さくやこのはな

まんがやアニメの元ネタっていうか、作品世界に織り込まれた神話・伝説・古典をゆるい感じで考察するよー。 いまのところ『咲―saki―』重点。忍殺もあるよ(予定)。

カテゴリ: 咲 -saki-

 おひさしぶりです。ご無沙汰しております。もう年末ですね…すみません。

 さて、皆様はドラマ版『咲―Saki―』をご覧になられたでしょうか。 元ドルオタで今でもときどきアイドルの曲などをチェックしている私は、最近ちょっと気になっている子が出るときいてドキドキです。ただキャラのイメージと合っているかは微妙なところなので、とりあえず映画を見てから判断しようかと思っています。

 あと16巻の単行本特典も出揃ってきましたね。シズアコとニワチョコという組み合わせが大好きな私はメロブの特典にかなり心惹かれています。みんな美脚でかわいいですね。
 でもユキちゃん、なんで原村母娘と一緒におそろいのビキニで海水浴をしているの?どういう状況なの?あとユキちゃんが手に持っているのがスタバの容器に見えますが、ここはいったいどこなのでしょうか…。

 閑話休題。
 ここ数年、天江家と龍門渕家を舞台にした陰鬱な話を読みたい、とずっと思っていたのですが、探してみてもあまり数がないので自分で書くことにしました。思いついたら吉日ということで、ときどきブログで連載していこうと思います。読みたいことを好きなように書いたので完成度は高くありません。
 しかも私は書いているうちに唐突に飽きるので、途中で投げたらごめんなさいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「私が読みたいだけの龍門渕物語・第一話 蛙の餌は生きた虫」


 天江衣は器用に竹製のピンセットを操り、プラケースの中で飼われている蟋蟀(こおろぎ)を捕まえては紙コップの中に入れる。ぽとり。それからもう一匹、ぽとり。
 
 蟋蟀は空を飛べないから、深いコップの中から逃げ出すことができない。そしてサプリメントの白い粉にまみれ、自由に動くこともままならず――ふたたびピンセットに捕まえられて蟾蜍(ひきがえる)の口の前に差し出される。てらてらと土色に輝く蟾蜍は大口を開け、ぱくりとそれを喰らった。
 
「足ずりをして鳴けどもかひなし、というわけだ」

 衣はコップのなかでもがくもう一匹の蟋蟀に向かって言うと、それを摘まんで蟾蜍に差し出した。
 

 あの家に住んでいたころ、衣の友達は庭に棲むこの蟾蜍、嫦娥(じょうが)と、目の覚めるほどに真っ青な尾をした蜥蜴だけだった。とはいえ、彼らは無償の愛をささげてくれる存在ではなかった。二匹は供物を求めた。飛蝗や蟋蟀、団子虫に蚯蚓。虫を取ってきて供物として捧げれば、彼らは衣のそばに来てくれた。ほんの、須臾の間だけ。

 しかし龍門渕の整然と手入れされた庭には農薬か何かが撒かれていたようで、蛙も蜥蜴もいなかった。なんだか悲しくなって、嫦娥に会いたいと言ったら、ハギヨシが捕まえて、こうして水槽の中に入れてくれた。自由を失った嫦娥だが、敵がいないこの場所はそれなりに住みよいようで、衣が与える蟋蟀を食してご満悦だ。
 
 嫦娥はこの硝子の水槽から逃げない。逃げられない。
 そしてもし水替えもせず、餌も与えなければ――嫦娥はこの中に閉じ込められたまま病に苛まれ、飢餓に苦しみ死んでゆく。
 いまの衣は嫦娥を支配する立場にあった。あの家に住んでいたころとは、何もかもが変わってしまったのだった。
 そして、衣を支配するのは――
 彼女は窓の外を見る。この牢獄のような薄暗い離れから少し離れたところにある、龍門渕の本宅。その当主である蛇のような目をした男と、彼の娘のことを考える。柔らかく波打つ金髪を揺らめかせて庭を走り回り、家族やメイドに囲繞されて笑うあの娘のことを。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「私が読みたいだけの龍門渕物語・第二話 透華父はホラー映画が苦手」

「お義父さん。仰っていた巻物というのはこれですか?」
 龍門渕統太はそう言って、テーブルの上に細長い木製の箱を置いた。蓋の中央には薄い和紙が貼られ、上に「りうもんふち」と書かれている。
 
「ああ、うん。――どこにあったの」
 彼の義父である槻夫はおっとりとたずねた。
 
「天江の自宅の書斎です。金庫の中に入っていました」
「研究室ではなくて?」
「あの男はこれを誰にも見せなかったようですね。助教や院生などに聞きましたが、そんな巻物は知らないと」

 しばらく槻夫は黙っていたが、そういえば君、中を見た?と統太に問いかける。
「いえ。箱に『りうもんふち』という紙が貼られていたので、お義父さんが探していらっしゃったものだろうと思ったまでです」
 和風ホラー映画に出てきそうだ、とか、なんだか不気味だ、とかいう理由で箱を開けられなかったのは内緒だ。
「なるほど」
「恐ろしいモノなんですか?」
「いいや。五百年ほどまえに作られた、ただの物語絵巻だよ。文章もそんなに高尚じゃない。今風にいえば、ライトノベルか漫画か、というところだ」

 槻夫は箱を開け、小ぶりで細い巻物を取り上げる。その紐を解いて広げると、流麗な墨の文字があらわれた。少しだけ虫食いがあるが、保存状態はかなりいいようだ。さらに広げるとあらわれるのは唐風の装束を着た天女のような女性の絵。典型的なやまと絵、引目鉤鼻の顔立ちだが、結い上げて簪をいくつもさした髪は墨ではなく金泥でいろどられている。そして、その天女の前には双六盤と賽子があり、そして黒髪を背に流した十二単の姫君の後ろ姿が墨一色で描かれている。
 双六盤をはさんで、金色に輝く天女とモノクロームの姫君とが対峙している。そんな、不可思議な絵だ。
 
「天江くんによれば、この絵はそんなに上手くはないらしい。プロではなく『ちょっと絵の上手い女房』あたりが書いたものだそうだ。しかも完本じゃなくて断簡だから」
「だんかん」
「前半の一部しか残っていないんだよ。龍門渕に住む長者の姫君はたいそう美しいが男を寄せ付けず、若い女房を集めて囲碁や双六といったゲームにうつつをぬかすばかり。誰かのことみたいだね」
「透華には――よく言っておきます」
「別に責めてるわけじゃない。それはともかく、この姫君が八月の十五夜に満月の下でうたた寝をした夢に天女を見る。天女は姫君に双六の勝負を求め、姫君はそれに応じるが、負けてしまう。翌年も、その次の年も勝負をするが、姫君は天女に勝てない。物語はここで切れている」
「切れているとは」
 
 槻夫は統太に絵巻の最後の部分を見せた。文章の途中とおぼしきところで紙がすっぱりと断ち切られ、そのあとには白紙が継がれている。そのあとも物語がつづくだろうことは、紙の端にところどころ見える次の行の文字の断片から推測できるのだが――いったいなぜここで切られてしまっているのか。龍門渕の蔵の中に眠る謎の絵巻という出自や亡き天江の行動と相まって、なんだか禍々しい雰囲気さえある。しかもその主人公の行動ときたら、自分の娘である透華そっくりで――
 統太は目を塞ぎたくなる。
 
「この物語のつづきは、どこに行ったんでしょうか」
 額ににじむ汗を拭いてから、統太は義父にたずねる。 
「天江くんにそれを探してもらうつもりだった。この絵巻の残りの部分じゃなくてもいい。同じ内容の物語がどこかに伝わっていて、これにつづく内容が記されているかもしれない、と思ったから。しかし、私がもう探さなくていいと言っても、彼は絵巻を返してくれなかった。何度も催促したんだけど、『確認したいことがあるからもう少し貸してくれ』って。それで、そのまま」
孫がいる年齢の男とは思えないほどに若々しい、整った白い顔がかすかにゆがむ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 こんにちは。気付いたらブログが10万ヒットを超えていました…。年に数度しか更新しない当ブログをチェックしてくださっている皆さま、ほんとうにありがとうございます。できるだけ更新をつづけられるよう頑張りますので、今後とも宜しくお願いいたします。

 さて、本日発売の『ビッグガンガン』2016年8月号から、電子書籍版の配信がはじまりましたね!『怜―Toki―』『シノハユ』『咲日和』の3作品を、深夜に楽しまれたかたも多いのではないでしょうか。これで「どこの本屋に行ってもBGが見当たらない」問題が軽減するかと思うと嬉しい限りなのですが、電子書籍の購読者が増えてしまうと、物理書籍(忍殺ふうの言い方)を書店に注文するひとが減少し、入荷数がかなり減ってしまう可能性があるのがちょっとこわいかなと思っています。なぜなら電子書籍にはふろくがつかないから……!
 咲関係のふろくがついているときだけAmazonで物理書籍を購入すればいいのかもしれないですが、地域の本屋さんにBGが見当たらなくなるのも寂しいことですし…まあ電子書籍と物理書籍両方買えば問題ない、いいね?

2016-07-25-07-47-39



↑唐突に『シノハユ』聖地・名古屋大学前のポケストップ分布状況を貼っておく。豊田講堂前もちゃんとポケストップになってます。


 さて、細かい感想はあとで書くとして、

 第三局の怜ちゃんのこのワンピース、


2016-07-25-00-18-46




彼女が愛用している(親に持たされているのかもしれないけれど)ブランドであるところのファミリアのサイトを見ていたら同じようなデザインのワンピが出てきたのですが、
http://www.ec.familiar.co.jp/products/detail.php?product_id=33091

http://www.ec.familiar.co.jp/products/detail.php?product_id=33093


2016-07-25-09-48-11





2016-07-25-09-48-20


 よんまんっ…??????

 なにこれ。いや、私もこれくらいの価格帯の服は持ってるよ?でもそれは大人の服だから、手入れして何年も着つづけよう!って気持ちで買うのであって、すぐに大きくなるし学校で汚すことも少なくないだろう、小学生の通学用の服としてこれを買ってあげてる園城寺両親ってすごいなあと思うよね?
 あとタッパーに入った煮物も子供が喜びそうなかわいい飾り切りにしてあって、園城寺母、仕事で娘とあまり関われないもののすごく頑張ってる感じがします。怜ちゃんはとても大事に育てられた娘さんなんですね…




 なお、扉絵のペットボトルホルダーも同じブランドに似たようなデザインのものがありましたのでご報告。こちらは5000円しませんよ!安いですね!(金銭感覚が崩壊した)
http://www.ec.familiar.co.jp/products/detail.php?product_id=101472

image




 

  

2015-07-06-16-04-37

 一昨日は七夕。吉野では蛙跳びが行われていましたね。…行きたかったなあ。


 さて。こんにちは、あおいです。最近暑いですね。暑いとなんだかダルくて、やる気が出ない日もあったりして、つらいですよね。そんな状況を払拭し、毎日をいきいきと過ごすために――

 このバッグを買いました。

 
2016-06-26-11-38-03
 
 そう。『怜―Toki―』第二話において、怜が積み木を入れていたバッグ。前回の記事で言及したように、このバッグは怜ちゃん御用達の子供服ブランド、ファミリアの以下の商品(あるいはこれと同デザインの商品)がモデルになったものと考えられます。ファミリアオンラインショップ―バッグ(お受験GOODS)(200646)

 ファミリアからは似たようなデザインで大きさや素材が異なるバッグがいくつか出ているんですが、今回は小学生の怜ちゃんが持ってもそんなに大きすぎないサイズ、ということで、上に掲出したいちばん小さいもの(品番200646、38x30x12cm)を買いました。ごめんなさい嘘です。店舗にあったこの型の縦長バッグが、この品番200646のものしかなかったのでこちらにしました。
 同デザインのバッグとしては他に品番200638(41×36×13cm)、200645(39x31x13cm)があります。どのバッグか特定できればそこから小五怜の身長や竜華のおもち座高が割り出せるかな、と思ったりもしましたが、ふたりともこれから色々成長するでしょうからあまり気にしないことにしました。

 そういうわけで、現物を見ていただきましょう。

2016-07-05-13-59-53
 
  iPhoneのカメラの設定がなんだかおかしなことになっていて微妙な色ですが、こういう感じです。上品な色合いですてきですね。ワンポイントのリボンも控えめな愛らしさを添えてくれています。
 なお、横に置いてあるのは「オリンピアって商品名が『からくりサーカス』っぽくてカッコいい」という理由で買ったFURLAというブランドのかばんで、つまり私がかばんを買うときにはだいたい業の深いセンサーが発動します。助けてください。

 中はビニールコーティング。雨の日でも安心。あと、小さなポケットがひとつついています。上にファスナーなどがなくてかばんをしっかり閉じられないので、貴重品などを入れることはできませんが、ハンカチやティッシュくらいならここに入れちゃってもいいかも。

 そしてこのバッグの使用感なのですが、最高です。サブバッグとしてがっつり物を入れることができるし、持ち手が肩に掛けられるから荷物が多くなっても大丈夫。汚れもそんなに目立ちません。何より通勤中、持ち手が肩に食い込む感覚、表面が肌に当たる感触など、怜が竜華の待つ場所に急いでいるときに感じていたであろうあれこれをリアルに体験することができるわけです。


 そう、それはあたかも、映画の内容をよりリアルに感じるために生み出された4DXのような。私の肉体が感じているのはあの日の怜の感覚に限りなく近いもの。あたかも自分が怜と一体化してゆくような、あるいは怜が自分と一体化してゆくような、不思議な夢の時間。この角を曲がったところにあるのが、まるで竜華の祖母の家であるかのような…うん、職場でしたけどね!


 そういうわけで怜の積み木バッグを買うことにより、日々のQOLがだだ上がりになります。最近暑くてダルいなー、とお思いの方、購入を検討されることをおススメします。最高です。

 なお、より「あの日の怜」の感覚に近づけるために、バッグの中に「あの日怜が持っていたであろうもの」を入れてみるのも楽しいかもしれません。

・積み木
・菓子折り
・ハンカチ・ティッシュ

 ここらへんでしょうか。あとは好みで連絡帳や玄ちゃんコンデジやスーパーマイルドを入れたりするといいですね! 

 それでは。今後はもうちょっと更新を頑張りたい所存ですー! 

 ご無沙汰しております。そして前回の更新が半年前ということに気付きました。すみません…。今後はもう少し頑張って更新できるといいのですが。あと、戴いたコメントになかなか返信できておらずこちらも申し訳ないことこの上ないです。一つ一つ、きちんと読ませていただいております。この場で御礼および、お詫びを申し上げます。

 さて、 昨日(6/25)発売の『ビッグガンガン』七月号において、『咲』のスピンオフシリーズ第5弾である『怜―Toki―』がはじまりました。本編では五位決定戦に出場し善戦中の北大阪・千里山女子先鋒である園城寺怜さんを深く掘り下げた作品。病弱で一見はかなげではあるものの、未来を視るちからと心の強さを持っている彼女の生い立ちを、その幼少期からじっくり描いていくようです。以下、画像のあとからネタバレを含む記述がありますので、BG未読の方はご注意ください。

2015-07-06-16-51-01

 去年撮影した吉野山の紫陽花です。また吉野に行きたい♡


 閑話休題。
 『ビッグガンガン』7月号に掲載された第1話・第2話では、同じ小学校に通っていた小学五年生の怜と、清水谷竜華の出会いが描かれます。本編における二人は非常に親密で、まるで母親のように怜を心配したり庇護したり膝枕してあげたりする竜華の姿が見られますが、どうも始発の段階では、二人の関係はある種の「ゆがみ」をはらんだものであったようです。
 詳しいことは本編を読んでいただきたいのですが、怜は自己評価が低く親しい友人のいない少女であり、クラス替えを機に、そんな彼女に近付く竜華は、どうやら彼女に誰かを重ねているらしい描写が見られます。そして怜は、竜華を「スタイル良くて運動神経良くて明るくて誰からも好かれる」存在と捉え、「持ってる人間」として羨望と嫉妬がないまぜになったまなざしを向けますが、いっぽう竜華は、怜に「大切な人」にはならない「おままごとの『お友達』」であることを求めるのでした。この後何がどうなって現在に至るのか、とても興味深いですね…。

 さて、物語の舞台となった場所については多くの方々が検討を進めていらっしゃいますが、本ブログが注目したいのは五年生の怜が愛用しているブランドです。
 第1話の怜は、メリーゴーランドと少年少女が刺繍された手提げバッグを持っています。長くなるので画像は割愛しますが、巻頭のカラーページから、その色は赤であることがわかります。

2016-06-26-11-36-33


 これはッ!関西圏(特に神戸)の女子高生にも大人気、子供服ブランド「ファミリア」の手提げバッグ!生地がしっかりしており丈夫なつくりである上、一枚一枚、職人さんが手で刺繍を施しているという逸品!(詳細はこちらをご覧ください)しかもこのバッグは2013年に出たchesty×ファミリア コラボの限定品ッ!!たまにオークションに出るけれど大人気だからなかなか手に入らないぞ!もう終わってしまったオークションのものですが、こちらに写真がありますので、興味がおありの方は御確認くださいね。
 そしてランドセルにも、若干デザインこそ変えてあるものの、「ファミリア」ブランドのマスコットである「ファミちゃん」に似たキャラクターがついています。

 なお第2話で怜が積み木を入れてきたバッグも「ファミリア」のもののよう。
2016-06-26-11-38-03


 こちらはまだオンラインショップで普通に買えますので、興味がおありの方はどうぞ。実際には子供向けではなく、母親向けのアイテムのようですが。これについては後で詳しく述べます。

 「ファミリア」は関西圏において一定の地位と信頼とを獲得しているブランドです。怜がこの「ファミリア」のアイテムに囲繞されている描写から、その両親が彼女に上質なものを与えようと心を砕いていることが見えてきます。第1話の冒頭で、忙しく働いているらしい両親が朝食を娘と一緒に摂っているのも、そうした心配りと関わりがあるのでしょう。
image


 怜のお皿の上に野菜がたくさん載っているのが見えますから、怜母は栄養バランスをもしっかり考えていることがうかがえます。ただし家族の会話は弾まず、さほど心の通い合いはないようです。子供の衣食住を充実させることは確かに愛情を示すための行為として重要ですが、そこにコミュニケーションが伴わないと、子供がそれを「愛情」と理解できないこともありますよね。第2話で竜華の家の夕食に招かれた怜は、そこではじめて「団欒」というものを知ったのかもしれません。

 それと興味深いのは、第2話で怜のランドセルから熊のマスコットが消えていること。
2016-06-26-11-37-36


 そういえば第2話では、怜は竜華と遊びに行く際のバッグとして、第1話の刺繍入りの手提げではなく大人用のシンプルなデザインのもの(母親のもの?)を持っていたりもしました。
 5年生にもなってキャラクター物はちょっと恥ずかしい、と思ったのか。それとも、自分よりも大人っぽい竜華に張り合うような気持ちがあったのか。竜華という不思議な少女との関わりによる怜の内面の成長を、アイテムによって表現しているのか。気になるところですね。

 こんにちは。あおいです。久しぶりの更新になってしまい申し訳ありません。
 旧年中はお世話になりました。ありがとうございました!本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます!

 お年賀絵ということで、あんまり上手ではないうえにルーズリーフにえんぴつで描いたものではなはだ申し訳ないのですがネリーちゃんを貼っておきます。吹き出しの中には、გილოცავ ახალ წელს と書いてあります。サカルトヴェロの新年の挨拶だそうです。
※参考 あけましておめでとう―ウィクショナリー日本語版

image


 あとついでにニワちゃん様のお誕生日イラストも。
2015-12-28-21-08-51

 ニワちゃんが微妙な表情をしているのは、高橋が以下のようなことを考えているからです。
 名古屋が誇る奇食文化の最高峰(エベレスト)こと喫茶マウンテンの小倉抹茶パスタ。県外のひとが名古屋に遊びに来たとき、やたら行きたがることで有名なあのお店に、高橋も行きたがっているわけです。

2015-12-28-21-11-28

 なおこれを書いている人は先日、咲好きのフォロワーさん数名と登山(マウンテンで食事をすること)してきたのですが、けっこう量が多くて大変だったことを申し添えておきます。途中で霧島神境の扉が開きそうでした…。
 みなさまありがとうございました!

image

 これが小倉抹茶パスタ。下にあるのは季節限定の苺生クリームパスタです。いろどりがきれいですね!(遠い目)
 
image

 これはタコスピラフ。タコライスとはちょっと違います。タコスピラフです。中にトルティーヤ・チップスを砕いたものがいっぱい入っていました。ゆーきちゃんのパワーの源となるとよいですね。

 あと爽くんが152局で引用した新約聖書の聖句について、こういうトゥギャッターのまとめを作ってみました。彼女がどういう点で間違った引用をしているのか、彼女の脳内で聖句が改変された理由は何なのか…ということにふれています。興味のある方はどうぞ。『咲―Saki―』152局[一片]備忘録(セルフまとめ)


 さてさて、今年の目標ですが、 いいかげんに憧ちゃんのモデルに関する記事を書きたいなーと思っています。幼少期に「あこ」と呼ばれていた、吉野とも縁の深いとても頭のよい人物ではないかと思っているのですが…。最近その人物を主人公とした歴史漫画を読んだので、それに関する記事も書きたいですね。 

  

このページのトップヘ