実写版の興奮冷めやらない今日この頃、みなさまお元気でしょうか。
 考察のネタがないとはいえ、ずっとブログを更新しないで放置しておくのってどうなの…という気持ちになったので、白糸台の話でもしようと思います。


◆白糸台の寄せ集めチーム

 好きです。
 みんなまだあまり仲良くなっていないようなので、とりあえず水着などを持ってどこかに行くところからはじめませんか。


・渡辺琉音(3年)
 ギャルっぽい外見なのにスクールバッグも盛らずスマホを剥き出しのまま使っている、そこはかとなくアウトローな感じの渡辺先輩。でもきっと根はいい子。
 名前が「るね」であるところもいいですね。DQNネームなのか、デカルトやマグリットを意識した高尚な名前なのか。ただ本人は絶対この名前が嫌いだと思いますし、宇野沢さんがプリクラに「しお&るねセンパイ♡」って書くとすごく機嫌が悪くなると思います。

・宇野沢栞(2年)
  高身長、おもち、ぱっちりした目、長くカールした睫毛、八重歯、ミニスカから伸びる素敵な太腿、という非の打ち所がない宇野沢さん。ヴァンプ系の魅力。ボーダーのビキニを着ないで何を着る。ビーチボールも持ってください。合宿回やプール回で無駄に活躍しそうです。

・沖土居蘭(3年)
 ボーイッシュな外見とは裏腹に気弱でしょっちゅう涙目になる沖土居さん。しかし意外に水着は大胆なのでは(憶測)。チャラいリゾートに競泳水着で来てしまうような、謎の空気の読めなさを発揮してもいいと思います。
 あと、渡辺と学年が同じなのでもっと仲良くなってほしいですね。たぶんこれまで「同じ部活」であること以外に接点はなく、クラスが同じになってもほぼ会話することもなかったと思うんですが。渡辺は沖土居さんに対して「ったく、オドオドしやがって」「そんなんだから貧乏くじばっか引くんだよ」などと思っていて、沖土居さんは渡辺のことを怖がっていそうです。
 ただ今回のことで少しは自信がついたでしょうし、渡辺の人間性も理解できたでしょうから、頑張って仲良くしてみればいいと思うんだ!!!!!!

・棚橋菜月(2年)
  前の三人と比べると全体的に地味で控えめな子。ただ、その地味なかわいさがボディブローのようにじわじわ効いてきます。
  感情を表面に出すことは少ないのですが、スカウトされたときに少しだけ頬に赤みがさしていました。また、寄せ集めチームが圧勝したときに他のメンバーが全身で喜びを表現しているのに対し、彼女は小さくガッツポーズ。感情を表出することに慣れていないのかもしれません。そこがかわいい。…かわいくない?
 しかし彼女はいったい心の中でどんなことを思い巡らせているのでしょうか。彼女の視点から描かれた、宮永照の物語を読んでみたいなあ…と思ったりします。


◆照菫について

 現在「こういう照と菫の出会いと『積み重ね』を読みたかった」と思っていた物語で殴られている感じです。そう、こういうのが読みたかったんです。もっとください。
 照は、照魔鏡の能力を使うことにより相手の性格や人間性を一瞬で見抜いてしまう。この能力ゆえに、彼女は人間と時間をかけて対話する、地味に向き合う、ということをあまり行ってこなかった(というか行うことができなかった)のかもしれません。照魔鏡にうつしだされた情報をふまえて、自分にとって「安全」な関係性だけを選択してきたのかも。
 活字を追い、ページを繰らなければ筆者の主張や登場人物の心情が見えてこない「本」を好むのは、照魔鏡を使わずに人と向き合いたい、という彼女の無意識の欲望の発露なのでは…というのは深読みにすぎるでしょうか。
 でも人間は変わることができるし、予想を超えてくることだってある。それをこれから菫さんや寄せ集めチームのメンバーが教えてくれるのかもしれないですね…?

 あと、菫さんが照にあげたこのお菓子(スプーンに刺さったチョコ)なんですが、

2017-02-09-14-40-23




 これは普通に齧って食べるんじゃなく、ホットミルクの中でくるくる回してホットチョコレートを作るためのものです。「チョコレートカンパニー」というブランドの「ホットチョコスプーン」って商品に似てますね。

2017-02-09-14-40-31

 この「ホットチョコスプーン」、ここで買えますのでバレンタインのプレゼントやイベントの差し入れなどにもどうぞ。
 そして、こちらについても誰か、正しい知識を教えてあげてください…。