【ご注意】
ホットチョコレート作りを失敗しています。
ホットチョコレートの素を作成・販売しているお店を批判・中傷する意図はありません。
おいしく飲むためにはどうしたらいいか、ということを考察した記事になります。




 こんにちは。あおいです。
 いまから一年ほど前、『咲―Saki―』第170局に登場したお菓子(菫がファンの子からプレゼントされたのを照にあげてしまったあのお菓子)が三鷹の「エスプリ・ドゥ・パリ」という店のお品であることを指摘しました。詳細は以下の記事をご覧ください。

さくやこのはな 『咲―Saki―』第170局[菓子]のお菓子


 それから約一年。ついにそのお菓子(の一部)をゲットしましたのでご報告いたします。

IMG_7311




 これが!例のお菓子の詰め合わせの中に入っていた「ホットチョコスプーン」だ!
IMG_7312

 前の記事でも書いたんですけど、これは木製のスプーンの先にチョコレート…というかホットチョコレートの素が刺さっており、温めたミルクの中でスプーンをくるくる回すだけでホットチョコレートが完成するという夢のようなお品です。いまの時期にぴったりの、あったか~い飲み物ですね。
 私はチョコレートがめちゃくちゃ好きなので、この手の商品にもいろいろと目配りはしているのですが、チョコレート部分が円柱形で花を模したような形状のプラスチックの容器に収められているのはこのお店の商品のみです。他ブランドの商品はだいたいチョコが立方体なので。じつはお店の特定に際しても、このホットチョコスプーンの形状が大きな手掛かりになりました。そういうわけで、とても思い出深い商品なのです!

 そういう夢なら…(引歌表現)という気持ちで、さっそく電子レンジの飲み物を温めるモードでミルクをあっためて、ホットチョコスプーンを投入してみました。えいやっ!

 
IMG_7321


(背後の本棚やフィギュアが見えると私の趣味嗜好がバレてしまうのでポーチで隠しています。って冷静に考えればキッチンで撮影すればよかったよね…?)

 
 しかし途中でうまく溶けず、ダマができてしまう事態に。
 テンパってTwitter上で「助けて菫 ダマになってきた」と照口調で救いを求めたら、「その時点ではまだ照→菫は『親切な人』呼びなのでは」「第170局の段階で連絡先を交換していた可能性はあるんですか?」などとコメントされることなく心配してもらえました。良かったです。

 このような事態が発生した理由は、ミルクの温度にあります。
 私はカップにミルクを注ぎ、それを電子レンジのミルクなどをあっためるモードで温めましたが、それだとミルクの温度がまだ低すぎる上、カップ内に温度差ができちゃうっぽいですね。ミルクを沸騰する直前くらいまで温めたほうがよさそうです。それか、鍋にミルクとホットチョコスプーンを入れて加熱しながら溶かすとか。若干手間ですが、個人的にはこの方法がいちばん良いような気がしています。(澪院さんからも「鍋に牛乳を入れて沸騰寸前(むしろさせるくらいに)まで煮詰めるのが良さそうですね」というコメントをいただきました)

 そこでホットチョコレートの素をスプーンから外し、さらに1分ほどレンジで温めてみたところ、ちゃんと濃厚でおいしい飲料が完成しました。なお、ちょっと濃厚すぎるかもしれない(私はこの濃さが好きだけど)ので、気になる人はミルクを水で薄めておくとよいのでは。

 このお品、KAOKA社というところのオーガニックチョコレートを使って作られており(注)、苦味や酸味がしっかりとあって最高です。酸味があるブラックチョコレート大好きなんですよ。KAOKA社はフェアトレードの精神で運営されているので、カカオ農園で働く方の生活水準の向上にも貢献できますし…おススメ。今回は酸味が強いものを中心に3本買ったけど、追加であと数本買おうかな、って思っています。

 そういうわけで、
1、ミルクはしっかり、沸騰寸前くらいまで温める
2、文明の利器である鍋を使う
3、ダマができたらスプーンからチョコを外して再加熱

の3点を意識しながら、バレンタインや照の誕生日にホットチョコレートを楽しんでみてくださいね。
 以上です。


注…チョコレートショップにおいては仕入れてきたカカオ豆を焙煎したりすり潰したりしてチョコレートを作るのではなく、製菓用のチョコレートを元にアレンジを加えてゆく場合が多いです。豆から作るお店もありますが。