2006年03月06日

映画「ミュンヘン」

ミュンヘン監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ラッシュ
マチュー・カソヴィッツ
公式サイト
ママの評価☆☆☆☆★(☆4つ)
昨日やっとやっと観て来ました。早く観たかったんですよね。
凄い話題だったし、、、、
「トリノ五輪」は終わったけど、オリンピック開催時期にこの作品を公開した事は、偶然なんだろうか?などと思いながら鑑賞しました。
STORY
1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、
パレスチナゲリラ「黒い九月」によるイスラエル選手団襲撃事件が起こる。
人質となった選手11名は全員死亡。
これに激怒したイスラエル機密情報機関“モサド”は、
秘密裏に暗殺チームを編成、首謀者11名の殺害を企てる。
リーダーに任命されたアブナー(エリック・バナ)は、
仲間4人とともに殺害を実行していくが、次第に自分たちの任務に
疑問を感じ始めていく。。。。


ミュンヘンオリンピックで実際に起こったパレスチナゲリラによる
イスラエル選手団殺害テロ。イスラエル機密情報機関「モサド」が結成した
暗殺チームが、テロ首謀者を一人づつ暗殺していくと言うストーリー展開。
映画は兎に角冒頭からずっと血生臭い殺人の連続でした。
パレスチナ問題を根底から把握していない私は(知識が無いとかなり
難解なシーンも数多いかも?アラブ系の人が全部同じにも見えるし)
主人公がテロへの報復で暗殺の任務を課せられ、仲間5人と
テロ首謀者達を殺して行くと言う端的な所だけを追いかけていました。

ミュンヘン1この映画がフィクションで有れば、暗殺に携わる5人の各エキスパート達が綿密に暗殺計画を練り、実行して行く様に、映画の面白さすら覚えるストーリー展開なはずです。常に緊張の連続で実行されて行く計画。そしてやがてはチームの仲間が次々に殺されて行く様に、主人公の恐怖感や、繰り返される報復に次ぐ報復、暗殺目的への虚無感もリアルに描かれ、ラストシーンが映画の全てを物語っています。最終的には何年も続くイスラエル、パレスチナ問題に終わりは無く、この映画では監督のスピルバーグ氏は「ミュンヘン・オリンピック」で起こったテロはあくまでも一つの題材に過ぎず、主人公の目を通して「殺しの連鎖」の空しさを問題提起をしたのではないか?とも思います。彼の「十八番」で有るエンターテイメント性は封印して挑んだ作品で有り、周りからの批判は覚悟の上だと思いましたから。

ミュンヘン2そして今日3月6日(現地時間5日)アメリカで行われた「第78回アカデミー賞授賞式」では、この映画や「ブロークバック・マウンテン」(カウボーイの同性愛を扱った作品)への各方面からの批判で、ロスアンゼルス「コダックシアター」周辺はテロへの厳戒態勢だと言うニュースが昨晩入っていました。そのくらい映画が世界に及ぼす影響力は絶大だと言う事なのでしょうね。
アカデミー賞厳戒、候補に問題作ズラリ yahoo news
主人公のエリック・バナ。「ブラック・ホークダウン」で初めて知ったけど、あの時から「カッコいい役者だなあ!誰〜?」なんて思っていたのですが、「ハルク」に出た時は作品的にちょっと悲しかった(!?)ので観なかったのですが、ブラピの『トロイ』でまた再浮上。そして今回、こんなに重たいテーマの作品で見る事になるとは思っていませんでした。この映画じゃなかったら「やっぱり彼って凄い素敵なんだけどー!!」だけで終わっていたかもしれない。今回はそういう視点はほとんど働かなかったんですけどね


heartydays at 15:21│Comments(24)TrackBack(64)netabare movie review 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「ミュンヘン」  [ ば○こう○ちの納得いかないコーナー ]   2006年03月07日 04:44
今から34年前の1972年、西ドイツ(現在のドイツ)のミュンヘンでミュンヘンオリンピックが開催された。開会式は8月26日に行われたのだが、それから10日後の9月5日に世界中を震撼させる大事件が起こった。世に言う「ミュンヘンオリンピック事件」で在る。 パレ...
2. 社会派超大作「ミュンヘン」見てきました  [ よしなしごと ]   2006年03月07日 05:18
 30個目のアカデミー賞受賞なるか?スティーブンスピルバーグの「ミュンヘン」を見てきました。
3. シネマ日記 ミュンヘン  [ skywave blog ]   2006年03月07日 05:56
エンターテイメントとしての映画ではなく、報道としての映画。 ドキュメンタリーではないが、真実を見つめる。そんな感想を抱きました。 国家と民族、そして家族と個人。正義の
4. 映画館「ミュンヘン」  [ ☆ 163の映画の感想 ☆ ]   2006年03月07日 06:08
1972年ミュンヘンオリンピック、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人が犠牲になる。イスラエル機密情報機関“モサド”は暗殺チームを編成しパレスチナゲリラ11人暗殺が実行される。。。という事実に基づいたお話です。 ミュンヘンオリンピックのときに...
5. ミュンヘン  [ Cinemermaid ]   2006年03月07日 07:22
"ミュンヘン五輪虐殺事件"が起きた1972年当時、8歳だったのでテレビを観た記憶はないのだが内容は漠然と知っている きっかけはPFLPのバックアップを受けていた日本赤軍が起こした"ロッド空港乱射事件" オリンピック選手村に立て篭もったパレスチナ・...
6. ミュンヘン  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2006年03月07日 08:00
本年度映画鑑賞50作目。うち劇場観賞25本目。 スピルバーグが正攻法できっちり作って狙っている作品。 どれだけの賞を取れるか見もの。 事実に基づく切なく悲しい映画だ。
7. 「ミュンヘン」  [ カズアマタノツヅリ ]   2006年03月07日 08:11
スティーブン・スピルバーグの新作映画「ミュンヘン」を見る。 ミュンヘンオリンピックでのイスラエル選手団の 殺人事件という実話が基になっている。
8. 「ミュンヘン」(第2回)■題名は何故、「ミュンヘン」なのであ...  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2006年03月07日 08:19
映画「ミュンヘン」の題名は何故、「ミュンヘン」なのであろうか。ベースになったものがジョージ・ジョナスの「標的は11人 モサド暗殺チームの記録」であるから、「標的」とか「報復」とかであってもいいはず。確かにミュンヘン・オリンピックでの事件が発端であるが、...
9. 「ミュンヘン」(第3回)■呪われた作品  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2006年03月07日 08:19
この映画はスピルバーグ作品の中では「シンドラーのリスト」と同系列に扱われるが、必ずしも同じ系統の作品ではない。「シンドラーのリスト」にはシンドラーというユダヤ人を虐殺から救う正義の主人公とユダヤ人を虐殺するナチスという明確な対立軸があった。しかし、この...
10. ミュンヘン  [ lip ]   2006年03月07日 08:29
あちらの国で行われている、あちらの事情による報復合戦…。 テロによる報復、そして血で血を洗う抗争…。それは何も生まないということをミュンヘン事件を通じて伝えたかったのではないでしょうか。「すぐに後任が現れる」の台詞に全てが集約されていると思います。平和大...
11. 『ミュンヘン』  [ *Sweet Days*  ~movie reviews etc~ ]   2006年03月07日 08:39
スティーブン・スピルバーグ監督、エリック・バナ主演。 1972年9月5日、ミュンヘンオリンピック開催中、イスラエルの選手団11人を虐殺したパレスチナゲリラ『黒い9月』への報復のために編成された、イスラエルの暗殺チームのリーダー、アヴナーの、命を懸けた闘いと苦悩...
12. 映画「ミュンヘン」  [ ミチの雑記帳 ]   2006年03月07日 08:41
映画館にて「ミュンヘン」★★★★ スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、史実に基づいて映画化した問題作。 私自身おぼろげにしか記憶がないミュンヘン・オリンピック開催中のイスラエル選手団襲撃事件を、当...
13. ミュンヘン  [ 悠雅的生活 ]   2006年03月07日 08:44
報復が齎す孤独と苦悩
14. ミュンヘン  [ こっちゃんと映画をみまちょ♪ ]   2006年03月07日 09:30
頑張れ浅田真央!五輪の星となれっ!ちみなら出来るゾ!できるぞぉ〜!いけぇぇぇぇッ! えっ? 彼女、出れないんですか?・・・っていつの話しじゃ   しかし何ですな。日本がミキティだの、荒川静香の稲葉ウアーだのと盛り上がっている中、こんなトコに盛り上が...
15. 悲しみの連鎖「ミュンヘン」  [ 今日はどこへ行きましょうか ]   2006年03月07日 09:36
ブラック・セプテンバー報復『ミュンヘン』 重いだろうな…とは思っていましたが、本当に重い映画でした。 もちろん、取り扱っている内容からして、軽く扱えるはずもありませんが。 ふつうの生活を送っていた人間が、ある日「暗殺者になれ」と言われ、いとも簡単に引...
16. ミュンヘン  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2006年03月07日 09:39
監督:スティーヴン・スピルバーグ製作:スティーヴン・スピルバーグ    キャスリーン・ケネディ    バリー・メンデル    コリン・ウィルソン原作: ジョージ・ジョナス/『標的(ターゲット)は11人 モサド暗殺チームの記録』(新潮文庫刊)出演: エリック・....
17. 【ミュンヘン】目には目を。。。  [ 見取り八段・実0段 ]   2006年03月07日 09:40
1972年のミュンヘンオリンピックで、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人がテロの犠牲になった。その事実に基づいた映画。実際に、このような事件があった事は全く知らず。。。ミュンヘンオリンピック事件(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』...
18. 『ミュンヘン』  [ Brilliant Days ]   2006年03月07日 09:44
72年のミュンヘン・オリンピック当時、この事件の報道を息を呑んで見つめ、最悪の結果にかなりショックを覚えた記憶がある。 その時はまだオリンピックに選ばれて出場するような優秀なスポーツ選手が、何故殺されなければならないのか? 彼らは何も悪くないのに!? という...
19. ミュンヘン  [ ショウちゃんのエーガな日常 ]   2006年03月07日 10:06
例えていえば、在日朝鮮人の監督が松竹、東宝か東映で、一連の日本人拉致事件は北朝鮮の工作員によるという映画を製作したようなもの。 というと例えがあまりに乱暴だろうか。 ミュンヘン・オリンピックで起こったパレスチナ人によるイスラエル・チームの人質監禁および、そ...
20. ミュンへン  [ ケントのたそがれ劇場 ]   2006年03月07日 10:23
★★★★  ミュンへンオリンピックで実際に起こった、パレスチナゲリラによる『イスラエル選手団襲撃事件』を題材とした重い作品である。監督はご存知S・スピルバーグであるが、彼はジョーズやE・T、未知との遭遇、宇宙戦争、ジュラシックパークなどのエンターティンメン
21. 映画 「ミュンヘン」  [ After the Pleistocene ]   2006年03月07日 10:27
 アラブゲリラ「黒い九月」が、ミュンヘンオリンピックのイスラエル選手団を襲って、オリンピックを滅茶苦茶したのは1972年8月のこと。この年の前後で世界は大きく変わって行く。泥沼化したヴェトナム戦争の所為で、71年に世界通貨のドルが大幅に値下がりする事態に...
22. ミュンヘン  [ 不良中年・天国と地獄 ]   2006年03月07日 10:53
2月7日(火)新宿ジョイシネマ2にて1972年のミュンヘン・オリンピック。選手村で、《黒い9月》と名乗るパレスチナ・ゲリラが、イスラエルのコーチや選手11名を殺害しました。本作はその事件をモデルにしています。このとき、平和の祭典オリンピックは、一瞬にし...
23. ミュンヘン  [ シネマ日記 ]   2006年03月07日 11:16
この作品について多くを語ることはワタクシにはできない。自分の娘が生まれたことと、暗殺のターゲットを殺せたことを同じときに同じ人から「おめでとう」と言われるなんて…そんな哀しみがこの世にはある。心が痛くなる作品。スティーブンスピルバーグがこの作品を通して言...
24. ミュンヘン  [ 【極私的】Movie Review ]   2006年03月07日 11:42
原題…MUNICH 監督…スティーブン・スピルバーグ 出演…エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/ジェフリー・ラッシュ 極私的満足度…△ 事前勉強が必要だったかも? トリノ冬季五輪を目前に控えたこの時期に封切、なんともグットタイミングというか何というか…オリンピッ...
25. 映画「ミュンヘン」  [ いもロックフェスティバル ]   2006年03月07日 12:03
この映画の背景を知るには、パレスチナとイスラエルの歴史、ならびに(この映画には
26. ミュンヘン  [ 映画で綴る鑑賞ノート ]   2006年03月07日 13:48
お互いが銃を向け合い、身動きが取れなくなったときに、 先に銃を下ろすのは、とても勇気がいること。 助かる保障など、どこにもありませんから。 ※ ネタバレ 注意! ※ アクション映画にありがちな、ワンシーンがとても印象に残りました。 かりに、目の前の敵を倒し...
27. ミュンヘン  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2006年03月07日 14:44
イスラエルとパレスチナをめぐる民族間の積年の憎しみ、またその戦いというものの本質は、私などにはまだまだ理解することなどできそうもない。 第三者には分かり得ない深く終わりの無い争いが続いている。 2時間44分という長さも気にならないほどの圧倒的な迫...
28. 『ミュンヘン』  [ ねこのひたい〜絵日記室 ]   2006年03月07日 15:01
ミュンヘン・オリンピックでテロリスト集団「黒い9月」の犠牲になったのは11名のユダヤ人。
29. ミュンヘン  [ がちゃのダンジョン 映画&本 ]   2006年03月07日 15:07
『ミュンヘン』 (2005)MUNICH上映時間164分 製作国アメリカ ジャンルドラマ/サスペンス1972年9月5日、開催中だったミュンヘン・オリンピックで、パレスチナゲリラ"ブラック・セプテンバー 黒い九月"によるイスラエル選手団襲撃事件が起こった。本作は、この事...
30. 「 ミュンヘン 」  [ MoonDreamWorks ]   2006年03月07日 15:17
 監督 : スティーブン・スピルバーグ 主演 :  エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ      マチュ−・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー/ジェフリー・ラッシュ公式HP:http://munich.jp/ 「 ミュンヘン 」  歴史の裏に隠された、1972年...
31. ミュンヘン  [ 俺の話を聴け〜! ]   2006年03月07日 15:20
1972年、パレスチナのテロリスト集団がミュンヘンオリンピック開催中に起こした歴史的な大事件とその報復行動を追う、事実をベースにした作品。スピルバーグは社会的影響などを考慮して、何度も監督要請を辞する態度を取っていたが、やっとここに長年の構想が完結した。イス....
32. 「ミュンヘン」  [ 映画とワンピースのこでまり日記 ]   2006年03月07日 16:23
1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー 黒い九月”によるイスラエル選手団襲撃事件が起こる。人質となった選手11名は全員死亡。これに激怒したイスラエル機密情報機関“モサド”は、秘密裏に暗殺チームを編成、首謀者1...
33. 『ミュンヘン』  [ flicks review blog II ]   2006年03月07日 16:56
 ミュンヘン・オリンピックというと思い出すのは水泳のマーク・スピッツと日本のバレーボール、それからパレスチナ・ゲリラが選手村で引き起こしたイスラエル選手団の拘束と殺害。??
34. 「ミュンヘン」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2006年03月07日 18:00
エンドクレジットの後ろに見える風景、何かを彷彿させるあのツインのタワーは”今”におけるメッセージなのだろうか。(以下ネタバレあり)アヴナーはどうして暗殺チームに加わることを決意したのだろうか?何が欲しかったのだろうか?彼を動かしたものは何
35. ★「ミュンヘン」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年03月07日 18:27
公開初日のナイト・ショウで観てきました。 スピルバーグ監督の映画という事で、夜中にしてはまずまずの入り。 原題は「MUNICH」。 2005年製作のサスペンス・ドラマ、164分もの。
36. 映画 ミュンヘン  [ ★★レガシィBP5 2.0GT spec.B WR-Limited2004★★ ]   2006年03月07日 19:22
スティーブン・スピルバーグ監督作品 MUNICH 1972年のオリンピックで11人のアスリートが殺された 深い悲しみを胸に、愛する家族を残し、枯れ葉暗殺者となる?? 真の平和とはなにか この映画は、前勉強をしておくと、より楽しめるだろう。 近代史を知って見るのと、...
37. ミュンヘン  [ 映画と本と音楽にあふれた英語塾 ]   2006年03月07日 19:50
新宿ジョイシネマ2 2006年2月9日(木)午後8時からの回 ゴウ先生ランキング: A- 公式サイト: http://munich.jp/ パンフレット: 700円
38. ミュンヘン  [ CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ> ]   2006年03月07日 21:06
アカデミー賞にもノミネートされている、スピルバーグ渾身の力作。公開初日、レイトで観てきた。
39. ミュンヘン  [ A Date With Tracey ]   2006年03月07日 21:09
いやぁ〜〜‥‥‥‥ さすがスピルバーグっ!! ‥‥などと、しょっぱなから文字をデカくして大絶賛してしまおう! そう、『ミュンヘン』! ミュンヘン、ミュンヘンミュンヘン!いやあ、すげぇじゃねーかコレ♪♪ 1972年のミュンヘン・オリンピックにおいて発生...
40. ミュンヘン(2005/アメリカ/監督:スティーヴン・スピルバーグ)  [ のら猫の日記 ]   2006年03月07日 21:12
【新宿ピカデリー】1972年9月、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇が起きる。これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の...
41. 「ミュンヘン」  [ the borderland ]   2006年03月07日 21:29
バラエティに飛んだ作品を送り出し続けるスティーヴン・スピルバーグの懐の深さを感じました。それでも、子供は殺さないことや、家族の物語であることを考えればテーマは違っても監督の映画に対する姿勢が変わらないことがわかりますね。 ユダヤ人監督によるイスラエル側...
42. 映画『MUNICH』劇場鑑賞  [ 蛇足帳~blogばん~ ]   2006年03月07日 21:54
Steve Spielberg監督作品の映画『ミュンヘン』を観て来ました。 1972年の「ミュンヘン・オリンピック」で実際に起きた、パレスチナのゲリラ「黒い9月(Black September)」によるイスラエル選手団の人質殺害事件を基にしていて、今も続いているイスラエルとパレスチナの紛....
43. ミュンヘン  [ えいがのひ ]   2006年03月07日 23:58
映画『ミュンヘン』 スティーブン・スピルバーグ監督。エリック・バナ主演。 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、イスラエル選手をパレスチナゲリラ"黒い9月”が襲った。人質となったアスリート達は全員銃殺される。 イスラエルのモサド(イスラエル秘密情...
44. 終わりのない報復  [ CINECHANの映画感想 ]   2006年03月08日 00:15
28「ミュンヘン」(アメリカ)  ミュンヘン・オリンピック開催中の1972年パレスチナゲリラ??黒い九月??のメンバーによってイスラエル選手団襲撃事件が起こる。選手は全員殺され、ゲリラも射殺乃至は捕まる。この事件はオリンピックの歴史を語る上で必ず出てくる悲劇...
45. 『ミュンヘン』 7P  [ OL映画でいやし生活 ]   2006年03月08日 00:55
私的オススメ度:7P 会社の帰りにレイトショーで見てきました。ミュンヘン! 【STORY】 1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、事件に関わった人々のコメントや、史実に基づいて映画化。 ミュンヘン・オリンピックの最中、イスラエル選...
46. 『 ミュンヘン 』  [ My Style ]   2006年03月08日 08:52
『ミュンヘン』を観た。 連綿と続く争い、復讐。 ずっと昔から今もなお、人間が繰り返してきた愚かな行為。 やられたらやり返すでは、永遠に解決しない。 なんて、こんな恵まれた環境の平和な日本に暮らしている自分が簡単に 言っていいのか…。 でも、本当の平和って?報...
47. ミュンヘン  [ It's a Wonderful Life ]   2006年03月08日 09:02
2時間44分の長い作品ですが、 スピルバーグ入魂の力作で素晴らしい作品でした。 物語の発端なった恐ろしいミュンヘンオリンピックの惨劇事件は この映画が話題になるまで知らなかったんです。 その事件の顛末を描く作品だとばかり思ってましたが、 後日談の報...
48. ミュンヘン  [ 映画をささえに生きる ]   2006年03月08日 10:21
2 「おはよう、アヴナー君。今回の君の使命だが、11人ばかりパレスチナ人を殺してもらう。君もしくは君のメンバーが捕えられ或いは殺されても、当局は一切関知しないからそのつもりで」。というわけでスパイ大作戦inイスラエルの始まり始まり。
49. ミュンヘン  [ とりあえずな日々(仮) ]   2006年03月08日 17:43
4 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック。 パレスチナゲリラ「黒い九月(ブラック・セプテンバー)」によるイスラエル選手団襲撃事件が起こる。 人質となった選手11名は全員死亡。 これに激怒したイスラエル機密情報機関モサドは秘密裏に暗殺チームを編成、首謀者11名の....
50. ミュンヘン  [ はむきちのいろいろ日記 ]   2006年03月08日 19:28
1972年9月、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇が起きる。これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の暗殺を決定、諜報機...
51. 「ミュンヘン」  アメリの恋人その理由は  [ 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記 ]   2006年03月08日 22:18
普段全く興味ないくせに、この時ばかりはスキーやスケート競技を深夜遅くまで見て(ニッポンが活躍してる時のみ)、思いきっリトリノオリンピックにうかれぽんちな気分に水をさすというスピルバーグの魂胆にハマろうかと思いましたが、実際「プライベート・ライアン」を見た...
52. 【MOVIE】ミュンヘン  [ 思いつくままに ]   2006年03月09日 00:04
オフィシャルサイト ■観賞日 2006年2月12日 ■観賞場所 川崎チネチッタ ■感想など 1972年のミュンヘンオリンピックで、パレスチナ人による「黒い9月」と呼ばれる テロ組織に、イスラエル人のオリンピック関係者11人が殺されました。 この悲しい事件に対し、イスラエ...
53. ミュンヘン  [ 映画を観たよ ]   2006年03月09日 10:00
事実って怖い。 イスラエルとパレスチナは授業でこの間ちょこっと習ったんだけどやっぱりそんな浅い知識じゃダメだなぁって思いました。 年代的にこの映画が公開されるまで「ミュンヘン事件」っていうのも知らなかったしパレスチナとかの問題をほんの少しだけ理解したのもご...
54. 【映画】ミュンヘン  [ セルロイドの英雄 ]   2006年03月09日 19:35
"Munich" 2005年アメリカ監督)スティーヴン・スピルバーグ出演)エリック・バナ ダニエル・クレイグ キアラン・ハインズ マチュー・カソヴィッツ ハンス・ジシュラー ジェフリー・ラッシュ満足度)★★★☆ (満点は★5つです)シネプレックス幕張にて 1972...
55. ミュンヘン  [ WILD ROAD ]   2006年03月10日 01:46
4 『ミュンヘン』 2005年アメリカ(164分) 監督:スティーヴン・    スピルバーグ 音楽:ジョン・ウィリアムズ 出演:エリック・バナ    ダニエル・クレイグ    キアラン・ハインズ    マチュー・カソヴィッツ    ハンス・ジシュラー ...
56. ミュンヘン(Munich)  [ Subterranean サブタレイニアン ]   2006年03月10日 13:44
監督 スティーヴン・スピルバーグ 主演 エリック・バナ 2005年 アメリカ映画 164分 ドラマ 採点★★★★★ いかなる理由であれ、暴力は新たな暴力を生み出す。憎しみは増幅され、途切れる事のないサイクルとなり国々と、そこに住む人々を飲み込んでいく。真実は一つだけとは...
57. ミュンヘン  [ だらだら映画・和日和 ]   2006年03月10日 20:28
満足度★★★★ 憎しみが生む悲劇の連鎖を止めるにはどうしたらいいのか? 世界はスピルバーグの問いかけに対しての正しい答えを見つけられるのだろうか・・・ あらすじ 1972年〈
58. 「ミュンヘン」 終わりのない日々  [ 目の中のリンゴ ]   2006年03月10日 22:42
アカデミー賞の作品賞、監督賞にもノミネートされている スピルバーグの「ミュンヘン」。 同じく脚色賞ノミネートの脚本は、「エンジェルス・イン・アメリカ」の トニー・クシュナーです。 (舞台劇→TVドラマ化されたこの物語も、アメリカの問題をてんこ盛りに はらんでいて...
59. ミュンヘン  [ toe@cinematiclife ]   2006年03月11日 01:01
第78回 アカデミー賞 作品賞、監督賞 ノミネート作品 1972年のミュンヘンオリンピックで実際に起きた事件を元に描かれたこの映画。 その事件は、「オリンピック選手村で11人のイスラエル代表が殺された」というものであり、犯人はパレスチナ人だった。 当時、生まれたばか...
60. ミュンヘン  [ ホームシアター映画日記 ]   2006年03月14日 02:17
●映画の満足度・・・★★★★★★★★☆☆8点 映画の一つの醍醐味として、「知らなかった事実を観ることによって知ることができる」というものがあると思います。 この映画の舞台となった「ミュンヘン事件」より後に生まれた私にとっては、この作品はまさにそれに...
61. ミュンヘン  [ ちわわぱらだいす ]   2006年03月18日 15:30
先週見損ねた「ミュンヘン」見ました~秊 いや~重たい映画だったです殮 面白くないってことじゃないからね。 3時間弱だったけど。トイレにもたたずに見入っていました。 まったく、下調べをしてなかったのでちょっと難しかった。。。 これは敵なのか...
62. ミュンヘン  [ まつさんの映画伝道師 ]   2006年03月19日 09:24
第365回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  スティーブン・スピルバーグ監督のバックグラウンドには「ユダヤ人社会」がある。  彼のこれまでの作品、例えば置いてけぼりを食って地球で迷子になる「E.T.」(1982)や....
63. ミュンヘン 06年169本目  [ 猫姫じゃ ]   2006年09月06日 14:00
ミュンヘン 2005年   スティーブン・スピルバーグ 監督エリック・バナ , ダニエル・クレイグ , キアラン・ハインズ , マチュー・カソヴィッツ やっぱり、こういうのが、今のスピルバーグなのね。 ミュンヘン五輪で実際に起きたテロの映画化。   http://blo...
64. 「報復」の先に待つもの 「ミュンヘン」  [ トミーのエンタメ日記 ]   2006年09月15日 23:29
スティーブン・スピルバーグ監督の社会派映画、「ミュンヘン」を見ました。 ミュンヘ

この記事へのコメント

1. Posted by cherry@Cinemermaid   2006年03月07日 07:23
TBありがとうございました
アカデミー賞の作品賞にノミネートされてましたが噂もなかったですね
案の定、受賞は出来ませんでしたが
でもこの映画で私自身はテロリズムに関して少し考えが変わりました
そういう意味で観て良かったなぁと感じました
2. Posted by ミチ   2006年03月07日 08:43
こんにちは♪
スピルバーグが批判覚悟で制作したこの作品、見た人は必ずむなしい報復合戦について考えるでしょうし、意義があったと思います。
アカデミー賞は他の作品も素晴らしかったし仕方ないですね〜。
3. Posted by マダムS   2006年03月07日 09:51
TB有難うございました
スピルバーグ監督に限らず、彼らの民族の出自は永遠のテーマなんですね・・表現の方法は違っても世界中の人に知ってもらう事は大事なことなのだと思います。
おっしゃるとおり、映画の影響力って思った以上に大きいのだと思いますね・・
4. Posted by ケント   2006年03月07日 10:25
TBありがとうございました。
この作品は、余り後味が良くなかったですね。スピルバーグ作品はどちらかといえば、エンタメのほうが好きです。
5. Posted by カル〜★   2006年03月07日 11:49
TBありがとうございました。
オスカーにはノミニーしただけでも「信じられない」って思いました。残念ながら受賞はなりませんでしたけど、見て損はない作品でしたよね。

エリック・バナ!ワタシもBHDで見た時に目がハートになりました。スピルバーグ監督もきっとBHDでの演技の評価で主演に抜擢したのかと思いきや…なんと「緑の巨人」での演技を買ったんだそうです(^^;
6. Posted by にら   2006年03月07日 15:01
やたら苦悩してばかりの役が多いエリック・バナさんなので、にこやかに笑ってる作品も見てみたいものですね。

アカデミーの作品賞を獲ればもっと多くの人に見てもらえたかもしれないと思うと、ちょっと残念です。
賞を獲ろうと獲るまいと作品そのものの出来が変わるわけではないんですけど、評価が変わる人はいますからね(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
7. Posted by coilfish   2006年03月07日 23:57
TBありがとうございました。
重く虚しい話でしたが、それゆえに印象に残る映画でした。
特に皆での食事のシーンは、その料理の数や量に、人間らしい日常がそこだけに残っているという感じで印象強いです。
8. Posted by goma   2006年03月08日 00:54
どうもこんばんは。TBありがとうございました。
トロイのエリック・バナはブラピ以上にかっこよかったですよね〜。私もこれでファンになっちゃいましたぁ。

『ミュンヘン』は見せ方、演出など諸々工夫されいていてさすが!っていう展開ではありましたが、心に響くような映画では私はなかったですね〜。

事実という重みは確かにありましたが・・。
9. Posted by cremama   2006年03月08日 04:07
cherryさん>こんにちは!TB返し、コメント有難うございます
アカデミー賞は残念でしたね。
他の作品ほとんど観てませんが、きっと優れているのでしょうね〜・・・
それにこの作品に作品賞上げたらまた周囲がいろいろと大変なのかも?
なんて勝手な憶測ですが、、、、
後味、さすがに悪いのですが、でもずっしりと心に残る作品でしたよね。
10. Posted by cremama   2006年03月08日 04:10
ミチさん>いつもTB&コメ有難うございます。
そうですかあ?私はまだどれも観られていませんが、
他の作品も良いのですね。取り合えずは、
「ブローク・バック・マウンテン」でも観たいかな?
なんて思います。あとマット・ディロンが結構大昔から
好きなので「クラッシュ」も期待大ですね〜!
ミチさんの評価も良かった様な、、、、?

「ミュンヘン」。たぶんDVDになったら
もう一度細部を見直してしまいそうです。
11. Posted by cremama   2006年03月08日 04:14
マダムSさん>初めましてー!
コメント&TB有難うございます
ユダヤ系移民であるスピルバーグだからこそ、
この作品に挑んだのかもしれませんね。
観終わった後にそんな事もふと考えました。
映画を通して世界中の人にこんな事実が有った事、
そして殺し合いが無意味な事が伝わったら
それだけでも十分価値が有ると思います。
今後共ヨロシクお願い致します!!

12. Posted by cremama   2006年03月08日 04:23
ケントさん>後味思い切り悪いですよね〜・・・・
映画自体も解決してすっきり終わりませんし、
何せ主人公の先行きを考えてるとずっしりと
気分も重たいです。

スピルバーグ監督は本当に多彩ですよね。
「宇宙戦争」の後にこれですから、ただただ「凄い」の一言です。
13. Posted by cremama   2006年03月08日 04:29
カル〜★さん>初めまして!TB&コメント有難うございます
確かにこれは1800円に相当する映画だと思います。
出来るだけ多くの人に観て貰いたい。
娯楽作品とは呼び難いですけど、
何かを考えさせられる作品で有ることには間違いないですよね。

「緑の巨人」!プププそうなんですかあ。
スピルバーグそこでやられた訳なのですね。
それにしてもカル〜★さんはとても表現にセンスの有る方ですね〜
今後共、ヨロシクお願い致します〜
14. Posted by cremama   2006年03月08日 04:51
にらさん>TB返し&コメント有難うございます
バナさまはホントに明るい役が無いですね。
たまにはコメディなんかもやって欲しいかも?(笑)
それか超ド級のラブストーリーなんかも良いかな?

この映画はアカデミー賞は難しいのかな?
なんて思っていたのですが、やっぱり無理でしたね〜・・・・
けど作品としては非常に優れているのでは?
と思いました。
確かに賞受賞作品ってだけで評価変わってしまう
人もいるのでしょうけど、、、、(−−;)
サイト凄く面白いですね〜!!
イラストもお上手ですー
また遊びに寄らせて頂きますね。
今後共ヨロシクお願い致します!!
15. Posted by cremama   2006年03月08日 05:01
coilfishさん>ホントに重たく印象的な映画でしたよね。
最近ではここまで後を引く映画は私の中では少ないです
面白いとは呼び難い映画なのに、何故かいつまでも残ってしまう。
食事のシーンはやはり人間味が一番伝わるシーンでしたね。
あの料理の量の多さは、アブナーの不安定な気持ちの表れだと思いました。
美味しそう!なんて観てしまいましたけど、、、
16. Posted by cremama   2006年03月08日 05:10
gomaさん>コメント&TB返し有難うございます。
gomaさんのミュンヘンレビュー読ませて頂いたのですが、興味深かったです。
いろんな見方が有りますね。非常に参考になりました。

バナ氏には次回はもっと明るい作品に出て貰いたいです(個人的希望)
折角カッコいいのに〜!!なーんて(笑)
今後共ヨロシクお願い致します!
17. Posted by ななな   2006年03月09日 10:03
TBありがとうございました。
フィクションだったら面白いはずなのにホントにあったと聞くと心から楽しめない感じでした。
殺しの連鎖は今でも続き終わりが見えない状態ですね。この作品を見て普段考えないこういう問題のことを考える機会が持ててよかったです。
18. Posted by cremama   2006年03月09日 18:29
なななさん>初めましてー!
TB返し、コメ有難うございます。
ホントですよね〜、日本はつくづく平和です。
この映画の根本題材だって、パレスチナゲリラが
日本人捕虜開放の為と言う根源が有るのに、
私達は(特に私)は知らない事だらけです。
たまにはこういう国際問題、社会問題をじっくり
考えるのも有りですよね。
19. Posted by Ken   2006年03月09日 20:40
こんにちは!
TBありがとうございました。
エリック・バナ、僕は多分この映画ではじめて見たのですが、良かったですよね。
この長く重苦しい雰囲気のこの映画を観せきることが出来た勝因はこの役者の演技力に拠るところも大きかったように思います。
これからも注目したい役者さんです。
20. Posted by kino   2006年03月10日 22:43
TBありがとうございました。
同じです!私も「ブラックホーク・ダウン」で注目してました。
「トロイ」ではパっとしなかったけど・・・あの草食動物のような
穏やかな目が好き。
アカデミー賞で見て、いい人オーラに癒されました。
好感度アップです。
21. Posted by cremama   2006年03月16日 17:12
kinoさん>コメ&TB返し有難うございます
ですよね。バナさまはなんだか目が離せなくなるおーらが有ります。
今後も注目しちゃいます!
22. Posted by cremama   2006年03月16日 17:14
kenさん>こちらこそ、コメ&TB有難うございます!
やはりバナ氏の演技力によるものが大きい作品でしょうね。
彼でなかったら、もっと重たい映画になっていたかも?しれませんよね〜!
彼って男性からも高感度高いかもしれません。
もちろん女性は◎ですが
23. Posted by トミー   2006年09月15日 23:28
こんばんは。
TB&コメントをいただきありがとうございます。

「殺しの連鎖」のむなしさに本当は誰もが
気づいているはずなんですけど、
実際には戦争がなくならない現実があります。

このようなメッセージを伝える映画が不要になる
時代にしていかなければならないですね。
24. Posted by cremama   2006年09月16日 07:19
トミーさん>おはようございます!

>「殺しの連鎖」のむなしさに本当は誰もが
気づいているはずなんですけど、
実際には戦争がなくならない現実があります。

そうですね!結局は「目には目を、歯には歯を」しか、
相手を黙らせる方法が無い現状とでも言うのでしょうか?
それでも何も変わらない今が有るわけなのですが。。。

見終わった後、なんとも言えない後味を残す映画でしたが、
この時代だからこそ、映画や本はその事実を伝えて行く
非常に重要なツールの1つで有ると思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔