December 25, 2010

冗談。

一年が経つのを早く感じるようになったら年を取った証拠と言うが、暑い暑い言ってた日々から何時の間にやら師走の寒風。今年も有馬記念の季節となった。

・有馬記念
◎Д屮┘淵咼好
○ゥ襦璽蕁璽轡奪
▲ペルーサ
△.凜クトワールピサ





……

………

というのは、この有馬記念が「もしも東京2000だったら」という仮想予想。
流行りの血がそうさせたのか、変わりつつある競走体系がそうさせたのか、近年東京>中山、中距離>長距離という風潮が存在する。
人気、実力を別にして中山初参戦が7頭。1回しか走っていないブエナビスタを足すと出走馬の半数の8頭が中山経験が不足しているという状況を考えると、この風潮の存在は妄想ではないと裏付けられよう。
そんな風潮にのった悪ふざけを謝罪しつつも、やはりどこぞのプロレスラーではないが「いつ、どこで、誰とでも」戦って勝つのが最強であって、そんな馬にこそグランプリを締括ってもらいたいものだ。

以下、本当の有馬記念予想。

【有馬記念】
◎ぅ函璽札鵐献隋璽瀬
○エイシンフラッシュ
▲オウケンブルースリ
注Д屮┘淵咼好

一年の総決算有馬記念。本来一年通じて応援してきた馬の応援納め、と私は位置付けているのだが、今年はクラシックで買い続けたローズキングダムが突如の取り消し。一瞬にして本命不在のレースとなってしまった。
しかし、それで逆に冷静に予想ができるというもの。ローズキングダムに変わる本命馬、それがトーセンジョーダン。
自分がもう一人いたら恐らく「本気か?」と言われそうだが、一応本気だ。
根拠は色々あるが皆薄い。小さな根拠の積み重ねであるが故、自信はあまり無いが、それでも根拠を一つ示すならば、前走アルゼンチン共和国杯のゴールでの三浦皇成騎手のG2とは思えぬガッツポーズ。プライベートでも色々あり、注目されるが故の苦悩などがあっての歓喜かもしれないが、私の目には「この馬でなら」という手応えを感じてのガッツポーズだったのではなかろうか、と。
大舞台で馬主、騎手、馬と揃ってのG1制覇は大それた夢かもしれないが、それもドリームレースと許してもらおう。

相手には元々相手なりに走るエイシンフラッシュ。先行策を示唆してるのがいい。
大逆転候補に横山典弘騎手オウケンブルースリ。ブエナビスタでそうしたように、大舞台での脚質転換に期待したい。
ブエナビスタは流れに乗れる事が最低条件。マークはキツくなるし、日程もタイト。最悪見せ場すら…まであると考えている。…が、押さえる。


有馬記念ぐらいサイン馬券も一つ。
今年の競馬界のトップニュースであり、有馬記念でもその名を冠すオグリキャップ。そこからサインをひもといてみる。
オグリキャップ=オグリ。オグリといえば、俳優小栗旬。俳優小栗旬といえば、最近なら獣医ドリトル(観てた。面白かった)。
「ドリ」ームジャーニー→.凜ク「ト」ワー「ル」ピサ。オマケに獣医(ち)でトゥザグローリー。
あ、→,覆藥笋涼太呼馬券でもある。

そんな冗談。


【ハッピーエンドP】
◎▲札ぅ魁璽薀ぅ灰
○バロンダンス
▲カレンナサクラ
△ヤマニンプロローグ


【ファイナルS】
◎ぅ螢襯瀬凜.
○┘瀬鵐張曠Ε謄
▲.ングストリート
△シルポート


【アンコールS】
◎ストリートスタイル
○ヘッドライナー
▲キョウエイアシュラ
△Ε戰好肇蹈院璽轡腑
☆ジュエルオブナイル




heaven73 at 18:44│Comments(0)TrackBack(0)clip!競馬 | レース予想

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔