2018年3月6日(火)     単独

鳥越林道より3等・大ヶ屋へ行ってきました
無事に戻って来られたので良かったですが
ちょっと失敗したので反省です
000
《山頂すぐ北より蕎麦粒山~天狗山~小津権現山方面》
001
《山頂の爽やかブナ林》





06:45 除雪終了地点P
07:35 取付
09:35 県境稜線
10:25 大ヶ屋 12:05
13:25 折り返し点
14:40 大ヶ屋
15:10 下降点
16:00 林道着地
16:35 除雪終了地点P
276 大ヶ屋 - コピー


鳥越林道除雪終了地点に駐車
トレース多数の雪の上でスノーシュー装着して林道を奥へ
IMG_0001


50分行った所、東へ入る林道の橋を渡って
右の尾根に取付きました
IMG_0010


植林の中やや沈む固めの雪はちょっと疲れる
IMG_0012


やがて幼木となると陽の当たるところも多いので
登り初めよりは雪が締まり歩きやすくなりました
IMG_0022


木々の隙間からは常に金糞岳
IMG_0033


やがて開けた所からスッキリと金糞岳
IMG_0044


時々北東側の展望も
IMG_0052


湧谷山の後ろにソムギ~コソムギ
IMG_0053


東側はこんな感じ
この周辺はどこ歩いても植林はある様ですね
IMG_0057


やがて県境稜線が近づくとブナが現れ
IMG_0060


あの先が県境
IMG_0069


もとはブナだらけだったのかなぁ
IMG_0079


さらに歩みが遅くなります
IMG_0089


振り返る
IMG_0092


そして稜線に上がったところに目印になる大きめブナ
IMG_0098


南の滋賀側に出ると東に目的地の大ヶ屋
IMG_0099


振り返る
IMG_0100


植林は岐阜側のみ
IMG_0106


大ヶ屋と右は一つ前のコブ
IMG_0110


ブナの中を降りて行きます
IMG_0114


途中で振り返る
IMG_0119


滋賀側はホントに綺麗だ
IMG_0121


金糞岳再び
IMG_0130


ブナ良いね~
IMG_0135


お、立派なのもありますよ
IMG_0142


どどん
IMG_0143


山頂手前のコブは大きく滋賀側が開け
IMG_0149


スカッと貝月・ブンゲン方面
IMG_0150


振り返り、右が金糞岳なので・・中央左の尖りはどこ?
IMG_0158


その先でふと右下のブナに目がいく ・・・ジーンシモンズ居た
IMG_0160


ホント気持ちイイ~、山頂へ最後の登りだよ
IMG_0163


登って登って、、、
IMG_0173


3等・大ヶ屋到着~
IMG_0186


なるほど、、これね
IMG_0187


これは、、、ど、どうなんでしょう
IMG_0188


三角点の南東側は広い斜面になっており
真ん中の天狗山はブナ越しの蕎麦粒山~小津権現山
IMG_0189


花房山~小津権現山アップ、後ろに御嶽山
この日は澄んでいたので遠くも見えました
他に北ア南部の一部、乗鞍岳、中ア、恵那山なども
IMG_0190


南は貝月山~ブンゲン
IMG_0197


斜面を少し降りて振り返る、西側はブナ林
IMG_0202


そのブナの奥に金糞岳
東側の蕎麦粒山方面を見ながらランチした後
IMG_0209


周回しようと北へ向かいました
雪が多く大きな雪庇は根元から割れてしまうかもと思い
真ん中は避けて植林の際を右へ左へ
最初のうちはこんな大展望
IMG_0235


ブナが並ぶ
IMG_0240


そして予定していた1030P(~977P方面)を見る
結構降ってまた同じくらい登り返す
その先何度も小さなアップダウンがある
ちょっと疲れてるから辛いかな・・・
IMG_0246


と思ってそちらはパスして
そこから北西尾根で林道に降りようと安易に思ったのが間違いでした
しばらくは良かったんですが
IMG_0251


進路がキュッと曲がるところで急斜面
しかも今日は冷たい風が当たり雪はカタい、、、
この先少し傾斜が緩むところもありますが
徐々に尾根は痩せ 一歩一歩、時々後ろ向きで
何時アイゼンに変えようかと思いながら、、、
ある所まで来るとアイゼンに変えても怖そうな傾斜に
ピッケルも持ってないし
もしかして崖状で林道に降りられないかもしれない(可能性大)
降りたところでその林道だってどうなっているかわからない
よく見るとその辺り等高線の幅がえらい狭いじゃないか
気付くの遅いぞ 怖過ぎ、、心臓もたない、てか無理でしょ
時計見る、大丈夫だ、来た道を戻ろう
IMG_0258


戻る途中まだ変な気を起こして
もしかして下に林道が見えたら降りられるんじゃないかと
行ってみるも全くわからず、、、
もうそれで諦めがつきひたすら山頂へ登り返して
あ~、安心安全ニコニコしながら来た道を戻って行きました
今年お初のマンサクが良かったねと
IMG_0270

先日ミノマタ下山後
鳥越林道がどこまで除雪されているか歩いて見に行きました
すると雪には足跡、山だろうか?と思っていたら数日後
前日にひとりさんが歩かれていたのを知り笑いました
そしてこの日トレースは多数あり(つぼ足、ワカン、スキーなど)
結構歩かれてるのを知り驚きました
そうかワタシが知らなかっただけかぁ
あ、トレースがあったのは林道だけですけどね

岐阜側は植林多めでしたがそれほど退屈ではありませんでした
稜線はブナが多く気持ち良いところです
下山路は失敗でしたがそれもまた勉強ということで
闇下にはならず無事戻れたので良しでしょう

雪は割と締っていたのに大変疲れました
しかし帰りの林道はもうズボリズボリでヨレヨレくたくた
腰が痛くなり何度か立ち止まりました
大きな登り返しと緊張のせいでしょうか
次の日はなかなか動けませんでした(家で)

でも地図見てたらまた違うルートで大ヶ屋行ってみたくなっちゃいました
ま、今年はないですけどね