします。


◆照菫について

 現在「こういう照と菫の出会いと『積み重ね』を読みたかった」と思っていた物語で殴られている感じです。そう、こういうのが読みたかったんです。もっとください。
 照は、照魔鏡の能力を使うことにより相手の性格や人間性を一瞬で見抜いてしまう。この能力ゆえに、彼女は人間と時間をかけて対話する、地味に向き合う、ということをあまり行ってこなかった(というか行うことができなかった)のかもしれません。照魔鏡にうつしだされた情報をふまえて、自分にとって「安全」な関係性だけを選択してきたのかも。
 活字を追い、ページを繰らなければ筆者の主張や登場人物の心情が見えてこない「本」を好むのは、照魔鏡を使わずに人と向き合いたい、という彼女の無意識の欲望の発露なのでは…というのは深読みにすぎるでしょうか。
 でも人間は変わることができるし、予想を超えてくることだってある。それをこれから菫さんや寄せ集めチームのメンバーが教えてくれるのかもしれないですね…?

 あと、菫さんが照にあげたこのお菓子(スプーンに刺さったチョコ)なんですが、

2017-02-09-14-40-23




 これは普通に齧って食べるんじゃなく、ホットミルクの中でくるくる回してホットチョコレートを作るためのものです。「チョコレートカンパニー」というブランドの「ホットチョコスプーン」って商品に似てますね。

2017-02-09-14-40-31

 この「ホットチョコスプーン」、ここで買えますのでバレンタインのプレゼントやイベントの差し入れなどにもどうぞ。
 そして、こちらについても誰か、正しい知識を教えてあげてください…。 

このページのトップヘ