キャンプに行きたい!!冬キャンがしたい!

ドイツは11月から再度ロックダウンに入り、現在は(前回のようにバリケードはないものの)国境をまたいでスイスやフランスへ遊びに行くことはできない状況です。

コロナがなければ、冬キャンしたかったなーなどと妄想しつつ、昨年夏に行ったアルプスキャンプの写真を見返しつつニヤニヤと思い出に浸っておりました。

そして気づきました。

マッターホルンのツェルマット、そしてアイガーのグリンデルバルド、とブログに上げてきたのに、まだモンブランがないではないかと。

完全に気が緩みきって忘れておりました。

本記事は、2020年9月にモンブランの麓の町シャモニーを訪れたレポートです。

ヨーロッパアルプスの最高峰、フランスとイタリアを隔てるモンブランは、我々の住む街ドイツのコンスタンツからだと車でスイスを横断して行くのが最短ルート。

高速道路を東から西へと爆走すると、途中から道路標識がドイツ語からフランス語へと突如として切り替わります。

レマン湖へ立ち寄り、世界遺産の葡萄畑を眺める。
IMG_2427
レマン湖と葡萄。ワインは美味いが高かった…。

そして到着したのが、モンブランを望むフランス側の拠点シャモニーです。
IMG_2092


街の中心部から徒歩10分ほど離れたところに、今回のキャンプ地 Camping Les Arolles(フランス語の発音なので読み方は知りません笑)はありました。

3C21E251-8F66-4C0C-9DA0-3E151CCEE264
我々のテントと、そびえるモンブラン。雄大!

0B93695C-8129-4192-83EC-1999C27E9757
夕陽に染まるモンブラン。かっこいい!

76A7B09C-4851-41B4-AE73-DD307270D821
朝日のモンブラン。爽やか!

シャモニーには地ビールもありました。

IMG_2080
モンブランのロープウェイ乗り場にあった広告。登山者の欲望を的確に刺激!!


9323627F-AF9D-42F9-A5AB-6884474485FD
これは小麦のビール(だったはず)。

CA7D4353-9D97-428A-9EE4-92841593D6B1
こちらはゴールデンエール。

観光客目当ての中途半端なものではなく、本格的で重厚な味わいでした。フランスはビールも美味いのか!

ちなみに、シャモニーの町にはパブがあって、登山客が疲れを癒していました。
FullSizeRender
パブのオリジナルコースター。これをコレクションするのが実は趣味です。


IMG_2385
ゴールデンに輝くIPA

IMG_2390
こちらは香ばしいレッドエール。

IMG_2392
これは、インペリアル系だった気が(この辺から記憶がおぼろげ…)

IMG_2384
地ビールの他にも、近郊のゲストビールが豊富でした。素晴らしい!また行きたい。

こうして酔っぱらい、キャンプ場にもどってモンブランを見ながらくつろぐ。

421EE961-6BE9-49E1-8FB8-81C3C1D089EE

ゆったりとした時間でした。

陽が落ちると、満天の星の下、迫りくる氷河がほの白い光を浮かべていました。

ああ、またキャンプいきたいな。世界が早くコロナを克服できますように。

==============
キャンプ場情報

Camping Les Arolles
オープン:6月から9月末まで(2020年)
ウェブサイト:http://www.lesarolles.com/camping/
設備:トイレ、シャワー、洗い場、椅子とテーブル(付近に無料の wifi が飛んでいます)、電子機器を充電できるソケット多数。
財布へのダメージ:大人ひとり7.1ユーロ、テントひとつ4.4ユーロ(車もある場合は6.1ユーロ)
==============

==============
シャモニーのパブ

Big Mountain Brewing Co.
ウェブサイト: https://www.bigmtnbrew.co
==============

 ピート