スローピッチジャーク初陣三陸海岸深夜徘徊

2015年05月21日

スローピッチジャーク2回戦

思いっきり日が過ぎてしまいましたが、5/2の快星丸にてスロージギング釣行です。


この日は、風の予報が良くないとのことで朝7時出船でした。

前回に比べるとはるかに楽でした(笑)



前回4/29のタックルセッティングから、リールとPEライン以外を全て変更。

船長おすすめセッティングを聞いた上で、自分なりに考えたものにしました。



最初のポイントで船内ファーストヒットでタラちゃんをゲット!

これは幸先が良いなぁ〜♪



アクションの付け方に関しては


船長「とべさん、それっす!それいいわ〜〜〜!!」


2回めにしてお褒めの言葉をいただくほどにかなり上達していました。

あとはいい場所に入ったら釣れるだけ♪



と、思っていたのですが



本日は前回に比べてさらに渋くなった模様です。


なかなかヒットしない時間帯が続きます。


ポツリポツリとタラはヒットしてきますが、移動先で誰かに掛かる、という程度。

そもそもタラ狙いではなくアイナメ狙いなので、タラの数が出ないのはしょうがないのです。



ただ、本命のアイナメがなかなかこないっ!




何度目かの移動で


船長「ここ、水深80mの底に◯◯あるよ〜根掛かり気を付けて〜」




着底後、ハンドル数回転したところでヒット!!

おそらく底から2mくらい??


よっしゃぁ!きたぁ!!!


巻き上げを開始したらバラシ!



(´・ω・`)




諦めが悪いので、そのままもう一度落とし直すとまたヒット!!

同じ魚か?



分かんないけどこれはアイナメっぽいですな。



程よい重量感で巻き上げてくると、お、デカイ!



じゃ〜〜〜ん

img_0


55cm


やぁあああああありいいいいいいいいいいいいいいいいい(村田基風)



という気分でした(別に叫びはしなかった)

去年、キハダ36kgを釣ったもんだから、あまり慌てることはなかったです(笑)


実はこのアイナメ、サクッと自己記録でもあります。

55cmって、普通に釣りしててもなかなか出るサイズじゃありません。

磯ロックはもちろん、ボートロックですら1船で年間1本出るか出ないかだったはずです。


スローピッチジャーク恐るべし・・・。



さてさて、特大が出せたはいいものの、やっぱり一日中渋かったのです。

それでも、アクションに慣れたこともあってか、最終的には船中わずか10本のアイナメのうち4本を釣りました。



初陣で釣れなかったのは、言うこと聞かずに違うことをやってたからなんですね(^O^)

何がダメかというのを嫌というほど体感したからこそ、ダメなことをやらないように意識しつつ忠実に釣ることが出来ました。

思えば昔、水窪ダムで水深5m以上にシンキングミノーを沈めて釣るということをやってたから(今さらバラしちゃった)、海で使うジグの重さなら細かい操作をすることなんてそれほど難しいことではなかったんです。

重いルアーは操作感が分かりやすいのでいいですよ(55cmは180gで釣った)。

100〜150gを使う方が多いそうですが、実は浅くても重いジグのほうがジグがキッチリ動いてくれるからより釣れるらしい??です。



2回の釣行を通して、100、130、150、160、180、200gを使ってて、確かにそう感じたけどこれ以上は新たな竿が必要です・・・

MAX200gの竿では250gになるとまともにアクションしません・・・




明らかにテクニックで差が出る釣り。


非常に面白くてハマってしまいました!!


次はドコでやろうかな

hebofisher53 at 21:04│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 釣り/2015 | ロックフィッシュ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スローピッチジャーク初陣三陸海岸深夜徘徊