こんにちは、あおいです。じめじめする日が続きますが、だいぶ暑くなってきましたね!(艦これの初夏ボイス風)そんな中、奈良方面に用事がありましたので吉野にも足を伸ばしてみました。
 応神天皇以来、古代の多くの天皇たちが行幸を重ねてきた地。大海人皇子(のちの天武天皇)が出家して身を置いた場所。神仙思想と結び付く場所。修験道の聖地。山桜の名所として和歌に詠まれてきた地。西行が隠棲の日々を送った地。南朝の御所…などなど、歴史的に超重要な場所であるとともに、近年では『咲―Saki― 阿知賀編』の舞台にもなっています。

 さて、大海人皇子はこの吉野で美しい天女に出会ったと伝えられています。
 また奈良時代には「吉野川の漁師・美稲(うましね)が自分の網にかかった柘の枝を拾ったらそれが美少女に変化した!やったぜ!」というお話も広まっておりました。
 なお、平安時代や中世の物語作品においては吉野などの山里が「思いがけず、都にも滅多にいないような美少女に遭遇する、アバンチュールの空間」として描かれることも少なくありません。

 ということは、この吉野をぶらついていれば可愛い女の子に会えるはずですよね?阿知賀女子のメンバーに、シズに、憧ちゃんに、松実姉妹に、灼ちゃんに、ハルエに、望さんに出会えるはずですよね?(グルグル目)


 この記事は、そんな彼女たちの足跡を辿って、なぜか作中に舞台・背景として使われている場所ではなく、美味しいスイーツやお食事の食べられる場所を回ってきた人間の軌跡であります。

①洋菓子店「ラ・ペッシュ」(近鉄六田駅付近。食べログはこちら

 吉野近くの近鉄六田(むだ)駅から徒歩十分程度。
2015-07-06-14-04-33

 (六田駅)

 車がびゅんびゅんと行き交うちょっと危険な道を歩いて辿り着いた、奈良いちのモンブランの名店とも言われるこのお店。いまはモンブランは作っていないというお話でしたので、夏季限定と思しき甘酸っぱいタルトをいただきます。イートインだと珈琲か紅茶をサービスしていただけるので、世間にあふれる有名パティスリーのケーキセットひとつぶんの値段でケーキを二つ食べられます!すてきですね!

2015-07-06-13-31-12


 左…すももとルバーブのタルト。しっかりと歯応えのあるパートシュクレ(クッキーのタルト生地)にクレームダマンド、すもも・ルバーブのコンポート。という構成。すもももルバーブも甘すぎない、媚びない味わい。しっかり甘酸っぱい。
 右…バナナの入ったレモンパイ(商品名失念)。練りパイに甘く煮たバナナを載せ、その上にレモンのソースと生クリーム、という感じの構成だったと思います。クリームの上に載ってる白くて四角いものはメレンゲです。メレンゲ・生クリーム・バナナのやわらかい甘さとレモンの酸っぱさが高次元で調和する!


 シズアコが線路沿いの細い歩道を歩き、そしてこのお店に辿り着く。
 そして店内のちいさなイートインコーナーで、ふたりでケーキを食べる。お誕生日でもなんでもない日バンザイ。

憧「ねえシズ、ケーキ、半分残しておいてね」
シズ「?なんで?」
憧「半分食べたら交換するのよ。そうしたら2つのケーキの味を楽しめるでしょ?」
シズ「2つ食べればいいのに」
憧「 それはちょっと…(どうしてかよくわからないけど、最近身体にお肉がついてきちゃったのよね…胸はともかく、腿が太くなったのほんと意味不明なんだけど……だいたいあれだけ暴食かましてるシズがダイエット頑張ってる私より細いってどういうこと?)」

 こんなやり取りをする。店員さんや他のお客さんが笑ってみているの超かわいい!かわいい!尊い!


 というわけで次回につづきます。
 私が訪問した際の吉野山はあじさいが盛り。七夕祭りの前日だったので、 すてきな飾りもいろいろありました。これについてはまた次回以降に。



2015-07-06-16-46-09





2015-07-06-16-45-30




2015-07-06-16-45-36