こんにちは。あおいです。
 まず最初にお知らせ。先日の記事「京太郎の生活環境を読み解く」に少し追記があります。いただいたコメントの中で興味ぶかいものに言及するとともに、カピバラを飼育する動機についてちょっと考えてみました。興味のある方はご参照ください(いるのかな…)。

 さて、先日、『シノハユ』に登場する丹羽菜緒子さん(愛知県・橦木小学校6年)のおもかげをもとめて、愛知県名古屋市東区橦木町をお散歩してきました。結論から言うとニワちゃん様にも、彼女と親しい高橋千代子ちゃん(チョコちゃんと呼ばせてほしい) にも会えませんでしたが、ニワちゃん様の家として相応しそうな場所を見つけましたのでご報告いたします。
 それは輸出陶磁器商である井元為三郎によって大正時代に建てられた洋館。現在は名古屋市有形文化財、景観重要建造物の指定をうけ、市民団体の管理のもと、「文化のみち橦木館」という名前で内部が公開されています。東海テレビで放映されたSKE48の主演ドラマ「モウソウ刑事!」のロケ地になったり、『ハコイリのムスメ』という少女漫画の舞台として使用されたりもしているっぽい。橦木館の公式サイトはこちらです →☆ 

 では、以下そのお写真をどうぞ。なお、内部の撮影許可は橦木館の受付の方からきちんといただいております。

2015-10-17-15-38-47

 
ニワ「いらっしゃい」
チョコ「お邪魔するわよ!あっこれお土産の東京ばな奈」
ニワ「ありがとう。ところで前から思っていたのだけど。どうしてバナナのお菓子が東京名物として大々的に売られているのかしら?東京産のバナナなんて見たことないのだけど」
チョコ「え?えーーーーー?」

2015-10-17-15-56-30


2015-10-17-16-19-05



チョコ「おー!ステンドグラスかわいいじゃない。二羽の鳥なのね。そしていいかんじのお庭ですな!ニワだけに!」
ニワ「…‥」
チョコ「あっ……もしかして、盛大に外してしまいました?」
ニワ「とりあえずお茶にしましょ」
チョコ「やめて!ノーコメントつらぬくのやめて!つらい!」

2015-10-17-16-01-56

2015-10-17-16-02-02



※橦木館の中にはカフェがあります。唐辛子などのスパイスが入ったショコラ・ショーが飲めたりしますよ!ケーキもおいしいです。 写真は南瓜のケーキ。


ニワ「さて。今夜はここにあなたの布団を敷いてもらうわ」
チョコ「……けっこう広いわね……なんていうか……」
ニワ「どうしたの?もしかしてひとりじゃ寝られないタイプ?」
チョコ「(図星)べ、別にそんなことないわよ……!」
ニワ「そう。じゃあ私のぶんの布団を敷いてもらうのはやめるわね。自分のベッドで寝るわ」
チョコ「えーーーー?!ち、ち、ちょっとまって!」


2015-10-17-15-44-41

※というやりとりを妄想させるような和室がありました。



 さて、橦木館にはところどころに鳥のモチーフがあり、二羽の鳥が仲睦まじくしている様子が描かれたステンドグラスもあったりするわけですが(2枚目の写真参照)……羽根が、青いんですよね……
 丹羽の「丹」は「赤」という意味です。赤い鳥ならぴったりだったのに。なんだかとても惜しいです……!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 あとは適当にメシ・トーチャリングな画像を。『咲』と関係ない気がしますが軽く流してください。

①橦木町付近にあるカフェ「CAFE&STORE べべのおそうざい」のお料理。鶏肉のコンフィと洋風のおそうざい2品にパンかごはんをつけて900円。ワインも飲めます。

2015-10-23-20-40-57


 肉!おいしい!いつ食べてもおいしい!



②名古屋人のソウル・フードのひとつ、スガキヤのクリームぜんざい。これは夏限定のわらびもちトッピング……だったかな?

2015-07-14-20-25-12


 たまに食べたくなります。
 チョコちゃんにはスガキヤと味噌カツの矢場とんと、それからシロノワールくらいは体験して帰ってほしい!



 あっ咲さんのお誕生日なので咲さん描きました。家に積んであった海外ミステリを読ませるとともに、その表紙イラストと同じポーズをとらせてみました。読み始めたばかりなので内容は存じませんが読書家の女子高生が主人公らしいので…

image


 以上です。