ゴールデンウィーク2015スローピッチジャーク2回戦

2015年05月12日

スローピッチジャーク初陣

4/29に快星丸に乗ってきました。


この日は、これまで釣り船に乗ってきた中でも最も早い出船のAM4時!


前日21時に亘理に帰ってきてタックル準備して就寝23時?

そしてAM3時前に出発というハードスケジュール。

デスクワーカーにはきついものがあります。




船長の配慮により後部席にしてもらえたものの・・・

これは船酔い必至か?

そんなこんなで出船です。



波が穏やかなのは分かっていたのですが、牡鹿半島の黒崎を越えて瀬戸(金華山と牡鹿半島の間の海峡)のあたりで急に風が出てきてザブザブに!

それまでは余裕だったのに、最後にバシャバシャと海水を被りながらのポイント到着となりました。。。



さて、タイトルにもある通り、今回は初めてのスロージギングです。

さらに、スローどころかジギングそのものが初体験の友人も一緒です。

ただ、残念ながら私もスローは初めてなのでほとんどアドバイスできる状態ではありませんでした(笑)


それでも、友人はビギナーズ・ラックを発揮してアイナメを早々にゲット!

私はというと、根掛かりの嵐。




釣果のほうは、タラとアイナメをお土産程度にポツリポツリと釣ることができたものの・・・
img_6

釣り終了までに、なんと6ロスト!

友人の方はというと、なぜかそこまで引っ掛けることなく釣りをしていました。




原因は3つほどあります。

1.長年の釣り経験で体に染み付いたクセ

2.フックのセッティング

3.ルアーアクション


ここでは1のクセに関して分析してみます。
2と3に関してはまだ自分でもよく分かってない事が多いため割愛します。

そのクセというのは聞き合わせです。

普通の青物ジギングでは何か当たるのを感じたらフッキング動作をするし、ロックフィッシュ狙いでは岩をクリアするためにクイッとやります。

ある程度経験のある方々は、ほとんどそういう動作をしていると思います。

スロージギングの場合、フックが前後合わせて4本も付いているので、えらくあっさりと根掛かりします。


アクション中に違和感を感じて、つい、合わせてしまう。

完全にクセになっているので、これの繰り返しでかなり苦戦してしまったのです。

本当にもうね、5ロストとかしたらさすがに嫌になっちゃいますよ。



「合わせちゃダメ」って、船長にも散々言われながらやってたのに6ロスト(´・ω・`)

友人の方は、慣れていないがゆえに素直にやってたからロストが少なかったのでしょう。




釣りを終了した時点でスロー系ジグのストックがほとんどなくなってしまったので、釣りから帰ってきてまた出掛けてジグとフック製作道具を買ってきました。

フックはアシストライン付きの出来合いを買うと高いですからね。

次回は5/2なのでインターバルの2日間でフックを仕上げました。



さぁ、入念な準備を終えた2度目のスロージギングの結果はいかに!

次回をお楽しみに。

hebofisher53 at 21:16│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 釣り/2015 | ロックフィッシュ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ゴールデンウィーク2015スローピッチジャーク2回戦